ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原点回帰」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原点回帰」に関する情報が集まったページです。

ゲームクリエイター・田尻智:
ポケモン考案につながった「昆虫採集」とインベーダーゲーム
新製品が次々に登場し、入れ替わりの激しいゲームソフトの中で、異例のロングヒットを続ける「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズを生み出した田尻智さん。その原点は、昆虫採集などに夢中だった小学生時代の体験にあった。(2018/9/7)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

原点回帰か本格路線か:
真夏のコンビニ中華まん 熱き「ふんわり」VS「もっちり」バトル
今夏にコンビニ各社が相次ぎ中華まんを刷新して発売。食感が「ふんわり」か「もっちり」かがポイントで、ローソンは消費者調査を経て原点回帰のふんわり路線に。(2018/8/16)

Mobile Weekly Top10:
ミドルレンジの「Xperia」は日本で出る?/原点回帰の「INFOBAR xv」
イギリスで「Xperia XA2 Plus」が発表されました。NTTドコモ向けの「Xperia X Compact」を例外として、ミドルレンジのXperiaは日本では展開されていませんが、今後もその戦略を貫くのでしょうか?(2018/7/16)

「+メッセージ」も使える:
KDDIの「INFOBAR」今秋復活 原点回帰で“あえてのガラホ”
KDDIが「INFOBAR」シリーズの新商品「INFOBAR xv」を今秋に発売する。シリーズ誕生15周年を記念したモデル。あえてガラホ(Androidベースのフィーチャーフォン)とした点が特徴。(2018/7/12)

「バーフバリ」監督作品 「マガディーラ 勇者転生」日本劇場公開決定!
「バーフバリ」の原点。(2018/7/12)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
SmartHR宮田昇始氏の原点となる問い掛け「そこにユーザーの課題はあるのか」
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/10)

原点にして頂点! エヴァ主題歌「残酷な天使のテーゼ」新作MVがファンの胸を熱く焦がす
たまらーん!(2018/6/20)

原点回帰を果たした新型ポメラ「DM30」の出来栄えは? 「NEWS TV」で確認した
(2018/5/15)

決算は過去最高更新:
トヨタ社長が強調する「原点回帰」 激変期に打ち出す“トヨタらしさ”とは
トヨタ自動車の2018年3月期決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新。一方、豊田章男社長は原点回帰を強調。トヨタ生産方式(TPS)と原価低減で「トヨタらしさを取り戻す」と話した。その真意とは……(2018/5/9)

ビジネスの裏側:
弘兼憲史、パナソニックを語る 島耕作の原点「3年経験で35年、松下のおかげ」
人気漫画「島耕作シリーズ」を描く漫画家の弘兼憲史さん(70)は、今年3月で創業100年を迎えたパナソニックが松下電器産業だったころ、3年間の勤務経験がある。同社の創業者、松下幸之助の考え方について「今の僕にも浸透している」と漫画家活動に影響を与えたことを明かした。(2018/4/27)

弘兼憲史、パナソニックを語る 島耕作の原点「3年経験で35年、松下のおかげ」
「島耕作シリーズ」作者の弘兼憲史さんは、パナソニックが松下電器産業だったころ、3年間の勤務経験がある。会社員時代のエピソードから、日本家電業界の現状分析、パナソニックの将来への提言を聞いた。(2018/4/24)

“チャーチルを甦らせた男” 特殊メークでアカデミー賞・辻さん 原点は「スター・ウォーズ」チューバッカの「髪の毛」
ハリウッド特殊メークの世界に変革をもたらした日本人がいる。京都府出身の辻一弘さんだ。8歳の頃、映画「スター・ウォーズ」を見て感動したのが、特殊メイクに興味を持つきっかけだったという。(2018/4/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」【番外編】:
現場から見たトヨタ生産方式 トヨタ副社長インタビュー(1)
トヨタ生産方式は、世界のビジネスに多大な影響を与えた生産メソッドだ。トヨタ生産方式の重要な原点の1つに「にんべん」の付いた自働化とカイゼンがある。ロボット時代の自働化とカイゼンとは果たしてどんなものなのか?(2018/3/23)

「ダークソウル」の原点がNintendo Switchで復活 「DARK SOULS REMASTERED」発売決定
1月11日のNintendo Direct miniで突如発表に。(2018/1/11)

夏目の「経営者伝」:
社長が語る 「いきなり!ステーキ」の“原点”とは
2013年に銀座に1号店を出店し、2017年には187店舗を出店した「いきなり!ステーキ」――。創業者はペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長だ。東証一部上場も果たし、店は有名になったものの、彼が熱血漢・人情の男であることはあまり知られていない。彼の成功法則について、2回に分けてお伝えする。(2017/12/27)

