ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パンデミック」最新記事一覧

哲学者? ラスボス? 飼育員75%が知らなかった生物「デスモスチルス」の企画展、海遊館で開催
海遊館おなじみ、斬新な中吊り広告も登場。(2016/7/14)

省エネ機器:
「企業の環境対策」は事業に引き付けて考える時代に、NECが国連SDGsを導入へ
NECは新たに環境への取り組みとして、国際連合(以下、国連)で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を導入し、より事業に引き付けた形で運営を進めていく方針を示した。(2016/7/6)

セキュリティの人や組織をどう作る? 富士ゼロックスや税理士の取り組み
情報セキュリティの強化が求められる昨今、人材の確保や体制構築が企業での悩みになっている。富士ゼロックスと税理士法人あすなろが、大企業と中小企業の立場から取り組みを紹介した。(2016/3/29)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第78回:
世界が終わるまであと何日? 最新RPGの世界観を実在する町でシミュレート
もし、パンデミックが起こったら世界は何日で破滅するか。オンラインRPG「The Division」のプロモーションサイトで公開中のシミュレーターがやけにリアルで怖い。(2016/3/13)

PR:こうしてテレワークは文化になった――佐賀県庁を変革した挑戦者たちの軌跡
全国に先駆けてテレワークの取り組みを始めた佐賀県庁だったが、多くの職員が利用を敬遠するという状況に陥っていた。そうした中、民間企業から佐賀県CIOに就任した森本登志男氏を中心に、本格的なテレワーク推進プロジェクトが立ち上がった。今では約4000人の全職員が利用するまでに至ったこの大変革の軌跡を追う。(2016/3/4)

WHOが「ジカ熱」の緊急事態宣言、エボラ出血熱以来 小頭症やギランバレー症候群との関連性疑われる
流行中のブラジルから、リオデジャネイロ五輪を通して世界的に広がる恐れが。(2016/2/2)

『アイアムアヒーロー』大阪が舞台のスピンオフ、やわスピで新連載
タイトルは『アイアムアヒーローinOSAKA』。『東京闇虫』の本田優貴さんが描く同作は6月26日から新連載。(2015/6/19)

AIU保険はなぜ、有事に“平常運転”できるのか
明日、会社に行けないような事態が起こっても、対処できる――。それが“有事に仕事を止めるわけにはいかない”損保の世界のBCP対策だ。ユニークな事業継続の施策で知られるAIU保険に、“備えのポイント”を聞いた。(2015/5/27)

みみめめMIMIのアルバムをモチーフにした電子小説、5月31日発売
5月23日には東京・新宿歌舞伎町のカフェ&バー「アニON STATION」で朗読&トークイベントが開催予定。(2015/5/13)

西島大介「世界の終わりのいずこねこ展」が開催、映画キャスト出演のトーク&ライブも
映画「世界の終わりのいずこねこ」の公開開始を記念して。(2015/3/3)

ヤクザに噛まれた人間はヤクザになってしまう異色のヤクザ・パンデミック映画「極道大戦争」公開決定
いい意味で詰め込みすぎ。(2015/2/10)

今年の英単語は「pandemic」(パンデミック/全国・世界的流行病)に決定 エボラ出血熱のインパクトは大きかった
「tax increase」(増税)、「invitation」(誘致)などランクイン。(2014/12/12)

インフルエンザ治療薬「タミフル」の効果的な使い方
代表的なインフルエンザ治療薬「タミフル」は、ウイルスに感染してから48時間以内に服用すれば重症化を防ぐことができる薬剤。今回は、タミフルの効果的な使い方を紹介します。(2014/11/26)

製造マネジメントニュース:
エボラや炭疽菌のワクチンも! 富士フイルムが米社買収しワクチン受託製造に参入
富士フイルムは、バイオ医薬品の受託製造会社(CMO)でワクチン製造に強みを持つ、Kalon Biotherapeuticsの買収を発表した。(2014/10/27)

