ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノークリサーチ」最新記事一覧

Weekly Memo:
なぜ今、中堅中小企業が「プライベートクラウド」を選ぶのか
7年前の本連載で「プライベートクラウドは『クラウド』か」と題した記事を書いた。それが、今では多様なクラウド形態に進化しているようだ。どう変わりつつあるのか。(2016/6/27)

スモールスタートがしやすい半面、費用対効果の試算が難しい:
ハイパーコンバージドインフラ、中堅・中小企業の導入意向は2〜3割強
ノークリサーチは、中堅・中小企業のハイパーコンバージドインフラ導入意向に関する調査を実施。計画・検討する企業は2割強〜3割強。現時点では判断できないと回答した企業は5割強に上り、今後は認知/啓もうが優先事項という。(2016/6/10)

マイナンバー対策、「収集」「保管」「廃棄」の落とし穴
ノークリサーチの調査によれば、万全の運用体制でマイナンバー対策を行っている企業は、実はまだ少数派であり、中小企業を中心に対策途上の企業も多いという。これから始める企業は、どこに注意すればいいのか。ノークリサーチのシニアアナリスト、岩上氏に聞いた。(2016/3/30)

高まる“攻め”のニーズ:
PR:求めるのは“社員を動かすグループウェア”――ノークリサーチに聞く最新トレンド
今や組織内の情報共有に欠かせない存在となっているグループウェア。この市場に今、変化の波が押し寄せている。クラウド化、“攻め”のニーズ、コスト削減、めまぐるしく移り変わるトレンド――こうした世の中の変化がグループウェア市場にどんな変化をもたらしているのかを、ノークリサーチの岩上氏に聞いた。(2015/11/9)

製造マネジメントニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム導入は年商20億円が境界、実態調査から
ノークリサーチは、2015年の国内中堅・中小企業における、生産管理システムの利用実態とユーザー評価に関する調査・分析結果を発表した。組み立て製造業では、年商20億円以上で生産管理システムの導入率が過半数を占めることが分かった。(2015/10/30)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第4回】
大企業だけのもの? 中堅・中小企業も無関係ではない「IT活用の新領域」とは
ソーシャルやビッグデータ、IoT/M2Mをはじめとした「IT活用の新領域」が注目を集めている。IT活用の新たなモデルであるこれらの領域は、中堅・中小企業にとってどのような意味を持つのだろうか。(2015/9/2)

Windows10に無償アップグレードしない理由 パッチ更新に不満?
Windows 7/8.1は2016年7月までWindows 10に無償アップグレードできるが、大企業以外ではアップグレードにあまり積極的ではないようだ。(2015/9/1)

PR:今から間に合うマイナンバーの安全対策 企業が押さえるべきはココ!
マイナンバー制度の開始が目前に迫る中、多くの企業がその対応に追われている。ただ、各種ガイドラインを見ても「具体的にどうするの?」と頭を抱え、とりわけセキュリティ対策で戸惑う中小企業が少なくない。マイナンバーの安全確保に向けたノークリサーチ シニアアナリストの岩上由高氏のアドバイスと、その実践に役立つ具体的なソリューションを紹介しよう。(2015/8/31)

Windows Server 2003の移行、中小企業で概ね順調に
年商50〜100億円規模の企業では9割以上が、2015年7月のサポート終了までに対応を完了するとしている。(2015/3/24)

クラウド型グループウェアが選ばれる理由は?――ノークリサーチ調査
社員が毎日のように使うグループウェアは「慣れ」が重視されシステム移行が鈍い。だが年商5億円未満の企業ではクラウド型サービスの導入が進んでいる。(2014/10/3)

中小企業になるほどBYODには否定的――ノークリサーチ調査
業務で個人所有のスマホやタブレットを活用する中小企業は2割に過ぎなかった。多くの企業が、調達コスト削減のために自社一括購入を選択していることが分かった。(2014/7/30)

