ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナノテクノロジー」最新記事一覧

9社が参加:
ウェアラブル、ロボット……渾身の研究開発は日本発イノベーションを起こせるか 
新エネルギー・産業技術総合開発機構のベンチャー支援事業として、起業家が成果を披露する「スタートアップイノベーター Demo Day」が川崎市で開かれた。集結した気鋭の起業家らが繰り出すプレゼンテーションから見えてきたものとは? (2016/3/30)

光技術:
次世代光源のレーザーは「全ての項目でLED上回る」
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、大阪大学、島津製作所は、3原色の可視光半導体レーザーを用いた光源モジュールの開発成果を発表。ヘッドマウントディスプレイやプロジェクタ、照明、自動車用ヘッドランプなどの製品に搭載し、「ほぼ全ての項目でLEDに対する可視光半導体レーザーの優位が明らかになった」という。(2016/3/15)

“夢の素材”五輪へ実用化加速 炭素繊維しのぐか「セルロースナノファイバー」
鉄の5分の1の重さで5倍の強度を持つとされる植物繊維由来の新素材「セルロースナノファイバー」の実用化に向けた動きが加速している。(2016/2/29)

日本の強みを生かし、システム設計力で勝負する:
高速ビジョンの用途開拓へ、推進組織を設立
高速ビジョンによる応用市場の拡大や新産業創出を目指す「WINDSネットワーク(Network for World Initiative of Novel Devices and Systems)」が設立された。(2016/2/25)

CMOSセンサー:
秒間1000フレーム撮影できる高速CMOSセンサーが新市場切り開く、「WINDS」発足
秒間1000フレーム(1000fps)の撮影が可能な高速CMOSセンサーを用いた画像処理技術の普及と用途拡大、新産業創出を目指す組織・WINDSネットワークが設立された。年会費無料、部課単位での参加が可能という、制約の少ない緩やかな組織とすることにより、2016年度内に300会員の参画を目指す。(2016/2/25)

設計初期から物理情報を活用せよ:
複雑なSoCでのタイミング収束を短期に済ませる秘訣
SoC設計は、ますます高度化し、物理的要因を考慮していないSoCアーキテクチャにより、甚大な被害が生じる事態も散見されるようになっています。そこでこれからのSoC設計で重要になるであろう“秘訣”をご紹介します。(2016/2/17)

ナノテク展の様子を写真で紹介:
完全印刷工程で作製した有機TFT、何に応用する?
「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(2016年1月27〜29日)で、完全印刷工程で作製した有機TFT(Thin Film Transistor:薄膜トランジスタ)や、有機TFTを応用した電子ペーパー/圧力センサーなど、最新の研究成果が展された。本記事は、その一部を写真で紹介する。(2016/2/12)

ポイントは“せん断力”:
ロボットに人間並みの触覚機能を与えるセンサー
立命館大学などは、「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、垂直力とせん断力を区別して検出できるセンサーを展示した。介護や産業用ロボットに、人間並みの触覚を与えられるという。(2016/2/9)

自動車のボディにも太陽電池が作成できる?:
ドーム型の太陽電池/EL素子、ESC法で試作
理化学研究所(理研)は、「nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、有機半導体コロイドインクと静電スプレー成膜(ESC:Electrospray Coating)法を用いて試作した、ドーム型太陽電池用パネルやEL素子を初めてデモ展示した。(2016/2/1)

リコーが「ナノテク展」で出展:
脊髄機能を見える化するセンサー、MRIと併用へ
リコーは、2016年1月27〜29日に東京ビッグサイトで開催された「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、エレクトロクロミック技術や電子調光サングラス、電子アートガラスなどを展示した。本記事では、参考出展されていた脊髄機能を見える化するセンサーについて紹介する。(2016/2/2)

有機デバイスをバイオ医療に生かす:
生体組織に直接貼り付け、体温の分布を測定
東京大学の染谷隆夫氏らは、「nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、体に直接貼り付けることが可能なフレキシブル体温計などの開発品をデモ展示した。柔らかい有機デバイスをバイオ医療に応用していく。(2016/2/1)

呼気でがん検出も可能に:
小型センサー、いつでもどこでも「におい」識別
物質・材料研究機構(NIMS)は、「nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、MSS(Membrane-type Surface stress Sensor/膜型表面応力センサー)と呼ぶ小型センサー素子を用いた、におい分析システムのデモ展示を行った。(2016/2/1)

