ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オプトイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オプトイン」に関する情報が集まったページです。

「iPhone XS Max」の大画面に特にお勧め──「Opera Touch」ブラウザのiOS版登場
Opera Softwareが、大画面の新「iPhone」登場に合わせ、モバイルブラウザ「Opera Touch」のiOS版をリリースした。片手でも操作できる機能が特徴だ。Android版は4月に公開済み。(2018/10/3)

Twitter、会話表示の変更案をツイート “オンライン中”表示も
Twitterが、会話(コメントのスレッド)の表示デザイン変更案をツイートし、フィードバックを求めている。線で繋げる表示をカード状に変え、コメントした人がオンライン中かどうかが分かる緑のドットを付ける案だ。(2018/9/2)

Facebook、診断アプリ「myPersonality」のユーザー約400万人に「個人情報が不正に利用された可能性あり」と通知
Cambridge Analyticaのアプリによる個人情報の不正利用発覚以来アプリの調査を続けているFacebookが、診断系アプリ「myPersonality」を削除し、約400万人のユーザーに個人情報が不正に利用された可能性があると通知した。(2018/8/23)

Facebookの「デート機能」、社内テストの画像流出
Facebookが年内追加を予定している出会い系機能のテストを社内で開始したと、外部開発者がスクリーンショットを添えてツイートした。(2018/8/6)

“日本が知らない”海外のIT(番外編):
正しく知れば怖くない GDPRの基本と対策のポイントをIIJが解説
欧州連合(EU)が5月25日に施行したGDPR(一般データ保護規則)。実際、どんな影響を企業や個人に及ぼすのか。日本企業はどうすればいいのか。IIJに聞いた。(2018/8/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Home Mini」を壁掛けで使いやすくするワザ ボタン配置の入れ替えが可能に
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home Mini」のボタン配置を左右逆にし、壁掛けで使いやすくするワザを紹介する。(2018/6/22)

巨額の制裁や詐欺のリスクも:
「制裁対象」は意外なところに 知っておくべきGDPRの「5つのポイント」
2018年5月25日、組織による個人情報保護を厳格に定めた「GDPR(EU一般データ保護規則)」がついに施行された。「自分たちは関係ない」と思っている企業も、対象になっているケースがあるので要注意だ。(2018/6/12)

ITはみ出しコラム:
Amazon Echoが夫婦の会話を勝手に録音して送信 どうしてこうなった?
シアトルのとある家庭で、Amazon Echoが夫婦の会話を勝手に録音して、しかも他人に送信してしまうというトラブルが発生しました。その原因と対策について考えます。(2018/5/27)

Amazon.com、「Alexa」で“スキル内課金”可能に
Amazon.comがAIアシスタント「Alexa」のスキル開発者向けに2つのマネタイズ方法を発表した。1つはスキル内課金、もう1つは「Amazon Pay」での製品やサービスの販売だ。(2018/5/5)

Facebookアプリに出会い機能追加へ 「友達」には知られずに使える
Facebookが、異性との出会いを支援する機能「Dating on Facebook」を発表した。年内にFacebookアプリでオプトインして使えるようになる見込み。Facebook上の「友達」に知られることなく相手を探せるとしている。(2018/5/2)

「Gmail」大幅アップデートの新機能まとめ
「Gmail」に「Inbox」のAIフィルタなどの便利な機能が複数取り込まれ、Googleカレンダーをその場で表示できるなどの新機能が追加された。「G Suite」なら「コンフィデンシャルモード」も使える。(2018/4/26)

FacebookのCEO、下院公聴会で「自分のデータもCAに売却されていた」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは11日、下院委員会の公聴会に出席した。いずれの質問にも当たり障りのなり回答で応じた。CAに不正流用された個人情報に自分のデータも含まれていたのかという質問には「イエス」と答えたが、「プライバシー保護のためにビジネスモデルを変える意向はあるか」には「質問の意味がよく分からない」と答えた。(2018/4/12)

Facebook、「サービス規約」と「データに関するポリシー」を“明確化”
Facebookが、ユーザーの個人情報不正利用問題対策の一環として、「サービス規約」と「データに関するポリシー」の改定を発表した。個人情報の収集方法を変えるわけではなく、規約とポリシーで“より詳しく説明します”としている。(2018/4/5)

Facebook、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅制限へ
FacebookがCAスキャンダル対策として、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅に制限する。予告していたユーザー向けのアプリリストへのリンクは4月9日からニュースフィードのトップに表示される。(2018/4/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2018年春のWindows 10大型アップデートが完成か 見え始めたRedstoneの終わり
2018年4月に配信が始まる予定のWindows 10次期大型アップデート。いよいよ完成のとき、一昔前のWindows OSでいえば「RTM(Release To Manufacturing)」の時期が到来したようだ。(2018/3/30)

