ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新ウィルコム定額プラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新ウィルコム定額プラン」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの一般向けPHSが2020年7月末で終了へ
新規受付は3月31日に終了(2018/4/19)

ソフトバンク、一部プランの新規受付を終了 旧ウィルコム・イー・モバイルの料金など
Y!mobileで提供中の一部プランを9月末に、ソフトバンクの一部プランは11月3日に受付を終了する。(2015/7/31)

ワイモバイル、新ブランド発足に伴う各種サービス変更について発表――手数料改定、新規受付終了ほか
ワイモバイルは新ブランド開始に合わせた窓口名称変更、および各種サービスの事務手数料改定や新規申込み受付終了を発表。(2014/7/17)

データ通信は1Gバイトから、月額1000円で通話定額――ワイモバイルが新料金プランを発表
ワイモバイルが、Y!mobileスマートフォン向けの新料金プランを発表。データ定額は月1Gバイト、3Gバイト、7Gバイトまで使えるプランを用意し、月額1000円で通話が完全定額となる「スーパーだれとでも定額」も提供する。(2014/7/17)

石川温のスマホ業界新聞:
日経vs朝日のスクープ合戦で前進する完全音声定額戦争――6月にもドコモ対抗プランの正式発表があり得るか
事前予約の申し込みが170万件以上と盛り上がりを見せるドコモの新料金プラン。KDDIやソフトバンクは、定額音声通話をめぐる戦いにどう打って出るのだろうか。(2014/6/6)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
広がる通話定額 “話し放題”に打って出るキャリア各社の思惑とは?
国内通話が定額になることで注目されているドコモの新料金プラン。他キャリアも通話定額サービスを追従する動きを見せている。“話し放題”に打って出る各社にはどんな思惑があるのだろうか。(2014/6/2)

通話時間も無制限:
ウィルコム、月額1500円で回数制限なしの「スーパーだれとでも定額」を6月から提供
ウィルコムは6月から、他社ケータイや固定電話宛ての国内通話が月額1500円で使い放題になる「スーパーだれとでも定額」を開始する。(2014/5/30)

保存版:
IT時代ならではの“これは便利”な防災グッズ
災害大国ニッポン――日本に住んでいれば、地震や台風といった災害への備えは常にしておきたいところ。本記事では、ITに関連した「普段からできる」災害対策グッズを4つ紹介しよう。(2014/3/7)

2台持ちがさらにはかどる?:
ウィルコム以外のAndroidスマホでも“だれ定”が使える「WX12K」とは
一見、普通の折りたたみケータイに見える京セラの「WX12K」。ウィルコム端末として“だれ定”が利用できるだけでなく、他キャリアのAndroidスマホでも定額通話が利用できる唯一の存在だ。(2014/2/25)

合併記念:
ウィルコム、基本料が3年無料になる「春のキャンペーン」を開始――イー・モバイルユーザーは“ずっと無料”のセット割も
ウィルコムは、イー・アクセスとの合併を記念した「春のキャンペーン」を開始した。期間中に新規契約すると基本料が3年間無料になるほか、イー・モバイル回線とのセット割も用意する。(2014/1/17)

ウィルコム、1月16日まで「新春初売りフェア」を実施
ウィルコムが、1月1日から16日まで新春初売りフェアを実施している。新規契約をすると月額基本料金が3年間無料になるほか、「もう1台無料キャンペーン」を2台から4台までに拡大する。(2014/1/6)

「だれスマ」の本気度とは:
4G対応と格安料金 生まれ変わったウィルコムの新スマホ戦略
“だれ定”など音声通話がサービスの中心だったウィルコム。再建後の夏モデルでは、低価格路線を軸にした本格的なスマホ再参入を打ち出した。同社の端末と料金の担当者に勝算を聞いた。(2013/8/31)

ウィルコム、3年契約で月額基本料を値下げする期間限定キャンペーン
「新ウィルコム定額プランS/GS」または「ウィルコムプランW」と「だれとでも定額」への新規加入で毎月490円を割引。(2013/4/12)

