ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OpenCL」最新記事一覧

関連キーワード

ET2016獣道レポート:
3大クラウドサービスの裏通りで、ひっそりと輝く組み込み業界の星々
エレクトロニクス/組み込み分野に詳しい大原雄介氏が、IoTブームに沸く「ET2016/IoT Technology 2016」をレポート。「IoTというより、もうちょっと組み込みっぽい感じで!」というMONOist編集部のざっくりした依頼に応えるべく展示会を訪れた大原氏の前には“獣道”が広がっていた……。(2016/12/7)

ルネサス エレクトロニクス ADASビュー ソリューションキット:
メガピクセルカメラを最大8つ搭載できるR-Car H3のADAS開発キット
ルネサス エレクトロニクスが、車載用サラウンドビューやミラーレスシステムなど、カメラを利用したADASアプリケーションの開発キットを発表した。R-Car H3をベースに4K映像にも対応、サンプルコードも付属する。(2016/11/11)

プレミアムなデザイン×新CPU「Kaby Lake」――「HP ENVY 15-as102TU」を試す
「HP ENVY」シリーズのノートPCに新モデルが登場した。Intelの最新CPU「Kaby Lake」を搭載したプレミアムデザインのノートPCの実力をじっくり見ていこう(2016/11/8)

日本でISDF開催:
インテル、FPGA戦略の踏襲をコミット
Intel(インテル)のグループ会社である日本アルテラは、東京都内で「インテルSoC FPGAデベロッパー・フォーラム(ISDF)」を開催した。SoC FPGAの製品戦略などについて、これまでの方向性を踏襲していくことを表明するとともに、会場では“インテル色”を全面に打ち出した。(2016/11/4)

特選ブックレットガイド:
組み込みシステムにおける並列処理の実現手法
限られたリソースしか持たない組み込みシステムにおいて、並列化は高い処理能力を得るために検討すべき手法の1つとなっています。OpenMPやOpenCLなどの手法はどのようにして選択すべきでしょうか。(2016/11/1)

車載、産機向けSoC発表:
Intel、IoTを巡ってARMと対決
Intelがこのほど、自動車、産業機器市場向けのリアルタイム性能を備えた新SoCを発表したことで、ARMとのIoT(モノのインターネット)の市場を巡る戦いが激化しつつある。(2016/10/31)

ARMプロセッサを搭載:
96Boards仕様に準拠、名刺サイズのCPUボード
富士通エレクトロニクスは、Linaroの「96Boards」仕様に準拠した、名刺サイズのCPUボード「F-Cue(エフキュウ)」を開発した。(2016/10/27)

ルネサス エレクトロニクス R-Car スタータキット:
「1人1台」の自動運転開発環境、5万円から提供
ルネサス エレクトロニクスは、ADASなど車載ソフトウェア開発向けとして、5万円から購入できる開発キットを投入する。各種オンラインショップなどからも購入可能で、入手性を高めエンジニアの参入を促す狙いだ。(2016/10/25)

高レベルな技術者に焦点:
ルネサス 自動運転実現へ“プロ向け”開発環境
ルネサス エレクトロニクスは、車載ソフトウェア開発環境「R-Carスターターキット」などを発表した。大規模化、複雑化する車載ソフトウェアに対して、「プロフェッショナルコミュニティー」による新たな開発体制を提案する。スターターキットは、こうしたエンジニア集団に向けて開発した。(2016/10/20)

第7世代Coreは出たものの……:
スマホで覇権を握れなかったIntelの生きる道
1万2000人もの人員削減、次期Atomプロセッサの中止、ARMとの提携など、戦略の岐路に立つIntel。同社は今後どこへ向かおうとしているのか。(2016/9/2)

IoT/M2M展:
IoTセンサー端末、セキュリティをより強固に
マクニカは、「第5回IoT/M2M展 春」で、「MpressionによるセキュアなIoT(モノのインターネット)」を実現するための新たなセンサー端末などをデモ展示した。(2016/5/13)

マクニカがFPGA向けOpenCL開発環境を無償提供
マクニカがFPAG向けのOpenCL開発環境をネットワーク経由で無償提供する、「Mpressin OpenCL ラボ」を開始した。(2016/4/27)

AMD Embedded Gシリーズ:
AMD、組み込み機器向けSoCの新製品を発表
AMDは、組み込み機器向けSoC「第3世代AMD Embedded GシリーズSoC」と「Embedded GシリーズLX SoC」を発表。(2016/2/25)

