ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パケット定額フル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パケット定額フル」に関する情報が集まったページです。

iPhone for everybodyキャンペーン、既存ユーザーの申し込み受け付けを開始
ソフトバンクモバイルは4月1日から、2年契約をするとパケット定額フルの上限が4410円に下がる「iPhone for everybody」キャンペーンの、既存ユーザーからの申し込み受け付けを開始した。(2009/4/1)

8月23日〜8月29日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモが10月から、パケット定額サービスに2段階料金制を導入すると発表。ソフトバンクモバイルも、対抗措置として「パケット定額フル」の値下げに踏み切った。ウィルコムは大容量バッテリーを標準搭載した「WILLCOM D4 Ver.L」を投入する。(2008/9/1)

iPhone 3Gは月額2324円から利用可能に:
ソフトバンク「パケット定額フル」を1029円からに値下げ
ソフトバンクモバイルは8月26日、スマートフォン向けのパケット定額サービス「パケット定額フル」の定額料を「1029円〜5985円」に改定した。ドコモが25日に発表した「パケ・ホーダイ ダブル」への対抗措置。(2008/8/26)

iPhone月額利用料が最低2990円に パケット定額制を改定
ソフトバンクモバイルが「パケット定額フル」を2段階定額制に改定。iPhoneを利用する場合の月額料金合計は7280円だったが、改定後は最低2990円に。(2008/8/5)

「パケット定額フル」料金改定──iPhone 3GやXシリーズのパケット代、2段階定額制に
ソフトバンクモバイルは8月5日、iPhone 3GやXシリーズの端末で利用できる定額サービス「パケット定額フル」の料金を2段階定額制に改定すると発表した。またEメール(i)の保存期間を無期限にするほか、iPhone 3Gの予約販売も開始する。(2008/8/5)

ソフトバンク、「PCサイトダイレクト」値下げ――ドコモ対抗のパケット定額フル/パケット定額Bizの新規受付は終了へ
ソフトバンクモバイルは4月以降、「PCサイトダイレクト」利用時のパケットし放題上限額を9800円に値下げする。同時に、ドコモ対抗のパケット定額フル/パケット定額Bizの受付を終了する。(2008/3/19)

ソフトバンク、ブループランに2つの新パケット定額──「パケット定額フル」と「パケット定額Biz」
ソフトバンクモバイルは、ドコモがパケット定額の新プランを導入したことを受けて、ブループランに「パケット定額フル」と「パケット定額Biz」を追加する。3月1日から。(2007/2/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。