ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NVIDIA Tesla」最新記事一覧

NVIDIA DLI 2017 講演レポート:
GPUはこれまでも、そしてこれからもディープラーニングをけん引する
エヌビディアが主催するGPUを用いたディープラーニングのイベント「NVIDIA Deep Learning Institute 2017」の基調講演に、米国本社NVIDIAの主席研究員を務めるビル・ダリー氏が登壇。ディープラーニングの進化に果たしてきたGPUの役割を強調するとともに、今後もGPUがけん引役になると強調した。(2017/1/19)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
シリコンバレー見聞録 SAPのビジネスモデル変革を成功させた「3つのP」
IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。第5回は、デジタルビジネスの世界で売上を伸ばしているSAP本社の「Palo Alto Labs」です。(2017/1/21)

Tesla、AppleのSwift責任者を引き抜き、自動運転ソフト担当幹部に指名
完全自動運転を目指すTeslaが、Appleのプログラミング言語「Swift」を開発したクリス・ラトナー氏を自動運転ソフト担当副社長に迎える。(2017/1/11)

Appleの「Swift」開発者でプロジェクトリーダーのクリス・ラトナー氏が退社
Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を開発し、プロジェクトのトップを務めてきたクリス・ラトナー氏がAppleを退社する。【UPDATE】同氏はTeslaの自動運転ソフト責任者に就任する。(2017/1/11)

市場規模は段階的に発展:
完全自動運転、実現は2025年以降か
自動運転技術は、どのように発展していくのだろうか――矢野経済研究所調べ。(2016/12/27)

仮想環境でも高品位描画が当たり前の時代に
仮想デスクトップ管理者のための「vGPUテクノロジー入門」
グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションを仮想デスクトップ上で動かすユーザーが増えている。IT担当者は、NVIDIAが提供している製品など、vGPUオプションについて学んでおくべきだろう。(2016/12/20)

イーロン・マスク氏、次はトンネル掘削マシン企業を立ち上げ?
TeslaやSpaceXを立ち上げたイーロン・マスク氏が、「交通渋滞にはあきあきだ。次はトンネル掘削マシンを開発しよう」とツイートした。(2016/12/18)

2016年の企業動向を振り返る:
AIビジネスの“カンブリア爆発”が始まる
2015〜2016年にかけて、AI(人工知能)は人間を超える「目」と人間並みの「耳」を持った――。目を持ったことでカンブリア紀に生物が爆発的に増えたように、AI搭載の製品やサービスもこれから爆発的に増えると考えられる。2017年以降、そのAIビジネスをけん引する企業とは……。(2016/12/16)

イーロン・マスク氏、トランプ次期大統領の経済助言チームメンバーに
ドナルド・トランプ次期大統領のITトップ懇談会に出席したTeslaやSpaceXの創業者、イーロン・マスク氏と、出席しなかったUberのトラビス・カラニックCEOが、トランプ氏の「戦略的政策フォーラム」に参加する。懇談会に参加したメンバーも明らかになった。(2016/12/15)

トランプ次期大統領のITトップ懇談会、行くCEO行かないCEO
トランプ次期米大統領が12月14日にニューヨークのトランプタワーで開くITトップとの懇談会には、Appleのティム・クックCEO、Alphabetのラリー・ペイジCEOなどが出席すると、米Recodeが報じた。(2016/12/12)

「競合比2〜6倍の効率」:
Xilinx、機械学習の推論に強いFPGAをアピール
Xilinx(ザイリンクス)は2016年12月、データセンター向けのビジネスに関する記者説明会を都内で開催した。(2016/12/9)

電気自動車:
CO2フリーの水素でトラックが走る、北米364カ所にステーションも展開
米国のベンチャー企業がCO2フリーの水素で走る燃料電池トラックを初公開した。後部にトレーラーを連結するセミトラックタイプで、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載して1900キロメートルの走行が可能だ。太陽光発電所で作った水素を北米各地に展開するステーションに運んで供給する。(2016/12/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ガソリン自動車と電気自動車」
ガソリン自動車から電気自動車(EV)へと変わろうとしている自動車業界の動向を、キーとなるEVの特徴と自動車の“ソフトウェア化”について整理しながら、読み解いていきましょう。(2016/12/5)

スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤を用いた「企業向けAIサービス」を開始
富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016/11/30)

富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤とAI関連サービスを提供
AI「Zinrai」の基盤サービスとAI機能のAPIを2017年春から提供し、企業のAI活用とビジネス革新の支援を目指す。(2016/11/30)

富士通、“30年磨いた”AI「Zinrai」API提供 ディープラーニング専用プロセッサも開発中
富士通がAI関連APIをパッケージ化した「Zinraiプラットフォームサービス」の提供をスタート。世界最速クラスの学習処理能力を実現したというディープラーニング基盤も提供する。(2016/11/29)

NVIDIA Tesla搭載GPUサーバ提供プランも用意:
IDCフロンティアが東日本に2カ所目の大規模クラウド拠点を新設、IPファブリックネットワークを全面採用
IDCフロンティアが東日本エリア2カ所目となる大規模クラウド拠点を新設し、稼働を開始。「NVIDIA Tesla M40」を利用できるGPUサーバ提供プランなども提供する。(2016/11/28)

「IBM PowerAI」+NVLink搭載POWERサーバで展開:
IBMとNVIDIA、大規模ディープラーニングソリューションを共同展開
IBMとNVIDIAが、エンタープライズ向けディープラーニングソリューションで提携。ディープラーニングソフトウェアツール群「IBM PowerAI」を投入し、NVLink搭載IBM POWERサーバを組み合わせたアプライアンスによるソリューションを提供する。(2016/11/16)

Microsoftとイーロン・マスク氏のOpenAIが提携、OpenAIが「Azure」を採用
イーロン・マスク氏やY Combinatorのサム・アルトマン社長などが立ち上げた非営利のAI研究企業OpenAIがMicrosoftと提携し、主要なクラウドプラットフォームとして「Microsoft Azure」を採用したと発表した。(2016/11/16)

ピーター・ティール氏、トランプ次期大統領の政権移行チームに正式参加
ドナルド・トランプ次期米大統領が政権移行チームのメンバーを発表した。トップには次期副大統領のマイク・ペンス氏が就任する。トランプ氏を支援してきたシリコンバレーの投資家、ピーター・ティール氏もメンバーだ。(2016/11/13)

ピーター・ティール氏、トランプ氏の政権移行チームに参加とのうわさ
米大統領選で、シリコンバレーの著名人としてはほぼ唯一トランプ氏支持を表明してきた億万長者のピーター・ティール氏が、次期大統領の政権移行チームに参加すると報じられた。(2016/11/11)

eSOL TECHNOLOGY FORUM 2016レポート:
PR:完全自動運転車を組み込みシステムで動かすには何が必要か
「eSOL TECHNOLOGY FORUM 2016」に、東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授の加藤真平氏と、イーソル 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長の権藤正樹氏が登壇。加藤氏は完全自動運転車の開発に向けた取り組みについて、権藤氏は自動運転車を実現するためのスケーラブルなソフトウェア開発手法について講演した。(2016/10/26)

Nintendo Switch:
Tegraの歴史から、Nintendo Switchの「カスタムTegra」を予想する
任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」には、NVIDIAのSoC「Tegra」がカスタマイズされ搭載されている。Tegraの歴史をひもとき、搭載カスタマイズSoCに思いを巡らせる。(2016/10/22)

製造ITニュース:
ディープラーニング・AI用の高速Linuxサーバ新製品を発売
GDEPソリューションズは、菱洋エレクトロとともに、日立製作所のディープラーニング・AI用サーバ「SR24000/DL1」を発表した。ディープラーニングや高度なデータ分析など、負荷の高いワークロード用に設計された高速Linuxサーバの新製品だ。(2016/10/21)

フランスで炎上したTesla車は「接触不良が原因」
Model S炎上事故の原因についてTeslaが回答した。(2016/9/15)

