ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オブジェクト指向の世界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オブジェクト指向の世界」に関する情報が集まったページです。

オブジェクト指向の世界(31):
情報を媒体に転写する? 形相と質料
前回は、学習パターンを紹介した。今回は「転写」と「媒体(メディア)」について整理してみる。(2011/6/27)

オブジェクト指向の世界(30):
SFC学習パターンを新人研修に適用する- 暗黙知と形式知
前回は、フラクタルの2つの特徴を紹介した。今回は「SFC学習パターン」をテーマに、暗黙知対形式知の視点で考える。(2010/12/22)

オブジェクト指向の世界(29):
フラクタル - 自己相似形とべき乗則
前回は、慶応義塾大学SFCの「学習パターン」を紹介した。今回は話題を一転して、同じ図形パターンがスケールを変えて何度も現れるフラクタルについて考える。(2010/10/18)

オブジェクト指向の世界(28):
パターン言語事例 − 慶應SFCの『学習パターン』
学生向けに「学び方」を伝えるためにパターン言語を使った例が登場した。今回は慶応義塾大学SFCの『学習パターン』を紹介する。(2009/8/25)

オブジェクト指向の世界(27):
クラウドの潮流を考える――らせん的進化・その2
“らせん的に進化する”のは開発プロセスだけではない。今回はアプリケーション・アーキテクチャの変遷を見てみよう。(2009/5/22)

オブジェクト指向の世界(26):
世界はらせん的に進化する
開発プロセスは時代と共に“進化”している。しかし、それは直線的にではなく、らせん形に揺れながら変わっているのだ。(2009/1/30)

オブジェクト指向の世界(25):
オブジェクト指向を考える──普遍の知識
オブジェクト指向を語るうえでポイントとなるのは、「ものの本質」に関する考え方だ。今回はプラトンとアリストテレスの思想を引き合いに「ものの本質」を考えてみよう。(2008/8/22)

オブジェクト指向の世界(24):
UML2メタモデルを読む − 知識とは何か?(2)
知識というものには、「幅」と「深さ」がある。そして、UMLの仕様にもそれは如実に表れている。こうした点について、今回も前回に引き続きソクラテス式対話の形を借りて論じていく。(2008/4/25)

オブジェクト指向の世界(23):
UML2メタモデルを読む− 知識とは何か?
モデルに対してメタモデルという概念がある(2008/2/19)

オブジェクト指向の世界(22):
ソフトウェアは知識の結晶
今回はソクラテス式対話編その2として「知識」とは何かについて考えてみました。(2007/10/16)

オブジェクト指向の世界(21):
オブジェクト指向のソクラテス式対話編
今回は趣向を変えて、ソクラテス式対話編でオブジェクト指向を考えてみました。ちょっと不思議な体験がきっかけとなって、池田晶子著「帰ってきたソクラテス」(新潮社)をヒントにしたものです。(2007/6/19)

オブジェクト指向の世界(20):
RUP7で開発の「苦」から解放される
(2007/4/10)

オブジェクト指向の世界(19):
RUPをパターン言語として考える
前回は「ネットコミュニティのQWAN(無名の質)」と題して、昨年大ブレークしたmixiなどのネットコミュニティについて考察しました。SNSの基本となっている友達の友達を巻き込むという仕掛けは、実はSNSとはまったく無関係な「6次の隔たり」理論からも爆発的にメンバーを増やせる可能性のある仕掛けだと述べました。(2007/2/7)

オブジェクト指向の世界(18):
ネットコミュニティのQWAN(無名の質)
今回はこのロングテール現象とも関係しますが、インターネットによるコミュニティ「e-Community」について考えてみたいと思います。(2006/10/25)

オブジェクト指向の世界(17):
パレートの法則 vs. ロングテール現象
今回は話題を少し変えて、最近注目されてきたロングテール現象について考えてみたいと思います。書店に行くと書籍や雑誌記事などでロングテールという見慣れない言葉が目に付きます。この「長いしっぽ」はWeb 2.0の流れとも関係し、インターネットが巻き起こしつつある新しい社会現象です。Amazon.comやGoogle AdSense/Adwords、Yahoo! Overtureなどがロングテール旋風を巻き起こしています。(2006/9/6)

オブジェクト指向の世界(16):
モノ・コト分析をパターン言語で表現
前回の「モノ・コト分析の段階的モデリング」は、クラスにステレオタイプ《mono》と《koto》を導入し、例題として注文から納品・請求までの簡単な業務フローを取り上げてモノ・コト分析でモデリングを行いました。ステレオタイプによりモデルの作成と理解が一層容易になったと思います。今回はモノ・コト分析の実践方法をパターン言語の形式で表現してみたいと思います。(2006/6/23)

オブジェクト指向の世界(15):
モノ・コト分析の段階的モデリング
前回「分かりやすいモノ・コト方式のモデリング」は契約についてモノ・コト方式でモデリングを行いました。人と組織を一般化したパーティという概念を用いると、「契約はパーティとパーティの間に発生する事象である」と一般化することができます(2006/4/21)

オブジェクト指向の世界(13):
モノとコトによるモデリング
(2005/12/23)

オブジェクト指向の世界(14):
分かりやすいモノ・コト方式のモデリング
「モノとコトによるモデリング」はモノとコトによるモデリングについて考えました。オブジェクト指向の特徴の1つは現実世界をそのまま自然にモデリングできることです。そのとおりなのですがオブジェクト指向を学んだばかりの人がいざやってみると案外難しいものです。(2005/10/21)

オブジェクト指向の世界(12):
アリストテレス編(その2)“what & why”4原因説をビジネスモデルに応用
(2005/10/21)

オブジェクト指向の世界(11):
アリストテレス編−“what & why”4つの原因説
(2005/8/5)

オブジェクト指向の世界(10):
プラトン編−イデア論とクラス/インスタンス
(2005/6/11)

オブジェクト指向の世界(9):
分析手法のキホン:「分解と分類」
(2005/4/9)

オブジェクト指向の世界(8):
分析から設計へのモデル変換などについて
(2005/2/16)

オブジェクト指向の世界(7):
パターンとパターン言語入門
(2005/1/21)

オブジェクト指向の世界(6):
名前のない品質とパターン言語
(2004/10/30)

オブジェクト指向の世界(5):
全体最適とアーキテクチャ
(2004/8/20)

オブジェクト指向の世界(4):
「ピカソ、113億円で落札」をUMLで表現する
(2003/6/23)

オブジェクト指向の世界(3):
UMLで新聞記事を読む
(2003/5/21)

オブジェクト指向の世界:
第2回 自然言語をUMLで表現してみる
(2003/3/25)

オブジェクト指向の世界(1):
流れ去るものと不変なもの
(2003/2/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。