「第3世代 Embedded G」など、AMDから組み込みプロセッサ新製品
AMDが組み込み機器向けSoCの新製品、「第3世代AMD Embedded GシリーズSoC」と「Embedded GシリーズLX SoC」を発表した。(2016/2/24)

マクニカ Mpression Sodia:
SoC FPGA開発を支援する「Cyclone V SoC」評価ボード
マクニカは、「Mpression」ブランドの新製品として、アルテラの「Cyclone V SoC」を搭載した評価ボード「Mpression Sodia」の販売を開始する。(2016/2/15)

OpenCL開発をバックアップ、「Cyclone V」搭載の開発ボード
マクニカが「Cyclone V SoC」を搭載した開発ボード「Mpression Sodia」を発売する。OpenCLなどを利用した組み込み向け画像処理プラットフォームとしての柔軟性を有し、サンプルデザインも公開される。(2016/2/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(41):
パブリッククラウドでDaaSを可能にするWindows Server 2016の新機能
Windows Server 2016の「リモートデスクトップサービス」には、いくつか新機能が搭載されます。今回は、Windows Server 2016 Technical Preview(TP)3およびTP4から利用可能になった「セッションベースのデスクトップ展開」の新機能を説明します。(2016/1/28)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みコンピューティングに向けた、ハードウェアアクセラレーションの選択肢
組み込みコンピューティングを加速させるハードウェア・アーキテクチャとは何でしょうか。DSP?GPU?それともメニーコアでしょうか。どのアプローチが最も適するのかを考察します。(2016/1/22)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:「Industry 4.0」を加速させるSoCが登場、15個ものプロセッサ・コアを集積
(2015/12/29)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みにおけるコンピュータビジョンを整理する
画像認識(コンピュータビジョン、マシンビジョン)の需要は高まっており、その方法はさまざまです。画像による入力を有用なものとする実装方法について分類と整理を試みます。(2015/11/16)

ET2015 開催直前情報:
課題解決をFPGAで――FPGA初心者歓迎の日本アルテラ
日本アルテラはET2015にて、FPGAに関する豊富な展示とデモ、39本のプレゼンテーションで最新情報と使いこなしテクニックを紹介する。「課題解決のきっかけにFPGA」を模索する最初の一歩にもなる展示内容だ。(2015/11/5)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
モノのインターネットを再考する
IoTがその現実性について語られるようになった2015年、その基本概念を再考する機運が高まっています。「センサー」「仮想化」「フォグ」などの観点から、IoTを再考してみましょう。(2015/10/27)

マルチメディアとリアルタイム処理の機能を統合:
ヘテロ構成で性能高めた組み込み機器用SoC、TI
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、高度なリアルタイム処理とマルチメディア処理の機能を1チップに集積した組み込みシステム向けSoC「Sitara」で最上位ファミリとなる「AM57x」製品を発表した。産業用ロボットやマシンビジョン、医療用画像処理などの用途に向ける。(2015/10/15)

5分で分かる最新キーワード解説:
並列処理でビッグデータ解析速度80倍?「HSA」
CPUとGPUが処理を分け合って協働する「HSA(Heterogeneous System Architecture)」の活用により、ビッグデータ解析など重い処理の高速化が期待されています。PCやサーバのみならず、組み込みシステムへの応用も有望な「HSA」について解説します。(2015/10/13)

画像処理:
CPUとGPU、スマートカメラ――画像処理にまつわる3つのトレンド
重要性の高まる画像処理だが、どのようなアプローチでその処理に臨むかは思案のしどころだ。GigE Visionに強みを持つPleora Technologyの技術責任者が「画像処理ハードウェアの3つのトレンド」を紹介した。(2015/10/2)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(25):
注目のDockerサポートは? Nano Serverは?――Windows Server 2016 Technical Preview 3登場! 新機能ピックアップ
2015年8月20日(日本時間)、Windows Server 2016の最新プレビューリリース「Windows Server 2016 Technical Preview 3」が公開されました。本連載でこれまでに取り上げた内容からの変更点や、新たに追加された機能をまとめて紹介します。新機能については次回以降で詳しく解説します。(2015/9/3)

