ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OVF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Open Virtualization Format

近道はないが、手間は減らせる
マルチクラウド導入 王道の戦略3選
マルチクラウド環境の導入を容易かつ効果的に管理する戦略が3つある。王道ではあるが、近年さまざまな製品、サービスの登場でその手間は著しく減っている。(2018/6/27)

「EMM」の時代でも重要性は不変
「モバイルデバイス管理」(MDM)とは何か――いまさら聞けない基礎を再確認
モバイルデバイスのセキュリティを確保する手段として導入されてきた「モバイルデバイス管理」(MDM)製品。企業におけるモバイルデバイスの役割が拡大する中、MDM製品に求められる要素も変わり始めている。(2018/2/28)

素晴らしく良くなった“オトナの道楽カメラ”、富士フイルム「X100F」
(2017/4/12)

どの写真もオシャレすぎる! いつ見てもステキな雰囲気のネコちゃんにほれぼれ
ネコちゃんのアーバンな暮らしにあこがれを抱く。(2017/4/9)

富士フイルム、X100シリーズ4代目となるフルモデルチェンジ機「X100F」を発表
(2017/1/19)

プロも認める、Xシリーズ史上最高の描写を実現した「FUJIFILM X-Pro2」
世界中のプロに認められたXシリーズにさらに磨きがかかった。虚飾を排して「撮るための道具」として正常進化を遂げた「FUJIFILM X-Pro2」は、久しぶりに欲しいと思ったカメラだ。(2016/2/7)

オリンパス、レンジファインダースタイルのミラーレス一眼「PEN-F」を発表
懐かしのハーフサイズカメラと同じ名を冠したミラーレス一眼「PEN-F」がオリンパスから登場。これまでのPENとは異なる、質感の高い通好みのカメラだ。(2016/1/27)

オリンパス、OM-D E-M1やOM-D E-M5 Mark IIの機能を向上させるファームウェアを11月に公開
オリンパスが、「OM-D E-M1」や「OM-D E-M5 Mark II」でも、「OM-D E-M10 Mark II」に搭載された主な新機能が利用可能になるファームウェアを提供する。(2015/9/15)

小さくて軽いボディにミドルクラスの機能と操作性――「OM-D E-M10 Mark II」を試す
OM-Dシリーズのエントリーモデルに位置付けられるE-M10がMark IIとして新登場した。新たに5軸手ブレ補正やAFターゲットパッドなど、使い勝手を向上させる仕組みが取り入れられ、上位モデルに迫る機能と操作性を手に入れた。(2015/8/31)

vCloud Air入門(7):
vCloud Airによるハイブリッドクラウド――プライベートクラウド基盤vSphereとvCloud Airの接続
vSphereユーザーにとってvCloud Airはどのような可能性を持っているのでしょうか? 今回はvCloud Airを使ったハイブリッドクラウドの実際を見ていきます。(2015/8/20)

vCloud Air入門(2):
vCloud Air Disaster Recoveryとは何か、どう使えるか
vCloud Airの使い方を紹介する本連載。第二回の今回はメニューの一つとして注目を集める「vCloud Air Disaster Recovery」の使用方法や注意点を紹介します。ディザスターリカバリ対策でどのように使えるか、検討する際の指針も併せて紹介します。(2015/2/23)

ファインダーで光学像と電子像が見られる新体験――「FUJIFILM X100T」
写真愛好家層を中心に人気を集める高級コンパクト「FUJIFILM X100」シリーズの3代目として「X100T」が登場。OVFとEVFが融合した新ファインダーによって、これまでにない視覚体験が楽しめる。(2014/11/17)

「FUJIFILM X-T1」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「FUJIFILM X-Pro1」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「FUJIFILM X100S」を50ミリ相当にする純正テレコンバージョンレンズ「TCL-X100」を試す
富士フイルム「FUJIFILM X100S/X100」のオプション、純正テレコン「TCL-X100」を試用した。(2014/6/10)

長期試用リポート:
「α7」第1回――初めてのフルサイズは、ミラーレスでした
オールドレンズの母艦としても注目されるだが、「低価格フルサイズ機」としての側面にも注目したい。NEXシリーズを都合3台使ってきたものの、フルサイズ機は初めてという立場からの印象をお伝えしよう。(2013/12/18)

オリンパス、一眼レフを統合するフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」
オリンパスがミラーレス一眼のフラグシップ「OLYMPUS OM-D E-M1」を発売する。一眼レフ「E-5」の後継でもあり、「オリンパスの集大成」とも呼べる画質と技術を小型ボディに詰め込んだ。(2013/9/10)

Vagrant開発者 Mitchell Hashimoto氏に聞いた:
「Vagrant」って何ぞ?(・o・)
VOYAGE GROUPで行われたミートアップに駆け付け、Vagrantの開発者であるMitchell Hashimoto氏に話を聞いた。(2013/7/22)

