ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オフショア開発時代の「開発コーディネータ」」最新記事一覧

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(6):
中国オフショア開発における生産性と品質のバランス
中国オフショア開発においては、日本人と中国人の気質の違いに関する問題で苦労する場合が多い。しかし、その“中国人気質”を理解し、うまく利用すれば、納得いく仕事ができるはずだ。今回は、中国人気質を上手に利用した「品質管理」方法を紹介する。(2012/9/17)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(16):
中国人の日本型開発アプローチに対する本音は?
“お客さまは神様です”という思想の下、「システム開発で修正が入るのは当たり前」や「顧客が直したいんだから、直すべき」といった日本式の概念は、多くの中国人には通用しない。このような「日本式開発アプローチの甘さ」はどうすればよいのだろうか?(2006/3/16)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(15):
中国オフショア開発で日報を書かせる秘訣は?
ビジネスの基本ともいえる「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」。しかし、「中国企業はほうれんそうが大の苦手」というのが一般的な見解だ。また、中国人と日本人では「報告」に対する認識の違いなども存在する。今回は、中国人と上手にコミュニケーションを取り、報告させる方法などを紹介する。(2005/12/28)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(14):
中国人ブリッジSEの意外な落とし穴
中国オフショア開発において、日本語が堪能で日本の商習慣にも明るい中国人ブリッジSEの存在は頼もしい。しかし実際には、ブリッジSEとしての要件を完ぺきに備えていると思われる人物でも、上手に現地スタッフを管理できないことが多い。中国オフショア開発を円滑に進めることができる中国人ブリッジSEの条件とはどのようなものだろうか。考えてみる。(2005/11/1)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(13):
日本と中国人の英語、現地ではこんな会話がされている
最近の中国オフショア開発の流れを見ると、沿岸部からより人件費の安い内陸部へのシフトが加速している。しかし、中国内陸部の地方都市では、日本語が堪能な人材が圧倒的に不足しているのが現状だ。そのような場合、双方の母国語でない英語での会話を余儀なくされることもある。その際にはどのように対応すればよいのだろうか。(2005/9/29)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(12):
中国人は質問したがり、したがらない、本当はどっち?
日本ではよく、「上司は部下に細かく指示しない方がよい」といわれる。しかし、中国人はどんなに細かい指示やチェックをしても、指示待ち人間にはならない傾向があるといわれている。今回は、このような中国人独自の習慣や特徴について、読者の声をふんだんに紹介しながら対策を考える。(2005/9/1)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(11):
本当は付き合い残業したくない〜中国に無言の圧力
日本のソフトウェア業界には、「技術者の残業なしには、仕事が成立しない」という伝統的な価値観があり、「付き合い残業」や「けん制残業」が日常的に行われているのが実情だろう。今回は、このような日本独自の慣習に対する中国人の反応や、「中国人の間では、残業する社員は生産性が低いと評価される」といった話などを紹介する。(2005/7/30)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(10):
ベトナムを徹底分析! 中国とどっちがいい?
今回は従来と少し趣向を変えて、筆者が5月下旬に訪れたベトナム視察レポートを紹介する。視察で分かったベトナムオフショア開発の現状を解説するほか、中国オフショア開発との違いやお勧め企業などを紹介する。(2005/6/30)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(9):
そんな指示じゃできません!中国企業の叫び
前回は中国オフショア開発に、元来向いている仕事と向いていない仕事があることを紹介し、それぞれの特徴を説明した。今回は、中国企業の信頼を勝ち取るために必要なオフショア開発コーディネータの条件を紹介するほか、昨今各種メディアで話題になっている中国における反日活動の緊急レポートをお知らせする。(2005/5/25)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(8):
中国オフショア開発に向く仕事、向かない仕事
開発を始める前から失敗することが明白なオフショア開発プロジェクトを多く見掛ける。さまざまな原因が挙げられるが、そもそも中国オフショア開発に向いている仕事と、向いていない仕事が存在する。今回はそれぞれの仕事の特徴を紹介する。(2005/4/16)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(7):
中国オフショア開発の失敗を減らす組織的対策とは?
前回は、オフショア開発の重要なテーマである「品質管理」に関する話題を取り上げ、開発コーディネータが果たすべき主要な役割について、プロジェクトマネジメントの話題を中心にして解説した。今回は、組織的なプロジェクトの推進機能について説明する。(2005/3/12)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(5):
続・いいかげんにして! 日本企業─理不尽な態度
前回は、オフショア開発を受託する中国側企業の視点に立った際の問題点として、「仕様まとめ能力不足」を例に挙げ、解決方法として仕様の分かりやすい伝達方法などを紹介した。今回は、そのほかの問題点として挙げられていた「仕様変更の段取りの悪さ」や「理不尽な条件の押し付け」などを説明し、対策を紹介する。(2005/1/12)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(4):
いいかげんにして! 日本企業─中国に嫌われる理由
(2004/12/16)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(3):
なぜ、中国オフショア開発の見積もりは高いのか?
「コスト削減のためにオフショア開発を取り入れたものの、実際には納期と品質を確保するだけで精いっぱい」、このように訴える日本企業は多い。今回は、オフショア開発の隠れたコスト要因を明らかにして、効果的なプロジェクト計画書の作り方やスムーズなオフショア開発立ち上げを実現するアプローチを紹介する。(2004/11/12)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(2):
中国オフショア開発の成功と失敗の実態
中国でのオフショア開発を成功させるためには、「『何を』達成すべきかという事業目的を明確にすることだ」と前回述べた。今回は実際に中国で体験した失敗例や、事例を研究して得た教訓などを紹介する。(2004/10/13)

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(1):
中国ソフトウェア業界の実力とオフショア開発の勘所
「オフショア開発」という言葉がよく聞かれるようになってきた。オフショア開発に取り組み、成功したという事例が伝えられる一方、失敗・苦闘の話も漏れ聞く。オフショア開発を成功に導く“コーディネータ”とはどのような存在だろうか?(2004/9/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。