ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N703iμ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N703iμ」に関する情報が集まったページです。

jig.jpの「マイシグナル エディタ」が、N705iμ用イルミパターンの作成に対応
N703iμ/N704iμのイルミネーションパターンをケータイで自作できるjig.jpの「マイシグナル エディタ」が、「N705iμ」に対応した。7×17個(計119個)のLEDを使った自分だけのイルミネーションを作成できる。(2008/2/21)

写真で解説する「N705iμ」(ソフトウェア編)
世界最薄の折りたたみ3Gケータイ「N705iμ」は、薄さを極めただけでなく、「My Signal」の拡大や基本スペックの向上など、N703iμやN704iμから着実に進化している。その主なポイントをチェックした。(2008/1/11)

「N704iμ」の“ここ”が知りたい:
「N703iμ」とどこが変わった?――「N704iμ」
厚さ11.4ミリと、折りたたみ3G携帯として世界最薄の「N704iμ」。前モデル「N703iμ」との違いや日本語入力環境、不在着信通知ランプの有無、そして気になる重量バランスを検証した。(2007/8/10)

厚さ11.4ミリの極薄&上質ステンレスボディ「P704iμ」、価格は2万円台前半
厚さ11.4ミリの極薄ボディとステンレス素材による上質感を演出するグローバル端末「P704iμ」が発売された。価格は同じ極薄iμモデルのN703iμとほぼ同一。都内量販店の新規価格は2万円台前半から。(2007/7/27)

写真で解説する「N704iμ」
厚さ11.4ミリのN703iμに、国際ローミング機能を追加したNEC製の「N704iμ」。エレガントさをプラスした「ミラージュフェイス」デザインにより、7×7個のLEDによるイルミネーションをさらに際だたせた。(2007/7/5)

海外で使える厚さ11.4ミリの極薄“N”──「N704iμ」
厚さ11.4ミリのNEC製極薄端末「N704iμ」は、前モデル「N703iμ」に国際ローミング機能を追加したグローバルケータイ。ブルーとブラックのモデルは磁性体塗料を採用し、見る角度によって異なる表情を見せる。(2007/7/4)

「N904i」の“ここ”が知りたい(1):
「N903i」「N703iD」「N703iμ」と違う点は――「N904i」
世界的デザイナーとNTTドコモ、そしてNECによる3者コラボモデル「N904i」。3インチワイドVGA液晶を搭載し、HSDPAに対応するなど話題豊富な新端末と、現行“N”端末の違いをまとめた。(2007/5/16)

「N703iμ」開発陣インタビュー 後編:
あなただけに光る49個のLED――「N703iμ」の「マイシグナル」誕生秘話
液晶や有機ELを使ったサブディスプレイではなく、合計49個のLEDが背面のディンプルに溶け込んでいる「N703iμ」。どういった経緯でこの新しい試みが行われたのだろうか?(2007/3/5)

「N703iμ」開発陣インタビュー 中編:
薄いけど、驚くほど丈夫――「N703iμ」のデザインとメカニズムに迫る
スリムさに目がいくN703iμだが、厚さ11.4ミリのボディ強度とはどれくらいだろうか。また、そのデザインにはどんな思いが込められたのか? “サバ折り”にも耐えらるタフネスボディの秘密に迫った。(2007/2/28)

「N703iμ」開発陣インタビュー:
“厚さ11.4ミリ”の意味とは?――0.1ミリのせめぎ合いから生まれた「N703iμ」
11.4ミリという折りたたみ端末では世界最薄を実現したN703iμ。11.4ミリという薄さをいかにして実現されたのか。その開発の背景や薄型化の工夫について、NECの開発陣に聞いた。(2007/2/27)

「N703iμ」の“ここ”が知りたい(2):
どのように光る?──「N703iμ」
「N703iμ」には、背面に搭載した7×7個のLEDが光ってさまざまなステータスを知らせる「マイシグナル」がある。一般的なサブディスプレイと異なるため、これに関する質問が多数寄せられた。(2007/2/23)

「N703iμ」の“ここ”が知りたい(1):
「N703iμ」の“μ”とはなにか?
厚さ11.4ミリという薄型モデルの「N703iμ」。その操作性や構造に対する質問がいくつか寄せられた。(2007/2/22)

厚さ11.4ミリ+重さ90グラムの薄型軽量FOMA「N703iμ」、店頭に並ぶ――新規は2万円台半ば
折りたたみ3Gケータイ世界最薄(発表時)となるNEC製のFOMA端末「N703iμ」が発売となった。(2007/2/20)

厚さ11.4ミリの極薄FOMA「N703iμ」、2月20日に発売
厚さ11.4ミリの極薄ボディに個性的なLEDイルミを搭載した「N703iμ」が、2月20日から店頭に並ぶ。(2007/2/15)

極薄「N703iμ」、謎の富士通端末「F883i」がJATE通過
春モデルとして発表されたいくつか端末の認定に加え、富士通製の「F883i」という型番の端末がJATEを通過した。(2007/2/1)

「N703iμ」「P703iμ」「N703iD」「P703i」の“ここ”が知りたい:
音楽や写真に割り当てられた内蔵メモリの容量は?──「N703iμ」「P703iμ」「N703iD」「P703i」
ドコモのFOMA開発で協業しているNECとパナソニック モバイル。両社の春モデル4機種について、内蔵メモリの容量をチェックした。(2007/1/26)

写真で解説する「N703iμ」
厚さ11.4ミリという「薄さ」をセールスポイントにするのが「N703iμ」だ。ただ薄さを追求するだけでなく、703iシリーズとしての使いやすさや機能・サービスを確保した端末になっている。(2007/1/16)

“折りたたみ3G世界最薄”ボディに個性的なLEDイルミを搭載――「N703iμ」
厚さ11.4ミリ――ドコモのNEC製FOMA端末「N703iμ」は、世界最薄の折りたたみ3Gケータイだ。その極薄ボディに、1.3メガカメラや着せ替え可能なミュージックプレーヤー、microSDカードスロットを備える。(2007/1/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。