ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nook HD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nook HD」に関する情報が集まったページです。

Barnes & Noble、Samsungと共同開発のNOOKタブレット「Galaxy Tab 4 NOOK」を発表
(2014/8/21)

筋金入りの読者はAmazonとKoboからの書籍購入を好む
Good e-Readerの調査によると、AmazonとKoboは筋金入りの読者が選択するオンライン書店として基本的に互角のようだ。(2014/2/17)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD+――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの9インチタブレット「NOOK HD+」を紹介する。(2014/1/29)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの7インチタブレット「NOOK HD」を紹介する。(2014/1/29)

Barnes & Noble、タブレットと電子書籍リーダーの製造を継続
ハードウェアビジネスから撤退し、事業の見直しを進めようとしていた米書店大手のBarnes & Nobleがその戦略を撤回、今後もハードウェアビジネスを展開する。(2013/8/26)

Kobo、10インチタブレットを準備中――コードネームはMacallan
楽天子会社のKoboは、この秋にも10インチクラスのタブレットを新たに市場投入するとみられる。(2013/8/2)

Amazon、秋のリリースに向け3種類の新タブレットを準備中
Amazonは今年のホリデーシーズンに新モデルを投入するとみられるタブレット群。画面解像度がそれぞれ向上する見込みだ。(2013/7/17)

Barnes & Noble、NOOKタブレットの内製を中止へ
米大手書店Barnes & Nobleが、NOOK部門の赤字削減のため、AppleとSamsungが支配するタブレット市場から事実上撤退する。電子書籍コンテンツと電子書籍リーダーの販売は継続する。(2013/6/26)

Microsoft、Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスを約1000億円で買収オファー?
MicosoftがBarnes & Nobleの電子書籍ビジネスを10億ドルで買収することを検討しているという報道。NOOKのハードウェアビジネスは大きな転換期を迎えそうだ。(2013/5/10)

kobo aura HDレビュー
現在入手できる同サイズの電子リーダーを歯牙にもかけず、ほとんどの7インチタブレットさえ歯が立たない画面解像度を持つkobo aura HD。その実力を早速実機でチェックしてみた。(2013/4/24)

Nook HD+購入でNOOK Simple Touchが付いてくるキャンペーン
米Barnes & Nobleは同社の販売するタブレット「NOOK HD+」を購入すると電子書籍リーダー「NOOK Simple Touch」が無料になるキャンペーンの実施を発表した。(2013/3/26)

岐路に立つBarnes & Nobleの電子書籍リーダー
自社の電子書籍リーダーが苦戦を強いられているBarnes & Noble。2013年度第3四半期の決算でもこれが顕著に表れているが、NOOK製品ラインを製造中止する計画はないという。(2013/3/5)

NOOKの売上は不振、電子コンテンツの売上は好調――Barnes & Nobleのホリデーシーズン
Barnes & Nobleがホリデーシーズン9週間の販売結果を発表。小売セグメント、NOOKセグメントともに奮わないが、電子コンテンツの売上高は13.1%増となった。(2013/1/9)

NOOK HD+とiPad 3の比較動画
異なるデバイスを動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回取り上げるのはAppleの「iPad 3」とBarnes & Nobleの「NOOK HD+」だ(2012/11/30)

Kindle Fire HD 7とNOOK HDの比較動画
異なるデバイスを動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回はAmzonの「Kindle Fire HD 7」とBarnes & Nobleの「NOOK HD」を比較。NOOK HDの「ArticleView」「Scrapbook」機能は際立っている。(2012/11/30)

iPad miniとNOOK HDの比較動画
異なるデバイスを動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回はBarnes & Nobleの「NOOK HD」とAppleの「iPad mini」で読書体験の比較を行ってみた。(2012/11/26)

Barnes & NobleのNOOKと電子書籍エコシステムの歴史
米国最大の書店チェーンのBarnes & Noble。電子書籍市場に乗り出して4年ほどがたとうとしているが、その軌跡をここで振り返ってみよう。彼らの小売パートナーとの関係にも最後に触れる。(2012/10/19)

Barnes & Nobel NOOKブックストア、2013年6月までに米国外の10カ国で展開予定
Microsoftが3億ドルを出資する新企業NOOK Mediaの動向も気に掛かるが、Barnes & NobleのリンチCEOはブックストアの海外展開を推進する考えを明かした。展開予定地域に日本は入っているのだろうか。(2012/10/16)

秋のタブレット合戦:
Barnes & Noble、タブレット製品「Nook HD」「Nook HD+」を発表
米書店大手のBarnes & Nobleがタブレット2機種を発表。9インチの「Nook HD+」と7インチの「Nook HD」でAmazonやGoogleとの勝負に挑む。(2012/9/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。