ウィルコム、法人ユーザーの基本料を半額にする新プログラム
新規または機種変で「新ウィルコム定額プランS/新ウィルコム定額プランGS」を契約した法人ユーザーは、基本料が“ずっと”半額になる。(2013/4/1)

学生または22歳未満が対象:
指定機種の購入で、月額基本料を最大3年間無料に――「ウィルコム学割」
指定機種の購入で、新ウィルコム定額プランSの基本料1450円を1〜3年間無料にする。もう1台無料キャンペーンとの併用も可能。(2013/4/1)

ウィルコム、「もう1台無料キャンペーン」を4月以降も実施
ウィルコムは、3月31日に終了予定だった「もう1台無料キャンペーン」を4月以降も実施すると発表した。(2013/3/28)

ウィルコム、だれとでも定額が1年間490円になる「だれとでも定額半額キャンペーン」
ウィルコムが、月額980円で10分以内の国内通話が月500回まで無料になる「だれとでも定額」の基本料金を1年間490円にする「だれとでも定額半額キャンペーン」を開始した。(2013/1/16)

1月15日まで:
ウィルコム、スマホの基本料金が最大3年無料になる「新春初売フェア2013」を実施中
ウィルコムは、新ウィルコム定額プランS/GSの割り引きや「DIGNO DUAL」の基本料金を最大3年間無料にする「ウィルコム新春初売フェア2013」を実施している。(2013/1/7)

月額基本使用料などを割り引く「ウィルコムのスマホ祭」開始
ウィルコムが、スマートフォンの月額基本使用料などを割り引くキャンペーン「ウィルコムのスマホ祭」を開始する。期間は12月31日まで。(2012/11/1)

ウィルコムの累計契約数が500万を突破
ウィルコムの累計契約数が、9月23日に500万を突破した。(2012/9/26)

ウィルコムの「だれとでも定額」が200万契約を突破
月額980円で他社ケータイや固定電話への10分以内の通話が500回まで行えるウィルコムの「だれとでも定額」が、7月18日に200万契約を突破した。(2012/7/19)

ウィルコム、「もう1台無料キャンペーン」条件変更――新規契約・契約解除の手数料無料
ウィルコムが、指定プランで契約すると最大2台の月額基本料が無料になる「もう1台無料キャンペーン」の条件を変更。副回線の新規契約事務手数料、契約解除手数料が7月1日から無料となる。(2012/7/2)

ウィルコム、「法人ずっと半額キャンペーン」を2013年3月末まで延長
ウィルコムは、新ウィルコム定額プランS/GSの月額基本料金を継続的に半額にする「法人ずっと半額キャンペーン」の期間延長を発表した。2013年3月末まで受け付ける。(2012/6/20)

ウィルコム、「もう1台」キャンペーンの対象を拡大 学生向けキャッシュバックも
ウィルコムは、既存ユーザー向け「もう1台無料キャンペーン」の対象を拡大した。また学生限定で基本使用料をキャッシュバックする「夏の学生祭」も実施する。(2012/6/1)

ウィルコム、「SOCIUS WX01S」と「GALAPAGOS 003SH」のセット販売を開始
ウィルコムのPHS端末「SOCIUS WX01S」と、ソフトバンクのAndroidスマートフォン「GALAPAGOS 003SH」が4月27日からセット販売される。(2012/4/27)

ウィルコム、各種キャンペーンの実施期間を延長
ウィルコムは、「もう1台無料キャンペーン」「どん引きキャンペーン」「法人ずっと半額キャンペーン」の実施期間を延長する。(2012/4/2)

石野純也のMobile Eye(3月11日〜3月23日):
新iPadの高速通信に期待/EMOBILE LTE好調の理由/「W-VALUE割引」対象変更に要注意
今回の大きなトピックは、16日に発売された「新しいiPad」と、15日に開始されたイー・アクセスのLTEサービス。また、ウィルコムの「W-VALUE割引」の適用条件が変更されたので、その内容と影響をあらためて解説したい。(2012/3/23)

