ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリクラッシュセーフティシステム」最新記事一覧

大学キャンパス出張授業:
自動車アセスメントのための技術開発ではない、もっと安全なクルマを作るため
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のモノづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。安全という個性を確立するまでの取り組みを伝えた、東京工業大学でのスバルの講演を紹介する。(2017/11/20)

マツダ、最上位セダン「アテンザ」を刷新 3回目の大型マイナーチェンジ
LAオートショーで初公開。「気筒休止」機能や「SKYACTIV-G」のターボエンジンを新設。(2017/11/16)

Safety Sense C装備:
トヨタ「アクア」に特別仕様車 スタイリッシュな内外装
トヨタが「アクア」に特別仕様車「S“Style Black”」を設定。(2017/11/14)

安全性能を向上:
SUBARU、新「サンバー 」「ディアスワゴン」発売
SUBARUが軽商用車「サンバー バン」と軽乗用車「ディアスワゴン」をマイナーチェンジ。(2017/11/13)

安全性向上:
ダイハツ、新「ハイゼット」「アトレー」発表
ダイハツ工業が、軽商用車「ハイゼット カーゴ」、軽乗用車「アトレーワゴン」シリーズをマイナーチェンジして発売した。衝突回避システム「スマートアシストIII」を搭載し、安全性を高めた。(2017/11/13)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

製造マネジメントニュース:
米国販売が好調なスバル、「健全な成長」優先で販売計画を下方修正
SUBARU(スバル)は、2018年3月期(2017年度)の第2四半期(4〜9月期)決算を発表した。連結販売台数が6期連続で過去最高を更新したこともあり、売上高は前年同期比6.9%増の1兆6863億円、営業利益は同1.7%増の2121億円となった。(2017/11/7)

東京モーターショー ベンチャーも存在感 衝突回避の車いすやEV出展
人工知能やIoTを駆使した自動運転技術に関心が集まる中、ベンチャー企業も参加し、「近未来のクルマ社会」を来場者に印象づけている。(2017/10/30)

「未来ののりもの」「楽しいのりもの」「限定トミカ」も 東京モーターショー2017の見どころまとめ
注目の新車種からコンセプトカー、ミニカーまで、楽しいのりもの、未来ののりものたくさん。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
スバルの2020年の高度運転支援システムは次世代「アイサイト」とミリ波レーダー
SUBARUは「第45回東京モーターショー 2017」において、高度運転支援技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(パフォーマンスコンセプト)」を世界初公開した。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
スズキが予防安全技術を全車展開、新型「スペーシア」や小型車版「ハスラー」も
スズキは、「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、予防安全技術「スズキセーフティサポート」を全車に展開していく方針を打ち出した。間もなく発売の新型「スペーシア」や小型車版「ハスラー」といわれる「XBEE」にも、新たな予防安全機能が多数採用される。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
ダイハツ版TNGAの「DNGA」には「自動運転や電動化の要素も入る」
ダイハツ工業は「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、ダイハツ版TNGAといわれる開発コンセプト「DNGA」に基づく4台のコンセプトカーを初公開した。(2017/10/27)

東京モーターショー、次世代技術の攻防 トヨタ「エコカー全方位」揺るがず 日産やホンダは?
ディディエ・ルロワ副社長は「世界での水素社会のニーズに応えたい」と、新型の燃料電池車の試作車「ファイン−コンフォート・ライド」が初めてベールを脱いだ。(2017/10/26)

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
乗ってみたくなるデザインと快適性。(2017/10/23)

ワゴンに:
トヨタ、新型タクシー車「JPN TAXI」発売
トヨタが新型タクシー車「JPN TAXI」を発売。スライドドアを採用したワゴン型だ。(2017/10/23)

まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ
10月27日に開幕する「第45回東京モーターショー2017」では、電気自動車(EV)を各社が提案するほか、自動運転支援やコネクテッドカー関連の出展が加速。大手国内メーカーの出展内容をまとめた。(2017/10/21)

車両デザイン:
レクサスの新型「LS」は、6ライトキャビンや匠の技で唯一無二のフラグシップに
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を全面改良して2017年10月19日に発売した。税込み車両価格は980万〜1680万円。月間販売目標台数は600台だが、発表前に7600台を受注した。(2017/10/20)

安全装備拡充:
トヨタ、カローラ「フィールダー」「アクシオ」マイナーチェンジ
トヨタが「カローラフィールダー」「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、発売した。(2017/10/11)

東京モーターショー 2017:
トヨタ「センチュリー」が全面改良で大型化、HVでクラストップの燃費達成も
トヨタ自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において2018年半ばに発売する「センチュリー」の新モデルを初披露する。ハイブリッドシステムや衝突回避支援システムなど最新技術を取り入れる。(2017/10/6)

東京モーターショー 2017:
レクサスは世界初公開のコンセプトカーなど12車種出展、販売間近の新型「LS」も
トヨタ自動車は、レクサスブランドで「第45回東京モーターショー 2017」において、フラグシップセダン「LS」の新モデルや世界初公開のコンセプトカーなど全12車種を出展する。コンセプトカーの詳細はプレスデー初日となる10月25日に公開される予定だ。(2017/10/4)

