ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N902iS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N902iS」に関する情報が集まったページです。

「N903i」開発者インタビュー(後編):
デザインも機能も“正常進化”――開発陣に聞く「N903i」
N903iのデザインや機能は、基本的に前モデルのN902iSを踏襲しながら細部を進化させている。前モデルでは見送られたポイントを改善することで「手に持って違いの分かる」端末に仕上げたという。(2006/11/17)

「N902iS」に不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモのハイエンドFOMA「N902iS」に不具合があることが分かった。特定の操作を行うと電話帳画面が表示されなくなるなどの3点で、ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2006/11/7)

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(1):
microSDカードスロットはどこ?──「N903i」
N902iSのデザインを踏襲し、VGA+液晶ディスプレイや動画手ブレ補正を搭載した「N903i」。読者からは、外部メモリや端子の位置などN902iSとの違いについての質問が寄せられた。(2006/11/2)

観覧車の中で、好きに使ってください──「N902iS」の体験イベント
お台場の観覧車で、N902iSを試す──。こんなイベントが、東京・お台場のパレットタウンで開催された。観覧車が1周する16分間で、気になる機能を試そうというものだ。(2006/7/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
手ブレ補正含めた使い勝手は優秀、画質は……あと一歩──「N902iS」
N902iに搭載された手ブレ補正機能をさらに進化させ、“6軸対応”の手ブレ補正機能を備えた「N902iS」。気になる手ブレ補正機能の効き具合を中心に、カメラ機能の使い勝手や画質がどれだけ向上したかをチェックしてみよう。(2006/6/23)

N902iS徹底解剖 第8回:
PR:海外旅行も、ゲームも、ショッピングも──“N”におまかせ
ユーザーからの要望に応える形で、さまざまな機能強化を図った「N902iS」だが、各種先進機能もいち早く搭載している。どこが便利になったのかをチェックしよう。(2006/6/23)

N902iS徹底解剖 第7回:
PR:おサイフの鍵は“私の顔”──シンプルロックと顔認証でしっかりガード
携帯電話の中に電子マネーやクレジットカード、ポイントカードが入るようになり、落とした時の被害も今やお財布並みに大きい。N902iSでは、自分の顔を鍵にして携帯の中のお財布を守れる。(2006/6/20)

夏モデルの“ここ”が知りたい「内蔵メモリ」編:
「N902iS」「P902iS」の内蔵メモリ容量は?
ドコモがオープンにしていない、FOMA端末の内蔵メモリ容量。「N902iS」と「P902iS」について、iアプリやiモーション、写真などをどれくらい保存できるのか調べた。(2006/6/19)

携帯販売ランキング(6月5日〜6月11日):
激化する902iS販売戦争──「N、P、D」も参戦
今週はドコモ夏モデル「902iS」シリーズが一挙3モデルも発売された。前回トップの「SH902iS」のほか、新たに登場した「P902iS」「N902iS」「D902iS」は何位にランクインしたのか。(2006/6/16)

N902iS徹底解剖 第5回:
PR:楽しさあってこそのコミュニケーション──メールも通話もひと味違う
“コミュニケーションで重要なのは、楽しさ”──。これが“N”開発陣の考え方だ。最新モデルの「N902iS」にもさまざまな楽しい機能が盛り込まれた。(2006/6/13)

N902iS徹底解剖 第4回:
PR:“進化”ではない。これは“変貌”──新開発の「Mogic Engine」で強化された“文字入力”を試す
携帯電話の用途として大きなウェートを占めるのがメール機能。快適に利用できるかどうかを左右するのが文字入力システムだ。「N902iS」では、その使い勝手が大幅に強化された。(2006/6/13)

夏モデルの“ここ”が知りたい「N902iS」編(4):
不在着信をLEDが光って知らせてくれるか──「N902iS」
6月9日から店頭に並んだ「N902iS」。読者の“ここが知りたい”に、まとめてお答えしよう。(2006/6/9)

“Link Face Design”と6軸手ブレ補正の「N902iS」、新規は3万円後半
弧を描くようなスマートなデザインと、6軸手ブレ補正やダイレクト・ショット機能など、強化したカメラ機能、音楽再生機能が特徴の「N902iS」が発売された。価格は新規で3万円後半。(2006/6/9)

N902iS徹底解剖 第3回:
PR:進化したアークライン──「Link Face Design」が受け継ぐ“N”の遺伝子
「N902iS」のデザインを見て、「これは」と思った人はきっと“N”通のユーザーだ。あの“アークライン”がさらに進化し、「Link Face Design」になって帰ってきたのだから。(2006/6/9)

「N902iS」のTV CMに土屋アンナさんを起用
土屋アンナさんがロデオガールに扮して、ダイナミックにロデオを乗りこなすという。(2006/6/7)

「D902iS」「N902iS」「P902iS」の発売日が決定
5月30日に発売された「SH902iS」続き、ドコモの夏モデル「D902iS」「N902iS」「P902iS」の3機種が続々と登場する。(2006/6/5)

N902iS徹底解剖 第1回:
PR:もっときれいに、もっと手軽に──進化したカメラ機能
「N902i」で、どこよりも早く静止画デジタル手ブレ補正機能を取り入れたNEC。最新モデル「N902iS」では、その手ブレ補正をさらに進化させ、また新しい撮影スタイルも提案している。(2006/6/1)

ドイツワールドカップ会場のここで使える──N、Pの3Gローミング
「N902iS」「P902iS」の3Gローミングは、サッカーのワールドカップが開催されるドイツのどこで使えるのか──。ドコモが調査結果を発表した。(2006/5/30)

「文字入力には心を痛めていた」――NECが語る「N902iS」の改善点
従来のNECユーザーをターゲットにしつつ、進化もアピールする。そんな新機種、N902iSはどこがどのように改善されているのか。1つの注目ポイントは、「文字入力」だ。(2006/5/25)

夏モデルの“ここ”が知りたい「N902iS」編(3):
逆トグルは側面ボタンのままなのか──「N902iS」
日本語入力システムが進化した「N902iS」。側面のボタンに割り当てられていた逆トグルの位置はどうなったのかを問う質問が寄せられた。(2006/5/23)

夏モデルの“ここ”が知りたい「N902iS」編(2):
iモードの太字表示は復活したのか?──「N902iS」
問い合わせの中で意外と多かったのが、iモードが太字表示に対応したかどうか。閉じたままどんなことができるのかという質問も多かった。(2006/5/19)

夏モデルの“ここ”が知りたい「3Gローミング」編:
N、Pの3Gローミングはどの国で使える?──3Gローミング編
902iSシリーズの中で、海外のW-CDMA圏のローミングに対応したのが「N902iS」と「P902iS」だ。どの国で使えるのだろう。(2006/5/17)

夏モデルの“ここ”が知りたい「N902iS」編(1):
文字入力は賢くなったか──N902iS編
「N902iS」への質問で多かったのが、文字入力システムが進化したのかどうかを問うもの。強化された文字入力は、T9派もそうでない人も幸せになれそうだ。(2006/5/17)

写真で解説する「N902iS」
アークラインからの脱皮を図るNECが新たに打ち出したのは、“進化したアークライン”こと「Link Face Design」。カメラも配置が換わったほか、6軸の手ブレ補正に対応するなど強化された。(2006/5/12)

携帯ならではの手ブレを補正、アークラインが進化──「N902iS」
NEC製の「N902iS」は、アークラインの遺伝子を受け継ぐ新たなデザイン「Link Face Design」を打ち出した端末。記録400万画素のカメラは前後や回転のブレも補正できるようになった。(2006/5/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。