ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トップ1%だけが実践している集中力メソッド」最新記事一覧

ナレッジワーキング!!・最終回:
ベスト・オブ・知的生産術――5年半の連載記事を振り返る
2009年に記事執筆を始めてから実に5年半に渡って誠 Biz.IDで連載をしてきました。最終回となる今回は、これまでの約300本の記事の中から選りすぐりの5本をピックアップ。(2015/2/18)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
年末年始は知的生産性を高める「お仕事カイゼン」絶好の機会
2013〜2014年の年末年始はカレンダーが良く、多くの会社で9連休となっています。たっぷり読者や日ごろの頭の整理などを行う時間があるでしょう。ぜひ、仕事の道具のメンテナンスを1日取るようにしましょう。1月からのスタートダッシュがうまくきれるに違いありません。(2013/12/25)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、成功者を輩出する「モンテッソーリ教育」現場を見てきた
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラムによって生まれる“モンテッソーリ・マフィア”。日本でモンテッソーリ教育を実施している「こどもの家」を見学してきました。(2013/12/13)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
ノーベル賞学者がiPS細胞を見つけ出した集中力の源泉は?
子どもを持つ親なら、わが子を山中教授のような学者にしたいと思うかもしれません。では実際に、山中教授が研究分野で成果を出す源になった幼少期の経験とは何だったのでしょうか?(2013/12/4)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
誰でも、集中1万時間でブレイクできる
多くの成功者は成功に必要な要素として「運」を挙げます、しかし運は偶然にやってくるものではありません。毎日、1つのことを成し遂げようと努力し続けている人の元に自然と訪れるのです。(2013/11/26)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
イチローの集中力を支える心と身体
集中力を支えるためには、脳と身体、どちらも常にベストコンディションにしておく必要があります。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの多数の記録を保持しているイチロー選手も、それを実践しています。(2013/11/20)

1分間IT活用法:
「締め切り効果」で集中力を高めるときにオススメのこと
人は締め切りが迫ると焦り、集中し、作業に没頭する生き物です。その「締め切り効果」を効果的にする方法を考えてみました。(2013/11/19)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
羽生善治さんが考える「集中力の基盤」とは?
集中力が問われる職業の1つがプロ棋士。プロの棋士の憧れといえば、羽生善治さんですが、羽生さんは車を運転しないそうです。その理由は?(2013/11/13)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた! 集中できない時の最終兵器
つい、アレコレ考えて「意識のカオス」に陥りがちなあなたへ。スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた最強の集中法とは……?(2013/11/5)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
自分にベストな集中時間を知る
集中力は誰にでも身に付けられる技術です。ですが、いきなり集中力を高めろといわれてもうまくいきません。まずはハードルを下げ、集中しやすい環境を作りだすことがポイントです。(2013/10/29)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
常に目標達成できる“集中スパイラル”はどうやったら身に着く?
長い人生において成功するには、自律と集中という2つの要素を取り入れた持続可能な成長サイクルを作ることが不可欠です。では具体的に何から始めればよいでしょう?(2013/10/22)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
Googleの成功はモンテッソーリ教育なしには語れない
Yahoo!のマリッサ・メイヤー氏は、創業期からグーグルを引っ張ってきた陰の立役者の1人ですが、彼女は「モンテッソーリなしに、Googleは理解できない」と語っています。モンテッソーリ教育が子供たちにもたらす効果とその源泉とは?(2013/10/16)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラム
ビジネス、政治、科学、文学とさまざまな分野で才能を発揮する、まさにトップ1%の天才たちに共通していたこと。それは彼らが同じ教育プログラム、それも幼児・初等に「モンテッソーリ教育」というプログラムを受けていたのです。それは……?(2013/10/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。