ウィルコム、「W-VALUE割引」の対象費目を4月から変更
ウィルコムは、W-VALUE SELECTで提供している「W-VALUE割引」の対象費目を、4月1日から変更する。これまで割り引き対象だった音声サービスの基本料やあんしんサポートが対象外になる。(2012/3/19)

ウィルコム、基本料を3年間980円にする「どん引きキャンペーン」
ウィルコムは、「新ウィルコム定額プランS/GS」の月額基本料金(1450円)を3年間980円に割り引く「どん引きキャンペーン」を発表した。2月15日から3月31日までに新規契約すると適用される。(2012/2/14)

PHS×Androidスマートフォン:
ウィルコム、「WX01NX」と「Vision 007HW」のセットを発売――直販サイトでは「X PLATE」とVisionの組み合わせも
ウィルコムは、小型軽量のシンプルなPHS端末「WX01NX」と、Android 2.3を搭載したHuawei製のAndroid端末「Vision 007HW」のセット販売を開始する。オンラインストアでは、X PLATEとの限定セットも用意する。(2012/2/3)

ウィルコム、1月9日まで「ウィルコム新春初売フェア」を実施
ウィルコムが1月9日まで、期間限定で「ウィルコム新春初売フェア」を実施している。新ウィルコム定額プランSとだれとでも定額で新規に契約した個人ユーザーは、新ウィルコム定額プランSの月額料金を2年間450円割り引く。(2012/1/5)

だれとでも定額×キャリア定額で死角なし:
スマホ2台をBluetoothで使いこなすシンプルPHS「SOCIUS WX01S」
ウィルコムのSII製「SOCIUS WX01S」は、ストレートボディのシンプルなPHS端末。だが、SOCIUSはBluetoothのヘッドセット機能を持ち、スマホ2回線と自身のPHS回線の3回線をこれ1台で操れる優れものだ。(2011/12/27)

ウィルコム、ドコモの3G網を使ったMVNOサービスをIIJに承継
ウィルコムは、ドコモの3G網を使ったデータ通信事業を2012年4月にIIJへ承継する。サポートは引き続きウィルコムが行うため、サービス内容などの変更はない。(2011/12/12)

PHS×Androidスマートフォン:
ウィルコム、「WX01NX」と「Libero 003Z」をセット販売――「HONEY BEE 4」との組み合わせも
ウィルコムは、小型軽量のシンプルなPHS端末「WX01NX」と、Android 2.2を搭載したZTE製のAndroid端末「Libero 003Z」のセット販売を開始する。オンラインストアでは、HONEY BEE 4との限定セットも用意する。(2011/12/1)

最大2回線を無料で:
ウィルコムの「もう1台無料キャンペーン」 6月以降に加入したユーザーも利用可能に
ウィルコムは、最大2回線までPHSを無料提供する「もう1台無料キャンペーン」の対象を拡大した。これまでは、5月31日時点で契約していたユーザーか新規契約時しか適用されなかったが、6月以降に加入したユーザーも適用対象になる。(2011/11/24)

便乗“ダ”:
ウィルコムもホークス日本一記念キャンペーンを実施
ウィルコムはソフトバンクホークスの日本一を記念し、新規契約ユーザーの月額料金を500円引きにする「応援ありがとうキャンペーン」を実施する。(2011/11/21)

ウィルコム、法人向けに月額料金「ずっと半額」キャンペーン
ウィルコムが法人ユーザーの月額料金を半額のまま据え置く「ずっと半額」キャンペーンを始める。(2011/11/1)

企業ユーザーも“だれとでも定額”、ずっと月額1705円で――ウィルコムがキャンペーン
ウィルコムが企業向けの音声定額キャンペーンを実施。期間中に申し込むと、契約手数料が無料になり、「新ウィルコム定額プランS」の月額料金がずっと半額になる。(2011/11/1)