鍵は新原料と“電子レンジでチン”:
炭素繊維の量産加速へ、新たな製造技術を開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や東京大学ら7つのメーカーおよび研究機関が、炭素繊維の新しい製造技術を開発した。従来の方法に比べて、単位時間当たりの生産量が10倍に向上するという。(2016/1/15)

医療機器ニュース:
蛍光抗体法による高感度測定が可能な免疫検査システムを開発
コニカミノルタは、蛍光抗体法による高感度測定を可能にした免疫検査システム「SPFSイムノアッセイシステム」を開発した。トロポニンを高感度に測定し、診断時間を従来の約半分に短縮した。(2015/12/1)

蓄電・発電機器:
「未利用熱エネルギー発電」が前進、熱から電力へ変換効率が11%まで向上
自然界に存在するエネルギーのうち60%以上は熱のまま放出している。大量に存在する未利用の熱エネルギーから電力を作り出す発電技術の開発が進んできた。産業技術総合研究所は熱から電力へ変換する新モジュールを開発して、変換効率を11%まで高めることに成功した。(2015/11/30)

4色カラバリ!:
水没にも耐える基板コーティングを採用――エレコムからスポーツ用Bluetoothイヤフォン
防水保護等級IPX5に準拠した高い防水性能を誇るBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC11WP」シリーズがエレコムから登場。水没にも耐えるという撥水基板コーティングを採用した。(2015/11/10)

さらに薄く、でもタフなボディに――写真で解説する「arrows NX F-02H」
ドコモスマートフォン「arrows NX F-02H」は、米国国防総省の軍用基準「MIL-STD-810G」の14項目に準拠したタフネススマホ。カメラ機能も強化し、富士通のフラグシップスマートフォンとして着実な進化を遂げた一台だ。(2015/10/15)

医療技術ニュース:
DNAオリガミから2次元自己集合体を作成
京都大学の研究グループは、DNAオリガミからマイクロメーターサイズの2次元集合体を作成する技術を開発した。多様なパターンの集合体作成が可能で、複数種の生体分子を配置することもできる。(2015/9/18)

IoT機器設計に向けて:
FD-SOIに注力するフランスLeti、エコシステムの構築へ
フランスのCEA-LetiがFD-SOI(完全空乏型シリコン・オン・インシュレータ)に力を入れている。Letiは、IC設計プラットフォーム「Silicon Impulse」を立ち上げることで、FD-SOIを活用したIoT機器の開発を促進する。(2015/7/3)

EE Times Japan Weekly Top10:
“見えない光”を使う加工技術
EE Times Japanで2015年6月6〜12日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/6/21)

ワインやコーヒー、ドレッシングだってはじく! こぼしても「シミにならないシャツ」がKickstarterに登場
ぜんぶ水に流そう。(2015/5/2)

センシング技術:
体の熱や動きで駆動するウェアラブル医療モニター、米研究チームが開発に本腰
米国の研究チームは、環境発電(エネルギーハーベスト)を利用するウェアラブル医療モニターの開発を進めている。体温や身体の動きを利用してフレキシブルセンサーを駆動し、生体信号をモニタリングすることを目指すという。(2015/4/15)

ナノテクノロジー:
古くて新しい開発手法「バイオミメティクス」――生物に未来のモノづくりを学ぶ
生物の微細構造や機能をエンジニアリングに応用する「バイオミメティクス」。1930年ごろから利用されている開発手法であり、1980年代以降に研究が停滞した時期もあったが、ナノテクノロジーの発展によって再度注目を集めている。(2015/2/9)

GlobalAction、英NANOSTATE社のスマートフォン向け防水&防傷コーティング剤3製品を発売
GlobalActionはスマートフォン用防水コーティング剤のほか、液晶ディスプレイとアルミボディシェル専用の防傷コーティング剤を発売する。(2015/1/22)

IEDM 2014:
「微細化は今後10年続く」――インテルの見解
米国で開催された「IEDM(International Electron Devices Meeting)2014」。Intelの14nm FinFETプロセスやTSMCの16nm FinFETなどの開発状況をはじめ、多くの論文が発表された。IEDM 2014のリポートを数回にわたってお届けする。(2014/12/24)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(8):
水素を常温の液体に加工、大量輸送問題の解決へ
燃料電池車(FCV)など水素社会を論じる際、製造した大量の水素をどのようにして運ぶかが課題になる。水素を液体として運ぶ、常温・常圧で。このようなブレークスルーを実現しようとしている企業がある。なぜ可能になったのか、技術に将来性があるのか、事業展開や課題について聞いた。(2014/12/24)

