ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機内ネット接続」最新記事一覧

ANAが国内線でも「ANA Wi-Fiサービス」を開始 CSチャンネルの無料視聴も
ANAは国内線で機内インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」を開始する。「日テレNEWS24」などのCS放送も見ることができる。(2016/1/22)

ANA、国内線でも機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」を開始
テレビ番組を視聴できる「ANA SKY LIVE TV」も開始します。(2016/1/22)

来週話題になるハナシ:
米国系航空会社の業績が、好調なワケ
米国系航空会社の業績が好調だ。飛行機の利用者が増えているという単純なものではなく、航空券に付随するサービスの売り上げが年々増えているのだ。例えば……。(2015/9/28)

大手航空会社の傘下でないと難しい?:
LCCのビジネスモデルとは――Scoot CEOインタビュー
最近の日本では経営の難しさに注目が集まることの多いLCC(格安航空会社)。LCCビジネスのポイントとはどこなのか、急成長を続けるシンガポールのLCC「Scoot」のCEO、キャンベル・ウィルソン氏にインタビューを行った。(2015/2/4)

2015 CES:
最先端だから面白い――日本メーカーのB to B関連展示振り返り
今回のCESで印象的だったのは、日本の家電メーカーがコンシューマー向け製品から一歩引いた位置に立ち、特定業界向けのB to Bにシフトしたこと。ここでは、そのB to Bの視点から今年の展示を振り返ってみたい。(2015/1/19)

エリア整備だけでなく“価値提供”を――「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトの狙い
Wi2が展開している全国24万箇所のWi-Fiスポットを訪日外国人に無料で提供し、アプリ上で日本の観光に役立つさまざまな情報を配信する――。そんな「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」が12月12日にスタートした。(2014/12/14)

JALに続き:
ANA、2015年度中に国内線での機内Wi-Fi接続サービス導入
全日本空輸は、すでに提供中の国際線機内Wi-Fi接続サービスの拡充と、国内線での新規導入を発表した。価格などの詳細は後日、発表する。(2014/10/9)

ANA、機内Wi-Fiサービスを国内線でも導入へ
国際線で提供している「ANA Wi-Fiサービス」を拡大する。(2014/10/9)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
JALの最新ビジネスクラス「SKY SUITE 777」を創った男たち――最終回「機内Wi-Fiサービス」
飛行機に乗っている間もインターネットが使えれば、高度1万メートルの上空が文字通り「雲の上の書斎」になる――それを実現するサービスが「JAL SKY Wi-Fi」だ。ニューヨーク線で機内インターネットを使ってみた秋本さんの感想は?(2014/9/12)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
JALの最新ビジネスクラス「SKY SUITE 777」を創った男たち――第3回「空の上のレストラン」
いまやそのサービスはファーストクラスに近い……JALのビジネスクラスでの食事「BEDD」はそう感じさせてくれるほどレベルが高い。「和」にこだわり、4人の著名な日本人シェフを中心にドリームチームを結成。ドリームチームが手がけるその美食とは?(2014/9/5)

飛行機内のスマホ利用制限を緩和 新型機は「機内モード」で常時使用可能に 9月1日から
航空機内での電子機器の利用制限が緩和へ。新型の航空機なら、「機内モード」にしておけば、離着陸時を含む常時、利用可能にする。(2014/8/8)

Biz.ID Weekly Top10:
Windows転送ツールを使えばPCリプレイスもラクラクだった
古くて遅い会社のPCを新しいマシンに替えることになりました。設定の引継ぎなどが面倒くさいなぁと思っていたところ、「Windows転送ツール」の存在を教えてもらい……。(2014/7/26)

誰が業務アプリを殺すのか:
「もう政治に興味はない」堀江貴文氏が語る世の中がメンドくさい理由
「スマホがあれば、紙もプラスチックカードもいらない。ニーズがあれば法律も変えられる。政治なんて時間の無駄、技術でそうせざるを得ない状況に追い込め!」――8年ぶりにITの世界に帰ってきたホリエモンこと堀江貴文氏は、会場を埋め尽くすフリーエンジニアたちをギロリとにらみ、せきを切ったように話しだした。(2014/6/26)

機内Wi-Fi担当者に聞く:
国内線機内でインターネットし放題――JALが機内Wi-Fiサービスを拡充するワケ
JALの機内でインターネットがつながるWi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」。いよいよ2014年7月から国内線でもサービスを始まる。JALの担当者に、その狙いを聞いた。(2014/3/27)