PR:アナリストが解説! 中小企業のバックアップ対策は「保険」と「業務の利便性」の両輪で
「製品やサービスの価格が高くて手が届かない」「大規模システム向けの高機能なソリューションばかりで自社には無関係」――。多くの中小企業にとってバックアップ対策はこうした懸念や疑問が付きまとう。しかし、果たしてそうなのだろうか。中小企業にとってもシステムのバックアップは不可欠であり、最適なソリューションがあるはずだ。本稿では、IT調査会社・ノークリサーチの岩上由高シニアアナリストに、中小企業の障害/災害対策の現状を解説いただくとともに、専門ベンダーの立場から、ストレージクラフト ジャパン ジェネラル マネージャーの岡出明紀氏に、中小企業が抱えるバックアップ対策の具体的な課題解決法を示してもらった。(2014/2/24)

消費税増税で企業のIT担当者が注意すべき5つのポイント
「前倒しの投資はした方がいいのか」「システム刷新の計画を早急に立てるべきか」――。来年4月に消費税が8%に増税となることを受け、企業のIT部門が押さえておきたいポイントをノークリサーチの岩上シニアアナリストに聞いた。(2013/11/26)

調査レポート:
消費増税前の駆け込みIT投資、中堅・中小企業はまだまだこれから?
ノークリサーチの調査から、中堅・中小企業における消費税率改正に起因する「掛け込みIT投資」と「システム改修進捗」の状況を読む。(2013/11/7)

あなたはどっち?:
消費税率改正前にIT投資を前倒しする中堅・中小企業が約4割に
ノークリサーチは国内の中堅・中小企業を対象とし「消費税率改正がIT投資に与える影響」について調査を実施。IT投資を前倒しにする企業が約4割に達する調査結果を明らかにした。(2013/11/5)

ノークリサーチ 岩上シニアアナリストが徹底解説
読者調査からひもとく「IT資産管理の課題」
近年、IT資産管理に求められる要求が複雑化している。それに伴い、さまざまな課題が明らかになってきた。TechTargetジャパンが実施した読者調査結果と併せ、ノークリサーチの岩上氏が重要ポイントを解説した。(2013/11/1)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
適用範囲の拡大、複雑化が進むIT資産管理
IT資産の転換点を迎え、IT資産管理ツールを導入する中堅・中小企業が増えている。ソフトウェアライセンスの把握やスマートデバイス管理、業務効率化といった、中堅・中小企業がいま抱えている課題、IT資産管理製品に求めることなどを明らかにする。(2013/11/1)

XP移行と一緒にすることは? 中堅・中小企業ユーザーの意識
PC刷新は中堅・中小企業にとって大きな負担であるだけに、同時にシステムやデバイスの変更も有効と考えられるが、どうか――ノークリサーチが調査を行った。(2013/10/28)

XPから移行しない理由と8を避けるワケ、中堅・中小企業の現状
ノークリサーチは年商500億円未満の中堅・中小企業に、Windows XPのサポート終了に伴う対策状況について調査した結果を発表した。(2013/10/15)

Windows XPのサポート終了、中小企業の課題は費用捻出より知識不足
2014年4月にサポートが終了するWindows XP。中小企業は新OSへの移行をどの程度進めているのだろうか? また、最新のWindows 8が移行先に選ばれない理由とは?(2013/10/15)

製造ITニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム、シェア上位は富士通、NEC、大塚商会
調査会社のノークリサーチは、国内の中堅・中小市場における生産管理システムの導入・利用実態調査を行い、その分析結果を発表した。(2013/9/19)

エンタープライズモバイル時代の大活用術:
モバイル活用型の業務システムを実現させるポイントは何か?
スマホやタブレットなどの活用といっても、その活用範囲は企業によって異なってくる。ノークリサーチ・シニアアナリストの岩上由高氏は、「スマートデバイスならでは特徴を引き出し、業績に貢献するシステムが重要になる」と解説する。(2013/8/7)

SAP事例で学ぶ!中堅・中小企業のIT投資課題への取り組み:
PR:クラウドERPのメリットを見極めるには?
これまでERPシステムはオンプレミス型が主流だった。しかしクラウド型の登場によって、昨今ではクラウドに関心を持つ企業が増えてきているという。果たして中堅・中小企業はどちらを選択すればよいのだろうか。(2013/6/10)

ノークリサーチ・岩上シニアアナリストが徹底解説:
PR:中堅・中小企業の読者に聞いた「これからのIT投資課題」とは?
このたびアイティメディアとSAPジャパンは、中堅・中小企業のIT投資実態などをテーマにした読者調査を実施。そこで明らかになった中堅・中小企業の課題について、ノークリサーチ・岩上氏が対策を提言した。(2013/6/10)

