ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「nendo」最新記事一覧

Bluetoothを使って紛失防止も:
スマホも充電できる“IoTスーツケース”
「スマートフォンの電池が切れた」「スーツケースを置き忘れた」。旅行中のこうした問題を解決できるスーツケースが、エースから登場した。IoT(モノのインターネット)に対応したスーツケースだという。(2017/8/9)

紙をくるっと丸めると光りだす 防災にも便利なスマート懐中電灯「PAPER TORCH」
小さいけれど、すごい紙!(2017/3/7)

課題整理から具体的なデザイン提案まで提供:
電通とnendo、企業ブランディングなどを行う新会社を合弁で設立
電通とnendoは企業ブランディング、コンセプト立案やビジネスデザイン領域を事業とする合弁会社を設立した。(2017/1/23)

VRやドローンもありマス:
お腹まわりを計測しちゃうベルト、カッコいい「日本酒セラー」など――「+Style」の新プロジェクトが六本木に集結
ソフトバンクはIoT関連製品のモノ作り支援プラットフォーム「+Style」の新プロジェクトを発表した。ロボットやドローン、VR関連製品など話題性のある製品がずらり。お腹が気になる人向けのスマートベルトもあった。(2016/10/14)

「+Style」の最新ガジェットが「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」にお目見え
ソフトバンクのもの作りプラットフォーム「+Style」で取扱予定のIoT製品を実際に見られる「+Style Exhibition」が、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に出展される。(2016/9/21)

ソニー「マルチファンクションライト」の市販がスタート!――プラットフォームとしての拡大も視野
これまでB to Bに販路を絞っていた「マルチファンクションライト」を一般消費者も購入できるようになった。さらに他社製品との接続など、さまざまな可能性が見えてきた。(2016/3/30)

面白いガジェットの製品化や販売を支援する「+Style」開設
ソフトバンクが、最先端のデジタルガジェットなどの商品企画の協力募集や資金調達、販売までをサポートするプラットフォーム「+Style」を開設した。国内外のユニークな製品を扱うサービスになる。(2016/3/30)

ソニーの電子ペーパー時計はクラウドファンディング中の「FES Watch」
ソニーが開発中と報じられた文字盤とベルトが電子ペーパー製のスマートウォッチは、現在Makuakeでクラウドファンディング中の「FES Watch」であることがWall Street Journalの取材で明らかになった。(2014/11/29)

出店攻勢:
あきんどスシローの次の一手は? 新業態「ツマミグイ」をオープン
回転すしチェーンを展開している「あきんどスシロー」が事業戦略を発表した。空白地を中心に40店舗の出店を予定しているほか、新業態「ツマミグイ」を2015年1月に東京中目黒にオープンさせる。(2014/10/9)

メンズ向けのキティさん 「HELLO KITTY MEN」プロジェクトスタート
キティさん大好きな男子に朗報。(2014/9/10)

コクヨの新オフィス家具ブランド「ofon」、レイアウト変更を簡単に
コクヨファニチャーは1月30日、小規模オフィス向けの家具ブランド「ofon(オフォン)」を発表した。オフィス作り全体を提案するほか、働き方に合わせて柔軟にレイアウトを変更できるのが特徴だ。(2013/1/30)

RelaxerStudioプロジェクト(3):
Relaxerプロセスのシステム分析
(2012/12/5)

あのグリーンが美しい コカ・コーラのボトルを100%再利用したガラス食器
コカ・コーラの「コンツアーボトル」を再利用した皿やボウルが発売される。(2012/10/1)

佐藤オオキが手掛ける期間限定ショップ「Starbucks Espresso Journey」
スターバックス コーヒー ジャパンは、9月9日から期間限定スペース「スターバックス エスプレッソ ジャーニー」をオープンする。エスプレッソへのこだわりを表現する。(2012/7/31)

ロジテック、スタイリッシュデザインのBluetoothヘッドセット「stylo」
ロジテックから、軽量かつスタイリッシュデザインを採用したBluetooth V2.1+EDR対応ヘッドセット“stylo”「LBT-HS350」シリーズが登場。(2012/7/27)

パイプ型のスタイリッシュなデザインが注目――ロジテック、Bluetoothヘッドセット「stylo」を8月上旬発売
デザインオフィス・nendoが手がけた、パイプ型の本体が印象的なBluetoothヘッドセットが8月上旬発売に。(2012/7/26)

世界で最も人気のあるデザインマウス:
アーティストとのコラボで、マウスに“付加価値”を
日本マイクロソフトが「Wireless Mobile Mouse 3500 Artist Edition」のデザインを手掛けたケンゾー・ミナミ氏を招いて、トークイベントを開催。ケンゾー氏が独特のデザイン手法を語った。(2012/6/18)