より軽く小さいレンズ交換式「X」 富士フイルム「FUJIFILM X-M1」
富士フイルムがFUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジカメの新製品「FUJIFILM X-M1」を発売する。「X-Trans CMOS」はそのままに小型化を進め、WiFiも搭載した。(2013/6/25)

ベンダロックインのないクラウドの第2ステージへ:
オープンクラウドに舵を切るIBM、OpenStack/TOSCAでIaaS/PaaSの相互運用性を強化
日本IBMは5月13日、同社製品・サービスに対するオープンクラウドの積極的展開に向けた記者説明会を開催した。クラウド間の相互運用性を高めていく狙いだ。(2013/5/13)

「FUJIFILM X100S」にAF精度向上の最新ファームウェア
富士フイルムはデジタルカメラ「FUJIFILM X100S」の最新ファームウェア「1.02」を提供開始した。(2013/5/7)

写真で見る「GR」(β機)
デジタルカメラとなってから5代目として登場する、APS-Cセンサーを搭載したペンタックスリコーの「GR」を写真で紹介する。(2013/4/19)

「仮想アプライアンス・センター」の設立を発表:
日本IBMはなぜ仮想アプライアンス化を推進するのか
日本IBMは4月15日、ソフトウェアベンダやシステムインテグレータがアプリケーションを仮想アプライアンスとして提供することを支援する拠点、「仮想アプライアンス・センター」を同日に設立すると発表した。ベンダ中立的な標準を、日本IBMが推進する理由は何なのだろうか。(2013/4/16)

日本IBM、「仮想アプライアンス・センター」を開設
ISVやSIerでの仮想アプライアンスを活用したソリューション展開を支援する。(2013/4/15)

画質とスピードを高めたレトロデザインの高級コンパクト――富士フイルム「X100S」
愛好家層に人気の高級コンパクト「FUJIFILM X100」がモデルチェンジを行い、「FUJIFILM X100S」として登場した。新しい撮像素子とエンジンの性能はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。(2013/3/22)

キヤノン、乾電池対応&OVF搭載の「PowerShot A1400」
キヤノンから、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ「PowerShot A1400」が発売される。(2013/1/29)

2013 Internationa CES:
富士フイルム「X100S」「X20」が目指す高画質の秘密、回折現象を低減する「点像復元」とは
International CES 2013にて富士フイルムが新製品「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」の技術説明会を行い、新センサーによる効果や新搭載された回折現象を低減する「点像復元」についての詳細を語った。(2013/1/10)

「X100S」「X20」予約キャンペーン 純正レザーケース、予備バッテリーをもれなくプレゼント
富士フイルムが新製品「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」の予約キャンペーンを開始した。(2013/1/9)

2013 Internationa CES:
Xシリーズ第2章へ ローパスレスの「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」発表
富士フイルムが2013 CESにて新センサーを搭載した高級コンパクト「FUJIFILM X100S」「FUJIFILM X20」を発表した。レンズ一体型ならではのメリットを生かし、レンズ交換式でもスマホでもない第3極の確立を目指す。(2013/1/8)

ローパスレス&「点像復元」 X-DNAを引き継ぎ高画質化した「FUJIFILM X100S」
富士フイルムが高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X100S」を発売する。定評あるデザインとレンズはそのままにデジタル処理を大幅に強化。像面位相差AFや回折現象を補正する「点像復元処理」を備えた。(2013/1/8)

「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」対応 FUJIFILM X-Pro1最新ファームウェア
富士フイルムが「FUJIFILM X-Pro1」の最新ファームウェアを提供開始した。新発売のズームレンズ「XF18-55mmF2.4-4 LM OIS」に対応するほか、いくつかの改善が行われる。(2012/11/9)

写真で見る「FUJIFILM X-E1」
富士フイルムが11月17日より販売開始する、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E1」を写真で紹介する。(2012/10/29)

「FUJIFILM X-Pro1」性能向上ファームウェアを試す
富士フイルムのミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」が、最新ファームウェアでAFスピードアップやMF操作のブラッシュアップを実現した。その効果をチェックしてみよう。(2012/10/16)

富士フイルム、「FUJIFILM X」新製品発表会――XF1のCMには女優 真木よう子さんを起用
富士フイルムは成長するレンズ交換式および高級コンパクトの市場に向けた、FUJIFILM Xシリーズ新製品「FUJIFILM X-E1」「FUJIFILM XF1」の発表会を開催した。薄型スタイリッシュなXF1のTVCMには女優 真木よう子さんを起用する。(2012/10/9)

