ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「net.USB」最新記事一覧

アイ・オー、802.11ac正式版対応の1.3Gbpsホームルータ「WN-AC1600DGR2」
アイ・オーが802.11ac“正式対応版”の上位ルータを発表。3×3 MIMOによる最大1.3Gbps通信に対応する。価格は1万5800円。(2014/3/5)

最大1300Mbps対応:
アイ・オー、802.11acルータの上位機種「WN-AC1600DGR」など2モデル
アイ・オー・データ機器が802.11ac対応ルータの上位モデルを追加。WN-AC1600DGRは最大1300Mbps通信に対応、さらにUSBデバイスサーバなどのネットワーク連携機能も備える。価格は1万5700円前後。(2013/5/22)

アイ・オー、“Acronis True Image”付きの1ドライブNAS「HDL-AS」
アイ・オー・データ機器は、ドライブバックアップソフトを付属した1ドライブ型NAS「HDL-AS」シリーズを発表した。(2013/1/30)

アイ・オー、シンプルデザインの小型NAS「HDL-CES」
アイ・オー・データ機器は、1ドライブ仕様のスタンダードNAS「HDL-CES」シリーズを発表した。「True Image 2013」が付属する。(2013/1/16)

Webブラウザでもアプリでも:
アイ・オー、スマホで設定可能な5GHz対応無線LANルータ「WN-AG300DGR」
アイ・オー・データ機器は、5GHz帯通信に対応した無線LANルータ「WN-AG300DGR」を発売する。スマートフォンのWebブラウザ上で接続設定を行えるのが特徴だ。(2012/7/25)

アイ・オー、ビジネスNAS製品に12Tバイトモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK XR/XV」シリーズに容量12Tバイトのモデル3製品を追加した。(2012/3/21)

つながらなければ返金:
アイ・オー、家電向け無線LANセット「WN-AG450DGR-E」を発売
アイ・オー・データ機器は、デジタル家電用の無線LANアダプターと無線LANルータをセットにしたパッケージ製品を2月上旬に発売する。設定済みのため、箱から出したら即利用可能。手厚いサポートも用意する。(2012/1/12)

アイ・オー、450Mbps通信対応の11n無線LANルータ「WN-AG450DGR」
アイ・オー・データ機器は、5GHz帯通信にも対応した無線LANルータ「WN-AG450DGR」を発売する。(2011/12/7)

アイ・オー、11b/g/n無線接続に対応したUSBデバイスサーバ
アイ・オー・データ機器は、無線LAN接続対応モデルとなるUSBデバイスサーバ「WN-DS/US」を発売する。(2011/10/26)

2ドライブ仕様で高速なRAID 0対応:
今買うなら“高速+多機能”でなきゃ──100Mバイト/秒の高速NAS「HDL2-Aシリーズ」検証
ちょっと高いが、どうせなら──。USB外付けHDDに対し、今、NASを購入するならどんな機能があれば幸せか。アイ・オー・データ機器の高性能NASシリーズ「HDL2-Aシリーズ」を検証する。(2011/10/26)

“全部入り”のフラッグシップモデル:
アイ・オー、毎秒100Mバイト転送のNAS「HDL2-A」シリーズ
アイ・オー・データ機器より、RAID 0で毎秒100Mバイトの高速アクセスに対応したNASが登場。さまざまな機能を備えた、いわゆる“全部入り”を目指したモデルで、個人からSOHOまでさまざまなユーザーニーズに対応する。(2011/9/21)

PC&iPhone/iPad/Androidで使える:
“自宅クラウド”を1万円台で実現っ──低価格NAS「LAN DISK HDL-CEシリーズ」の実力チェック
ノートPCやスマホはストレージ容量が乏しい、でもクラウドサービスは高額。それなら“自宅クラウドストレージ”を導入してみよう。リモートアクセスをサポートするNASの新モデル「HDL-CEシリーズ」の実力を検証する。(2011/8/18)

簡単リモートアクセス機能を搭載:
アイ・オー、スマートフォン対応NAS「HDL-CE」シリーズ
アイ・オー・データ機器より、スマートフォンで活用できる簡単リモートアクセス機能を備えたNASのエントリーモデルが登場。1Tバイトモデルで1万4600円から。(2011/8/3)

