ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「知っておきたいニュースな言葉」最新記事一覧

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

知っておきたいニュースな言葉:
なぜ政治家の話はイマイチなの? スピーチの基本を学ぶ
政治家の演説を聞いて「退屈だなあ」と感じたことはないだろうか。これは政治家だけでなく、ビジネスパーソンでも同じことが言える。プレゼンが上手な人と、そうでない人では何が違うのか。政治家や経営者のスピーチをトレーニングしている達人に話を聞いた。(2013/7/10)

知っておきたいニュースな言葉:
「ネット選挙」ってナニ? 投票率が下がるかも、という声も
次の参議院選挙から「ネット選挙」が解禁になりますが、有権者はナニができて、ナニができないのか。7月4日の公示日前に、確認しておきましょう。(2013/7/3)

知っておきたいニュースな言葉:
サラリーマンの小遣いが、下がるのは20××年
「お小遣いが足りない。毎月、やりくりが大変」という人も多いのでは。新生銀行が行った調査によると、サラリーマンのお小遣いは30年前の水準にまで逆戻りした。気になるのは今後のこと。上がるの? それとも下がるの?(2012/9/28)

知っておきたいニュースな言葉:
知ってますか? 東京駅の意外な歴史
復原工事をしていた東京駅が、“新たな顔”としてスタートする。通勤などで東京駅を利用している人は多いと思うが、東京駅の歴史を知っている人は少ないのでは。そこで営業を開始した大正時代にスポットを当て、東京駅がどのように設計されたのかを紹介しよう。(2012/9/25)

知っておきたいニュースな言葉:
彼氏がいる女性、いない女性――どう違う?
「結婚をしていない」「恋人がいない」という人が増えていますが、その人たちにはどういった特徴があるのでしょうか。明治安田生活福祉研究所が行った調査を基に、彼氏がいない女性にスポットを当てました。(2012/9/20)

知っておきたいニュースな言葉:
4人に1人が働けない時代に? 大学生の就職率
リーマンショック後、学生の「就職難」が続いています。大学生の約4人に1人が就職できない状況となっていますが、内定をもらえた学生ともらえなかった学生の間に、どのような違いがあるのでしょうか?(2012/3/7)

知っておきたいニュースな言葉:
「絆」って本当に深まってる? 新しい人を求める動きも
震災後、さまざまなシーンで「絆」について語られてきました。まもなく震災から1年が経とうとしていますが、“新しい人とつながりたい”といった動きが出てきているようです。(2012/3/2)

知っておきたいニュースな言葉:
オリンパス株って、上場維持できるの? 廃止になるの?
オリンパスが長年に渡って“損失隠し”をしていたことが明らかになりました。その後、同社の株価はストップ安が続いたり、ストップ高が続いたりしています。どうしてこのような現象が起きるのでしょうか。その秘密を解説します。(2011/11/18)

知っておきたいニュースな言葉:
ギリシャ&イタリアは何が問題なのか? 今さらですが「国債」の話
「イタリアの国債、利回り7%超」というニュースが報道されました。イタリアは遠い国なのに、なぜマスコミ各社はこのニュースを大きく扱ったのでしょうか。また「国債」とは、どういったモノなのでしょうか。できるだけ分かりやすく解説します。(2011/11/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。