米国EDN/EE Timesが選ぶ注目の企業・技術:
最も注目すべき企業にNXP――ACE Awards 2015
米国EDNとEE Timesが、その年の最も注目すべき企業・技術(製品)を独自に選出する「Annual Creativity in Electronics(ACE) Awards」。今回は、最も注目すべき企業としてNXP Semiconductosが選ばれた。(2015/9/2)

その数は実に46モデル。全モデルスペック表付き:
インテル、モバイル向けやXeonを含む“Skylake”ラインアップを発表
初めてのモバイルXeonからCore m向けモデルに加えて、デスクトップ向けも含めたCore i7/i5/i3、Pentiumの各ラインアップで大量の新モデルが登場する。(2015/9/2)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
限界に達したエンベデッド・プロセッサを並列処理で補完する
組み込みシステムの能力を並列処理で補完するアイデアは、身近で現実味を帯びたものとなっています。しかし、その実行に際しては手法の選択が重要な意味を持ちます。OpneMPやOpenCLなどを理解しながら、最適な手法を検討しましょう。(2015/9/2)

PR:AMDの組み込みプロセッサが示す、IoTを実体化させる「現実解」
IoTの本格到来に伴う現実解として注目されているのが、ゲートウェイに処理を分担させる「エッジ・コンピューティング」だ。導入されるゲートウェイには高い能力が求められるが、AMDの組み込みプロセッサならばサポート体制も含め、十二分に対応する能力を持っている。(2015/8/25)

なんて悩ましいタイミングなの:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(後編)
6月に登場したデスクトップPC向けBroadwellの性能と存在意義を考えるこのレビュー。今回は、メモリ制御とグラフィックス性能を検証する。(2015/7/24)

この時期に「省電力とグラフィックスの重視」は正解か:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(前編)
6月のCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせてデスクトップPC向けBroadwellが登場。インテルが「KではなくC」と説明するその理由をベンチマークテスト結果で考える。(2015/7/23)

“eクーポン適用で5万円台”にも注目:
これは“ほどよい2in1──「Lenovo MIIX 3」の“優れたバランス感覚”を試す(後編)
“Miix”から“MIIX”に変わった三代目を使い勝手を検証。今回は、価格を重視して採用したAtom Z3735の費用対効果を改めて試してみる。(2015/7/22)

電力消費効率をCPU/GPUの25倍に高める:
ザイリンクス、OpenCL、C/C++でFPGAアクセラレーションを行う開発環境最新版のリリースを発表
ザイリンクスは5月26日(米国時間)、FPGAを使用したアクセラレーター開発環境の最新版「SDAccel開発環境2015.1」のリリースを発表した。最新版では、統合開発環境の機能が強化され、対応ライブラリも拡充される。(2015/7/16)

AMD、“Fiji”搭載「Radeon R9 Furyシリーズ」の仕様と性能を公開
4K設定におけるゲームタイトルベンチマークテストではGeForce GTX 980 Tiに対して有利なスコアを示している(AMD調べ)。(2015/6/24)

液冷搭載“Fury X”の北米価格は649ドルから:
AMD、HBM採用の“Fiji”世代GPU「Radeon R9 Fury」シリーズをE3で発表
出荷開始は6月24日から。液冷ユニットを搭載した最上位モデル「R9 Fury X」や6インチとコンパクトサイズの「R9 Fury Nano」などが登場する。(2015/6/17)

人生最悪の時を乗り越えて:
“名刺サイズスパコン”「Parallella Board」を作った男の話
“名刺サイズスパコン”こと「Parallella Board」のテクニカルカンファレンスが開催され、開発者のアンドレアス・オロフソン氏が来日した。5時間にも及んだ濃厚なイベントを紹介する。(2015/6/4)

薄さそのまま性能向上:
相変わらず薄い「HP ZBook 14 G2 Mobile Workstation」の“第五世代”性能を試す
モバイルワークステーションは分厚い! というイメージを塗り替えたZBookシリーズ。そのコンパクトな14型ディスプレイ搭載シリーズに新モデルが登場した。(2015/4/23)

プログラマブルSoC:
CでプログラマブルSoC開発、ザイリンクスがZynq用ツール「SDSoC」
「C/C++が使えれば、FPGAが開発できます」 ザイリンクスが発表した同社プログラマブルSoC「Zynq」シリーズ向け開発環境「SDSoC」は、C/C++でFPGA回路が設計できる高位合成機能を搭載する。(2015/3/11)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(9):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――RemoteFX vGPU
前回まで、Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」の新機能を説明してきました。間もなく新しいプレビューが公開される予定なので、Hyper-Vはひとまず終わりにして、今回からは「リモートデスクトップサービス」の新機能を見ていきます。(2015/3/4)