ムチャ振り弾丸取材シリーズ:
1泊3日でロンドン往復! JALの機内インターネットで何ができるのか?
「到着した瞬間にメールが大量に届くのが嫌だ」「ソーシャルゲームの連続ログインやタイムボーナスを見逃したくない」「無事であることを伝えたい」――フライト中の飛行機でインターネットができるなら、約20ドルは安いものかも!?(2014/3/25)

ANA、国際線で機内Wi-Fiサービスを提供 3月1日から
ANAの国際線で無線LANによるネット接続サービスが3月にスタートする。(2014/2/26)

世界中のホテルを格安で:
アジアの大手ホテル予約サイト「Agoda.com」がJALと業務提携
ナスダック上場企業米国Pricelineのグループ企業で、アジアの大手ホテル予約サイト「Agoda.com」はシンガポール時間1月29日(日本時間1月30日)、日本航空(JAL)と業務提携したことを発表した。(2014/1/31)

「機内での過ごし方に選択肢を」――JAL、国内線の機内Wi-Fiサービスを7月に提供
日本航空が、2014年7月から、国内線での機内Wi-Fiサービスを提供する。米gogoの衛星接続サービスと機内のサーバを用いることで、インターネット接続が可能になる。(2014/1/30)

JAL、国内線に機内Wi-Fi導入 ネット接続は400円から、無料でコンテンツ配信も
JAL国内線に機内インターネット接続サービスが7月から導入される。有料でインターネット接続が可能になるほか、無料でも手持ちの機器で各種コンテンツを楽しめる。(2014/1/30)

国内線初 JALの機内インターネットは7月から、30分400円の時間制プランなど
無線LAN対応の端末で映像コンテンツなどを閲覧できる無料の機内エンターテインメントも。(2014/1/30)

デルタ航空、機内音声通話を解禁しないと発表
機内でのモバイル端末利用についてはいち早く対応した米Delta Air Linesが、機内での音声通話はたとえ規制が緩和されても「旅行体験を妨げるため」解禁しないと発表した。(2013/12/19)

サウスウェスト航空、機内Wi-Fiサービスを離着陸時もOKに
FAAが10月末に規制を緩和したことを受け、米航空会社大手のSouthwest Airlinesが機内Wi-Fiサービスを“搭乗ゲートから搭乗ゲートまで”利用できるようにした。(2013/11/22)

旅客機での端末利用規制をFAAが大幅に緩和──離着陸時も「機内モード」で利用OK
米連邦航空局(FAA)が、旅客機内でのスマートフォンやタブレットの利用規制を緩和し、離着陸時でも機内モードにしていれば利用可能にすると発表した。国際線にも適用される。(2013/11/1)

日本航空、国内線機内でも無線LANによるインターネット接続を2014年夏に提供へ!「JAL NEW SKY PROJECT」の一環で国内線では初
国際線で機内インターネットを提供していたJALが、国内線でもサービスを開始する。(2013/10/31)

JAL国内線に初のネット接続サービス 14年夏から
日本航空は、日本の国内線では初という機内インターネット接続サービスを2014年夏に始める。(2013/10/29)

Google、Chrome OS搭載ノート「HP Chromebook 11」を279ドルで発売
Hewlett-Packard製「Chromebook 11」は厚さ17.6ミリ、重さ1.04キロと薄型軽量で、SamsungのExynos 5250を搭載する。(2013/10/9)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第4回 デルタ航空のユーティリティーアプリ「Fly Delta」に見るデジタルエージェンシーの新たな価値
いわゆるユーティリティー系アプリは、企画をメーカー自身が行い、開発をソフトウェア会社が請負う座組みで制作されることが多かった。しかし、最近では、デジタルエージェンシーが企画から開発までを担うケースが増えている。(2013/1/24)

ANA、2013年夏から国際線でWi-Fi接続サービスを展開
(2012/6/25)

JAL、国際線機内でのネット接続サービスを2012年夏に開始
JALは2012年夏から、日本と米国・ヨーロッパを結ぶ国際線の機内でネット接続サービスを提供する。客室内に無線LAN環境を構築し、ノートPCなどのWi-Fi機器でネット利用が可能になる。(2011/9/16)

Google、Chromebookの機内お試しキャンペーンをスタート
GoogleとVirgin Americaが、フライト中にChromebookと機内Wi-Fiサービスを無料で使えるキャンペーンを展開する。(2011/7/1)