電気自動車:
電気自動車で初の7人乗りSUV、100kWhのバッテリーで542km走行可能
テスラモーターズが7人乗りの電気自動車を日本で販売開始した。バッテリーの容量が60〜100kWhの4種類あり、航続距離は最長542kmになる。従来の5人乗りのモデルと同様に、前輪と後輪にモーターを搭載して全輪駆動で走行する。価格は895万円からで、国の補助金を適用できる見込みだ。(2016/9/14)

HPEが「HPE Apollo 6500」、IBMが「IBM Power Systems LS」を投入:
AI/ディープラーニングに特化、GPUサーバ続々──HPEとIBMが新製品を発表
HPEとIBMが、ディープラーニングに特化したGPUコンピューティング対応サーバの新製品を発表した。(2016/9/12)

ディープラーニング/GPUコンピューティング環境を月額9万5000円から:
「NVIDIA Tesla」搭載GPUサーバを月額制で──さくらインターネットが9月末に開始
さくらインターネットが、米NVIDIAのGPGPU「NVIDIA Tesla」を搭載した物理サーバのサブスクリプション型サービス「さくらの専用サーバ・高火力シリーズ」を2016年9月30日に開始する。(2016/9/1)

製造ITニュース:
ディープラーニング対応のGPUコンピューティングをクラウドサービスで提供
IDCフロンティアは、ディープラーニングに対応できるGPUを搭載した、高性能GPUコンピューティングをクラウドサービスで提供する。サービス開始は、2016年第3四半期を予定している。(2016/8/23)

Willow Garage出身デザイナーに学ぶ、サービスロボットのインタラクションデザイン(前編)
サービスロボットの機能による差別化が難しくなれば、次に浮上するのが人とロボットがどんな「関係性」を持てるかというインタラクションデザインだ。前編では、人とロボットの関係性「Human-Robot Interaction(HRI)」の重要性と、これまでの研究を振り返る。(2016/8/12)

「トランプ氏はイノベーションにとっての災厄」──IT業界の140人が公開書簡に署名
エヴァン・ウィリアムス氏、スティーブ・ウォズニアック氏、ヴィント・サーフ氏らをはじめとする140人の米テクノロジー業界の著名人が、「ドナルド・トランプ氏の立候補に反対する」という公開書簡に署名した。(2016/7/15)

高くない?:
GeForce GTX 1080性能検証
10万円近い価格でありながら売り切れが続出するGeForce GTX 1080。遅ればせながらパフォーマンスを計測し、そのパフォーマンスに驚き、そしていろいろと考えてみた。(2016/7/14)

レノボ、Xeon E5を標準搭載したミドルレンジWS計2シリーズを発売
レノボ・ジャパンは、Xeon E5-1600 v4シリーズの搭載に対応したミドルレンジクラスモデルとなるデスクトップWS「ThinkStation P410」「同 P510」を発表した。(2016/7/6)

NVIDIA、AMD、Intelが三つどもえの戦い
今更聞けない「GPU仮想化」の真実、なぜ価格破壊が止まらないのか?
複雑なグラフィック処理が必要な仮想デスクトップユーザーに役立つ「GPU仮想化」。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/6/29)

ITはみ出しコラム:
“iPodの父”が去ってGoogleのスマートホームはどうなる?
Googleが2014年に買収したスマートホーム企業のNest Labs。新製品が出ず、どうなっているのかと思っていたら動きがありました。(2016/6/25)

ひた隠しにしてきたプロジェクト:
GoogleからAI用プロセッサ「TPU」が登場
Googleが、人工知能(AI)に向けたアクセラレータチップ「Tensor Processing Unit(TPU)」を独自開発したことを明らかにした。同社が2015年にリリースした、オープンソースのアルゴリズム「TensorFlow」に対応するという。(2016/5/23)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「人工知能との付き合い方」
人工知能が著しい変化を遂げる中、私たち人間は人工知能とどうつきあっていけばいいのでしょうか。(2016/5/23)

