ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NRIセキュアテクノロジーズ」最新記事一覧

採用例が拡大「CompTIA Security+」、間もなく提供開始「CompTIA CSA+」:
PR:CompTIA認定資格が「あなた」に必要とされている、本当の理由
「若者のIT業界離れ」や「セキュリティ人材の不足」が、この先、日本の抱える深刻な課題と挙げられている。しかし、その人材をどう育成/採用していけばよいのかに悩む企業が多いのも、また大きな課題だ。そんな中、セキュリティ人材の採用基準の1つとして、多数の国内外の企業や政府機関で取り入れられている認定資格がある。CompTIA認定資格を推進する、CompTIAのキーパーソンにその真意を聞いた。(2016/11/28)

IoTセキュリティ:
産業用制御システムのセキュリティ対策支援で協業
NRIセキュアテクノロジーズと米GEデジタル傘下のカナダWurldtech Security Technologiesは、産業用制御システムの制御・運用技術のセキュリティ分野において、日本国内の対策支援で協業する。(2016/11/24)

NRIセキュアテクノロジーズ/GEデジタル:
産業用制御システムのセキュリティ対策支援で協業、「アキレス認証」を行う国内初の第三者機関に
NRIセキュアテクノロジーズとGEデジタル傘下のWurldtech Security Technologies(ワールドテック)は、産業用制御システムの制御・運用技術におけるセキュリティ分野において、日本国内における対策支援の協業について合意した。(2016/11/14)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第1回】
セキュリティ対策を“対症療法”で済ませるのは、もう終わりにしよう
「従来のセキュリティ対策では不十分だ」という声をよく聞く。一方で“理想的”とされるセキュリティ対策の実現には、幾つものハードルがある。まずは現状を整理する。(2016/10/21)

標的型メールは8人に1人が開封、「開くな」対策に効果なし
NRIセキュアテクノロジーズは、情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを基に、最新の動向分析と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2016」を発表した。(2016/8/19)

Maker's Voice:
中小企業のサイバー攻撃対策実現に向けて加速するベンダーのヨコ連携
高度なサイバー攻撃への対策は、資金や人材が乏しい中小企業に手が届きづらい。ベンダー側では対策情報やノウハウの共有・連携で防御力を強化しようとする動きが進む。(2016/7/22)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第4回】
不正競争防止法の「営業秘密」として守られるための“3大条件”とは?
2015年の改正で、営業秘密の取扱いに関するセキュリティ法制度としての役割が明確化された「不正競争防止法」。法的保護を受けるための最低限の条件の内、特に情報システムとの関わりが深い点を中心に解説する。(2016/6/29)

「セキュリティ心理学」入門(5):
「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます。(2016/5/24)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第3回】
「個人情報保護法」改正で必要になるセキュリティ対策とは?
2015年に改正された個人情報保護法は、企業のセキュリティ対策にどのような影響をもたらすのか。特に情報システムとの関わりが深いと思われる改正点を中心に解説する。(2016/3/11)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
セキュリティ事故経験は7割? 数字でみるニッポン企業の現実
サイバー攻撃や内部不正による情報漏えいなどの深刻な事故が近年相次ぐ。企業ではセキュリティ事故への対応や対策強化が叫ばれるが、その現状はどうか。各種統計からその実態を探ってみたい。(2016/3/1)

特集:セキュリティソリューションマップ(3):
ノーガード戦法とは異なる、これからの「事故前提型対策」とは
多層防御と一体となって注目されているのが「ダメージコントロール」という考え方だ。予防も大事だが、マルウェア感染に代表されるセキュリティインシデントは「起こり得るもの」と考え、早期発見、早期対処の体制を整備するというアプローチである。それを支援するツールやサービスを紹介しよう。(2016/2/23)

セキュリティの人材難、ITとセキュリティの担当を分けるべき?
セキュリティ人材の確保が難しくなる状況に企業はどう対応すべきか。NRIセキュアが“あるべき姿”への取り組みを提言している。(2016/2/17)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第2回】
マイナンバー対応でよく耳にする「安全管理措置」、具体的に何をするのか?
連載第2回となる本稿では、マイナンバーに関するセキュリティ法制度対応として、情報システムに求められるマイナンバーの安全管理措置について解説する。(2015/12/11)

アプリケーションレイヤーへの高度なサイバー攻撃を防御:
東京エレクトロン デバイスがWAFのマネージドサービスを発表
東京エレクトロン デバイスは、Webアプリケーションファイアウオールを利用したセキュリィサービスの提供を開始すると発表した。F5ネットワークスジャパンのBIG-IP ASMとNRIセキュアテクノロジーズの運用サービスを組み合わせて、アプリケーションへの攻撃を検知・防御する。(2015/10/22)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第1回】
“マイナンバー対応”と騒ぐ前に理解すべき「セキュリティ法制度」
「マイナンバー制度」「個人情報保護法」など、セキュリティ関連の法制度にどう向き合い、どう対策を進めるべきか。具体的な対策を考える前に、法制度とは何かをあらためて整理する。(2015/9/4)