佐賀県庁、テレワークシステムを全庁展開
佐賀県庁では行政サービスの向上と職員のワークライフバランス向上を目的に、全職員約4000人を対象としたテレワークシステムを構築した。(2014/10/1)

5分で絶対に分かるデスクトップ仮想化/VDI入門
デスクトップ仮想化の概要と、デスクトップ仮想化が登場する以前のシンクライアントとの違い、構成要素、3つの特徴、ユーザー/システム管理者/経営者の視点で見るメリット/デメリット、今後について解説する。(2014/8/19)

【連載】IOT(Internet of Things)時代のブランドエクスペリエンス:
第3回 ブランドデータを活用したブランドエクスペリエンス
前回は“さわれるブランドエクスペリエンス”が生活者に及ぼす影響の大きさを解説しました。では、“さわれるブランドエクスペリエンス”はどうすれば実現できるのでしょうか? 今回はブランドエクスペリエンスにおけるデータサイエンス領域にポイントを絞ってお話をさせていただきます。(2014/7/1)

Microsoft、E3で「Halo 5」などXbox Oneの新ゲームを一挙紹介(動画あり)
ロサンゼルスで始まったE3で、Xbox One向け新作ゲームが20本以上紹介された。「Halo 5」や次期「Call of Duty」の動画も公開された。(2014/6/10)

VDIによるワークスタイル変革の効果はおいくら? ネットワンが社内実践で算出
ネットワンシステムズが2010年から社内実践中のワークスタイル変革における効果金額を明らかにした。ワークスタイル変革を検討する企業顧客に参考にしてもらいたいという。(2013/11/11)

センシング技術:
エアコンがインフルエンザを検知!? 産総研が小型高感度のウイルスセンサーを開発
産業技術総合研究所は、インフルエンザウイルスを検出できる小型高感度センサーの開発に成功したと発表した。従来1日半以上を要したウイルス検出時間を数十秒レベルに短縮でき、将来は空気中のウイルス検知も可能になるという。(2013/8/21)

INSIGHT NOW!:
「ブラック企業」と呼ばれないために今できること
以前なら「体育会系だねぇ」で済まされていたような会社まで、今やある日突然に「ブラック企業」扱いされかねない。自業自得の側面もあるが、よほど経営者が自覚を持たないと「明日はわが身」である。(2013/7/26)

IT用語解説系マンガ:食べ超(27):
見るだけで楽々感染☆コンピュータウイルス
クリックなどという一手間、もう皆さんにおかけしません。(2013/7/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/4)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第338話 ウイルス攻撃
コンピュータ・ウイルスのパンデミック(大規模感染)が発生! 「う、うちのシステムは大丈夫なのかっ!」(2012/10/30)

説明書を書く悩み解決相談室:
これだ! というヒラメキを得たければPCから離れてみよう
私はよく考え事をするときに付せんを利用します。PCの描画ソフトを使って描くこともできますが、やはり手書きの方が大量の情報を一覧しつつ試行錯誤することに向いています。このような場合は一度PCを離れて論理構造を整理してみてはいかがでしょうか。(2012/4/26)

「ビデオ会議/Web会議」に関する調査リポート
読者調査で分かった 「ビデオ会議/Web会議」に対する事業継続への期待
出張コストの削減や業務の効率化、災害対策、在宅勤務などを実現するコミュニケーションツールとして注目されている「ビデオ会議/Web会議」。実際、その普及状況はどうなっているのだろうか?(2012/2/15)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
安直なBCPにもの申す! 「だからいったじゃないですか、無理ですって……」
東日本大震災をきっかけに、あちらこちらでBCP(事業継続計画)の重要性が語られるようなったが、筆者は「今すぐのBCPは不要」と考える。BCPを急ぐことは大いに問題があるからだ。(2011/12/10)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「想定外」に企業が対応するための勘所とは 安井あらた基礎研究所所長
人間の能力には限界があり、どれほど多彩なケースを想像していようと予想外の状況があり得る。経営レベルでみても「想定外」の事態が生じる可能性を排除することはできない。そのような状況に、企業が備えることは可能なのだろうか。東日本大震災などから教訓を得た、新たなBCMの可能性について探る。(2011/10/28)

