ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国税庁」最新記事一覧

関連キーワード

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第3回】
「電子帳簿保存法Q&A」徹底解説:中小企業のペーパーレス会計、こんな時はどうする?
本連載の最終回では、国税庁「電子帳簿保存法Q&A(平成27年9月30日以後の承認申請対応分)」の回答を参照しつつ、中堅・中小企業における会計業務のペーパーレス化で失敗しないためのポイントを解説する。(2016/5/18)

マネーの達人:
義援金には「寄付金控除」が適用されます
被災地に義援金を寄付した際にも、所得税や住民税が軽減されるのをご存じですか? 今回は、寄付金控除の対象となる募金の仕方を紹介します。(2016/5/2)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第2回】
ペーパーレス経理業務フローを整備しよう――3カ月の準備期間で用意する4ステップ
電子帳簿保存法改正のポイントと実務について解説する本連載の第2回では、「書類をスキャナー保存する行動を、経理業務フローにどのように落とし込むか」という観点で、準備作業や運用フローについて解説する。(2016/4/11)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第1回】
電子帳簿保存法改正、スキャナー保存できる文書とは?
2015年の税制改正で電子帳簿保存法におけるスキャナー保存制度の要件が緩和され、2016年1月1日に新基準の運用が始まった。連載第1回では、この法改正で何がどのように変わったのかを詳しく解説する。(2016/3/22)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

クラウド会計サービスが電子帳簿保存法に対応
経理部の紙のやりとりがなくなる? 中小企業向けスキャナー保存制度のはじめかた
中堅・中小企業向けクラウド会計サービス各社は、スキャナー保存制度に対応した機能を組み込んだアップデートを提供している。スキャナー保存制度を開始するための行政手続をベンダーが支援するケースもある。(2016/2/9)

トクする申告書の書き方:
年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。(2016/1/19)

確定申告の基礎知識:
「白色申告」のポイントをあらためておさらい 必要な記帳内容は? 青色申告との違いは?
フリーランスや個人事業主にとって必要な記帳内容は? 帳簿はいつまで保管するもの? 青色申告との違いは? ――「白色申告」の基礎知識をおさらいしておきましょう。(2016/1/7)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
IT部門が知っておきたい、10月の「マイナンバー制度変更」のポイント
この10月、はやくも幾つかの改正が発表されたマイナンバー制度。実はこれ、企業の負担を軽くしてくれるものなのです。何がどう変わるのか、さっそくチェックしてみましょう。(2015/12/16)

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第2回】
マイナンバー対応でよく耳にする「安全管理措置」、具体的に何をするのか?
連載第2回となる本稿では、マイナンバーに関するセキュリティ法制度対応として、情報システムに求められるマイナンバーの安全管理措置について解説する。(2015/12/11)

確定申告の基礎知識:
正しい申告でしっかり節税 青色申告特別控除を活用しよう
「青色申告」の大きなメリット所得控除。手続きや制度を学んで積極活用すれば、かなりの節税につながります。(2015/12/9)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座」:
第11回 まだあるマイナンバーの利用・保管時のセキュリティリスク
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業の担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「マイナンバーの利用・保管時のセキュリティリスク」です。(2015/11/17)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第9回 「持たない手段」で考えるマイナンバー管理運用のイメージ
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。9回目は「マイナンバーを“持たない”クラウドシステムの活用方法」について解説する。(2015/10/21)

伊藤塾長の「実践マイナンバー 早わかり3分講座」:
第9回 「人事部のPCが危険」な理由
「具体的に何をすればいいのか」と模索する企業の担当者へ向け、やることをスッと理解できるマイナンバー実務Tips。今回のテーマは「マイナンバー制度のセキュリティ対策」です。(2015/10/20)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第8回 社員“以外”のマイナンバーをいつ、どのように収集するか
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。8回目は「外注する個人事業主のマイナンバーをどんな方法で集めるか」について解説する。(2015/10/7)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第7回 従業員以外で必要となるマイナンバーを把握する
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。7回目は、従業員以外に誰のマイナンバーを取り扱うかを整理する。(2015/9/9)

