ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「nook」最新記事一覧

愛用スマホとは違うOSを選ぶのもあり
iPadの「iOS」か、Surfaceの「Windows 10」か OSで選ぶ最高のタブレット対決
タブレット端末を選ぶには、まずOSを選ばなければならない。iOS、Windows、Androidといった3つのOSそれぞれの長所と短所を比べてみよう。(2017/7/16)

ディスプレイの満足度はお値段以上
徹底レビュー: 4000円台からの爆安タブレット「Fire 7」、安過ぎて心配なので検証した
7型ディスプレイを備えるAmazon.comの新型タブレット「Fire 7」は、49.99ドルからという驚きの低価格が特徴だ。“安かろう悪かろう”ではないのか。さまざまな角度から検証する。(2017/7/15)

Gartner Insights Pickup(19):
顧客体験、イノベーションと有名ブランドの緩やかな死
小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。(2017/5/12)

電子書籍リーダー端末に搭載されているフロントライト技術の変遷
現在市場で販売されている電子書籍リーダー端末の大半に搭載されている「フロントライト」。あまり語られることのないこの技術がどのように変化してきたか、時系列で調べてみた。(2015/7/30)

「iBooks」か「Kindle」か、それとも……
iPad/iPhone用電子書籍アプリの一押しは? 定番アプリ4種を徹底比較
米Appleの「iPad」「iPhone」で利用できる電子書籍リーダーアプリが充実している。標準搭載の「iBooks」と、サードパーティー製アプリ3種の計4種を徹底比較する。(2015/6/21)

IT用語解説系マンガ:食べ超(68):
電子書籍451度
電子書籍サービスが終了するとき、ファイアマンのドット絵があなたのメモリを燃やしにきます。(2015/4/10)

米OverDrive、 米Barnes & Nobleと提携し、図書館に電子雑誌1000誌を開放
アプリの連携による電子雑誌の無料配信。(2015/2/12)

Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスからMicrosoftが撤退、保有株式を売却
(2014/12/5)

電子書籍が紙の書籍を超えるには?
電子書籍はあと数年で紙の書籍を超えると多くのアナリストが主張している。そのためには実現すべきことが幾つかありそうだが、どんなことが必要だろう?(2014/12/1)

Adobe Digital Editionsの個人情報リスクについて知っておくべきこと
日本ではそれほど利用者は多くないかもしれないAdobe Digital Editionsが個人情報関連でちょっとした騒ぎとなっている。何が起こっていたのか。(2014/10/20)

Barnes & Noble、2015年に向けてWebサイトを刷新中
検索機能に重点を置き、反応の良い設計になる新しいWebサイトは、オンラインの世界で歓迎されるだろうか?(2014/9/22)

Kobo Aura H20は暗闇の中だとこう見える
海外では10月1日に発売予定の「Kobo Aura H20」。防水機能が特徴的な端末だが、暗闇の中での読書性能はどうなっているのか、動画で見てみよう。(2014/9/1)

Barnes & Noble、Samsungと共同開発のNOOKタブレット「Galaxy Tab 4 NOOK」を発表
(2014/8/21)

Googleの当日配送サービスに書店大手Barnes&Nobleが参加
Amazon.comの当日配送サービスと競合するGoogleの「Google Shopping Express」のショップパートナーとして、米書店大手のBarnes&Nobleが参加した。(2014/8/8)

写真で振り返るKobo端末の軌跡
そろそろKoboも新端末の投入時期にさしかかるころだが、ここで同社のこれまでリリースした電子書籍リーダー端末の軌跡を振り返ってみよう。(2014/8/4)

Barnes & Noble、NOOK Mediaの分社化を決定
分社化は2015年3月末までに完了させる予定。(2014/6/26)

Barnes & Noble、タブレットの開発でSamsung Electronicsと提携
ハードウェア開発からは事実上の撤退となる。(2014/6/6)