「クラウドでゲームのルールを変える」――ポスト3.11のBCPをシトリックスが表明
10月4日に開催されたシトリックスのカンファレンス「Citrix iForum 2011 Japan」では、多様性と変化の速度を増すビジネス環境と、それに対応する同社のソリューションが取り上げられた。クラウド化を進めることでユーザー企業は「ゲームのルールを変えられる」という。(2011/10/4)

Citrix iForum 2011 Japan開催に向けて:
PR:デバイスから業務要件を分離――企業の「持続可能なIT基盤」を支えるシトリックス
2011年10月4日、東京・溜池山王のANA インターコンチネンタルホテル東京でシトリックス・システムズ・ジャパンが主催する「Citrix iForum 2011 Japan」が開催される。テーマは「持続可能なIT基盤を考える」。その概要について、同社マーケティング&ビジネスディベロップメント本部 本部長の伊藤利昭氏に話をうかがった。(2011/9/2)

SMB市場ではDR対策はぜいたくなもの?
災害復旧テストを実施してこなかった企業の本音
事前に策定した災害復旧計画のテストを定期的に実施している企業は多い。しかし、その実施状況や関心の度合いは企業規模によって異なる。(2011/6/10)

システム冗長化だけがDR対策ではない
企業のディザスタリカバリ対策は機能したか?
東日本を襲った2011年3月の大震災。企業のディザスタリカバリ(災害復旧)対策は、十分に機能したのか。企業のディザスタリカバリ対策支援を行っているプライスウォーターハウスクーパースの担当者に話を聞いた。(2011/5/10)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
災害BCPとパンデミックBCPの違い
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「Next Wave vol.3」をお届けします。(2011/4/19)

特別企画 貴社の事業基盤は“万全”ですか?:
いま見直したい、事業継続10のチェックポイント
万一の際にも、確実に事業を継続するためには、日ごろ、どんな備えが必要なのか。自社の事業継続性の現状を知るための、10のチェックポイントを紹介する。(2011/4/14)

ITmedia エンタープライズ セミナー レポート:
災害時に重要なのは平時からの備え――データ保護の観点からみたBCP
災害は人々の生活だけでなく、企業活動にも大きな影響を与える。災害列島・日本において事業継続計画は、企業の命運を左右しかねない重要な課題だ。(2011/3/30)

ビデオ会議システム紹介:日立製作所
H.264/SVCをいち早く採用、パケットロスに強いHDビデオ会議「Wooolive」
日立HDテレビなどと同じブランド名を冠した「Wooolive」は、高品位かつ臨場感あふれるビジュアルコミュニケーションを実現する。その一方、SD端末が混在しても一定品質を保つ工夫が見られるのも特徴だ。(2011/3/11)

クラウドへの期待を超える「BizCITY」のサービス戦略:
PR:通信事業者のフルレイヤサービスがクラウドへの不安と期待に応える
クラウドに大きな関心を持つ企業が増えており、実際に導入を検討している企業も多い。しかし、その一方でセキュリティに対する不安が導入の障害になっていることも明らかになっている。そこでこうした不安や疑問を解消してクラウドを効果的に利用するために、ユーザー企業は何をするべきか、また、サービス事業者にはどのような取り組みが求められるのかについて、メディア横断型で実施された「クラウド討論会 2011」のモデレーターを務めたアイ・ティ・アールのシニア・アナリストである舘野真人氏とNTTコミュニケーションズの小原英治氏が意見を交換した。(2011/2/7)

冷蔵庫だって感染する(キリッ):
G Data、3600円の「G Data Internet Security 2011」36カ月版
G Dataは、セキュリティソフト検知率36カ月連続1位獲得を記念して、“ブレードラボ”を壊滅させたセキュリティ・エバンジェリストの講演を行った。(2010/11/25)