SAP事例で学ぶ!中堅・中小企業のIT投資課題への取り組み:
PR:最小限のコストで適切なERPを導入するには?
中堅・中小企業がERPシステムの導入を検討する上で、留意すべきポイントは何か。本稿では米Forrester Researchのアナリストによる解説や、ある製造業の成功事例を紹介する。(2013/6/10)

SAP事例で学ぶ!中堅・中小企業のIT投資課題への取り組み:
PR:システム老朽化や個別システムによる属人化を解消するには?
IT予算も人的リソースも決して潤沢とはいえない中堅・中小企業が「システムの老朽化」や「業務の属人化」といった課題に対してどう取り組んでいるのか。SAPのユーザー事例から成功の秘けつを学ぶ。(2013/6/10)

Weekly Memo:
サイボウズにみるクラウド事業への「覚悟」
グループウェア大手のサイボウズが先週開いた会見で、クラウド事業の状況や取り組みについて説明した。説明に立った青野慶久社長が語った「覚悟」とは——。(2013/2/18)

中堅中小企業に贈るバックアップガイド【基礎編】:
PR:ただの「データ保管」では事業継続できない――データ復旧まで視野に入れた災害対策システムとは?
東日本大震災をきっかけに、多くの企業が不測の事態に備えて事業を継続するためのさまざまな施策に取り組んでいる。その取り掛かりとして最初に見直すべきなのが、データのバックアップとリカバリの仕組みだ。(2013/2/18)

ITアナリストに聞く:
共有ファイルが開けない…… サーバ運用の課題を解決するヒント
中小企業のサーバ導入ではコストが優先されがちだが、ノークリサーチの岩上シニアアナリストは「運用での課題解決に貪欲になるべき」とアドバイスする。(2013/2/4)

ITアナリストに聞く:
家電選びと同じ、ユーザーは用途を明確にしたサーバ導入を
中小企業におけるサーバ選定のポイントなどについて、ノークリサーチの岩上シニアアナリストが解説した。(2012/12/27)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【最終回】
【コスト分析】シナリオで算出する、中小企業のサーバ仮想化コスト
中小企業がサーバ仮想化を導入した場合、どれくらいのコストが掛かるのだろうか。具体的なシナリオとともに2つのモデルケースでコストを算出した。果たして、費用に見合うのか?(2012/12/20)

総点検: SMBのためのBI活用【第2回】
【市場動向】中堅・中小企業が支持するBI製品はどれだ?
中堅・中小企業は、どういったBI製品を支持しているのだろうか。各製品が支持されるポイントとは何か。ノークリサーチの調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。(2012/12/12)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第3回】
中小企業がサーバ仮想化の投資対効果を最大化するには?
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、管理・運用や社内における意思決定など「モノ」以外に関する事項について明らかにし、それらの解決策を探る。(2012/12/6)

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:
PR:いまこそ、乱立し煩雑化した仮想化環境をまとめる“統合仮想インフラ”が必要に
多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。(2012/11/30)

総点検: SMBのためのBI活用
「データを基に適切な意思決定をする」。こうしたBIの基本は、規模に関係なく、全ての企業にとって重要になる。BIの最新動向を整理しながら、中堅・中小企業がBI活用に取り組む際の勘所を探る。(2013/11/13)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第2回】
サーバ仮想化導入の障壁、ハードウェアコストの課題を解決する
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、ハイパーバイザーやストレージなどの「モノ」に関する事項について明らかにした。本稿ではそれらの解決策を探る。(2012/11/14)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第1回】
【導入効果】台数削減だけではないサーバ仮想化のメリット
サーバ仮想化には物理サーバ台数の削減以外にも多くのメリットがある。本稿では、物理サーバを購入する予算や運用管理を担う人材が限られる中小企業が、サーバ仮想化をすべきメリットを解説する。(2012/11/8)