freeeに新機能、Dropboxに入れた証憑を自動取り込み
Dropboxに保存した領収書や請求書のスキャンデータが自動で会計ソフトと連携――。フリーが同社の会計ソフトFreeeに新機能を追加した。(2015/9/7)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第6回 今年と来年の「年末調整」をどうするか
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。6回目は「源泉徴収税(年末調整)業務」が、今年(2015年)と来年(2016年)でどう変わるか、何を留意するかを解説する。(2015/8/26)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第5回 見落としがちな「マイナンバー記載時期」と「例外・注意点」
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託を考慮した対策」が必要。5回目は「税務関係番号記載への記載時期」と「例外や注意点」、中小企業や税理士に向けたサービス選定のポイントを解説する。(2015/7/29)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第4回 「マイナンバーを持たない」という選択肢を考える
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその委託先──例えば税理士の業務にも深く関係する。中小企業のマイナンバー対応は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。4回目は「マイナンバーを持たない」という選択肢について考察する。(2015/7/15)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(後編)
マイナンバー制度において、日本年金機構での情報漏えい事故と同じ事象が発生した場合にどのようなことが起きるでしょうか。懸念されている「マイナンバーの漏えい」と「漏えいによる被害」の2つの可能性について検証します。(2015/7/14)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(前編)
日本年金機構での情報漏えい事故を契機に、マイナンバー制度でも同様のリスクを懸念する声が聞かれますが、本当に危険なのでしょうか。特定個人情報の保護措置がどのように検討されてきたのかについて検証します。(2015/7/6)

品薄続く「獺祭」、増産のカギは“クラウド”?
知名度の向上とともに品薄状態が続いている、山口の銘酒「獺祭」。品薄の理由は原料である酒造好適米「山田錦」が不足しているためだ。しかし今、国の政策やITの力によって、獺祭の生産量が大きく増えようとしている。(2015/6/1)

動画マンは年収110万円 「とにかく低収入で長時間労働」――アニメ制作現場の実態公表
「とにかく収入が低く労働時間が長い」――NHKの報道で話題になったアニメ制作現場の実態調査の結果が公表された。労働時間が長く低収入である実態などが浮き彫りになっている。(2015/4/30)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の転職、「経験を生かせる求人の少なさ」「給与・待遇のミスマッチ」で苦労
エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上で転職コンサルタント112名を対象にした調査を実施。「年収1000万円以上の転職の実態」に関するレポートを発表した。(2015/4/24)

マイナンバーにも対応:
freeeが目指すクラウド完結型社会――2015年の「3つの変化」とは?
クラウド会計ソフトやクラウド給与計算ソフトを展開するfreeeが2015年度の事業戦略を発表した。同社の狙いはバックオフィスに残るデータを完全にクラウド上に持っていくことだ。(2015/4/21)

あなたはどっち? 「ずっとお金持ち」の人 VS 成金で終わる人
(2015/3/26)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
業務効率化につながる「法人番号」の可能性
国民に通知される「個人番号(マイナンバー)」と同時に、企業などには「法人番号」が通知されます。「法人番号」は様々な利活用が検討されていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。(2015/3/24)

自分との関わりは? 業務への影響は?:
5分で分かるマイナンバー
「マイナンバー」という言葉は聞いたことはあっても、自分の生活や業務にどう関わってくるのか、あいまいにしか理解していない人も多いのではないでしょうか。主に民間企業の視点から、何が必要で、何をしてはいけないのか、そして今後の適用領域はどう変化していくかについて説明します。(2015/3/12)

週末アップルPickUp!:
アップルユーザーが知っておきたい確定申告
確定申告をiPhone、iPad、Macで完結させたい!(2015/2/6)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
企業版のマイナンバー「法人番号」とは?
これまで本連載の記事では「個人番号」について説明しましたが、実はもう1つ割り振られる番号があります。それが「法人番号」です。(2015/2/4)

事務ごよみ:
3月決算法人の決算と申告の準備を――2月の事務ごよみ【経理・税務】
3月決算法人では、遅くとも2月中には決算の仮締めをします。時間に追われると処理のミスやモレが増えるので、常に余裕をもって取り組むことが大切です。(2015/1/29)

開業【パーフェクト】マニュアル(9):
e-Taxでの確定申告には事前準備(有料)が必要
e-Taxを導入するには、事前に「電子証明書(有料)」や「ICカードリーダー(有料)」を入手しなければならない。(2015/1/22)

知識ゼロでもひとりでできる! はじめての青色申告:
青色申告者の特典――30万円まで一括で経費にできる
青色申告者にとって便利なのが経費の一括化です。白色申告は10万円以上のものを購入すると資産に計上しなければなりませんが、青色申告では、30万円未満のものは減価償却をせずに一度に経費として落とせます。(2014/12/10)

今さら聞けない確定申告:
青色申告と白色申告、どちらで確定申告すべきなの?
平成26年(2014年)分の確定申告受付まであと3カ月。個人事業主やフリーランスにとって12月は1年間の締めの作業をしつつ、確定申告の準備が始まります。(2014/12/1)