医療技術ニュース:
NIMS、分子の自己組織化の時間制御に世界で初めて成功
2種類の自己組織化構造を有する分子とその分子の側鎖を変えた分子を混ぜ合わせることで、自己組織化の開始時刻を制御することに成功した。将来的には、スマートマテリアルへの展開が期待される。(2014/12/8)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
なぜこんなに高いの? 化粧品の原価と売価の関係
「化粧品はなぜこんなに高いの?」と思ったことがある男性も多いのでは。「女性が美しくなるのには“必要なコスト”」と言われてしまえば、それまでかもしれないが、価格が高いのには理由があるはず。そこで、資生堂とファンケルの原価と売値の関係を分析した。(2014/6/17)

ワイヤレスジャパン2014:
耐摩擦、のぞき見防止、ブルーライトカット――iPhoneをまるっと守る“欲張り”液晶フィルム
サンクレストのiPhone用液晶保護フィルムは、のぞき見防止やブルーライトカットなどさまざまな性能を備える。ケース類もカワイイ系や大人の男性向けまで幅広くラインアップする。(2014/5/28)

フォトギャラリー 「ナノ・マイクロ ビジネス展」:
エンジン製作から簡単モデリングまで! 最先端3Dプリンタ技術が勢ぞろい
微細加工技術やナノテク技術関連の国際見本市「ナノ・マイクロ ビジネス展」では、大型の3次元造型機から家庭向けの小型で安価な装置まで、最先端の3Dプリンタ関連技術が多数展示された。その模様を写真でお届けする。(2014/4/30)

FAニュース:
新社名は「キヤノンナノテクノロジーズ」――キヤノンによるMII買収手続き完了
キヤノンと米国のモレキュラーインプリント社(MII)は、2014年2月に合意した、キヤノンによるモレキュラーインプリント社の買収手続きが完了したことを明らかにした。新子会社名は「キヤノンナノテクノロジーズ(Canon Nanotechnologies)」となる。(2014/4/24)

バッファロー、特殊強化ガラス「アルミノシリケート」採用の「Xperia Z1 f」専用カバーガラス
バッファローが、表面硬度9Hと高い質感を実現する特殊強化ガラス「アルミノシリケート」採用の「Xperia Z1 f」専用カバーガラス「BSMPSO02FFCG」を発売する。(2014/1/17)

ペットボトルのプラスチックが治療薬に IBMが開発
飲料ボトル由来の廃プラスチックを真菌感染症の治療薬に変えるという画期的な技術をIBMなどが開発。(2013/12/11)

材料技術:
再生プラスチックから真菌の抗菌剤を生成、IBMが研究成果を発表
IBMとシンガポールの研究所は、飲み終わったペットボトルなどの廃プラスチック材から、真菌を攻撃するナノファイバー抗菌剤を生成したと発表した。年間約23億kgにも上る廃プラスチック材を有効に活用できる可能性がある。(2013/12/10)

実装ニュース:
RoHS指令有害物質の検査時間を10分の1に短縮、日立ハイテクの蛍光X線分析装置
日立ハイテクサイエンスは、RoHS指令などによって使用を制限されている有害物質のスクリーニング検査にかかる時間を、従来比で10分の1に短縮可能な蛍光X線分析装置「EA1000VX」を開発した。(2013/9/4)

製造マネジメント インタビュー:
「イノベーションを生むには技術深化でなく境界線を越えろ」産総研インタビュー
「イノベーションの必要性」が叫ばれて久しいが、イノベーションを生み出す処方箋とは一体何だろうか。公的研究機関である産業技術総合研究所(産総研)でイノベーション推進を担うイノベーション推進本部本部長の瀬戸政宏氏に、産総研の取り組みとイノベーションへのアプローチ方法について聞いた。(2013/7/22)

プロセス技術:
動作電圧0.4V以下を実現する技術を開発、スマホの消費電力も1/10になる!?
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と超低電圧デバイス技術研究組合(LEAP)は、動作電圧が0.4V以下のロジックLSIやメモリを実現できる技術を開発した。これらの技術を使ったLSIを搭載した機器は、消費電力を1/10に低減できる可能性がある。(2013/6/12)