車載半導体:
「国内車載分野の採用数は2年で7倍に」、アルテラが手応え
FPGAベンダー大手のAlteraが、同社の車載分野事業の動向について説明した。2012年11月に日本市場への注力を発表して以降、2014年までにアルテラ製品の日本国内での採用数は約7倍にまで拡大したという。(2015/1/15)

オートモーティブワールド2015 開催直前情報:
アルテラが披露するFPGAを活用した“今すぐ使える”車載向けソリューション
日本アルテラは「オートモーティブワールド2015」で、車載FPGAやFPGA SoC(System on Chip)を活用したADAS(先進運転支援システム)やインフォテインメントシステムなどに関するソリューションを披露する。(2015/1/13)

14ナノ“Broadwell”世代にTDP 28/15ワット登場:
「第5世代Core」正式発表――“Iris”統合で3D性能2割増
2in1/タブレット向けモデル「Core M」で先行していたIntelの14ナノメートルプロセスルールCPUに、メインストリームノートPC向けモデルが「第5世代Core」として登場。GPU性能をはじめ、処理能力がさらに向上した。(2015/1/6)

PR:FPGAがあらゆる電子システムの中核に、エンジニアに求められるスキルが変わる
先進運転支援システム(ADAS)、多軸加工機のモーター制御ユニットからデータセンターのサーバーまで、マイクロプロセッサーをベースにして開発した電子システムはたくさんある。ところが最近、中核デバイスをマイコンや汎用プロセッサーからFPGA(Field Programmable Gate Array)に置き換えて電子システムを開発する例が、さまざまな分野で目立ち始めた。中には、FPGAベンダーさえ想定外の用途で使われる例さえある。これは、一部の先駆的な企業だけの動きではない。世界の名だたる企業が、製品開発競争に勝ち抜くために競うように進める、大きな潮流である。エンジニアは、電子システム開発の大前提が変わるこの動きに、すぐにでも備える必要がある。(2014/12/19)

プロセッサ/マイコン:
クアルコムの次世代SoC「Snapdragon 810」、20nmプロセスへの移行が勝負に?
Qualcomm(クアルコム)のモバイル機器向けSoCとして最新品種となる「Snapdragon 810」。多くの新しい機能を搭載し、プロセスも20nmを採用する。(2014/12/16)

ただいま現地リポート作成中:
AMD、新世代APU「Carrizo」発表
DirectX 12に対応するモバイル向け新世代APUを搭載したモデルは、2015年上半期に登場する予定だ。(2014/11/20)

ET2014 開催直前情報:
全てのエンジニアにプログラマブル・ソリューションを!日本アルテラ
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、日本アルテラは「すべてのエンジニアのためのプログラマブル・ソリューション」をテーマに、これからFPGAを使おうという人でも分かりやすい展示を行う。(2014/11/4)

組み込みにグラフィックの力を:
PR:画像処理パフォーマンスが武器、組み込み機器へ多彩な選択肢を用意するAMD
PC向けx86 CPUのイメージが強いAMDだが、元来はさまざまな製品を手掛けるベンダーであり、近年ではARMコアの採用を発表するなど、組み込み機器への注力を強めている。多彩な製品と強力なグラフィック処理、この2つを武器に積極的な事業展開を行う日本AMDに話を聞いた。(2014/10/21)

ET2014 開催直前情報:
「AMDは変わります」――グラフィックのチカラで組み込みへ注力するAMD
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、AMDは「ヘテロジニアス・プロセッサーの活用」、「マーケット フォーカス」、「エコシステム」の3つをテーマに、同社のデバイスや産業用マザーボードに加え、ミドルウェアも含めたシステムの展示を行う。(2014/10/20)

オフィスに強いKaveriを体感!:
PR:日本HPのPCで知る“Kaveri”の威力とAMD PROのメリット
AMDプラットフォームを重視する日本HPから「HP ProBook 455 G2 Notebook PC」「HP EliteDesk 705 G1 SF/CT」が登場。その実力からAMD PROのメリットを知る。(2014/9/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。