今さら聞けない確定申告:
サラリーマンの所得税、どうしたら減らせるの?
年末調整の書類に書かされた内容をきちんと理解できていますか? そのほとんどの項目が所得税を減らすための重要なポイントだったのです。(2014/11/28)

今さら聞けない確定申告:
年末調整って何を調整しているの?
いつも12月の給料は少し多めにもらえる気がする。それは気のせいではなくて、年末調整で戻ってきた税金かも……。(2014/11/21)

2015年をネコであいさつ 干支にいないネコをテーマにした年賀状印刷「にゃん賀状」が今年も販売中
未年? いやいや、ネコ好きはネコで新年お祝いだにゃ。(2014/11/12)

新法令・通達解説:
国税庁、マイナンバー制度の番号指定や通知についての詳細を公表
国民一人一人に割り当てられる「社会保障・税番号制度」、通称マイナンバー制度。個人だけでなく、法人版も平成28年(2016年)1月に始まる。指定した法人番号や行うべき手続きなどについて紹介する。(2014/10/31)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
民間企業における「マイナンバー」対応の具体的な内容と注意点(後編)
2015年10月から「番号制度(マイナンバー)」が始まります。最終回となる今回は、一般的な民間企業における「個人番号を取り扱う対象事務の運用整理」について解説します。(2014/10/22)

freeeを迎え撃つ!?:
“かんたん、やさしい”をキーワードに「やよいの青色申告」がクラウド化
すべての機能が使えるベーシックプランで年額8000円、仕訳相談や経理業務相談が電話でできるサポート付きのベーシックプランで年額1万2000円。初年度キャンペーンとしてセルフプランを0円で提供する。(2014/10/16)

キャリアニュース:
ビジネスレベルの英会話ができるかどうかで、40代以降の年収に200万円以上の開き
ダイジョブ・グローバルリクルーティングが同社運営の転職・求人情報サイトの利用者を対象にした調査結果を発表。語学力と年収の関係性を分析している。(2014/10/9)

男女ともに40代から差が広がる――英語力と年収の関係
ビジネスパーソンの英語力は年収にどのくらい影響しているのだろうか。転職・求人サイト「Daijob.com」を運営しているダイジョブ・グローバルリクルーティングが調査した。(2014/9/22)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
2015年秋からスタートする「番号制度(マイナンバー)」とは何ですか?
2015年10月から始まる「番号制度(マイナンバー)」。段階的な利用拡大に伴って、行政だけでなく民間企業でも様々な対応が必要となります。本連載では制度のあらましと行政の対応、民間企業が取り組むべき点について解説していきます。(2014/9/4)

銀行員の年収は609万円――最も多いのは?
銀行で働いている人は給料が多い、というイメージがあるが、実際のところはどうなのか。東京商工リサーチが国内銀行(102行)で働く人の年収を調べた。(2014/8/12)

第3のビール→発泡酒 「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」再販売で「注文は順調」
発泡酒です。(2014/7/6)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第3回 出遅れが致命的な結果にならないために――ますます重要になるコンテンツマーケティング
コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングは一時的な流行ではなく、営業規模や組織規模に依存せず売り上げを拡張していくために、企業にとっては継続的に取り組みたい重要課題です。今回は、見込み客に向けたメッセージの見せ方、伝え方の基本を振り返ります。(2014/5/16)

いまさら聞けない原価管理入門(1):
利益いろいろ、基本は“海老ただ”? =“EBITDA”って何?
グローバル化する製造業にとって「原価管理」の重要性は今まで以上に高まっています。しかし、原価管理をうまく運用するのに苦しむ企業も少なくありません。そこで本連載では「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説していきます。第1回は、経営指標として最も重要な「利益」について、説明します。(2014/5/7)

無償版向けパッチは準備中:
NTTデータ、「TERASOLUNA」向けにApache Struts 1の独自パッチを提供
NTTデータは2014年4月28日、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 1」について、独自に対策パッチを開発し、「TERASOLUNA Server Framework for Java」を利用しているシステムに対し、順次適用作業を実施していくことを明らかにした。(2014/4/30)

非課税範囲が拡大:
収入印紙の貼り過ぎ注意、4月1日から「5万円未満」は不要に
領収書やレシートに貼る収入印紙。3月31日までは非課税範囲は「3万円未満」だったが、4月1日より「5万円未満」に拡大された。注意点は?(2014/4/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。