六本木から:
Google日本法人、渋谷に移転へ 9年ぶり“原点回帰”
Google日本法人が、2019年後半をめどに本社オフィスを東京・渋谷に移転すると発表した。9年ぶりに戻ることになる。(2017/11/17)

ピザが先か、ポテトが先か 原点回帰?の新メニュー「ピザポテト味のピザ」誕生
渋谷と心斎橋のカフェで販売されます。(2017/11/7)

PR:セキュリティは健康管理と同じ? 脆弱性対策でサイバー攻撃の大半は防げる
「企業にとってのサイバーセキュリティ対策は、人の健康管理に例えると分かりやすい」と話すのはNECの石井サイバーセキュリティ戦略本部長だ。セキュリティパッチ適用のような、基本的な対策を実施しておけば、かなりの安全性は確保できるという。サイバーセキュリティ対策の本来の目的は「事業の継続性」だ。その原点を今一度見直すべき時にきている。(2017/10/4)

海馬や小脳に匹敵する機能を:
AI発展のため、脳の研究に立ち返る科学者たち
AI(人工知能)の研究開発を進めるに当たり、研究者たちは「脳の機能を理解する」という原点に立ち返っているようだ。研究がより進めば、AIの性能もそれだけ向上するのではないかと期待されている。(2017/8/30)

堀井雄二の地元で体感するドラクエ30年と原点 「ドラクエミュージアム」&「堀井雄二展」、洲本会場レポート
2016年の東京から回ってきたドラクエ30周年企画展。最後の淡路島・洲本会場は、古き赤レンガ倉庫がファンタジー世界を演出するマダンテ級のイベントだった。(2017/8/2)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第4回:
「AbemaTV」に学ぶ、前例のない取り組みにおけるKPI設定の考え方
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、Webサイト改善の実例について「AbemaTV」を運営するサイバーエージェントの須磨守一氏に対談形式でお話を聞きます。(2017/5/25)

Weekly Memo:
SIerが成長を続けるために必要なことは 好調、NTTデータ社長が語る神髄
業績好調のNTTデータが新たなグローバルビジョンを打ち出した。ITサービスベンダーとして「世界トップ5」入りを狙う。その原点には同社がこれまで培ってきた「SIer道」がありそうだ。(2017/5/15)

待ってた! ぷよぷよシリーズの原点「魔導物語」の全てが詰まったプレミア本『魔導大全』が復刊
アルルやカーくんたちの原点。(2017/5/9)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第2回:
PDCAを評価するための基準「KPI」をどう決める?──ビジネス種別の事例を知る
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、戦略評価のための「KPI」の定め方について、ビジネス別、Webサイトの種別に整理します。(2017/5/11)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第1回:
何のためのPDCA? PDCAサイクルの手前を設計することの大切さ
Webアナリスト小川 卓氏が再びITmedia マーケティングに帰ってきてくれました。今回は「そもそも何のPDCAを回すのか」をテーマに、より原点に近いところからPDCAの考え方を深めていきます。(2017/4/20)

「けもフレ」のたつき監督 ニコニコに自主制作アニメを100本投稿していたことが判明しフレンズに衝撃走る
けもフレの原点がここにある……かも。(2017/4/5)

「スライス生チョコレート」にホワイトチョコが登場 どこからどう見てもスライスチーズ
原点回帰かな。(2017/2/23)

元祖育成ゲーム「プリンセスメーカー」リファイン版がSteamに登場 フルカラーの高解像度に実績機能も追加
10歳の少女を8年間育てる親ゲーの原点です。(2017/2/19)

視点:
デジタル時代の新規事業着想法――IoT/AI/Fintechを「目的」とせず「手段」と捉えよ
デジタル新技術を活用した新規事業開発をいまやらなければ時代に取り残されると危機感を抱いている企業も多いだろう。しかし、自らの優れた経営資源を最大限活かすことを原点に着想することを決して忘れてはならない。(2017/1/30)

エレコム、同社製ハイレゾイヤフォンの“原点”をブラッシュアップ
エレコムが2014年に発売したハイレゾ対応イヤフォンの初号機をブラッシュアップ。「ポタフェス2016 in 秋葉原」で披露する。(2016/12/13)

「君の名は。」の原点、新海誠監督「クロスロード」劇場初公開 「君の名は。」上映前CMとして
新海誠監督とZ会がコラボした受験生応援アニメ「クロスロード」が初の劇場上映。「君の名は。」上映前のスクリーンCMとして放映する。(2016/11/17)