専門家の知見を組み込んで自動化を推進:
PR:「パターン」が支えるPureSystemsの運用管理
連載第1回で紹介した通り、IBM PureSystemsの特徴の1つが「パターン」だ。パターンとは、ITを容易かつ即座に利用するための知見を集約、応用したものであり、システム構築だけでなく運用管理の課題解決にも効果が期待できるという。(2012/10/9)

photokina 2012:
画質はPro1と同じ? FUJIFILM X-E1の気になるところに直撃
富士フイルムからレンズ交換式「FUJIFILM X」第2弾として登場する、「FUJIFILM X-E1」は「X-Pro1 画質」をうたうが、本当のところはどうなのだろうか? 気になるところを担当者に尋ねた。(2012/9/22)

photokina 2012:
富士フイルム 国内未発表「FUJIFILM XF-1」も展示 Xシリーズをさらに拡張
FUJIFILM Xシリーズを用意する富士フイルムのブースでは、国内でも発表された新型機「FUJIFILM XE-1」はもちろん、今回が世界初のお披露目となった「FUJIFILM XF-1」も展示されている。(2012/9/18)

有機ELファインダー搭載、X-Pro1画質を受け継ぐ小型ミラーレス「FUJIFILM X-E1」
富士フイルムは、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E1」を11月上旬より販売開始する。X-Pro1の画質とスタイルを継承しながら、有機ELファインダーを搭載、ボディの小型化も進めた。(2012/9/18)

最高画質を究極小型化 世界最小の35ミリフルサイズ機 「DSC-RX1」
35ミリフルサイズセンサー搭載製品としては「世界最小」となる、“サイバーショット”「DSC-RX1」をソニーが発売する(写真追加)。(2012/9/12)

FUJIFILM X-Pro1の世界を広げる「Mマウントアダプター」を試用する
独自のXマウントを採用する「FUJIFILM X-Pro1」のアクセサリーに、ライカMマウントレンズを使用できる「Mマウントアダプター」が加わった。レンズ選択肢が広がるこのアダプターを試用した。(2012/8/10)

「X-Pro1」公式ガイドブック、曽根洋一氏撮り下ろしギャラリーなど含みAppStoreで配信
富士フイルムは「FUJIFILM X-Pro1」の公式アプリ「X-Pro1 Guide」を、AppStoreにて配信中だ。各種機能の使い方解説のほか、写真家の曽根洋一氏が撮り下ろしたギャラリーも含まれる。(2012/7/27)

富士フイルム「X100」専用ワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」を試す
富士フイルム「X100」の新オプションとしてワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」が登場。マスターレンズの描写性能を維持しながら焦点距離を0.8倍に拡張し、よりワイドな撮影ができる優れモノだ。(2012/7/6)

「FUJIFILM X100」用ワイコン、ブラックモデルの発売日が決定
「FUJIFILM X100」用ワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」のブラックモデルが6月23日より販売開始される。(2012/6/18)

富士フイルム、ワイコン対応などFUJIFILM X100最新ファームウェア
富士フイルムはワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」対応機能の追加などが実現される、FUJIFILM X100用最新ファームウェアの提供を開始した。(2012/5/15)

富士フイルム、「FUJIFILM X100」用のワイドコンバージョンレンズ
富士フイルムは「FUJIFILM X100」用のワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」を発売する。装着時に29ミリ相当の画角とする。(2012/5/15)

Smarter Computingの実現に向けた現実解とは:
PR:企業ITの新たな地平を切り開くPureSystems
企業活動におけるITの重要性がさらに高まる中で、多くの企業がシステム整備や運用にまつわる課題に頭を抱えている。これらのコストをいかに削減すべきか――。その1つの“解”としてIBMが2012年4月に全世界で同時に発表したのが、コンピューティングシステムの新分野と呼ぶ「エキスパート・インテグレーテッド・システム」だ。(2012/5/8)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】
機能を徹底比較! 〜Eucalyptus、CloudStack、OpenStack
IaaSを構築するための「クラウド基盤ソフトウェア」は、Amazon Web Services登場以来、数多くの製品が開発されている。今回はその中でもオープンソースで知名度の高い3つのプロジェクトを比較する。(2012/4/19)

VMware“インフラ管理ツール”を理解する(後編)
vSphereベースのクラウド構築・運用を簡素化 〜ハイブリッドも視野に
VMware vSphere上でIaaS環境を構築・運用する「VMware vCloud Director」。プロバイダーが提供するvCloud DirectorベースのパブリックIaaSと連携し、ハイブリッドクラウドへと発展させる。(2012/4/9)

レンジファインダー風デザインのミラーレス機――富士フイルム「FUJIFILM X-Pro1」
富士フイルム「FUJIFILM X-Pro1」は、レンジファインダー風の箱型デザインを採用したミラーレスカメラだ。独自の撮像素子が生み出すクリアで精細な描写力と低ノイズの高感度画質に注目したい。(2012/2/24)

デジタルで復活した「OLYMPUS OM」――「OLYMPUS OM-D E-M5」
復刻ではなく復活――“ファインダーをのぞきながら、レンズを交換して撮影する”デジタルカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5」をオリンパスが発売する。(2012/2/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。