海外の電子書籍市場で日本の小説を売るということ――プロデューサー清涼院流水に聞く
作家自ら作品を英訳し、電子書籍として海外の市場で販売するという、清涼院流水氏が立ち上げたプロジェクト「The BBB」。その取り組みと展望について聞いた。(2014/5/16)

Nielsen BookScan、自社のベストセラーリストに操作されたデータを提供
お金を払い、自身の著書をベストセラーであるかのように仕立て上げる手法が、ベストセラーリストに混乱を与えている。(2014/4/7)

電子書籍端末ショーケース:
Kobo Arc 7――楽天
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、楽天子会社のKoboがリリースしたタブレットのエントリーモデル「Kobo Arc 7」を紹介する。(2014/3/31)

セルフパブリッシング作品、ベストセラーリストを支配
海外では、The New York Times、Amazon、Barnes & Nobleなどのベストセラーリストにセルフパブリッシング作品が数多く並ぶようになってきている。(2014/3/27)

自費出版者は作家と呼ばれるべきでないか
著述家とプロ作家の区別は定量化すべきだろうか。簡単に用いられるようになった“作家”という言葉に筆者は混乱しているのだ。(2014/3/26)

Barnes & Noble、「NOOK Press」を欧州7カ国でもオープン
個人出版サービス「NOOK Press」を英国など欧州圏の7カ国でスタート。(2014/3/20)

Barnes & Noble、NOOKで10億ドル以上の損失
米国最大の書店Barnes & Nobleに明るいニュースはやってくるのだろうか。(2014/3/6)

Barnes & Noble、NOOKで大規模な組織変更
ここ最近のBarnes & Noble関連のニュースには明るい話題が少ない。幾つかの施策は、立て直しを図る同社の未来を予見させる。(2014/2/27)

筋金入りの読者はAmazonとKoboからの書籍購入を好む
Good e-Readerの調査によると、AmazonとKoboは筋金入りの読者が選択するオンライン書店として基本的に互角のようだ。(2014/2/17)

Pew Internetの調査:紙・電子書籍市場は健全
あらゆるフォーマットでオーディエンスに確実にリーチすることが今日求められているのではないだろうか。(2014/2/13)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD+――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの9インチタブレット「NOOK HD+」を紹介する。(2014/1/29)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの7インチタブレット「NOOK HD」を紹介する。(2014/1/29)

E Ink、電子書籍リーダーの売り上げ増加に伴い四半期利益を記録
E Inkが直近四半期の決算を発表。電子書籍専用端末以外の領域への投資も結実するか。(2013/12/5)

NOOK、フランクフルトでデバイス・個人出版・将来展望について語る
Barnes & Nobleは米国依存の企業からの脱却を図るべく、NOOKに全力を傾ける考えが改めて示された。(2013/11/12)

Pew Research Center調査:
米国総人口に占める電子書籍専用端末の所有割合は24%、高所得層だと38%
16歳以上の米国人を対象に実施された調査で、電子書籍専用端末を所有するユーザーの割合は24%と推察されている。(2013/10/21)

Kindle MatchBook、書籍販売業界を混乱させる
読者が紙書籍を買うと電子書籍を低価格で提供する「Kindle MatchBook」は、『一度購入すれば、どこでも読める』という考え方を促進し、従来の書籍販売業界への警鐘となるだろう。(2013/10/18)

動画で紹介:
Kindle Paperwhite、2012モデルと2013モデルの比較動画
進化の度合いを動画でチェック。(2013/10/15)

E Ink RegalとCartaの真実
電子ペーパーはもう終わった――そんな声が少し前にはささやかれていたが、技術革新が進み、息を吹き返しつつある。ここでは、2013年時点の電子ペーパーを概観してみよう。(2013/9/10)

ソニー、PRS-T3を9月19日にリリースか
ソニーは今月中に電子書籍リーダーの最新モデル「PRS-T3」を発表するとみられる。しかし、スペック上は目を見張る特徴はなさそうだ。(2013/9/2)

