ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネイティブアプリ」最新記事一覧

Service Workerを活用
まるでネイティブアプリなWebサイト「プログレッシブWebアプリ」実装のヒント
ネイティブアプリケーションのような操作性を有する「プログレッシブWebアプリケーション」。その実装方法を取り上げる。(2017/8/30)

Windows 10向け機能を拡充:
クロスプラットフォーム対応のネイティブアプリ開発環境「RAD Studio」がアップデート 「10.1 Berlin Update 2」を公開
エンバカデロ・テクノロジーズが、統合開発環境「RAD Studio 10.1 Berlin Update 2 - Anniversary Edition」をリリース。Windowsストア対応アプリケーションの開発に向けた新機能を追加した他、C++コンパイラを改善した。(2016/11/18)

開発成功に導くチェックポイント
iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと
Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。(2016/8/5)

いいとこ取りのハイブリッドアプリも
「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」、モバイルアプリはどれが使いやすい?
企業のIT部門がどのタイプのアプリケーションを開発するか選ぶ際は、デバイスへの対応性やアクセス方法が焦点になる。(2016/4/21)

モバイルファースト時代の難題に挑む:
PR:「モバイルWebもネイティブアプリも」ではリソースが足りない、どうする?
「Webサイトをアプリにしたいが、社内にアプリの開発者がいない」。多くの企業が解決を迫られているこの難題に、どんな手段があるだろうか。(2016/4/22)

HTML5? それともネイティブ?
デベロッパーのタイプで選びたい、3つのモバイルアプリ開発手法
モバイルアプリ開発に関しては、主にネイティブアプリ、HTML5アプリ、ハイブリッドアプリという3つの選択肢がある。どのアプリケーション形式がビジネスに適しているのだろうか。(2016/4/12)

アプリ開発と管理のあるべき姿を問い直す
スマホで使いたいのはやっぱりネイティブアプリ、「モバイルの常識」はどう変化?
モバイルアプリ導入において、セキュリティに劣らず重要なのがユーザーエクスペリエンスだ。モバイルデバイス管理(MDM)はまだ消滅しない。ApperianのCEO、ブライアン・デイ氏に話を聞いた。(2016/4/1)

その可能性と弱点と新しい技を習得すべし
モバイルアプリで知っておきたいHTML5の「完全無欠ではない」ポイント
HTML5を使用すると、モバイルアプリの開発プロセスをシンプルにできる。ただし、パフォーマンスがネイティブアプリに及ばないなどの弱点も、使いやすいアプリ開発のためには知っておきたい。(2016/2/9)

業務アプリ開発はWindowsタブレットも視野に
時代はハイブリッドアプリ開発へ 専門家が伝授する開発方法のベストな選択とは?
業務で利用するデバイスが多様化するにつれ、ネイティブアプリとWebアプリの長所を生かしたハイブリッド開発のニーズが増している。ハイブリッド開発の専門家が自らの実績を基に最適なソリューション選びを伝授する。(2015/10/20)

RPGツクール最新作「MV」12月発売 Mac版登場、スマホアプリ開発も可能に
RPG作成ツール最新作「RPGツクール MV」が12月17日に発売。スマートフォン向けネイティブアプリの作成に対応する。(2015/10/16)

IBM Global Express、SAP S/4HANAとの連携を強化 iOSネイティブアプリ連携、Watson Analytics連携など
日本IBMが、SAP S/4HANA対応を強化した「IBM Global Express Version2.0」の販売を開始した。(2015/10/9)

スマホゲーム作れる「RPGツクールMV」年末に発売へ
RPG作成ツール「RPGツクール」最新作「MV」は、スマートフォン向けネイティブアプリの作成に対応。年末の発売に向けて開発が進んでいる。(2015/8/7)