ミスド、「ポン・デ・リング」など100円に値下げ 「原点回帰」で客を呼び戻す
ミスタードーナツは定番商品を値下げするほか、新業態の出店、既存店の改装、健康志向商品の開発などを行うと発表した。(2016/11/7)

原点にして頂点 「ポケットモンスター サン・ムーン」にレッドとグリーンが登場 シロナ・ミツルの姿も
ちょっと大人になってる。(2016/10/28)

西尾維新デビュー作「クビキリサイクル」 アニメ化を記念した位置連動キャンペーン「クビキリサーチ」開催
西尾維新先生の原点作品の、ここでしか手に入らない壁紙がダウンロードできる。(2016/10/24)

原点にして最新! オーディオテクニカがVM型カートリッジを一新――モノラル盤やSP盤の専用モデルも
オーディオテクニカが恒例の新製品発表会を開催し、ヘッドフォンやイヤフォンなど28機種を発表した。ただし、今回の主役は同社が1962年の創業時から手がけているアナログレコード関連製品だった。(2016/10/13)

製造マネジメントニュース:
“原点回帰”と“生まれ変わり”を訴えるCEATEC JAPAN
CEATEC JAPAN 実施協議会は、2016年10月3〜7日まで千葉市の幕張メッセで開催予定の「CEATEC JAPAN 2016」の開催概要について発表した。CEATEC JAPANは「最先端IT・エレクトロニクス総合展」として位置付けられてきたが、今回から「CPS/IoTの展示会」として生まれ変わり、来場者数前年比12%増の15万人を目指す。(2016/9/13)

「0から1を生み出す」とは――G-SHOCKの父から教わる“発明”の原点
G-SHOCKを開発したカシオ計算機の伊部菊雄氏が、樫尾俊雄発明記念館がある成城の明正小学校のワークショップに登壇。子どもたちに発明の極意を教えた。(2016/8/4)

むっちゃ懐かしい! 初期作品そっくりの2Dグラフィックを採用した「ソニック」シリーズ新作、2017年春発売
原点回帰。(2016/7/25)

新作アニメ放送目前 アニメ第1作「ダンガンロンパ The Animation」がAbemaTVで一挙配信
シリーズの原点となった第1作をおさらいしよう。(2016/6/23)

教えて! 絵師さん:
“どこにでもいる少女”の青春の輝き 佐藤おどりさん
「どこにでもいる少女を描きたい」――描く原点は、思春期独特の繊細さや女の子らしい青春への憧れという佐藤おどりさん。どこか危うげな世界を垣間見てください。(2016/5/23)

5月9日:日本PCの原点、NEC「PC-8001」登場
(2016/5/9)

KEMURI、13年ぶりのニューシングルを6月22日リリース リード曲は“原点回帰”
7人体制になって初。(2016/4/25)

「アイドル」とは一体……何だ? 國學院大學博物館で「偶像(アイドル)の系譜―神々と藝能の一万年―」開催
そうだ、原点回帰しよう。(2016/4/18)

進化と拡大の中でのダウンサイジング――iPhone SEと新型iPad ProにAppleの原点を見た
Apple本社の通称“キャンパス”のタウンホールで、同社の新商品発表会が開催された。このタウンホールで開催された最後のイベントで、iPhone SEと9.7型版iPad ProというAppleの原点を感じさせる製品が発表されたことに、同社の変わらぬ哲学を垣間見た気がした。(2016/3/22)

想い出が走馬灯 音ゲーの原点「パラッパラッパー」17年前の貴重な再現ライブ映像が公開される
タマネギ先生の雄叫びがライブで!(2016/2/27)

明らかにされたTwitterの国内ユーザーは「3500万人」 “原点回帰”へプロダクト見直し、開発者との関係強化に注力
Twitter Japanが日本国内の月間アクティブユーザー数を3500万人と明かした。創業者であるドーシーCEOのもと“原点回帰”でプロダクトの見直しや機能追加に注力するという。(2016/2/18)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
顧客のニーズを満たすのは当事者意識から
自分の置かれている世界で、自らの目線で課題を発見することが社会を変えるイノベーションの原点。受け身なのか、当事者意識を持って行動しているのかで、見えてくる世界は全く異なる。(2016/1/27)

田中淳子の“言葉のチカラ”(26):
あなたの「原点」は何ですか?
あなたは、なぜITエンジニアという職業を選んだのか?――人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で受け取ってきた言葉たちを紹介する本連載。今回は新年らしく「仕事の原点」を考える。(2016/1/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2016年にPCが向かう先は? 高性能な2in1か、原点回帰のノートか
PCの進化において、2015年はSkylakeやWindows 10といった大きなトピックがあった。それらを踏まえ、2016年のPCはどこへ向かおうとしているのだろうか。(2016/1/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。