ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OLYMPUS XZ」最新記事一覧

中古デジタルカメラ販売ランキング(4月16日〜4月22日):
キヤノン「EOS 7D」が再びトップに――ニコン勢が後に続く
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 7D」が再びトップに返り咲いた。(2015/4/27)

万能感の高い 1/1.7型 搭載機の最高峰――オリンパス「STYLUS 1」
ミニOM-D的なスタイルの中身は間違いなく本格派。1/1.7型撮像素子搭載デジカメの中では間違いなく最高峰であり、かなりスゴい。ちょっとした旅行や撮影ならこれ1台で済みそうだ。(2013/12/2)

オリンパス、「OM-D E-M1」「XZ-2」「M.ZUIKO 12-50mm」の最新ファームウェア
オリンパスが「OM-D E-M1」及び「XZ-2」「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」の最新ファームウェアを提供開始した。(2013/11/28)

カシオの“ある意味、9眼”「EX-10」で遊ぼう
カシオ計算機の“EXILIM”「EX-10」はスペックだけを抜き出せば、いわゆる高級コンパクトに属するが、「こんな写真を撮りたい」と考える撮影者のアシストをデジタル技術で行う製品だ。(2013/11/28)

激戦区参入 シンプルデザイン高級コンパクト「FUJIFILM XQ1」を検証する
富士フイルム「FUJIFILM XQ1」いわゆる高級コンパクトデジカメとして発売されるが、同分野にはライバルも多い。有力な選択肢として名乗りを上げるか、さっそく検証してみよう。(2013/11/15)

手のひら“サンニッパ”「STYLUS 1」ファーストインプレッション(作例つき)
オリンパス「OLYMPUS STYLUS 1」は、小型ボディに全域F2.8 35ミリ換算28〜300ミリズームレンズを搭載した、シリーズ最上位機。まずはファーストインプレッションをお送りする。(2013/11/12)

手のひらに“サンニッパ” 全域F2.8 10.7倍ズームの「OLYMPUS STYLUS 1」
オリンパスが小型ボディに全域F2.8 35ミリ換算28〜300ミリズームを搭載した「OLYMPUS STYLUS 1」を発売する。「OM-D E-M5」同等のEVFも備えるなど、本格的な撮影を楽しめる。(2013/10/29)

センサーとレンズスペックから見る、高級コンパクトデジカメ今夏の傾向
ちらほらと夏期休暇が視野に入る時期。せっかくの休みなのだから、ちょっといいカメラを……というひとのために、「高級コンパクトデジカメ」の一覧情報をアップデートしました。(2013/7/23)

望遠に強い“ちょっといいカメラ” 「DMC-LF1」
パナソニック「DMC-LF1」は7.1倍ズームとEVFを備えた高級コンパクト。画質やレンズにこだわりたい人には物足りないかもしれないが、普及機よりワンランク上の画質で、なにより200ミリまでの望遠が魅力な、いいポジションの製品だ。(2013/7/5)

PENデザイン進化、5軸手ブレ補正や高速シャッター装備の最上位モデル 「OLYMPUS PEN E-P5」
“PENらしさ”を突き詰めたシリーズ最上位機「OLYMPUS PEN E-P5」が登場する。デザインはさらに洗練され、5軸手ブレ補正や1/8000秒の高速シャッター、チルト液晶など機能面も充実した。(2013/5/10)

「フォトストーリー」安定性向上、「STYLUS XZ-10」に新ファームウェア
オリンパスは3月28日、「STYLUS XZ-10」の最新ファームウェアを公開した。(2013/3/28)

センサーとレンズスペックから見る、高級コンパクトデジカメ今春の傾向
昨年秋から今春にかけて登場した各社高級コンパクトの仕様を、撮像素子とレンズを中心にまとめた。(2013/3/7)