Google、「アプリダウンロードの全画面広告は逆効果」と不使用推奨
モバイルWebサイトにアクセスするユーザーにネイティブアプリのダウンロードを勧める全画面広告(インタースティシャル広告)を表示することは、あまり効果がないばかりかWebサイトからも離脱されてしまうとして、こうした広告の代替案を勧めている。(2015/7/27)

gumi、一転して黒字に ネイティブアプリが予想上回る
gumiが15年4月期の業績予想を再び修正、営業赤字としていた前回から一転、今度は営業黒字になる見通しを明らかにした。(2015/6/1)

検証、「HTML5で業務アプリができる」は本当か【後編】
もうネイティブアプリはいらない? 「HTML5」で業務アプリはここまでできる
HTML5を利用したスマートデバイス向け業務アプリケーションは、どこまで実用に耐えるのか。9種の実例から、その可能性を探る。(2015/4/28)

gumi、100人の希望退職を実施
gumiが希望退職者を100人募集。ネイティブアプリへのシフトが進む中、ブラウザゲームに携わる開発者に向けた選択肢という。(2015/3/27)

「FF XI」PS2/Xbox 360版終了へ 最終章シナリオ実装 新たにスマホネイティブアプリ開発
「FF XI」がモバイル端末向けネイティブアプリに。2016年内の配信を目指す。同作のキャラクターと世界観を共有したスマホ向け新作RPG「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」も年内に公開する。(2015/3/19)

期待とリスクを探る
“一般開放”されたiPhone/iPadの「Touch ID」、次の大波となるか
Appleの「Touch ID」はiOSのネイティブアプリとサードパーティーアプリに組み込むことができるようになり、幅広い使い方が可能になった。これにどう対応するかは企業次第だ。(2015/2/13)

検証、「HTML5で業務アプリができる」は本当か【前編】
HTML5? それともネイティブ? スマホ業務アプリの作り方4種を徹底比較
スマートデバイス向け業務アプリに最適なのは、Webアプリか、それともネイティブアプリか。それとも、それ以外なのか。主要な4種の実現方法のメリットとデメリットを徹底比較する。(2014/12/17)

ユーザーの動きをヒートマップや動画で:
UNCOVERTRUTH、ネイティブアプリのUI/UX分析ツール「USERDIVE for Apps」をリリース
WebモバイルマーケティングやUI開発を手掛けるUNCOVERTRUTH(アンカバートゥルース)は12月4日、スマートフォンのネイティブアプリのユーザー行動を動画再生して分析できるサイト分析ツール「USERDIVE for Apps」の提供を開始した。(2014/12/4)

PR:WebアプリケーションをWindowsネイティブで開発できるVisual WAO。その技術と仕組みとは?
Windowsの高い開発生産性とネイティブアプリケーションの機能や操作性を実現しつつ、Webアプリケーションと同じようにインターネット経由で高速に利用できるアプリケーション。チェプロのVisual WAOは、こうした利点を持つアプリケーションの開発環境と実行環境を提供するソフトウェアです。(2014/11/4)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第30回 実務で携わらなくちゃダメなんだ――Android開発者はネイティブアプリの夢を見るか?
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」―― 読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2014/7/1)

DeNA、30%の大幅減益 ネイティブアプリで補えず
DeNAの前期は大幅減益。ブラウザゲームの落ち込みをネイティブアプリでカバーできなかった。(2014/5/9)

ネイティブアプリか、Webアプリか
「世界レベルのHTML5チーム」がこだわったモバイルアプリ開発手法とは
ネイティブアプリか、Webアプリか。モバイルアプリ開発ではどのようなプラットフォームでアプリを開発するかを決定するのは簡単ではない。プロジェクト管理アプリを開発したある企業の事例を紹介する。(2014/4/23)

ネイティブアプリか、Webアプリか
モバイルアプリ活用の悩みどころを解決する5つのヒント
スマートフォンやタブレット向けのモバイルアプリケーションを業務でも活用しようとする企業が増えている。だが、ネイティブアプリか、Webアプリにするかなど、悩みどころは多い。5つのヒントを紹介する。(2014/3/3)