アイ・オー、ギガビット対応の有線LANルータ2製品
アイ・オー・データ機器は、ギガビット接続対応モデルとなる有線LANルータ計2製品「ETG2-R」「ETG2-DR」を発売する。(2011/3/30)

アイ・オー、RAID-6対応のベーシックNAS「HDL-XV」
アイ・オー・データ機器は、RAID-6に対応したビジネス向けNAS「HDL-XV」シリーズを発表した。(2011/3/28)

今後のルータ製品には「標準搭載」を:
“net.USB”開発元のサイレックス、USBデバイスサーバの「USB 3.0対応版」も開発へ
USBデバイスサーバ製品・技術を投入するサイレックス・テクノロジーが技術説明会を実施。望まれるUSB 3.0化や複数OSへの対応など、今後の展開を示した。(2010/10/27)

記憶のプラットフォーム目指すEvernote ポメラ、東急ハンズ──連携続々
EvernoteのリービンCEOが来日し、新しいサービスやパートナーを披露。東急ハンズや「大人の科学」のコンテンツ提供、1クリックでWebを保存できるSite Memoryの対応サイトなど、重要市場と位置付ける日本でさまざまな連携が進む。(2010/9/30)

「Webサービスでは未曾有の成功」とEvernote リービンCEO
来日した米Evernoteのフィル・リービンCEOは「Webサービスの世界では未曾有の成功だ」と好調ぶりをアピール。新サービス「Evernote Site Memory」などを軸にした国内企業との協業の成果も披露した。(2010/9/29)

スキャナからPC不要でEvernoteへ NTT東西、デバイスサーバ発売
NTT東西地域会社が発売する「N-TRANSFER」は、USB機器をPC不要でネットワークに接続し、クラウドサービスも利用できるようにするデバイスサーバだ。(2010/9/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月2日〜8月8日):
「Core i7-870」+「Intel P55 Express搭載マザー」の組み合わせ、変わらず売れ筋
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第2週版】(2010/8/16)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年7月26日〜8月1日):
CPU、マザー、グラフィックスカード──「自作PCパーツの販売ランキング」はじめました
CPUやマザーボード、グラフィックスカード、PC向けテレビチューナーなど、自作PCパーツの売れ筋は? 今回は2010年8月第1週の集計。(2010/8/9)

アイ・オー、“net.USB”搭載のギガビット対応無線LANルータ「WN-G300DGR」
アイ・オー・データ機器は、“net.USB”機能に対応した802.11b/g/n対応無線LANルータ「WN-G300DGR」を発売する。(2010/7/22)

“ワイヤレスTV&DVD”もOK:
何ができる? いや、それより速度は?──net.USB対応「ETG-DS/US」の実力検証(後編)
手元のUSB機器を“LAN対応”に変えてしまうUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US」。後編はHDDや光学ドライブ、データ通信端末などの“よくありがち”な機器で使えるかを検証する。(2010/3/4)

iPhone 3GSでも使えるみたい:
何ができる? いや、それより速度は?──net.USB対応「ETG-DS/US」の実力検証(前編)
USB機器を手軽に“LAN対応”にしてしまう「ETG-DS/US」は、どんな機器が使えるか。前編は設置準備と複合機やスキャナ、iPhoneなどが使えるかを検証する。(2010/1/27)

アイ・オー、「LAN DISK Home」の“net.USB機能”を正規版にアップデートできるキャンペーン
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK Home」に付属する「net.USB機能」30日体験版を正規版へアップデートできるキャンペーンを開始する。(2009/12/24)

USB機器をすこぶる簡単に無線化する「net.USB」とは
既存のUSB機器をネットワーク対応機器に変えてしまう、“net.USB”対応USBサーバ製品が発売される。net.USBとは何か、USB機器がネットワーク対応になると何ができるようになるのだろうか。(2009/12/2)

アイ・オー、東芝製SSDの一般販売を開始
アイ・オー・データ機器は、東芝製となるSeiral ATA接続対応の内蔵型SSD「SSDN-STH」シリーズの取り扱いを発表した。(2009/11/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。