ウィルコム、月額3880円の「ULTRA SPEED」向けデータプラン
ウィルコムは、モバイルWi-Fiルータ「007Z」専用のデータプラン「3G データ定額(S)」を発表した。2011年中に契約すると、月額3880円で下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsの高速通信が定額利用できる。(2011/9/21)

ウィルコムの「だれとでも定額」累計契約数が100万を突破
ウィルコムが、オプションサービス「だれとでも定額」の累計契約数が8月24日に100万件を突破したと発表した。100万契約突破を記念し、豪華賞品が当たる各種キャンペーンやプロモーションも展開する。(2011/8/29)

ウィルコム最小・最軽量 シンプルなストレート端末「WX01UT」発表
ウィルコムは、通話に機能を絞ったシンプルなストレート端末「WX01UT」を発表した。ウィルコム最小・最軽量というボディは、レッドとブラックの2色を用意。レッドは8月下旬、ブラックは10月に発売する。(2011/8/4)

記念キャンペーンを実施:
ウィルコムの「だれとでも定額」、まもなく100万契約
ウィルコムの「だれとでも定額」累計契約がまもなく100万台を突破する。これを記念して、月額980円のオプション料金を3カ月無料にするほか、ユーザー100人に40V型テレビをプレゼントする「だれ定★100万台キャンペーン」を開始する。(2011/6/30)

ウィルコム、「X PLATE」「DELL Streak」のセットを6月24日に発売
ウィルコムは、ストレート型のPHS端末「X PLATE」とDELLのAndroid 2.2スマートフォン「DELL Streak」のセット販売を6月24日から開始する。料金プランは「新ウィルコム定額プランGS」を適用し、月額1450〜6700円で2台を利用できる。(2011/6/16)

“もう1台”にもう1台追加:
ウィルコム、最大3回線を1回線分の月額料金で使えるキャンペーン
ウィルコムは「もう1台無料キャンペーン」の期間延長とサービスの拡大を発表した。2012年3月31日までに新規契約すると、主回線1台と副回線2台の合計3回線のPHSを、1台分の月額料金で持つことができる。(2011/6/1)

コンパクトサイズのストレート型PHS「X PLATE」に新色サクラとブルー
ウィルコムが、「だれとでも定額」の開始以降ニーズが高まっているコンパクトな音声端末のニーズに応えるべく、ストレート端末「X PLATE」の新色を発売する。(2011/4/7)

PHSからおとくラインへの通話が無料に――「ホワイトライン24[PHS]」
ウィルコムが3月1日から、月額980円でPHSからおとくラインへの通話が無料になるオプションサービス「ホワイトライン24[PHS]」の提供を開始した。(2011/3/1)

ウィルコム、学生の新規契約事務手数料を無料にするキャンペーン
ウィルコムが3月1日から6月30日まで、22歳以下もしくは学生を対象に、新規契約時の事務手数料(3150円)を無料にするキャンペーンを実施する。(2011/3/1)

料金プランは何を選ぶべき? 「だれ定」+ケータイはお得?――ウィルコムの料金を考察する
ウィルコムの主な料金プランには「新ウィルコム定額プラン」「新ウィルコム定額プランS」の2つがあるが、どちらがお得なのか。また、国内の通話料が条件付きで無料になる「だれとでも定額」を、ケータイと組み合わせて2台持ちをするとお得になるのだろうか。(2011/2/9)

2台目の月額料金が無料に――ウィルコム、「もう1台無料キャンペーン」開始
ウィルコムが1月21日から5月31日まで「もう1台無料キャンペーン」を実施する。定められた条件で2回線を新規契約すると、2回線目の「新ウィルコム定額プランS」の基本料金が無料になる。(2011/1/21)

2011年に登場する?:
Wi-Fiルーター内蔵、腕時計型、超小型――ウィルコムが提案する“次のPHS”
「だれとでも定額」や「HONEY BEE 4」の発表会で、ウィルコムは2011年春以降に発売を予定しているモデルや、商品化は未定のコンセプトモデルも展示していた。その一部を紹介しよう。(2010/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。