Web会議システム紹介:シスコシステムズ
強固なセキュリティとモビリティを両立させるWeb会議システムの雄「WebEx」
全方位型でHDビデオ会議システムを提供するシスコは、一方で世界市場トップシェアを握る「WebEx」という強力なWeb会議システムを150カ国で展開している。WebExが世界中で評価されている理由はどこにあるのか。(2010/11/19)

今すぐ始めたい中小企業のセキュリティ対策チェック:
PC編 トラブルに備えるバックアップの活用
予算や人材に限りのある中小企業は、セキュリティ対策を思うように進められないと言われます。すぐにでも始められる身近なセキュリティ対策のポイントを情報セキュリティコンサルタントの新倉茂彦氏が解説します。今回は「バックアップ」です。(2010/11/12)

Web会議システム紹介:NTTアイティ
小学生でも使えるWeb会議を――「MeetingPlaza」に見る10年間のノウハウ
Web会議の最古参「MeetingPlaza」は、資料共有、音声品質、セキュリティなどハイエンドユーザーのニーズに応える多機能が売りだ。一方で、初心者が扱いやすい機能にも長年の工夫が生かされている。(2010/10/21)

ビデオ会議システム導入事例
HDビデオ会議システムで社員のワークライフバランスを改善したアサヒビール
アサヒビールは、多忙を極める社員のワークライフバランスを考慮してビデオ会議システムを全社導入。社員が時間を有効活用、出張経費も激減したことで、導入後1年間で、投資額の3倍以上ものコスト回収を実現した。(2010/10/14)

NTTコミュニケーションズ、企業向け「安否確認/一斉通報サービス」をスマートフォン対応
NTTコミュニケーションズは、災害時に従業員や家族の安否確認や一斉連絡が行える「安否確認/一斉通報サービス」をスマートフォンに対応させた。(2010/8/30)

iPhoneとビジネスのミライ:
iPhoneの導入事例から見る、ビジネス活用の可能性
コンシューマー市場にとどまらず、今やビジネスの現場にも浸透し始めたiPhone。100台、1000台規模で一括導入した2社に、導入の背景や日々の活用シーン、導入効果を聞いた。(2010/7/9)

ホワイトペーパーレビュー
Web会議システムを読み取る3つのホワイトペーパー
出張会議の代替以外にも利用シーンを広げているWeb会議システム。使い方次第でコスト削減以上の効果を期待できる。Web会議システムを検討する上で参考にしたい3つのホワイトペーパーを紹介する。(2010/5/11)

デスクトップ仮想化って何?(前編)
デスクトップ仮想化がもたらす柔軟で堅固なIT基盤
2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。(2010/5/12)

次世代の無線技術、LTEの仕組みが分かる(3):
どこまで出る? LTEの通信速度
次世代無線技術のLTEの仕組みを紹介する。NTTドコモ、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、KDDIの来年の無線技術はどうなる?(2010/3/17)

効率的なセキュリティ対策“Business Ready Security”
社員の効率的なIT活用を妨げない、真のリスク対策
情報漏えい、パンデミック――。企業のリスク対策と聞くと、さまざまな制約からつい「及び腰の経営」を想像してしまわないだろうか。だが、効率的な業務環境を作りながらリスクにも対応できるITが、ここにある。(2010/3/12)

ITmedia エンタープライズ 読者調査
「パンデミック対策についてのアンケート調査」結果リポート
株式会社アイ・ティ・アールとITmedia エンタープライズの共同調査として、ITmedia エンタープライズの読者に対し、パンデミック対策の現状に関するアンケートを行いました。調査結果から、パンデミック対策の対応状況とその有効性、具体的なIT関連施策について明らかにしました。加えて、パンデミック時に重要と位置付けているサービス/ソリューション、その導入に対する障壁も詳しくまとめました。(2010/2/24)

アナリストの視点:
通信関連市場の現状と将来の展望
ブロードバンドの普及やNGNなど、通信市場を取り巻く状況は変化している。通信機器やシステム、サービスに関する市場はどう変化していくのか。分析結果から、現状と将来の展望を伝える。(2010/2/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。