「あやしいメール」 開く人を減らすには?
標的型サイバー攻撃でマルウェアを送り込むために使われる巧妙な「なりすましメール」。開いてしまう人をゼロにするのは難しいが、減らすことができる道筋はある。(2015/7/21)

セキュリティ意識や情報リテラシの低さが原因か:
役員の標的型メール開封率は従業員の1.5倍――NRIセキュア調査結果
NRIセキュアテクノロジーズは2015年7月17日、自社のセキュリティサービスを通じて得られたデータを基にした調査リポート、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2015」を発表した。標的型メールの開封率を調査した結果、役員の開封率が従業員の約1.5倍だった。(2015/7/17)

ホワイトペーパー:
監査対策に押さえておきたい「特権ID管理の3ステップ」
高リスクな特権IDをいかに低負荷・低コストで効率よく管理するか。押さえておくべき特権ID管理のポイントを、事例を交えながらわかりやすく解説する。(2015/7/3)

RSA Conference 2015リポート:
新たな境界「アイデンティティ」をどう守り、活用するか
これまでの境界型の防御、という前提が崩れた今、新たな境界としての役割を果たす「アイデンティティ」。RSA Conference 2015では、そのアイデンティティをより簡単に利用するためのソリューションが紹介された。(2015/5/1)

セキュリティインシデントに立ち向かう「CSIRT」:
煩雑化するセキュリティインシデントの対応、企業で広がるCSIRTとは?
近年はウイルス感染やサイバー攻撃などのセキュリティインシデントが増加し、対策製品だけでは防ぎきれない状況だ。そこで万一の時には、組織的な対応で被害抑止につなげるアプローチが注目されつつある。企業で取り組みが広がる「CSIRT」とはどのようなものか。(2015/2/23)

ホワイトペーパー:
標的型攻撃 マルウェア感染から組織を守る決定打!
あなたの組織には、マルウェア感染端末がないと言い切れますか?(2014/10/30)

企業が把握できていないWebサイトは約5割、脆弱性の温床になる恐れ
NRIセキュアテクノロジーズの報告書によれば、企業が存在を把握していないWebサイトが多数存在し、早急な棚卸しが必要だという。(2014/8/20)

ITmedia エンタープライズ読者調査:
業務での大容量データ活用は日常的 ただしメール貼付での転送に課題あり
ITmedia エンタープライズと日立製作所は、企業におけるデータ転送についての実態調査を実施した。(2014/7/3)

NECのセキュリティ新拠点が本格始動
NECが国内セキュリティベンダー各社と連携する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」の新施設が完成。政府省庁に加え、重要インフラ分野を含む大手民間企業組織のなどのセキュリティ対策支援にもあたる。(2014/6/16)

女性向けワークショップやメルマガを通じた情報発信も:
さらなる裾野の拡大を目指す、「SECCON 2014」開催へ
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は2014年6月10日、セキュリティ技術を競うコンテスト「SECCON 2014」の実施計画を公表した。予選を勝ち抜いた25チームが2015年2月に行われる全国大会決勝戦で腕を競う予定だ。(2014/6/10)

ファイル共有コラボツール「Box」が日本展開を強化 NRIセキュアが販売
クラウド型のファイル共有/コラボレーションサービス「Box」がパートナー戦略を強化し、新たにNRIセキュアが国内販売を始める。(2014/3/18)

NRIセキュア、企業でのセキュリティ対応組織の構築を支援する新サービス
情報セキュリティインシデントの対応にあたる「CSIRT」の構築や運用などを支援する。(2014/2/13)

企業のセキュリティ投資意欲は過去5年で最大――NRIセキュア調べ
NRIセキュアテクノロジーズが東証一部・二部上場企業を中心に実施した情報セキュリティ実態調査によれば、セキュリティ関連投資への意欲が高まる一方で、人材不足などの課題も浮かび上がった。(2014/1/27)

NEC、企業向けセキュリティ運用監視サービスを拡大
セキュリティインシデントの発生時の緊急対応を行う「サイバー駆け付けサービス」を新たに提供するほか、三菱商事と情報セキュリティの合弁事業も開始する。(2013/12/25)

日本ヒューレット・パッカード株式会社 主催セミナー
HP Enterprise Security Special 2日間で習得する サイバーリスクの最前線とセキュリティの最適解
機密情報を狙うスパイ活動から政治的思想を背景とするサイバー攻撃、Webサイトを踏み台にしたネット犯罪、組織関係者による情報漏えいに至るまで、企業が対処しなければならないサイバーセキュリティの問題は山積みとなっています。さらには、BYODを例にITの新たな活用を実現するためのリスクマネージメントも大きな課題です。本セミナーは、企業を率いるビジネスリーダーからITプロフェッショナルまでを対象に、セキュリティ業界を代表する専門家陣が最新のサイバーセキュリティ動向と脅威に立ち向かうための対策を2日間、全16セッションを通じて解説してまいります。(2013/10/15)

PCやスマートデバイスのセキュリティを診断、NRIセキュアが新サービス
PCやスマートフォン、タブレット端末の脆弱性を“サイバー攻撃者の視点”で診断するというサービスを開始した。(2013/10/8)