Barnes & Noble、タブレットと電子書籍リーダーの製造を継続
ハードウェアビジネスから撤退し、事業の見直しを進めようとしていた米書店大手のBarnes & Nobleがその戦略を撤回、今後もハードウェアビジネスを展開する。(2013/8/26)

Kobo、10インチタブレットを準備中――コードネームはMacallan
楽天子会社のKoboは、この秋にも10インチクラスのタブレットを新たに市場投入するとみられる。(2013/8/2)

Amazon、秋のリリースに向け3種類の新タブレットを準備中
Amazonは今年のホリデーシーズンに新モデルを投入するとみられるタブレット群。画面解像度がそれぞれ向上する見込みだ。(2013/7/17)

いずれも完璧には程遠い?
iPad/iPhone向け無料電子書籍アプリ8製品を辛口レビュー
電子書籍を読む手段は専用端末だけではない。iPadやiPhoneで電子書籍が読める無料リーダーアプリが急速に充実している。使いやすいアプリはどれか? 8種を徹底レビューする。(2013/7/12)

NOOKの電子書籍事業が不調のBarnes & Noble、CEOの辞任を発表
NOOK事業が不調で赤字続きの米書店大手Barnes & Nobleが、ウィリアム・リンチCEOの辞任と新社長の就任を発表した。新社長のマイケル・ヒューズビー氏は子会社NOOK MediaのCEOも兼任する。(2013/7/9)

Barnes & Noble、NOOKタブレットの内製を中止へ
米大手書店Barnes & Nobleが、NOOK部門の赤字削減のため、AppleとSamsungが支配するタブレット市場から事実上撤退する。電子書籍コンテンツと電子書籍リーダーの販売は継続する。(2013/6/26)

Barnes & Noble、新短編小説プログラムNOOK Snapsを発表
さまざまな出版社や電子書店が、安価で手軽に読めるマイクロコンテンツを電子書籍で配信しているが、Barnes & Nobleも「NOOK Snaps」と名付けたプログラムでこれに本格的に乗り出す。(2013/6/14)

Onyxの「E Inkディスプレイ搭載Androidスマートフォン」を検証
E Inkベースのディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン。プロトタイプは以前から登場していたが、ようやく実機でも検証することができたのでその様子をお届けしよう。(2013/5/29)

Microsoft、Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスを約1000億円で買収オファー?
MicosoftがBarnes & Nobleの電子書籍ビジネスを10億ドルで買収することを検討しているという報道。NOOKのハードウェアビジネスは大きな転換期を迎えそうだ。(2013/5/10)

kobo aura HDレビュー
現在入手できる同サイズの電子リーダーを歯牙にもかけず、ほとんどの7インチタブレットさえ歯が立たない画面解像度を持つkobo aura HD。その実力を早速実機でチェックしてみた。(2013/4/24)

kobo aura HDとkobo gloの動画比較
現在入手できる同サイズの電子リーダーを歯牙にもかけず、ほとんどの7インチタブレットさえ歯が立たない画面解像度を持つkobo aura HD。その実力をkobo gloと比較したものを動画で紹介しよう。(2013/4/23)

kobo aura HDの夜間読書テスト
フロントライト搭載電子書籍リーダー端末の第2世代モデルとして他社に先んじてリリースされたKoboのkobo aura HD。日本ではまだ未発売だが、幾つかの端末とフロントライト部分について比較してみた。(2013/4/22)

Barnes & Noble、個人出版サービス「NOOK Press」発表
Barnes & Nobleの子会社NOOK Mediaが個人出版サービス「NOOK Press」を発表。カスタマーサポートに当たる「Live Chat」機能などが注目される。(2013/4/10)

Nook HD+購入でNOOK Simple Touchが付いてくるキャンペーン
米Barnes & Nobleは同社の販売するタブレット「NOOK HD+」を購入すると電子書籍リーダー「NOOK Simple Touch」が無料になるキャンペーンの実施を発表した。(2013/3/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。