ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「P705i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「P705i」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、「P706ie」「P706iμ」などパナモバ製端末5機種のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニックモバイル製端末「P706ie」「P706iμ」「P705i」「P705iμ」「PROSOLID μ」のソフト更新を開始した。フォントサイズを変更すると、絵文字の色指定が有効にならないという不具合を解消する。(2011/6/20)

「P705i」「P705iμ」「PROSOLID μ」に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
NTTドコモは、「P705i」「P705iμ」「PROSOLID μ」の通話機能やメール機能などに不具合があると発表。1月8日からソフトウェア更新を開始する。(2009/1/8)

ドコモの「P705i」「P705iμ」「PROSOLIDμ」に不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモはパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「P705i」「P705iμ」「PROSOLIDμ」に不具合があると発表した。無線経由で改修済みソフトを配信するソフトウェアアップデートで対応する。(2008/9/18)

「P705i」と「P705iμ」、メール作成時の不具合を修正するソフト更新を開始
NTTドコモが、「P705i」と「P705iμ」のソフトウェアアップデートを開始した。メール作成時にフリーズしたり、エラー終了する不具合などを解消する。(2008/4/15)

開発陣に聞く「P705i」:
寝ながらテレビ、覗き見も防止──“やっとできた、わたしのスリムワンセグ”「P705i」
「ワンセグケータイ最薄」のスリムボディと柔和なデザイン、鮮やかなカラーリングを採用する「P705i」。同端末は主なターゲットとする20代から30代の女性ユーザーに向け、「ちょっと“おやじ”っぽいからイヤだ」という声から搭載するに至った機能もあるという。パナソニック モバイルのP705i開発チームに話を聞いた。(2008/2/27)

「P705i」販売開始――バリューコースの一括払いは4万2600円/分割は月1645円から
「P705i」の販売が1月25日から始まった。ベーシックコースの新規は2万6880円、バリューコースは一括払いが4万2600円、分割払いは頭金が3150円で、12回払いが月々3290円、24回払いが月々1645円などとなっている。(2008/1/25)

ドコモの「P705i」「D705i」「D705iμ」「N705i」、1月25日から順次発売
ドコモの春モデル4機種が、1月25日から順次店頭に並ぶ。発売日は「P705i」が1月25日、「D705i」と「D705iμ」が1月30日、amadanaケータイ「N705i」が2月1日。(2008/1/22)

写真で解説する「P705i」(ソフトウェア編)
ワンセグケータイ最薄──厚さ12.8ミリのスリムボディによる柔らかい外観イメージ。そしてその柔和な印象とは裏腹に、ワンセグや3インチのワイドディスプレイ、音楽機能、国際ローミング、おサイフケータイ、6軸手ブレ補正付きAFカメラなど、905iシリーズにも劣らない高い機能を備える。【更新】(2008/1/10)

動画で見る「P705i」
ワンセグ携帯最薄“12.8ミリ”の薄型ボディを実現する「P705i」。淡いピンクやブルーのカラーも用意するなど、ドコモ端末ではまだ数が少ない“カジュアルワンセグ”を望むユーザー層を狙う。ハイエンド機種にありがちな“いかつさ”がなく、シンプルかつプレーンな外観イメージが意外に心地よい。(2007/11/6)

写真で見る「P705i」
プレーンな折りたたみデザインに、ワンセグやHSDPA、3インチ液晶、フルブラウザ+WMV再生対応、おサイフケータイなど、905iシリーズに劣らない高い機能が特徴の「P705i」。しかも、厚さ12.8ミリとする“ワンセグ携帯最薄”の極薄ボディを実現する。(2007/11/6)

ワンセグ、HSDPA、3インチ液晶搭載の“ハイスペック&スーパースリム”ボディ──「P705i」
12.8ミリの薄型ボディに、905iシリーズに劣らない機能を詰め込んだハイスペック端末が「P705i」。3インチワイドディスプレイやワンセグ、HSDPA、おサイフケータイ、WMA/うた・ホーダイ、Music&Videoチャネルなどをサポートし、705iシリーズで最も多機能な端末の1つとして登場する。(2007/11/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。