ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Ovi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ovi」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
人工島が1億人を救う、未来の風力発電
洋上風力発電を爆発的に拡大するプロジェクトが明らかになった。オランダ、デンマーク、ドイツの送電系統運用者が手を結び、北海の中央に人工島を建設。約1万基の風力発電タービンと接続し、周辺6カ国に電力を供給する。なぜ人工島が必要なのか、コスト高にはならないのか、プロジェクトの内容を紹介する。(2017/3/29)

公安9課出動! 「ゴースト・イン・ザ・シェル」の日本限定ポスタービジュアルがめちゃかっこいい
か、かっけえ……。(2017/3/3)

「TORQUE X01」はドラム式洗濯機で洗っても大丈夫?――動画でチェック
TORQUE X01を入れた洗濯機を回したままテレビ電話をしてみた。(2017/2/24)

実写版攻殻「ゴースト・イン・ザ・シェル」最新トレーラー公開 義眼レンズ付けてないバトーさんも!
多脚戦車との戦闘も。自動爆撃ヘリも出てくるかな?(2017/2/14)

Nokia、Lumiaシリーズ向けARアプリ「City Lens」を発表
NokiaがWindows PhoneのLumiaシリーズで利用できるセカイカメラのようなARアプリ「City Lens」を発表した。(2012/5/9)

42万5000本、150億ダウンロード:
ゲーム、スポーツ、健康機器、そして“節電”支援まで――2億台規模の市場を持つiOSアプリの現在
新しいジャンルの家電製品としては、非常に速いペースで広がり続けている「iPad」。同製品を担当する米Appleワールドワイドマーケティングのスコット・ブロドリック氏が来日し、iOSアプリケーションの現状について紹介した。(2011/7/13)

Nokia、「Ovi」ブランドを「Nokia」に統一――ロードマップに変更なし
Nokiaが端末向けサービスのブランド「Ovi」を廃止する。同社はMicrosoftのWindows Phoneに地図サービス技術を提供する計画を発表している。(2011/5/17)

MicrosoftとNokia、Windows Phoneに関する契約を締結
NokiaはOvi Mapsなどの地図情報技術をWindows Phoneの開発者に提供し、MicrosoftはNokiaからライセンス使用料を取得する。(2011/4/22)

乱立するアプリストア “ブラウザ常駐”の新手段も――Openwave
モバイルアプリのマーケットはスマートフォンやタブレット端末の登場で日に日に拡大し、さまざまなプレーヤーの参入が相次いでいる。その中でOpenwaveは、Webブラウザ上に“常駐”するWebアプリソリューション「Openwave Amplicity」を開発し、キャリアやISPへの提供を目指している。(2011/3/4)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

Nokia、7〜9月期は黒字に 最大1800人の人員削減も発表
NokiaはSymbianスマートフォン事業とOviサービス事業の合理化に取り組むとしている。(2010/10/25)

Nokia、「Nokiaのスマートフォンは1日当たり26万台売れている」とAppleに反撃
Nokiaは14日に開催の「Nokia World 2010」でSymbian^3搭載の新スマートフォン3機種を発表し、「Nokia is Back」とスマートフォン市場でのシェア拡大への意気込みを示した。(2010/9/15)

Nokia、Symbian^3スマートフォン発表 巻き返し狙う
NokiaがSymbian^3を搭載した新型スマートフォン3機種を発表。リーダーシップ奪還を目指す。(2010/9/15)

ビジネスニュース アナリストレポート:
アナリストレポート:ノキアの新CEOに立ちはだかる5つの課題
(2010/9/13)

Nokia、モバイル分析企業Motally買収 アプリ開発促進が狙い
iPhoneやBlackBerry向けのアプリユーザー分析サービスを提供しているMotallyを買収し、「Ovi Store」の活性化を目指す。(2010/8/23)

デジタルコンテンツ展開の鍵を握るソフトウェア――SAP
SAPジャパンは課金ビジネス向けソフトウェア「SAP Consume-to-Cash」の提供を10月以降に開始する。アプリケーションストアの課金の仕組みなどを最適化でき、世界では既に200社が同ソフトウェアを採用しているという。(2010/7/28)

ビジネスニュース 業界動向:
欧州委員会がARMプロセッサ搭載サーバの研究に補助金を出資
(2010/6/24)

ハーレクイン旋風:
ソフトバンク クリエイティブが「Ovi Store」でハーレクインコミックスの電子配信を開始
ハーレクインシリーズの電子配信を積極的に行っているソフトバンク クリエイティブが、Nokiaの「Ovi Store」で同コミックスの提供を開始した。(2010/6/8)