IT用語解説系マンガ:食べ超(41):
ネイティブアプリ検証に求められる、サイバー人柱
実機検証は、精神戦。(2014/1/22)

地図が簡単に組み込める 法人向けアプリ開発キット「MapFan SmartDK」
インクリメントPは、スマートフォンやタブレット向けのネイティブアプリへ、簡単に地図機能が組み込める地図アプリ開発キット「MapFan SmartDK」を発売した。(2013/9/10)

アプリとWebのシームレスな連携を目指す「AppURL」 Quixeyが提唱
ネイティブアプリ内のコンテンツにもURLを。QuixeyがAppURLプロジェクトが立ち上げた。(2013/8/5)

NEWS
ネイティブアプリから仮想アプリまで一元管理、シトリックスがMDM新版
スマートデバイス自体だけでなく、アプリケーションも徹底管理したい。こうしたユーザー企業の声に応えるモバイルデバイス管理(MDM)製品をシトリックスが発表した。(2013/6/11)

ネイティブアプリでゲーム配信「mixiコラボ スマゲー」開始
スマホネイティブアプリによるゲーム配信「mixiコラボ スマゲー」がスタート。パズルやシューティングゲームなどのカジュアルゲーム中心。(2013/5/29)

「まだまだミクシィは終わらない、第2の黄金期を作る」──新社長が抱負、mixiはスマホアプリにシフト
ミクシィ創業者・笠原氏の後を継いで社長に就く朝倉氏ら新体制でmixiはスマホネイティブアプリへのシフトを進めるほか、「変革」を積極化。朝倉氏は「ギラついたミクシィを取り戻したい」と意気込む。(2013/5/15)

HTML5対応の全ブラウザに対応:
OTOYとMozilla、プラグイン不要のJavaScriptライブラリ「ORBX.js」発表
米OTOYとMozillaは5月3日、ネイティブアプリや動画などのコンテンツを、HTML5対応のブラウザでシームレスに実行できるようにしたJavaScriptライブラリ「ORBX.js」を発表した。(2013/5/7)

XPagesでスマホWebアプリ開発入門(番外編):
AndroidアプリでREST経由でNotesデータにアクセスする
XPagesから離れて、AndroidのネイティブアプリからREST APIを呼び出してNotes/Dominoデータにアクセスします。(2013/4/22)

完璧な解決策ではないが、有望な技術
「HTML5でモバイルアプリ開発」は是か非か? ネイティブアプリと比較
モバイルアプリの開発手段として、HTML5はどのくらい有効なのか。有力な対抗馬であるネイティブアプリ方式との比較を通して、HTML5の実力を探る。(2013/4/1)

調査リポート:
2016年、企業向けモバイルアプリの半分がWebとネイティブのハイブリッドアプリに――米Gartner調べ
企業内では複数モバイルプラットフォームへの対応が必要となることから、企業の多くはHTML5のWebアプリとネイティブアプリを組み合わせるハイブリッドアプローチを選ぶと予想している。(2013/2/5)

XPagesでスマホWebアプリ開発入門(3):
ハイブリッドアプリ化するPhoneGapやMEAPを使う新時代のアプリ開発手法
スマホ開発の3手法としてWebアプリ、ネイティブアプリ、ハイブリッドアプリの特徴を比較しPhoneGapやMEAPのWorklightを紹介します(2012/12/17)

モバイル向けアプリ開発の選択肢【後編】
モバイルアプリを開発する前に確認すべき6つの問題
モバイルアプリ開発に関して、ネイティブアプリか、クラウドアプリかを選択する場合、検討すべきはサポート端末、BYOD、セキュリティなど6つの問題だ。(2012/12/7)