政府機関や軍事産業を狙うマルウェアスパイ、日本など40カ国350組織に被害
Kaspersky Labによると、世界の大手企業や政府機関などがマルウェア「NetTraveler」に感染している。(2013/6/6)

バッファロー、頑丈&しなやかなスマートフォンケースとGALAXY S4対応カバーガラス
バッファローは、スマートフォン向けケース「フレックスハード」と、GALAXY S4対応カバーガラス「BSMPSC04EFCG」を5月中旬より順次発売する。価格はオープン。(2013/5/16)

HDDの記録密度をさらに2倍に HGSTがナノテク新技術
ナノテクを駆使してHDDの記録密度を2倍に高める新技術をHGSTが開発。(2013/3/6)

HGST、HDD記録密度を2倍に高める新技術を開発
HGSTは、HDDの記録密度を従来比で2倍に高める新技術を開発したと発表した。(2013/3/5)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
マクドナルドがこだわった「らしさ」とは何か?
企業にはそのサービスを印象付ける「ブランディング」、つまり「らしさ」が必要です。「らしさ」を壊して、むやみに多角化したり、ヒト、モノ、カネといった企業の持つ貴重なリソースを分散させたりすることは避けるべきです。(2013/2/26)

nano tech 2013:
「フレキシブルディスプレイに最適」、スピーカーになるフィルム材料が登場
富士フイルムは、「nano tech 2013」において、振動板として使用できるフィルム材料「BEAT」を使って試作した、さまざまな形状のスピーカーを展示した。「BEATを使えば、折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイで映像と音声の両方を楽しめるようになる」(同社)という。(2013/2/7)

nano tech 2013:
鏡からガラスへ瞬時に切り替わる、産総研が調光ミラーシートを実演
産業技術総合研究所(産総研)は、「nano tech 2013」で、自動車などの窓ガラスを鏡の状態と透明な状態の間で切り替えられるガスクロミック方式調光ミラーシートの実演デモを披露した。鏡からガラスへの切り替えが瞬時に完了する様子を映像で紹介する。(2013/2/6)

nano tech 2013:
東芝がジスプロシウム不使用のモーター用磁石を改良へ、鉄濃度を30%に引き上げ
東芝は、ジスプロシウムを全く使用しない「高鉄濃度サマリウム・コバルト磁石」を改良するために、磁力を減らす異相が発生しにくい焼成プロセスや、鉄濃度を25%から30%まで高める技術などを開発中である。(2013/2/5)

nano tech 2013:
日産自動車が排ガス触媒の白金使用量を削減へ、7割を鉄化合物に置き換え
日産自動車は、ディーゼルエンジンの排気ガス触媒に使用されている白金の70%を、安価で調達が容易な鉄化合物に置き換える技術を開発中である。「nano tech 2013」のNEDOブースで詳細を発表した。(2013/2/4)

2013 International CES フォトギャラリー:
発売間近の有機ELテレビから、コート上の動きを追うシューズまで……2013年も注目製品が続々
エレクトロニクス業界の1年は毎年、世界最大級の国際家電ショーで幕を開ける。「2013 International CES」(2013年1月8〜11日)で展示された注目の製品を写真でリポートする。(2013/1/15)

材料技術:
転がり抵抗20%減の“超低燃費タイヤ”、ゴムのナノ構造制御で2020年に実用化へ
ブリヂストンと新エネルギー・産業技術総合開発機構は、転がり抵抗を従来比で20%低減した“超低燃費タイヤ”を実現できる「三次元ナノ階層構造制御技術」を開発した。2020年の実用化を目指している。(2012/10/24)

知っておきたい 電池の仕組み(4):
燃料電池や太陽電池を学ぶ前の基礎固め
これまで電池の基礎的な仕組みから原理、種類など、広義にわたって解説してきました。最終回は電池を表す記号および電池の安全性、そして2ページ目にて燃料電池や太陽電池、キャパシタなど、そのほかの電池について解説します。(2012/6/4)

人とくるまのテクノロジー展2012:
脂メガ盛りで触っても汚れが見えない? 東レがナノテク指紋付着防止フィルムを提案
スマートフォンやタブレットPCなどのタッチパネルに付着しやすい指紋や皮脂の汚れ。東レが開発中のナノテク指紋付着防止フィルムを使えば、指紋が付着しにくく、汚れが見えにくくなるという。(2012/5/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。