ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nuance Communications」最新記事一覧

生体認証の導入が相次ぐ
ついに実現する「パスワードのない世界」、音声認証への期待と課題
Barclaysは、英国で銀行の個人顧客向けにパスワードの代わりに音声認証を利用するオプションを提供している。音声認証に使用する声紋は指紋と同じように個人によって異なる。(2016/9/6)

R25スマホ情報局:
留守電のテキスト化アプリ 評価は上々
ソースネクストの留守番電話をテキスト化するアプリが公開。ユーザーの反応は上々。(2016/5/27)

ソースネクスト、「読める」留守電サービス開始 録音メッセージを自動でテキスト化
「スマート留守電」は録音メッセージをテキスト化する留守電サービス。音声データも残り、メールへの転送設定も可能。590万件のデータベースから発信元を表示する機能も備えた。(2016/5/23)

Google、iOS向け検索ボタン付きキーボード「GBoard」(まずは英語版)
Googleが、iPhoneおよびiPad向けのキーボードアプリ「GBoard」を米国のApp Storeで公開した。キーボードから1タップでGoogle検索し、カード状で表示される検索結果をアプリ内にペーストできるのが特徴。レストラン情報カードや絵文字、GIF、動画などをペーストできる。また、Swypeのようなスライド式入力をサポートする。(2016/5/13)

年間生産180万本 それでも「吉田カバン」が職人の手作業にこだわる理由
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は、職人が手作りで年間180万本を生産する「吉田カバン」について読み解く。(2016/4/1)

車載情報機器:
“使えない”クルマの音声認識が“使える”ようになる日は近い
音声認識システム開発の大手・Nuance Communications(ニュアンス)がシリコンバレーで最新技術説明会を開催。車載器とクラウドの双方で音声認識処理を連携して行う「ハイブリッド」方式のデモを行った。さらに、人工知能技術の活用により、Appleの「Siri」をはるかに上回るレベルの音声認識技術も開発中だという。(2016/3/18)

SIM通:
こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表
トリニティは、外装を組み合わせできるなど、デザインが目を惹くWindows 10 Mobile「NuAns NEO」を発表した。また「NuAns lineup for NEO」として、アクセサリ類の販売も予定している。(2015/12/17)

“21世紀のSONY”誕生の瞬間か:
林信行が注目! 「NuAns」がWindows Phoneを作る意味
日本マイクロソフトが開催した「Windows 10 Partner Device Media Briefing」で、Windows Phoneの開発表明に「NuAns」の名前が。(2015/10/14)

フランクフルトモーターショー2015リポート:
日本自動車業界はフランクフルトショーの新展示「New Mobility World」を見よ
「フランクフルトモーターショー2015」で新たに設けられた展示スペース「New Mobility World」。8つの領域から成り、今まさに大きく変化しようとしている自動車業界の現状を感じ取ることができるという。筆者の桃田氏は、日本の自動車業界関係者に対し、「New Mobility Worldで意見交換し、時代の変化に対する危機感を実感してほしい」という。(2015/9/24)

車載情報機器:
車載情報機器のスマホ連携基盤にニュアンス参戦、マツダ提携の米ベンチャーと
音声認識エンジンを手掛けるNuance Communications(ニュアンス)と米国ベンチャーで車載情報機器のソフトウェアプラットフォームを展開するOpenCar(オープンカー)が提携。常時通信接続を行うコネクテッドカーで重要な役割を担う、車載情報機器のスマートフォン連携プラットフォームの事業展開を加速させる。(2015/7/22)

オンキヨー、米i.am.plusと次世代オーディオソリューションの共同開発で合意
オンキヨーは、スマートウォッチなどを開発する米i.am.plus electronics, inc.および同社の創立者、will.i.am(ウィル・アイ・アム)氏と次世代オーディオソリューションの共同開発に関する覚書を締結した。(2015/2/12)

PFU、「ScanSnap」付属ソフト改定を発表――Nuance製PDFソフトを付属
PFUは、同社製ドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズに付属するソフトウェアの改定を発表した。(2015/2/4)

R25スマホ情報局:
「音声認識機能」使いこなし術
「Siri」や「しゃべってコンシェル」などで身近になった音声認識機能。実はスマホ以外でも、さまざまな現場でも利用されているらしい。(2015/1/7)