Facebook、「電話とSMSの履歴をユーザーに無断で収集」報道を否定
FacebookがAndroid版「Facebook Messenger」と「Facebook Lite」で、ユーザーの通話とSMSの履歴をユーザーに無断で収集しているという報道を否定した。収集はしているがユーザーはそれに同意していると説明した。(2018/3/27)

OCN モバイル ONEは「低速最強」? NTTコムが通信品質向上の施策を説明
NTTコミュニケーションズが3月22日、「OCN モバイル ONE」の通信品質向上の取り組みについて解説した。その1つが「バースト転送」で、低速時にも150KBまでなら高速で通信ができる。パケットの再送を抑える「TCPの最適化」も行っている。(2018/3/23)

CW:リスクを強調するのは間違い
中小企業にとってGDPR(EU一般データ保護規則)は“チャンス”
GDPRのリスクばかり強調する報道やプロバイダーに惑わされてはならない。GDPRに正しく向き合えば、多くのメリットを享受できる。GDPRの理念を真に浸透させるのは罰金への恐怖心ではない。(2018/3/16)

当局の悪用懸念:
AppleのiCloudデータ、中国移行に懸念の声
Appleは同社にとって初めて、中国人ユーザーのiCloudアカウントの暗号化キーを中国国内で保管することになる。(2018/3/6)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンの問題はぼくらが解決する ブロックチェーンSNSのhiveway CEOが語る
脱中央集権の連合型SNSであるマストドンをベースにブロックチェーンSNSを構築しようとしているhivewayのCEOがマストドンの問題点とその解決策を提示する。(2018/3/6)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第3回:
マーケターが知っておきたいIT用語【セキュリティ編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はセキュリティ関連用語を紹介します。(2018/2/12)

新サービスの概要は?:
Criteoが2018年の事業戦略を発表、「リタゲ」から「フルファネル」へサービス内容を拡張
Criteoは2018年1月25日、記者向けに2018年度事業戦略説明会を開催。市場環境と事業戦略、今後注力していく新商品とその背景となるテクノロジーについて説明した。(2018/1/26)

海外医療技術トレンド(31):
デジタルヘルスと高齢化の施策で互いの将来を俯瞰するオーストラリアと日本
世界各国で進んでいるデジタルヘルス推進施策だが、日本と同じアジア太平洋地域も同様だ。電子カルテ普及率が9割を超えるオーストラリアは、日本の将来を俯瞰する上で参考になる。オーストラリアにとっても、今後の課題となる高齢化施策は日本の取り組みが参考になりそうだ。(2018/1/19)

Dev Basics/Keyword:
null許容参照型
null許容参照型を使用すると、参照型の変数や戻り値などの値をnullにできるか否かを明示したり、不適切なnull参照を発見したりできるようになる。(2017/11/28)

現実的な解決策はまだなし:
WindowsのASLRに脆弱性、米セキュリティ機関が対策呼び掛け
Windows 8からASLRの実装方法が変更されたことに伴って問題が発生し、脆弱性の悪用が容易になる可能性が指摘されている。(2017/11/21)

Google Play、人気Androidアプリの脆弱性発見に報奨金1000ドル
現時点での対象は、Dropbox、LINE、Snapchatなどの一部アプリに限定。研究者がアプリ開発者に報告して問題が解決されると、Google Playから報奨金が贈呈される。(2017/10/20)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性も
iPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳
Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。(2017/8/21)

Androidを狙う標的型スパイウェア、Google Playで配信 Googleが削除
標的型スパイウェア「Lipizzan」を仕込んだアプリが、「バックアップ」などの一見無害なアプリを装ってGoogle Playで配信され、100台ほどのデバイスにインストールされていたという。(2017/7/27)

Google I/O 2017:
「Googleフォト」に機械学習採用の3つの新機能
Googleの写真サービス「Googleフォト」に、機械学習を採用した新機能が追加される。写っている人との共有を勧める「Suggested Sharing」、決まった相手と限定コンテンツを自動で共有する「Shared Libraries」、自動でアルバムを編集しフォトブックとして出力する「Photo Books」の3つだ。(2017/5/18)

iOS版「Googleマップ」にも移動履歴表示の「タイムライン」機能追加
Android版には2015年からある「タイムライン」機能がiOS版「Googleマップ」でもようやく使えるようになった。過去の自分の移動履歴をさかのぼって確認できる。(2017/4/19)

Uber競合のLyft、利用者が手軽に寄付できるツールのテストを開始
トラブル続きのUberを尻目に、Lyftがユーザー向けの手軽なチャリティーツール「Round Up & Donate」を大手新聞の一面広告で発表した。料金の端数分をまるめて、差額を自動的に寄付にまわすオプトイン機能だ。(2017/3/27)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(4):
銀行がFinTech時代を勝ち抜くために行うデータ活用の事例とアーキテクチャ、テクノロジー
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。今回は、銀行を取り巻く環境の変化を整理し、顧客理解をより深める「データ分析」について詳細に見ていきます。(2017/1/17)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
がんばれ!アドミンくん 2016年アドミンくんランキング
連載開始から533話を数える「がんばれ!アドミンくん」。その中から、2016年の1年間のページビューを集計して人気記事ベスト30を紹介する。(2017/1/10)