ちょっと気になる入力デバイス:
マウスをいつも、ポケットに入れて――ロジクール「Logicool Cube」
ユーザーに身近なキーボードとマウスは、星の数ほど発売されている。その中から、気になる一品を360度チェックする本連載。今回は……やだ、なにこれかわいい。(2012/3/26)

エレコム、“一輪挿しの影”をモチーフにしたnendoコラボのタブレット用スタンド
エレコムは、デザインオフィス“nendo”とのコラボレーションモデルとなるスマートフォン/タブレット端末用スタンド「SHADOW STAND」を発売する。(2011/9/27)

メガネをイメージしたスマートフォン/タブレット用スタンド「megane」
エレコムとデザインオフィス「nendo」のコラボレーションによる、メガネ形のスマートフォン/タブレット用スタンドが発売される。(2011/9/8)

エレコム、“乾電池”型デザインのnendoコラボマウス「kandenchi」
エレコムは、デザインオフィス「nendo」とのコラボレーション第6弾となるワイヤレスマウス「kandenchi」を発売する。(2011/8/23)

nendoデザインのUSBメモリー
エレコムはnendoとのコラボレーションによるUSBメモリーを発売する。(2011/8/4)

エレコム、“蛇口”をデザインしたnendoコラボのタブレット用スタンド
エレコムは、デザインオフィス“nendo”コラボレーション第5弾モデルとなるスマートフォン/タブレットPC用スタンド“JAGUCHI(ジャグチ)”を発売する。(2011/8/2)

エレコム、“nendo”コラボデザインの「しっぽ付きマウス」など5製品
エレコムは、デザインオフィス“nendo”とのコラボレーションモデルとなるワイヤレスマウス/USBメモリ計5製品を発表した。(2011/7/12)

帽子デザイナー 平田暁夫の偉大さを知っているか
帽子デザイナー、平田暁夫氏。長年にわたる功績を振り返る国内初の大規模な展覧会が6月15日から東京・表参道のスパイラルで開催される。(2011/6/16)

エレコム、“nendo”コラボデザインのUSBマウス「rinkak」
エレコムは、デザインオフィス“nendo”とのコラボレーションモデルとなるUSB光学マウス「rinkak」を発売する。(2011/6/7)

黒と白、線と面、静と動 nendoの世界が広がる展覧会
台湾でnendoの個展が行われている。nendoはここ数年、ミラノでの作品発表を始め、NYミュージアム オブ アーツ アンド デザイン、フリードマン ベンダギャラリーで個展を開くなど、海外での活躍がめざましい。(2011/6/6)

世界のおもしろシリーズ:
座りたい? 座りたくない? 世界の変な「椅子」集めてみました(前編)
「冷やし中華始めました」じゃありませんが、ねとらぼではこのたび「世界のおもしろシリーズ」を始めました。初回のテーマは「椅子」。靴になった椅子から草が生えた椅子、蘇るゾンビ椅子まで、全人類必見です。(2011/5/27)

クラゲみたいなイヤフォン、その名も「オトクラゲ」
エレコムは、クラゲのようなシルエットのカナル型イヤフォン“otokurage(オトクラゲ)”EHP-ND100シリーズを発売する。デザインオフィス「nendo」とのコラボレーション第1弾。(2011/5/18)

ジャパンクールで世界へ:
“くらげイヤフォン”や“しっぽマウス”――エレコムが「nendo」モデルを発表
建築やインテリア、プロダクトデザインなど、国内外で活躍するデザインオフィス「nendo」とコラボレーションしたPC周辺機器がエレコムから登場する……ユニーク。(2011/5/11)

「メゾン・エ・オブジェ 2011」レポート
1月はヨーロッパでインテリアの見本市が立て続けに開かれる。フランス・パリでは「メゾン・エ・オブジェ」が有名だ。日本人が憧れるフレンチスタイルと、最新のモダンデザインの両方がそろうのが最大の魅力だ。(2011/3/17)

CoCo壱番屋の「グランド・マザー・カレー」を食べてMHP3rdグッズをもらおう
カレーハウスCoCo壱番屋の「グランド・マザー・カレー」をキャンペーン期間中に食べると「モンスターハンターポータブル 3rd」オリジナルデザインの「オトモアイルーコラボレーションスプーン」やオリジナルデザインのマグカップが当たるキャンペーンが実施される。(2011/1/11)

2010年も伊勢丹新宿店がデザインタイドトーキョーに
秋のデザインイベント「デザインタイドトーキョー2010」タイドエクステンションに、昨年に引き続き、伊勢丹新宿店が参加する。2010年のテーマは「CHARM LAND/チャームランド」。(2010/10/14)

nendo×水木しげるが初コラボ「妖怪だるま」
ゲゲゲの鬼太郎グッズに、デザイン好きをうならせるプロダクトが発売された。佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendoがデザインを手がけた「妖怪だるま」だ。(2010/10/14)