上流工程の支援と付加価値提供がポイント
【市場動向】8割の中堅・中小企業がクラウド基幹アプリにそっぽを向く理由
基幹業務のクラウドサービスに不満を持つ中堅・中小企業。その理由はクラウドサービスが運用管理コスト削減以外の価値を提供できていないからだ。ノークリサーチのアナリストが解説する。(2012/10/19)

cybozu.comカンファレンスII:
サイボウズ青野社長が考える「データのグループウェア化」はチームを変えるのか
「“データのグループウェア化”で日本の会社を強くしたい」と話すサイボウズの青野社長。アントニオ猪木氏も駆け付けた、cybozu.comカンファレンスIIの基調講演を紹介する。(2012/9/27)

ホワイトペーパーレビュー
中堅・中小企業のERP選びが分かる3つのホワイトペーパー
中堅・中小企業がERPを導入する際に課題となるコストや業務要件、運用管理に関わる問題をどう解決するか。ERP選びの参考となるホワイトペーパーを紹介する。(2012/9/26)

ノークリサーチ岩上氏に聞くクラウド/モバイル活用法
中堅・中小企業必見! クラウド/スマートフォンを使い倒すネットワークの選び方
クラウドやスマートデバイスが中堅・中小企業にもたらすメリットは多いが、解決すべき課題もある。中堅・中小企業のIT動向に詳しいノークリサーチ岩上氏に、クラウドやスマートデバイスを使い倒すための勘所を聞いた。(2012/9/7)

中堅・中小企業向けクラウドベンダーとアナリストが本音で対談
“1人情シス”が本当に欲しいのはリアルなサポート付きIaaSクラウド
ノークリサーチのアナリストとクラウドベンダーが、中堅・中小企業(SMB)に適したIaaSについて議論。“1人情シス”が珍しくないSMBにとって、リアルタイム性や迅速性を売りにした高度なIaaSが必ずしも便利とはいえない。(2012/5/21)

山積みの課題をワンストップで解決
“1人情シス”のためのお悩み相談室
社内管理サーバのクラウド移行、スマホ・タブレット端末のビジネス活用。“1人情シス”が取り組む課題は尽きない。負担を解消し、現実解にたどり着くためのサービス選定・導入のポイントを事例中心に紹介する。(2012/4/16)

ノークリサーチ 岩上由高氏に聞く
スマートフォン、在宅勤務PCをどう管理する――IT資産管理の最新トレンド
スマートフォンや複合機、在宅勤務のPCなど企業が管理するデバイスは増え続けている。その中で企業はいかに適切なIT資産管理の態勢を築けるのか。アナリストにそのトレンドを聞いた。(2012/3/1)

ノークリサーチ調査結果を解説
海外展開する中堅・中小企業が考えるべき「ERP導入 3つのステップ」
これまで国内での利用を想定してきたERPを海外拠点で使う場合、どのような選択肢があり、どのような考えで製品を選択すべきか。ノークリサーチの調査結果からポイントを探る。(2012/2/8)

新興国進出が増加 中堅・中小の海外展開に関する調査 ノークリサーチ
ノークリサーチは中堅・中小企業の海外展開に関する実態調査結果を発表した。(2012/1/19)

Weekly Memo:
最新調査にみる中堅・中小企業のIT投資予測
IDC Japanとノークリサーチが先週、国内中堅・中小企業におけるIT投資動向の今後の見通しを相次いで発表した。そこから見えてくるものは——。(2012/1/16)

ソニービジネスソリューション「bit-drive」座談会【後編】
調査結果から判明したクラウドサービスの選び方、導入企業が重視するのは?
運用管理の負担を下げる方法として有効なクラウドサービスの利用。しかし、そのサービス選びは簡単ではない。調査結果を基にノークリサーチのアナリストと、クラウドサービスの導入企業がポイントを語った。(2011/12/20)

ソニービジネスソリューション「bit-drive」座談会【前編】
“1人情シス”を救うクラウドサービス、導入企業が選んだ道は?
“1人情シス”で運用管理を行う中堅・中小企業では担当者に重い負担が掛かっている。負担軽減に有効なのがクラウドサービスだ。東京ダイヤモンド工具製作所とNSファーファ・ジャパンがそのメリットを語った。(2011/12/15)

海外進出する中堅企業が抱える3つの課題 その解決は?――IBMに聞く
中堅企業が海外進出するに当たっては、例えばワークフローを現地の慣習に対応させたり、ネットワークの品質を確保したりする必要がある。とはいえすべて自社で対応するのも難しい。そのような場合に検討すべき選択肢を日本IBMに聞いた。(2011/12/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。