小さな高機能コンパクト、オリンパス「STYLUS XZ-10」で撮る春の予感
オリンパス「STYLUS X」シリーズの第3弾として「STYLUS XZ-10」が登場。大口径の光学5倍ズームや新感覚の「PHOTOSTORY」機能を薄型ボディに詰め込んだ意欲作だ。この高機能コンパクトを使って、訪れつつある春の息吹を撮ってみた。(2013/2/20)

オリンパス、「XZ-10」「E-PL5」など購入者全員に「FlashAir」プレゼントのキャンペーン
オリンパスが コンパクトデジカメ「STYLUS XZ-2」「STYLUS XZ-10」やミラーレスカメラ「E-PL5」など購入者全員へ無線LAN搭載メモリカード「FlashAir」をプレゼントする。(2013/2/19)

オリンパス、「STYLUS XZ-10」などSTYLUSシリーズ新製品の発売日を告知
オリンパスは「2月下旬」としていたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS XZ-10」の発売日を2月23日と発表した。(2013/2/18)

CP+ 2013:
CP+ 2013に見えた 3つのデジカメトレンド
“大物”のお披露目がなかった今年の「CP+」だが、注目すべき傾向が何点か伺えた。キーワードは「いい感じを簡単に」「ミラーレスの進化」「つながる技術」だ。(2013/2/8)

CP+ 2013:
オリンパスが「E-P3後継機」を展示
オリンパスブースはXZ-10やSH-50などコンパクトデジカメに関連する展示が目を引くが、「E-P3後継機」も展示されている。(2013/1/31)

「STYLUS XZ-2」に新色「ホワイト」が追加
オリンパスのコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS XZ-2」に新色「ホワイト」が追加された。(2013/1/30)

こだわり写真も簡単手軽に、小さくなったXZ 「OLYMPUS STYLUS XZ-10」
i.ZUIKOレンズ搭載など画質にこだわった「STYLUS X」シリーズに、小さくなった「XZ-10」が登場。新機能「PHOTO STORY」は何気ない日常を写真作品にしてくれる。(2013/1/30)

2012年注目したカメラ&トピックス(ライター 荻窪編):
今年はカメラを6台も買ってしまいました
スマホの普及はカメラ業界へ大きな影響を与え、結果としてスマホに競合しない上位クラス製品の隆盛となって表れた。それで面白いカメラがたくさん出たおかげで、今年は6台も買ってしまいました。(2012/12/27)

オススメモデルピックアップつき:
2012年冬「高付加価値コンパクトデジカメ」の選び方 
スマホカメラに押されがちなコンパクトデジカメだが、画質や利便性、機能など独自の付加価値を持ったモデルが多く登場している。そんな“高付加価値コンパクトデジカメ”をチェックした。(2012/12/11)

“触れれば分かる”高級コンパクト、オリンパス「XZ-2」その魅力
明るいレンズとコンパクトデジカメとは思えない画質で世間を驚かせた「XZ-1」に続く、新モデル“STYLUS”「XZ-2」。どのようなコンセプトで登場したのか、詳細をオリンパスに聞いた。(2012/12/6)

コンパクトデジカメで楽しむ秋の紅葉撮影テクニック
思わずカメラを向けたくなる鮮やかな紅葉があちこちで見られるシーズンになりました。本格的な機材は使わずに、コンパクトデジカメ1台で実践可能な、紅葉を美しく撮るテクニックを紹介しましょう。(2012/11/13)

デジカメプラス 週間トップ10:
「DSC-RX1」の感想アレコレ
デジカメプラスにて、1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする週間トップ10。今回注目を集めたのは、やはりフルサイズセンサーを搭載した“サイバーショット”「DSC-RX1」の記事でした。(2012/11/12)

心地よさと描写にこだわった高級コンパクト オリンパス「STYLUS XZ-2」
F1.8の高性能レンズを搭載した「XZ-1」の後継モデル「XZ-2」が登場した。iHSテクノロジーを盛り込み、操作性をさらに向上させることでスキのない製品に仕上がっている。(2012/11/6)

