ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nokia N97」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nokia N97」に関する情報が集まったページです。

ビジネスニュース 企業動向:
Windowsスマホは好調も苦境が続くNokia、2011Q4の利益は73%減少
Windowsスマートフォン「Lumia」の売れ行きが好調なNokiaだが、利益は大幅に減少した。Lumiaの売り上げもSymbian端末の低迷をカバーできるほど十分ではなく、かつてのスマートフォントップメーカーを取り巻く状況は、今後も厳しいとみられている。(2012/1/31)

Weekly Access Top10:
「すっごい多いよ」――「美人天気」の花粉情報に癒される
そろそろ花粉症の人にはつらい季節。美人が天気をお知らせしてくれる「美人天気」に花粉情報が加わった。美人が「すっごい多いよ」などと教えてくれる。(2011/2/21)

せかにゅ:
「Appleが安価なミニ版iPhone“N97”開発」、WSJも報道
Bloombergだけでなく、Wall Street Journalも、「価格も大きさもiPhoneの半分程度」のデバイスを報じ、「MobileMe無料化」の可能性も伝えている。(2011/2/15)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター山根編):
「Samsung Star」「DROID」「Nokia N97」が巻き起こした“フルタッチ旋風”
海外では、Samsung電子やMotorola、Nokiaなどの主要メーカーが続々とタッチパネル搭載モデルを発売している。「Samsung Star」は1000万台を売り、「DROID」は北米市場に大きなインパクトをもたらした。そしてNokiaも、QWERTYキーボード付きのフルタッチ端末「Nokia N97」を投入した。(2009/12/22)

Nokia版アプリストア「Ovi Store」用SDKとAPI、公開
Nokia製スマートフォン向けソフトウェア開発キットとAPIがリリースされた。(2009/9/4)

Nokia、ライフキャスティング対応スマートフォン「N97 mini」を発表
「Nokia N97 mini」は、Facebookに直接アップデートや位置情報を投稿できるライフキャスティングアプリを搭載している。(2009/9/3)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月8日〜8月21日
JEITAが6月の携帯電話の出荷台数を発表。夏商戦の立ち上がり時期だったことから、出荷台数は400万台弱まで回復した。ウィルコムとソニエリは、社長交代を発表。KDDIはLTEの基地局開発ベンダーにNECとモトローラを選定した。(2009/8/24)

不況の中でもスマートフォン好調 iPhoneの売り上げが6倍に
Appleはスマートフォン市場で3位にとどまっているが、第2四半期にiPhoneの販売台数を6倍に伸ばした。(2009/8/17)

2Qの携帯電話出荷台数、約11%の減少
MotorolaやSony Ericssonは出荷台数が40%以上減少したが、その一方でSamsungやLGは出荷を伸ばしている。(2009/8/3)

CommunicAsia 2009:
アジア発のケータイトレンド――「フルタッチ」と「Android」
Samsung電子やLG Electronicsが多くの製品を発表した「CommunicAsia 2009」。各ブースで目立っているのが、タッチパネル操作のフルタッチケータイとAndroidケータイ。アジア発のこのトレンドが、世界に広がりそうだ。(2009/6/26)

生き残るスマートフォンとは:
“スマート化”が進む携帯端末、決め手はソフトウェア
Forrester Researchの最近の報告書は、スマートフォンの“スマートさ”を評価するための新しいフレームワークを示すとともに、携帯メーカー各社に生き残り戦略をアドバイスしている。(2009/5/19)

Mobile World Congress 2009:
Nokia、Skype機能をNseriesに搭載
NokiaとSkypeが提携、Nokiaの携帯にSkypeがプリインストールされるようになる。(2009/2/18)

Mobile World Congress 2009:
Nokia版App Store、「Ovi Store」発表――5月にオープン
携帯専用ストアとしては後発となったNokiaの「Ovi Store」だが、その市場規模は2012年には3億人になる見込み。ロケーションベース、ソーシャルベースのレコメンド機能が特徴だ。(2009/2/17)

AppleはWal-Martで99ドルのiPhoneを売るべきだ
iPhoneでモバイルプラットフォームを制覇するには、Appleは低価格のiPhoneを迅速かつ大量に販売する必要がある。そのための手段としてWal-Martは最適だ。(2008/12/9)

世界スマートフォン市場、搭載OSでAppleがMSを抜き3位に
9月に発売されたiPhone 3Gが、販売台数でWindows Mobile搭載機全体を抜いた。(2008/12/5)

Nokia、タッチスクリーン搭載のスマートフォン発表
Nokiaの「N97」はタッチスクリーンにフルQWERTYキーボード、500万画素カメラ、A-GPS機能を搭載する。(2008/12/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。