ミラノサローネ2010、Kartellが真っ黒に!
ミラノサローネ2010レポート。会場に着いたら最初に訪ねるブース…… そんな定説さえ広がっているのが、イタリアのカルテルだ。これまでカラフルな展示が注目の的だった同社が、今年のブース空間に選んだ色はなんと「黒」。(2010/6/8)

11月15日〜11月21日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモに続いてKDDIも、携帯電話のシリーズ構成を刷新する模様だ。iPhone 3Gは最新ファームウェアの提供で絵文字に対応。来日したSymbian Foundationの初代エグゼクティブディレクターは、今後も日本市場を重視すると明言した。(2008/11/25)

nendoがMVNO端末をデザイン――JFPと業務提携
MVNO向けビジネスモデルのコンサルティングを手がけるJFPが、デザインオフィスnendoと提携。MVNO向け端末のボディデザインやUIを手がける。(2008/11/20)

もうひとつ先の“ケータイのある生活”を提案──auの「another work*s」プロジェクト
KDDIはブランドやアーティストのコラボレーションを通じ、“携帯のある生活”をさらに豊かにするライフスタイル提案プロジェクト「another work*s」を開始する。ちょっとした感性とひらめきで、例えば普段何気なく使う携帯の充電器もここまで楽しいものになっていく。(2008/7/1)

ケータイがアートやインテリアとコラボ――KDDIの新プロジェクト「another work*s」
生活の一部となったケータイを、ファッションにとどまらず、インテリアやアートとして展開――。「another work*s」は、KDDIのこんな発想から生まれたの新プロジェクトだ。デザインオフィス「nendo」や新進アーティストらとコラボレーショングッズを開発し、オリジナル商品として展開する。(2008/7/1)

+D Style News:
携帯を“携帯しない時”も美しく――au×ブランドコラボ「mobile fashion」の狙い
ケータイを機能でなく、自分らしさを表現するアイテムとして見てほしい――。KDDIが“人の生活に寄り添うauケータイ”を目指す中で生まれたのが、ブランドとのコラボレーションプロジェクトの「mobile fashion」だ。「携帯電話のための家具」という、新たなコンセプトで製作されたアイテムなども登場するなど、その取り組みは進化し続けている。(2007/11/22)

INFOBAR 2とおそろいのNIKEシューズも――auのmobile fashionに新アイテム
KDDIがブランドやデザイナーとのコラボレーション企画として展開する「mobile fashion」に新アイテムを追加。INFOBAR 2とおそろいのNIKEのシューズや、インテリアにとけ込むphone-standを発売する。(2007/11/22)

GMS、RIAベースのマイポータル作成サービスを発表
GMSは、インターネット上のコンテンツやWebサイトをカスタマイズしてマイポータルを作るサービスを10月1日から開始する。(2007/9/20)

グラススタイルの「N702iS」、価格は2万円台半ば
インテリア性も意識した美しいフォルムの“グラススタイル”ケータイ「N702iS」が店頭に並んだ。新規価格は2万円台半ば。(2006/8/25)

“グラス”スタイルケータイ「N702iS」、8月25日発売
ドコモは、インテリア性も意識したグラススタイルケータイ「N702iS」を25日より発売する。(2006/8/22)

佐藤オオキ氏に聞く「N702iS」:
携帯に足りないのは“余白や間”が生む遊び心──デザイナーに聞く「N702iS」
グラスをイメージしたデザインと、液体のゆらぎを表現したインタフェースが印象的な「N702iS」は、NECとnendoのデザイナー、佐藤オオキ氏のコラボモデル。一風変わったこの端末に込められた思いを佐藤氏に聞いた。(2006/8/2)

702ix新モデルの“ここ”が知りたい「N702iS」編(2):
メールや通話の不在着信を知らせる機能はあるか──「N702iS」
グラスケータイ「N702iS」には、メールや通話の不在着信を知らせる機能はあるのか。機能の詳細に関する8つの質問について確認した。(2006/7/31)

写真で解説する「N702iS」
「インテリアを持ち歩く発想」でデザインされたのが、グラスに入ったドリンクをイメージした携帯「N702iS」。中に水が入っているかのようなUIが特徴だ。(2006/7/4)

コップ? いえ、ケータイです──水がゆらぐグラススタイルFOMA「N702iS」
グラスに入ったドリンクをイメージしたというFOMAが登場。加速度センサーを内蔵し、端末を傾けるとディスプレイに表示された水も傾く。各種操作も振ったり傾けたりして行える。デザインはnendoの佐藤オオキ氏。(2006/7/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。