Nokiaと米Yahoo! メールや地図サービスで提携
両社は提携の下、地図サービスやメールサービスを融合したり、ユーザーIDを連携させるなどの取り組みを進める。(2010/5/25)

Nokia、Symbian^3搭載の“iPhoneキラー”「N8」を発表
「Nokia N8」は3.5インチのマルチタッチスクリーンと1200万画素のデジタルカメラを搭載し、7〜9月に370ユーロで発売の予定だ。(2010/4/28)

Nokiaの低価格なQWERTYキー搭載端末「Nokia C3」「Nokia C6」「Nokia E5」
スマートフォンの普及を推進するNokiaが、低価格なQWERTYキー搭載モデル3機種を発表した。C3はGSM向けの低価格モデルで、C6とE5は3Gに対応したモデルとなっている。(2010/4/14)

Symbian版Skypeの正式版がリリース
Nokiaユーザー2億人がSkypeを利用できるようになった。(2010/3/4)

Nokia、タッチのないスマートフォン「C5」を発表
「Nokia C5」は普通の携帯電話のような端末で、スマートフォンとしては安価なエントリーモデルとなっている。(2010/3/3)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

NokiaとIntelが「MeeGo」に込めたそれぞれの思惑
MaemoとMoblinをマージさせたLinuxベースのモバイル向けOS「MeeGo」。その登場の背景には、NokiaとIntelがそれぞれの立場から新たな市場を勝ち取ろうとする意図が見て取れる。MeeGoはAndroidやiPhoneに並ぶ存在になるのか、それとも別の道を行くのだろうか。(2010/2/18)

iPhoneの米独占販売キャリア:
AT&T、Android搭載機を発売へ――Dellの「Mini 3」など5機種
AT&TDellの初Android携帯「Mini 3」のほか、Motorola、HTCのスマートフォンを2010年上半期から独占的に販売する。(2010/1/7)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター山根編):
「Samsung Star」「DROID」「Nokia N97」が巻き起こした“フルタッチ旋風”
海外では、Samsung電子やMotorola、Nokiaなどの主要メーカーが続々とタッチパネル搭載モデルを発売している。「Samsung Star」は1000万台を売り、「DROID」は北米市場に大きなインパクトをもたらした。そしてNokiaも、QWERTYキーボード付きのフルタッチ端末「Nokia N97」を投入した。(2009/12/22)

Nokia、2010年にSymbianを刷新 Linux端末も投入
Nokiaは2010年にSymbianを2度メジャーアップグレードする計画だ。Linux端末は、Maemo 6搭載モデルの投入を予定している。(2009/12/4)

Symbian Exchange&Exposition 2009:
最優先課題は、開発者の確保とユーザビリティ強化――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
iPhoneの躍進、Android端末のラインアップ拡充、Windows Mobileの新バージョン登場など、シェア争いの激化が予想されるトピックがめじろ押しのスマートフォン市場。こうした中、Symbianはシェアトップの座を維持するために、どんな戦略で臨もうとしているのか。日本での戦略も合わせてSymbian Foundationのリー・ウィリアムズ氏に聞いた。(2009/11/2)

Symbian Foundation、アプリの公開支援プログラム「Symbian Horizon」を開始
Symbian Foundationが開発者向けのサポートプログラムを開始。ストアへのアプリ提供やマーケティング、翻訳、ローカライズを支援する。(2009/10/28)

キャリアはAT&T:
Nokia初のミニノート「Nokia Booklet 3G」、300ドルで11月中旬に発売
NokiaのAtom搭載Windows 7ミニノートは、米国では299ドル99セントでBest Buyが独占販売する。(2009/10/14)

PalmやAndroidに勝ち目はあるのか:
iPhoneを打ち負かすには――競合企業が抱える10の課題
Palm PreやAndroid携帯は、iPhoneの前では競合関係を維持するのさえ難しいのが現状だ。だが10の課題を実行できれば、iPhoneを打ち負かすのは不可能ではない。(2009/9/25)

ソーシャルロケーション強化:
Nokia、ソーシャルメディア企業Plumを買収
NokiaはプライベートなSNSを作成するサービスを提供しているPlumを買収し、Oviのソーシャルロケーション機能を強化する計画だ。(2009/9/14)

Nokia版アプリストア「Ovi Store」用SDKとAPI、公開
Nokia製スマートフォン向けソフトウェア開発キットとAPIがリリースされた。(2009/9/4)

Nokia、ライフキャスティング対応スマートフォン「N97 mini」を発表
「Nokia N97 mini」は、Facebookに直接アップデートや位置情報を投稿できるライフキャスティングアプリを搭載している。(2009/9/3)