スマートテレビの調査も:
カーナビの音声認識使ってる? 運転中の“ながら”SNSに20〜30代が興味
Nuance Communications(以下、ニュアンス)は、日本市場におけるカーナビゲーションシステム(カーナビ)のユーザーを対象にした音声認識機能の利用実態調査を実施。その結果、20〜30歳代のユーザーの使用頻度が高く、特に音声認識機能を使った運転中のSNSメッセージの送信などに興味を持っていることが分かった。(2014/9/29)

ビジネスニュース 企業動向:
ウェアラブル/ヘルスケア機器にも拡大、ニュアンスの音声認識/合成技術
ニュアンス コミュニケーションズ(Nuance Communications/以下、ニュアンス)は、音声認識や音声合成の技術をベースに、さまざまな用途向けの音声インタフェースを提供している。車載システムやテレビ用途に加えて、新たにPCや携帯電話機/スマートフォン、ウェアラブル/ヘルスケア機器などにも、その用途を拡大していく。(2014/9/18)

MITメディアラボの研究者が開発する家庭用アシスタントロボット「Jibo」、499ドルで予約受付中
「Jibo」は家族の顔を覚えてそれぞれの相手に必要なタイミングで適切な対応をするアシスタントロボット。MITメディアラボのブリジール氏が立ち上げたJibo.comはこのロボットを2015年12月に499ドルで発売する計画だ。(2014/7/17)

車載情報機器:
トヨタの新テレマティクス「T-Connect」はマイクロソフト+IBM+Linux?
トヨタ自動車の新テレマティクスサービス「T-Connect」は、マイクロソフトの「Auzre」をはじめIT系企業のサービスやソフトウェアを活用するとともに、対応カーナビである「T-Connectナビ」をLinuxベースに変更するなど、現行サービスの「G-BOOK」から大幅な刷新が図られている。(2014/6/19)

音声認識のNuance、Samsungに身売り交渉中との報道
AppleのSiriやトヨタやBMWの車載システム向けに音声認識技術を提供するNuance CommunicationsがSamsung Electronicsと企業売却で交渉中とWall Street Journalが伝えた。(2014/6/17)

Nuance、ウェアラブル向けの「Dragon Mobile Assistant」とキーボードを発表
音声認識ソリューションのNuanceが、画面の小さいウェアラブル端末向けに最適化したパーソナルアシスタントツールとSwypeキーボードを発表した。(2014/1/9)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

「私はSiriでした」──米国版“中の人”がCNNでカミングアウト
「iPhone 4S」から搭載された音声によるパーソナルアシスタント機能「Siri」の米国版の声は自分が録音したものだと、ナレーターのスーザン・ベネット氏が名乗り出た(iOS 7から別の声になっている)。(2013/10/5)

日本TI CC2533/CC2541:
Nuanceの「Dragon TV」採用、日本TIの音声認識対応リモコン開発キット
日本テキサス・インスツルメンツ(以下、日本TI)のリモコン開発キット製品は、家電機器のリモコン製品用途に適しており、高い品質の音声認識機能を備えている。通信方式によってZigBee RF4CE規格向けと、Bluetooth Smart規格向けの、2種類が用意されている。主な回路が集積されたSoCには、Nuance Communicationsの音声認識技術「Dragon TV」が採用されている。(2013/10/4)

GoogleのAndroid担当幹部のヒューゴ・バラ氏、中国小米科技の副社長に転職
7月のNexus 7の発表イベントにも登壇したGoogleのAndroid製品管理ディレクター、ヒューゴ・バラ氏が同社を去り、成長中の中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米科技)の副社長に就任する。(2013/8/29)

賞金総額1億円のアプリコンテスト開催中:
ポストKinect!? 国内でも注目集まるインテルのモーションセンサーデバイス
インテルが公開している非接触型ユーザーインタフェース搭載アプリケーションを開発するためのSDK「Intel Perceptual Computing SDK 2013」をご存じだろうか。現在、同SDKを活用した世界規模のアプリコンテスト「Intel Perceptual Computing Challenge」が開催中で、日本国内でも展示会やセミナーなどで取り上げられ、注目されつつある。(2013/6/6)

指なぞり入力のSwypeがGoogle Playに登場
一筆書きでキーボードをなぞる高速文字入力「Swype」のAndroid版が登場した。(2013/4/25)