総務省、不正サイトへのアクセス時に注意喚起 NTTやKDDIら官民で共同実験
総務省はISPやセキュリティ企業と連携し、ネットユーザーが不正サイトにアクセスしようとした際に画面上で注意喚起する実証実験を始める。(2013/10/2)

ファイアウォールに潜在する問題点を発見するサービス、NRIセキュアが提供
ファイアウォールに潜在する問題点を発見するサービス、NRIセキュアが提供(2013/8/7)

IIJとNRI、法人向けITソリューション分野で協業
インターネットイニシアティブと野村総合研究所が法人向けのITソリューション分野で戦略的に協業する。(2013/7/31)

調査結果を基に3つの対策ポイントを整理
未知のセキュリティ攻撃に白黒付ける「トリアージ」とは?
企業が今なすべきセキュリティ対策とは何か。NRIセキュアテクノロジーズは、調査結果を基に企業が注目すべき3つのポイントを導き出した。その概要を説明する。(2013/7/16)

脆弱性悪用の“早期化”が進み、多層防御が必須に――NRIセキュアが指摘
公表された脆弱性情報が悪用されるまでの期間が短くなっており、多層防御の必要性が高まっているという。(2013/7/10)

成長を賭ける“三本の矢” デジタルアーツが戦略方針を発表
デジタルアーツがパートナー総会を開催。2013〜2014年における事業戦略と製品戦略を発表した。(2013/6/17)

NRIセキュアとデジタルアーツが業務提携、一部事業を移管
セキュリティソフト事業での戦略的提携を結び、2社間で製品連携と一部譲渡を実施する。(2013/6/4)

NRIセキュア、スマホアプリ向けセキュリティガイドラインを提供
NRIセキュアテクノロジーズは、スマートフォンアプリのセキュリティ要件の策定を支援する「セキュアスマートフォンアプリケーション設計・開発ガイドライン」と、セキュリティ要件が実装されているかの確認を行なう「セキュアスマートフォンアプリケーション設計レビュー」の提供を開始した。(2013/6/3)

NRIセキュア、アクセス制御・管理ツールの最新版を発売へ
エージェントレス型ツールの「SecureCube / Access Check」では大規模環境への対応を強化する。(2013/5/20)

クラウドのセキュリティ監査を推進する協議会発足、25の事業者や監査法人が参加
日本セキュリティ監査協会の下部組織となる「JASA-クラウドセキュリティ推進協議会」が発足。クラウド環境のセキュリティ監査の確立し、2014年から監査制度を正式にスタートさせる予定だ。(2013/4/25)

NRIセキュア、米国でセキュリティサービス事業を本格展開
資本・業務提携を締結した米Proficioとの協業により、米国でのセキュリティサービス事業を本格的に開始する。さらに世界のマネージドセキュリティサービス市場への展開を目指す。(2013/4/5)

「CTFの楽しさを広く一般にも」:
大人のCTF大会、「CTFチャレンジジャパン」開催
2月2日、3日の2日間に渡り、東京・秋葉原で「CTFチャレンジジャパン 2012」が開催された。(2013/2/5)

情報セキュリティ対策の推進には「トップの関与を」
企業の情報セキュリティ実態を調査したNRIセキュアの最新レポートからは、リスクを意識しながらも人材や予算への投資に前向きではない現状が浮き彫りになった。(2013/1/9)

ホワイトペーパーランキング
2012年、情報セキュリティで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
スマートフォンセキュリティに高い関心、暗号化など伝統的な対策にも注目――。2012年に多く読まれた、情報セキュリティに関するホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/8)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
従業員任せにしないメールのリスク軽減策
うっかりミスによる誤送信に、通常のメールと見分けが付かない標的型攻撃メール。こうしたメールのリスクに備えるには、“人の脆弱性”を意識した対策が不可欠だ。(2012/7/23)

企業の“致命的な弱点”は海外拠点のWebサイト――NRIセキュアが指摘
NRIセキュアテクノロジーズが実施した企業のセキュリティ分析調査から、Webシステムがセキュリティ上の脆弱点になっている実態が分かった。(2012/7/5)

Webサイトの安全性向上に効く「Webアプリケーションファイアウォール」
Webサイトの脆弱性を突くサイバー攻撃が増えている。こうした攻撃に対して即効性のある対策として注目を集めるのが「Webアプリケーションファイアウォール(WAF)」だ。WAF製品の仕組みや選定ポイントなどについて解説する。(2012/5/2)

専門家が指南するクラウドサービス選定基準【後編】
信頼できるクラウドサービスプロバイダーの選び方 〜第三者認証の一覧表も
信頼できるクラウドサービスプロバイダーを選択する方法とは。第三者認証の他、プロバイダーが提供するSLAやホワイトペーパー、サービスダッシュボードなどを基に、必要なデータを迅速に取得できるかどうかが肝だ。(2012/4/12)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、クラウド&SaaSで最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
2011年は東日本大震災の影響からか事業継続のためのクラウド活用を記したホワイトペーパーが人気を集めた。クラウド&SaaSに関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった10コンテンツを発表する。(2012/1/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。