「OLYMPUS STYLUS XZ-2」の新UIをじっくり見る
オリンパス「OLYMPUS STYLUS XZ-2」はF1.8からの「i.ZUIKO DIGITAL」レンズや新開発センサーなどによる画質と同様、新たに導入された操作インタフェースも注目に値する。まずはその新UIをじっくり見てみよう。(2012/10/19)

「OLYMPUS STYLUS XZ-2」発売日決定、交換グリップなど必ずもらえるキャンペーンも
オリンパスが「OLYMPUS STYLUS XZ-2」の発売日を発表、交換グリップもしくはFlashAirをもれなくプレゼントするキャンペーンも実施する。(2012/10/17)

photokina 2012:
カメラとしての完成度で勝負していく――オリンパスイメージング 小川社長
マイクロ一眼の新製品「E-PL5」と「E-PM2」を投入するオリンパス。年末商戦に向けて各社よりミラーレスカメラ新製品が登場する中、オリンパスイメージングの小川社長は先行者としての自信を見せる。(2012/9/19)

photokina 2012:
オリンパス、PENシリーズ新製品と「STYLUS」を披露 フォーサーズについても言及
オリンパスはphotokina 2012に先立って開催したプレスカンファレンスにて、PENシリーズの新製品「E-PL5」「E-PM2」と、新ブランド「STYLUS」を冠した「XZ-2」を披露した。出席したオリンパスイメージングの小川社長はフォーサーズシステムについても言及した。(2012/9/18)

オリンパス、コダワリ操作性とF1.8 i.ZUIKOレンズの「OLYMPUS STYLUS XZ-2」
オリンパスより光学4倍 F1.8-2.5の「i.ZUIKO DIGITAL」レンズを搭載した高級コンパクト「OLYMPUS STYLUS XZ-2」が登場した。XZ-1からセンサーを強化し、「操作感」と「機能」を素早く切り替え可能な新UIも搭載した。(2012/9/17)

明るいレンズが超・魅・力 ワンランク上の高級コンパクト「DMC-LX7」
前作より2年、F1.4-2.3という驚異の明るいレンズを搭載して“LUMIX”「LX」が「DMC-LX7」として帰ってきた。明るいレンズを生かすべく操作性も練り込まれていて、ワンランク上のコンパクトが欲しい人ならこれを候補にいれるべきだ。(2012/8/28)

最強の広角系スナップコンパクトデジカメ――サイバーショット「DSC-RX100」
とうとう1型センサーを搭載したコンデジ、サイバーショット「DSC-RX100」が出た。細かくコントロールしながら撮りたい向きには操作が煩雑だけれど、気軽に持ち歩いて気軽に撮れてこのサイズ、最も高画質な最強の広角系スナップコンパクトである。(2012/6/18)

ハイクラスコンデジ総チェック(4)――気になる操作性を確認する
いわゆる「ハイクラスコンパクトデジカメ」を集めてみようというこの企画、最終回の今回は、このクラスで一番気になる使い勝手を検証する。(2012/4/2)

ハイクラスコンデジ総チェック(3)――食事に夜景、身近な被写体を撮り比べる
いわゆる「ハイクラスコンパクトデジカメ」を集めてみようというこの企画、前回に引き続きシチュエーションを想定しての撮り比べだ。今回はよりスナップっぽい身近な被写体で撮り比べをしてみた。(2012/3/28)

ハイクラスコンデジ総チェック(2)――風景とポートレートで画質チェック
いわゆる「ハイクラスコンパクトデジカメ」を集めてチェックするこの企画、第2弾は実際にいろんなシチュエーションで撮り比べてみよう。(2012/3/26)