Evernote、「一部社員がユーザーのノート閲覧できる」プライバシーポリシー変更を撤回
2017年1月23日に予定していたプライバシーポリシーの変更を実施しないことに。(2016/12/16)

「ユーザーの曲の好みを理解するだけではダメ」――Google Play Music、機械学習でレコメンド機能を強化 その成果は
音楽サービス「Google Play Music」が11月、機械学習によってレコメンド機能を強化。アップデートから約3週間が経ち、徐々にその成果が現れているようだ。(2016/12/7)

「Google Play Music」に機械学習採用プレイリストやオフライン再生機能強化
Googleの音楽サービス「Google Play Music」のローリングアウト中のアップデートで、ユーザーの行動に合わせたプレイリストがリアルタイムで表示されるようになる。例えば通勤中、勉強中、ランニング中など向けのプレイリストを機械学習によって提示する([設定]でのオプトインが必要)。(2016/11/15)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(70):
Windowsのライセンス条項に追加された「重要なお知らせ」とは?
Windowsのインストール時に同意を求められる「ライセンス条項」、きちんと読んでいますか。いつもの条項と思うなかれ。“重大な変更”が書かれていることもありますよ。(2016/11/8)

「Facebook Messenger」の暗号化「秘密のスレッド」が利用可能に
「Facebook Messenger」のチャットを端末間をエンドツーエンドで暗号化する「秘密のスレッド」機能が、最新版iOS/Androidアプリで使えるようになった。利用するにはオプトインする必要がある。(2016/10/6)

ビッグデータとAIで個人への融資を評価、みずほ銀とソフトバンクが新会社を設立
利用者がスマホに属性情報を入力するだけで融資額や金利を判定。ソフトバンクの孫正義氏は、「お金のない若者が夢を叶える手助けになりたい」と語った。(2016/9/15)

YouTubeチャンネルにファンとの交流の場「コミュニティ」タブ(β版)登場
YouTubeが「Backstage」というコードネームで開発中とうわさされていたソーシャルタブ「コミュニティ」を一部のYouTubeチャンネルで提供を開始した。チャンネルオーナーはSNSのようにテキストやライブ動画、アニメーションGIFなどを投稿でき、視聴者はそれにコメントを追加できる。(2016/9/14)

機能統合の流れから一変
「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは
新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。(2016/7/21)

Facebook、メッセンジャーでエンドツーエンド暗号化と時限メッセージ機能のテストを開始
Facebook Messengerにエンドツーエンドの暗号化機能が追加されそうだ。Facebookが「secret conversations」のテストを開始した。傘下のWhatsAppの完全暗号化とは異なり、オプトインで提供する計画。メッセージを指定時間後に消滅させることもできる。(2016/7/9)

Facebook、メッセンジャーbotに選択ボタンなどの新機能 1万以上のbotが稼働中
Facebookが、4月に発表したメッセンジャー内botの新機能として、ユーザーが簡単に答えられるボタンや選択メニューなどを発表した。現在、DisneyのZootopiaやShopifyなど、1万1000以上のbotが稼働しているという。(2016/7/4)

ITはみ出しコラム:
Googleは自分らしい広告を表示してくれますか?
Google Nowで話しかけた音声を後から再生してみると、結構恥ずかしいですね。(2016/7/2)

美術館では音声ガイドアプリ:
Google、Android端末に場所に合った便利アプリをプッシュ通知する「Nearby」機能追加
Googleが、例えば美術館に行くと作品を紹介する音声ガイドアプリを、空港の搭乗ゲートにいると機内娯楽アプリをプッシュ通知で紹介する位置情報機能「Nearby」をAndroid端末にオプトイン機能として追加する。(2016/6/10)

「Google翻訳」のAndroidアプリ、他のアプリ内での「タップして翻訳」が可能に
Android端末のほとんどすべてのアプリで、テキストを選択するとその場で「Google翻訳」アイコンがポップアップして翻訳できる機能が追加された。Facebookメッセンジャーでも外国語ユーザーとチャットできる。Google翻訳のバージョン5.0のオプトイン機能だ。(2016/5/12)

Google、blogspotの全ブログにHTTPSバージョンを提供
オプトイン方式の設定で「HTTPSリダイレクト」を有効にすると、HTTPのblogspotブログが自動的にHTTPSブログにリダイレクトされる。(2016/5/6)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第501話 オプトイン/オプトアウト
はい、では次はプライバシーに関する確認です。画面の説明をよく読んで、チェックのオンとオフを行ってくださいね。(2016/3/29)

Twitter、「タイムラインの優先表示」を予告通り初期設定で有効に
Twitterが2月に発表したアルゴリズムによるツイートの優先表示機能が、それまでオフにしていたユーザーでもオンになった。(2016/3/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。