SamsungのGalaxy Tab 10.1がアメリカン航空のアメニティに
アメリカン航空の一部の便のビジネスキャビンユーザーは、機内でGALAXY Tab 10.1を利用できるようになる。(2011/6/14)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
トルコ航空で“空のシルクロード”を行く
今年はどこへ旅しようか? ゴールデンウィークや夏の休暇に向け、早くもあれこれプランを練っている人も多いだろう。世界は広い。どのエアラインでどこを目指すかで、旅のスタイルも経験できる内容も変わってくる。2011年にぜひ候補の1つに加えてほしいのが、“空のシルクロード”を行くトルコ航空での旅だ。(2011/1/19)

Google、ホリデーシーズンに無料Wi-Fiキャンペーン
Googleがホリデーシーズンに米国内便の搭乗客、約1500万人に無料Wi-Fiサービスをプレゼントする。Google Chromeのプロモーションに活用するようだ。(2010/11/9)

購入リポート:
高度3000メートルで「Nexus One」を買ってきました
Googleが自社ブランドで自らAndroidケータイを発売する――。2009年末から、IT業界は話題騒然となっていた。この“Googleフォン”をぜひとも入手したいと思い、年明け早々からドタバタ劇を繰り広げたあるライターの物語。(2010/1/15)

Google、全米47の空港で期間限定の無料Wi-Fiサービスを開始
Googleが無線プロバイダーと提携し、ホリデーシーズン期間中に全米47空港でのWi-Fiサービスを無料で提供する。(2009/11/11)

困るのは「バッテリー切れ」:
最も必要な空港設備は「Wi-Fi」――American AirlinesとHP調査
出張で空港を利用するビジネスマンにとって、ブロードバンド接続は食べ物よりも必要なもののようだ。(2009/5/26)

海外ダイジェスト(11月25日)
Virgin Americaが機内Wi-Fi接続サービス「Gogo」を開始、Android向けビジュアルボイスメールアプリ「Fusion Voicemail Plus」登場、など。(2008/11/25)

デルタ航空、全米国内線でWi-Fi接続サービスを提供
Delta Air Linesがすべての米国内線で、2009年に機内Wi-Fiサービスの提供を開始する。(2008/8/6)

欧州委員会、EU域内での機内携帯サービスを許可
欧州委員会が飛行中の機内での携帯電話による通話やデータ通信サービスにゴーサインを出し、サービス導入に当たっての規定を発表した。(2008/4/8)

Continental Airlines、2009年から「機内衛星放送サービス」を開始
JetBlue傘下のLiveTVとの提携で実現。2009年1月から一部Boeing機で、衛星放送番組36チャンネルをライブで楽しめるようになる。(2008/1/30)

American Airlines、機内ブロードバンドサービスの導入開始
American Airlinesは年内に、「Boeing 767-200」15機に機内ブロードバンド接続機能を導入する計画だ。(2008/1/24)

Air France、国際線で初の機内携帯電話サービス実験を開始
Air Franceが国際線で、機内携帯電話サービスのトライアルを開始した。(2007/12/22)

Virgin America、2008年から米国内で機内ネット接続サービスを開始
AirCellとの提携により、飛行中でもブロードバンドサービスが利用できるようになる。(2007/9/15)

American Airlines、米国内線の一部でブロードバンド接続サービスを提供
American Airlinesの機内で、Wi-Fiでのネット接続が可能になる。(2007/8/3)

Airbus、欧州で機内携帯サービスの認可取得
Airbusは、旅客が欧州でのフライト中に携帯電話を利用できる「OnAir」サービスを計画している。(2007/6/21)

神尾寿の時事日想:
“付加価値競争”が激化――国内長距離旅客市場
長距離の旅客市場が過熱している。次世代新幹線「N700系」を投入するJR東海と西日本は快適性を充実、対する航空業界はプレミアム席で勝負に出る。果たして勝負の行方は…?(2007/5/25)

7月29日〜8月18日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
番号ポータビリティの開始日が10月24日に決定した。米Boeingは機内インターネットサービス「Connexion by Boeing」の終了を発表。またボーダフォン端末の型番が「SoftBank XX」に変更になる。(2006/8/18)

Boeing、機内ネットサービスを終了
Boeingは航空会社と協力して、「Connexion by Boeing」サービスを段階的に終了する。(2006/8/18)

Boeing、機内ネットサービスの「今後を検討」
Boeingは機内ネットサービス「Connexion」の今後について、売却や共同経営、サービス終了などの選択肢を顧客と話し合う。(2006/6/27)

機内ブロードバンド向け周波数帯の落札社が決定
機内通信サービス用周波数帯の競争入札で、AC BidCoとJetBlue Airways子会社のLiveTVが帯域幅免許を落札した。(2006/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。