ハイクラスコンデジ総チェック(1)――カメラ本来の性能で勝負するハイクラス製品をピックアップする
普及型コンデジほど小さく軽く安くを追求せず、ミラーやマウントなどデザインを制約する機構上の問題もないが、カメラ本来の性能を追求した――そんなハイクラスのコンパクトデジカメが面白い。まずは代表的な機種をピックアップした。(2012/3/22)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月27日〜3月4日):
動き少ないランキング 高級コンパクトの魅力
デジタル一眼/コンパクトデジカメいずれも動きの少ない週。ランキングに登場することは少ないものの、デジタル「カメラ」であることを重視したコンパクトデジカメが各社から登場しており興味深い。(2012/3/12)

2011年注目したカメラ&トピックス(ライター小山編):
コンパクトデジカメはスマートフォンとの関係を見直すべき
ニコンとペンタックスの参入もあって、ミラーレス一眼は本当に種類豊富になった。一方のコンパクトデジカメはスマートフォンに押されて苦しいように見えるが、スマートフォンとの関係を見直すことで状況は打破されるかもしれない。(2011/12/26)

「XZ-1」用自動開閉レンズキャップ、発売日決定
オリンパスはコンパクトデジタルカメラ「XZ-1」用自動開閉レンズキャップ「LC-63A」の発売日を12月22日と発表した。価格は5040円。(2011/12/16)

オリンパス、限定カラーの「OLYMPUS XZ-1」プレミアムキット
オリンパスが「XZ-1」の限定キットを発売する。カラーを限定となる「チタニウムシルバー」とし、自動開閉式レンズキャップ「LC-63A」、電子ビューファインダー「CF-3」を同梱した。(2011/11/10)

オリンパス、XZ-1用のF2.5テレコン「TCON-17X」
オリンパスイメージングはコンパクトデジカメ「OLYMPUS XZ-1」用のテレコンバージョンレンズ「TCON-17X」、コンバージョンアダプタ「CLA-12」を発売する。(2011/9/15)

デジタルフィルターでひと味違う写真を手軽に楽しむ:
「デジタルフィルター」使っていますか?
手軽に独創的な写真が楽しめるデジタルフィルターは、多くのモデルへ搭載されるようになり、写真のひとつとして定着した感がある。今回はそもそもデジタルフィルターとはなにかを探り、その便利さを再確認する。(2011/9/14)

オリンパス、E-PL3などにマッチする小型EVF「VF-3」
オリンパスが新開発の92万画素液晶パネルを搭載し、小型化した電子ビューファインダー「VF-3」を発売する。E-PL3やE-PM1など最新モデルのほか、既存E-P2などでも利用できる。(2011/8/9)

オリンパス、ボディジャケット&ストラップなど「XZ-1」専用アクセサリー
オリンパスイメージングはデジタルカメラ「XZ-1」専用アクセサリーとしてフルボディケース+ストラップ「CSCH-96」(ブラック)とボディジャケット+ストラップ「CSCH-97」を販売する。(2011/7/5)

撮影性能を求める人にもデジタル表現を求める人にも魅力的――「OLYMPUS XZ-1」
「OLYMPUS XZ-1」の特徴はいくつもあるが、着目したいのは「F1.8-2.5の明るい広角系ズームレンズ」と「アートフィルタ」だろう。撮影性能を求める人にも、デジタルならではの表現を求める人にもおすすめできる高級コンパクトデジカメだ。(2011/1/25)

写真で見る「OLYMPUS XZ-1」
「OLYMPUS XZ-1」はオリンパスより発表された、「ZUIKO」ブランドレンズを搭載した高級コンパクトデジカメ。実機を写真で紹介する。(2011/1/12)

F1.8「ZUIKO」レンズ搭載コンパクト 「OLYMPUS XZ-1」
オリンパスから「ZUIKO」ブランドのレンズを搭載した高級コンパクトデジカメ「OLYMPUS XZ-1」が登場する。F1.8-2.5の明るいレンズや大型センサーで一眼に迫る画質を実現した。(2011/1/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。