スパコンとCAE:
製造業の“みんなのスパコン”TSUBAMEのCAE利用の取り組みを聞く
東工大は「みんなのスパコン」と銘打ち、スパコン「TSUBAME」の学外利用を積極的に推進してきた。企業の使いやすさを模索してきた東工大の取り組みや、スパコンが注目されている背景などについて紹介する。(2016/5/23)

時速1100キロ列車構想「Hyperloop」に向けた野外実験成功(動画あり)
イーロン・マスク氏が2013年に打ち出した高速列車構想「Hyperloop」の実現に向けた推進システムの実験がネバダ州の砂漠で行われ、0-100km/h加速1.1秒で走るシステムの動画がYouTubeで公開された。(2016/5/12)

顧客データ保存めぐる対立で:
Appleの電気自動車事業からBMWとDaimlerが撤退?
Appleは、「Project Titan」で進める自動運転機能付き電気自動車開発プロジェクトでBMWおよびDaimlerと交渉していたが、プロジェクトの主導権と顧客データ収集をめぐって対立し、決裂したと独メディアが報じた。Appleはカナダの自動車OEM企業Magnaと交渉中という。(2016/4/25)

HPC、ビッグデータ分析を強力にサポート:
OpenPOWER Foundationの次世代「OpenPOWER」システム、“50以上のイノベーション”を明らかに
POWERアーキテクチャを推進するOpenPOWER Foundationは、インフラおよびソフトウェアに関する50以上のイノベーションを盛り込んだ製品や技術を発表した(2016/4/8)

つながるクルマ、ソフト更新もスマホのように――調査会社が予測
2022年までにソフトウェアをOTA(Over The Air)で更新できる車は1億8000万台、ファームウェアをOTAで更新できる車は2200万台が出荷されるとABI Researchは予想する。(2016/3/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
31.5型液晶で3万円切り!?  自作PCも大画面化が進む予感
LG電子の31.5型液晶ディスプレイ「32MP58HQ」が3万円を切る価格で登場し話題を集めている。また、ASUSTeKの34型3.5K液晶「ROG Swift PG348Q」も目立っていた。時代は30型超か!?(2016/3/14)

FacebookのザッカーバーグCEO、米IT企業CEOランキングで1位に 2位はAppleのクックCEO
世論調査会社Morning Consultが米IT大手8社のCEOについての好感度を調査したところ、1位はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO、2位はAppleのティム・クックCEOという結果になった。知名度でもザッカーバーグ氏が抜きん出ている。(2016/2/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
Skylakeに低GPU内蔵のPモデルが登場!
Skylake世代のCore i/Celeronに、GPU性能を抑えた末尾Pモデルや、5000円台で買える世代最エントリーモデルなどが加わった。街では「いいとこついている」と評判だ。(2016/2/1)

ニューラルネットワークモデルの実装が一般化する?:
「TensorFlowより高性能」なディープラーニングツールキット「CNTK」
米マイクロソフトリサーチが深層学習(ディープラーニング)ツールキットをオープンソースで公開。グーグルのTensorFlowよりもGPU性能を引き出せるという。(2016/1/27)

ディラック、オリジナル電源ユニット「TESLA CUBE」をリニューアル
ディラックは、同社オリジナル電源ユニット「TESLA CUBE」シリーズをリニューアルを発表。付属ケーブルの改善が行われている。(2016/1/25)

ベゾス氏のBlue Origin、ロケット再利用に成功
Blue Originが、2015年11月に垂直着陸に成功したロケットの再打ち上げ・着陸に成功した。(2016/1/25)

Weekly Access Top10:
ラピュタ歌舞伎
「バルス!」は大向う?(2016/1/18)

Googleとの提携については沈黙を守る:
Fordが自動運転技術に攻勢、試験車を30台に
Ford Motorは「2016 International CES(CES 2016)」で、自動運転技術や、ドローン/クルマ間の通信ソフトウェアの開発などについて語った。以前からうわさされていたGoogleとの提携については、沈黙を守り通した。(2016/1/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。