NokiaのミニノートPCはWindows 7搭載 価格は575ユーロ
Nokiaが先に発表したミニノートPC「Nokia Booklet 3G」の詳細なスペックを明らかにした。(2009/9/3)

NokiaがPC市場に進出 Windows搭載の3GミニノートPCを投入
NokiaのミニノートPC「Nokia Booklet 3G」はAtomプロセッサとWindowsを搭載し、バッテリー駆動時間は最高で12時間となる。(2009/8/25)

Atom搭載のWindowsノート:
Nokia、Netbook市場に参入 「Nokia Booklet 3G」発表
携帯電話大手のNokiaが、InteのAtom搭載ミニノートでNetbook市場に参入する。(2009/8/25)

アナリストの視点:
躍進するスマートフォン市場――メインプレイヤーの覇権争いが鍵に
iPhoneやAndroidを搭載した端末、App Storeなどの新サービスの登場は、スマートフォン市場の拡大に寄与してきた。本稿では同市場の躍進をもたらした背景を振り返るとともに、今後市場がどう変化するかを考察する。(2009/8/7)

5分で分かる、先週のモバイル事情――7月25日〜7月31日
7月31日、NTTドコモとソフトバンクモバイルが第1四半期の決算を発表。ドコモは前年同期比で減収減益、ソフトバンクは増収増益となった。ウィルコムは公式サイトのリニューアルで、安い料金でさまざまなコンテンツやサービスが使えることをアピール。米Microsoftは「Windows Marketplace for Mobile」へのアプリケーション登録の受け付けを、日本を含む29カ国で開始した。(2009/8/3)

5分で分かる、先週のモバイル事情――6月20日〜6月26日
6月26日、日本でiPhone 3GSの販売が始まった。同日には日本Androidの会が開発者向けイベントを開催。ドコモは6月26日に上り最大5.7MbpsのHSUPAサービスを開始した。(2009/7/2)

CommunicAsia 2009:
「アプリケーションストア」で加速する海外ケータイのエコシステム
CommunicAsia 2009ではSamsungやLGが自社端末向けのアプリケーションストアのデモを行っていた。AppleのiPhoneから始まりRIMのBlackBerry、Nokiaも追従したメーカー主体型のアプリケーションエコシステムが今後本格化しそうである。(2009/6/30)

Nokia、タッチスクリーンの音楽携帯を発表
QWERTYキーボード搭載のスマートフォン「E72」も発表した。(2009/6/16)

WWDC 2009:
高速化した「iPhone 3G S」、6月26日発売──OS 3.0は6月17日配信
米Appleは6月8日(現地時間)、iPhone OS 3.0の概要と、新OSを搭載した「iPhone 3G S」を発表した。iPhone 3G Sは6月19日から出荷を開始、日本では26日から販売を開始する。OS 3.0のアップデートは6月17日から提供する予定だ。(2009/6/9)

神尾寿のMobile+Views:
「後追いauから、先行くauへ」――高橋誠氏に聞く、KDDIの“次の一手”(後編)
携帯電話市場は変革期にさしかかり、インフラの高速化やユーザーニーズの多様化、端末の高機能化を考慮した新たなビジネスモデルの構築が急務となっている。夏モデルで“先行くau”を目指すというKDDIは、2009年をどんな戦略的位置づけとし、今後10年をどんなビジョンで戦うのか。取締役執行役員の高橋誠氏に聞いた。(2009/6/1)

Nokiaのモバイルアプリストア、開始直後にアクセスに問題
トラフィック急増により、一時的にOvi Storeにつながりにくい状態になった。(2009/5/28)

Nokia、同社最安の3G携帯を発表
80ユーロのNokia最安3G携帯電話など、新興国向けの新端末を発表した。(2009/5/19)

iPhoneアプリ開発者は「愛」故に負けるのか?
あまりに多くの携帯アプリ開発者がiPhoneに夢中で、ほかのモバイルストアには目もくれていない。だが熱愛のあまり、「iPhoneの市場シェアは0.9%」という現実が見えていないのではないだろうか。(2009/4/15)

リリースダイジェスト(4月8日)
Web2.0マーケティング フェアの講演に夏野氏登場、アップフロンティアがウィジェット活用セミナー開催、ネットエイジアがモバイルマーケティングセミナー開催、など。(2009/4/8)

iPhone新モデル? ジョブズ引退? 今年のWWDCには何がある
Appleは次期版iPhoneを6月のWWDCで発表するだろう。だがそれよりも重要なのはSnow Leopardなのだ。(2009/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。