Open Mobile Summit:
HTML5推進派のFinancial Times、ネイティブアプリに回帰したFacebook、それぞれの思惑は
ネイティブアプリか、HTML5か、ハイブリッドか――。アプリ開発者たちのあいだで議論が繰り広げられる中、「Open Mobile Summit」の講演に、対照的な2社のキーパーソンが登場した。それぞれのモバイル戦略は、どのようなものなのか。(2012/12/4)

モバイル向けアプリ開発の選択肢【前編】
モバイルアプリ比較:ネイティブアプリとクラウドアプリはどちらが優位か
モバイルアプリ開発で焦点となるのは、アプリのタイプとしてネイティブアプリを選ぶか、クラウドアプリを選ぶかだ。本稿ではそれぞれの特徴を説明する。(2012/11/29)

「GREE Platform」をWebアプリ向けにも拡大
グリーがソーシャルゲームプラットフォーム「GREE Platform」をWebアプリ向けに拡大。ネイティブアプリに加えWebアプリによるソーシャルゲームの展開が世界で可能になる。(2012/11/14)

脱ネイティブアプリ、New York Times紙も――HTML5採用のiPad向けWebアプリ提供へ
英Financial Times誌に続き、米New York Times紙がHTML5を採用したWebアプリを公開。脱ネイティブアプリに踏み切ろうとしている。(2012/10/3)

XPagesでスマホWebアプリ開発入門(2):
iOS/Androidに自動で最適化するXPagesのUI
iPhoneと Androidデバイスのネイティブアプリに沿ったテーマが自動的に生成されるモバイルコントロールの使い方を解説します(2012/9/27)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第3回 ネイティブアプリか、それともWebアプリか? ――アプリ開発者を悩ます問題
アプリ開発者の間で「ネイティブアプリか、Webアプリか」という議論が盛んになっている。今回は、両者の長所と短所を整理するとともに、Webアプリの弱点を克服するために使われている手法を見ていく。(2012/8/13)

Open Mobile Summit London 2012:
HTML5か、ネイティブアプリか、ハイブリッドか、それが問題だ
ワンソースでさまざまなプラットフォームに対応でき、アプリストアからのコミッションも回避できるHTML5が注目を集めている。しかしHTML5にもコスト面や開発面の課題があり、ハイブリッド戦略を検討する企業が増えているという。(2012/6/18)

HTML5でAndroid/iOSアプリを作成できるサービス、ブライトコーブが提供
HTML5、CSS3、JavaScriptを使ってiOS/Android向けネイティブアプリを作成できるクラウドサービスだ。(2012/4/12)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(3):
VB6からWindows Phoneへのアプリ開発移行ガイド
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/12/20)

いますぐ実践!タイプ別スマホアプリ移植テク(2):
Silverlight、PC向けとWindows Phone向けの違い
本連載では、iPhone、Android、Windows Phoneなど、さまざまなスマートフォンのプラットフォームに対応するために、各スマホプラットフォーム同士のアプリ移植はもちろん、HTML(HTML5含む)+JavaScriptのWebアプリからのネイティブアプリ変換、Adobe AIR/Flash、デスクトップPC向けアプリからの移植テクなども紹介します(2011/11/22)

Google、iOS版検索アプリをアップデート iPadでの使い勝手を向上
Google検索のiPad版ネイティブアプリが大幅に改良され、インスタントプレビューやサムネイルによる履歴表示、画像のスワイプ閲覧機能などが追加された。(2011/11/22)

D89クリップ(29):
【Google Developer Day 2011 Japanレポート】 HTML5で今までにないサイトを作る
今年のGoogle Developer Dayの「HTML5」関連セッションは4つに増えた。ブラウザの実装も進み、ネイティブアプリのようになってきた(2011/11/17)

Google、BlackBerry版Gmailアプリのサポート終了へ
Googleが、スマートフォン市場でのシェアを落としつつあるBlackBerry向けのネイティブアプリ版Gmailのサポートを終了する。(2011/11/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。