Mozilla、「Firefox OS」を推進したゲイリー・コバックスCEOの退任を発表
2010年にCEOに就任し、Firefox OSをはじめとするMozillaのモバイル戦略を推進してきたゲイリー・コバックス氏が、「目標を達成した」として年内に退任する。(2013/4/11)

音声認識のNuance、モバイル向け“会話広告”を発表
米Nuanceは、音声認識を利用したモバイル向けターゲティング広告プラットフォーム「Voice Ads」を発表した。(2013/4/3)

ビジネスニュース 企業動向:
Spansionが組み込み向けフラッシュ事業を加速、2年間で顧客数を倍増へ
NOR型フラッシュメモリ大手のSpansion(スパンション)は、3年ほど前から組み込み機器の市場にフォーカスした事業を展開してきた。高い信頼性と堅牢性を実現したフラッシュメモリ製品と技術サポート力で、さらなる顧客数の拡大を狙う。(2013/1/18)

モバイル高速入力方式「Swype」のβ版にクラウドソーシング辞書
キーボードを指でなぞって入力するモバイル入力システム「Swype」のAndroid版バージョン1.4βに、クラウドソーシング方式の辞書機能「Living Language」が追加された。(2013/1/8)

生体認証、NFCに注目
iPadに指紋センサー? Appleも参加するハードウェアセキュリティの新潮流
モバイル端末が職場に進出する中、生体認証や半導体システム、NFCといったハードウェアベースのセキュリティ対策技術が注目されている。(2012/10/30)

ビジネスニュース 企業動向:
Intelは「Ultrabook」に引き続き注力、UI開発コンテストでは賞金100万ドルを用意
米国で開発者向けのフォーラムを開催中のIntel。市場で成功しているとは決して言えない「Ultrabook」だが、同社は引き続きUltrabookの開発と普及に注力していくという。また、Ultrabook向けユーザーインタフェース(UI)のコンテストも行う予定で、優勝者には100万米ドルの賞金が与えられる。(2012/9/13)

IDF 2012:
「Haswellが動いた!」──“次世代”Ultrabookも集結したIDF基調講演
「Intel Developer Forum 2012」がスタートした。Windows 8発売直前、そして、2013年の「Haswell」投入に向けて、彼らが発信するメッセージとは?(2012/9/12)

Intel、Ultrabookの音声・ジェスチャー入力機能を発表 年内に対応PCが登場
IntelがWindows 8搭載Ultrabook向け音声・ジェスチャー入力、顔面認識対応アプリケーションを開発する「Intel Perceptual Computing SDK」のβ版を10月にリリースする。(2012/9/12)

Nuance、高精度認識が可能な音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ11J」
ジャストシステムは、米Nuance Communications製音声認識ソフト「Dragon NaturallySpeaking」シリーズの最新版「ドラゴンスピーチ11J」の取り扱いを開始する。(2012/9/5)

車載半導体:
スパンションが音声認識コプロセッサを開発、認識時間と処理負荷を半減
NOR型フラッシュメモリ大手のスパンションは、音声認識機能専用のコプロセッサ「アコースティック・コプロセッサ」を発表した。音声認識にかかる時間やメインプロセッサにかかる処理負荷を半減可能で、従来よりも高精度の音声認識も実現できる。(2012/7/19)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
“Ivy Bridge”登場でUltrabookは第2世代に――タッチ対応で拡大する
「Computex Taipei 2012」のインテル基調講演は米Intel本社 上級副社長のトム・ キルロイ氏が業界のトレンドとIntel、パートナーが目指す未来を語った。(2012/6/7)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(近未来ガジェット編)
米国EDN/EE Timesの編集部が、2012年の発展を期待するエレクトロニクス技術をピックアップ。第2回は、医療、携帯オーディオ、自動車という3つの機器分野について、各担当編集者の展望をお届けする。(2012/1/27)

Siri英国版の“中の人”が名乗り出る――英Telegraph報道
iPhone 4Sの音声アシスタント機能「Siri」の男性の声はScansoft(後にNuanceが買収)で自分が録音した音声が基になっていると、ナレーションのプロが告白した。(2011/11/11)

11.6型と13.3型をじっくり比較:
早くも“Ultrabook”の本命が登場か?――「ZENBOOK」徹底検証(前編)
鳴り物入りで登場したASUS初の“Ultrabook”「ZENBOOK」は、Eee PCのような旋風を再び巻き起こすのか? 11.6型と13.3型の上位モデルをまとめてレビューする。(2011/11/9)

スマホアプリに無償で音声認識機能を――ニュアンス、開発者向けプログラムを刷新
音声認識技術で知られるニュアンス・コミュニケーションズが、モバイルアプリの開発者向けプログラムを刷新。新たに3つのサービスレベルを設け、開発者のニーズにきめ細かく対応する。(2011/9/30)

松村太郎のiPhone生活:
口述筆記を育てるアプリ「Dragon Dictation」
iOS対応デバイスで文字を効率よく入力する方法は、ソフトウェアキーボードかBluetoothキーボードくらいしか選択肢がないと思われがちだ。だが、ニュアンスコミュニケーションズの「Dragon Dictation」のような音声認識の技術も、いまやかなり実用的になっている。(2011/9/8)

「音声認識ブラウザ」発表:
Googleは競争相手ではない?――B to Bと多言語化に注力するアドバンスト・メディア
モバイル分野ではこれまでコンシューマー向けに音声認識サービスを提供してきたアドバンスト・メディアが、今後は法人向け業務アプリの開発にも注力する。また、iOSだけでなく、AndroidやWindows Phone 7向けアプリも開発していく。(2011/8/29)

せかにゅ:
「iPhone 5」だけじゃない? 廉価版「iPhone 4S」をアナリストが予想
AppleがiPhone 5に加えてSIMロックフリーの安価な「iPhone 4S」を投入する可能性をアナリストが予想。9月7日に発表されるという説も出ている。(2011/6/28)

Dragon Dictation/Searchも世界で好評:
PR:認識エンジンの“カスタマイズ”が強み――Nuanceが目指す音声認識サービスの進化形
文書管理ソフトや携帯電話・自動車、コールセンターなど幅広い分野で音声認識事業を展開しているNuance Communications。同社が配信中のiPhoneアプリ「Dragon Dictation」と「Dragon Search」は日本を含む世界で好評だ。同社は今後、どのような音声認識サービスを提供していくのか。(2011/6/15)

せかにゅ:
次世代iPhoneはなし? iOS5の新機能は?――Apple WWDCで何が出てくるか
Appleはまもなく開催のWWDCで、「Mac OS X Lion」「iOS 5」「iCloud」を披露する。新型iPhoneは登場しない可能性が高そうだ。(2011/6/1)

せかにゅ:
「iPad 3は3D表示対応?」「iOS 5にワイヤレスアップデート機能?」Appleうわさまとめ
「iPad 3に3Dディスプレイが搭載される」「AppleがノートPCのプロセッサをIntelからARM系に切り替える」などなど、Apple関連のうわさをまとめた。(2011/5/9)

防水+タフネス仕様のAndroidスマートフォン「CASIO G'zOne COMMANDO」、米国で発売
NECカシオとカシオ計算機が、防水とタフネス性能をサポートする「CASIO G'zOne COMMANDO」を、米国のVerizon Wireless向けに供給した。4月28日から販売される。(2011/4/27)

テクノロジー最前線(4):
モバイルアプリで音声入力が普通になる日――ニュアンスコミュニケーションズ
モバイル向け音声認識・音声合成のスピーチソリューションに強みを持つ米ニュアンスコミュニケーションズ。同社がリリースした「Dragon Mobile SDK」は、iOS/Androidアプリケーションにスピーチ機能を簡単に組み込めるとあって、3週間で1200の開発企業、開発者が飛び付いた。モバイルアプリで音声入力が普通になる日も近いか。(編集部)(2011/2/24)

IBM、Watsonの医療分野での実用化に向けて音声認識のNuanceと提携
人気クイズ番組で優勝したスーパーコンピュータ「Watson」の高度な質問応答能力にNuanceの音声認識システムと医療用語分析ソリューションを搭載し、2年以内に医療分野への導入を見込む。(2011/2/18)

目指すのは“意味まで分かる”音声認識――モバイルUIの変革を目指すニュアンス
端末の高機能化に伴う操作の煩雑化、慣れが必要なタッチパネル端末の文字入力など、昨今の端末操作にはさまざまな課題が見え始めている。その解決策の1つとして注目されるのが音声認識技術だ。米音声認識ソリューション大手のNuanceに、音声認識技術がスマートフォンの操作やサービスにもたらす新たな可能性について聞いた。(2011/1/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。