オムロン E2E-NEXT/e-治具:
自動車工場の突発的な設備停止リスクを低減させる次世代近接センサー
オムロンは、自動車および自動車部品工場における設備稼働率の向上に貢献する、「世界最長」(同社)の検出距離を実現した次世代近接センサー「E2E-NEXT」を発表した。(2017/10/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アイサイト 分かりにくい誠実と分かりやすい不誠実
スバルがレヴォーグに「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載。都内で行われた試乗会でこのツーリングアシストをテストした筆者はとても混乱した。それは……。(2017/10/2)

アナログ回路設計講座(14):
PR:電力密度の高いシステムが要求する「大電流コンバータ」
FPGAやASICなどに代表される高性能デジタルICは、製造プロセス技術の進化に伴い動作電圧を低下させる一方で、動作電流は増大の一途をたどっています。ただこれまでは低電圧/大電流の供給には、LDOないし複数のデバイスを使用したスイッチング電源が選択肢がなく、高密度実装を要求されるさまざまなアプリケーションで課題となっていました。そこで、今回は低電圧/大電流に対応する新世代のモノリシックスイッチング降圧レギュレーターを紹介します。(2017/10/2)

稲の“健康診断”ドローンで ヤンマーとコニカミノルタが新会社
ヤンマーとコニカミノルタが合弁会社「ファームアイ」を設立。ドローンやセンシング技術などを活用し、農作物の生育状況や土地の栄養状態を診断するサービスを提供する。(2017/9/29)

東京モーターショー 2017:
スポーツセダンに高度運転支援技術を、自動運転時代のスバルらしさ示す
SUBARU(スバル)は「第45回東京モーターショー 2017」において、高度運転支援技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開する。(2017/9/26)

東京モーターショー:
SUBARU、スポーツセダンのコンセプトモデルを出展へ
SUBARUは新型スポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV (ヴィジヴ) PERFORMANCE CONCEPT」を東京モーターショーに出展する。(2017/9/25)

人工知能ニュース:
組み込みAIの性能密度が2倍以上に、「PowerVR」の新プロダクトライン
イマジネーションテクノロジーズは、学習済みニューラルネットワーク(NN)の推論実行処理に特化したハードウェアIP「PowerVR 2NX NNA」を発表した。性能密度(回路面積当たりの処理性能)は、競合他社のDSPと専用ハードウェアIPを組み合わせたソリューションと比べて2倍、NNの処理に最適化したDSPと比べて8倍に達する。(2017/9/22)

エコカー技術:
マツダ新型SUV「CX-8」、導入以来最大の改良を受けた「SKYACTIV-D」を搭載
マツダは3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表した。国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付け、既存のミニバンユーザーを取り込む。発売は12月14日を予定している。(2017/9/15)

レクサスの中核モデル:
トヨタ「レクサスNX」マイナーチェンジ デザイン進化
「レクサス」ブランドの中核モデル「NX」がマイナーチェンジ。(2017/9/14)

「多人数乗用車の新たな選択肢」:
マツダ、3列シートSUV「CX-8」正式発表
マツダは3列シートを備える新型SUV「CX-8」の予約受注を開始し、12月14日に発売すると発表した。(2017/9/14)

デザインなど改良:
トヨタ「ランクルプラド」マイナーチェンジ
トヨタがオフロードSUV「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジ。(2017/9/12)

ファン待望:
トヨタ、ピックアップトラック「ハイラックス」13年ぶり日本発売
トヨタは、ピックアップトラック「ハイラックス」を10月16日に発売する。(2017/9/12)

安全機能を拡充:
SUBARU「インプレッサ」一部改良 アイサイト強化
SUBARUは「インプレッサ」を一部改良し、10月5日に発売する。(2017/9/11)

外観デザイン一新:
SUBARU、「レガシィ アウトバック/B4」大幅改良
SUBARUが「レガシィ アウトバック/B4」を大幅改良。(2017/9/4)

安全システム:
「プリウス」の追突事故が半減、「Toyota Safety Sense」の運転支援で
トヨタ自動車は運転支援システム「Toyota Safety Sense」を搭載する「プリウス」は非搭載車と比較して追突事故が半減したと発表した。アクセルの踏み間違いや踏み過ぎによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」とToyota Safety Senseの両方を搭載した場合は、追突事故が非搭載車と比較して9割減少するという。(2017/8/29)

安全システム:
マツダ初のサラウンドビューを採用、「アクセラ」で運転支援が標準装備化
マツダは「アクセラ」の商品改良を実施して2017年9月21日から発売すると発表した。運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備とし、同社初となるサラウンドビューシステム「360°ビュー・モニター」も採用する。(2017/8/25)

乗って解説:
新旧「ミライース」乗り比べ、走って見えてきたダイハツの取捨選択と企業努力
2017年5月に全面改良を受けたダイハツ工業の軽自動車「ミライース」。先代モデル比80kgの軽量化を果たし、安全装備や快適装備を充実させた。燃費が良いだけ、安いだけでは満足しなくなっているユーザーに対し、ダイハツ工業は新型ミライースでどのように応えていくのか。(2017/8/21)

運用システムの開発は必須
「ドローン宅配便」が普及する2025年までに起きる“常識外の出来事”とは
ドローン市場規模は、2016年に80億ドルに達した。オンデマンドサービス市場が拡大する今日、配送用ドローンの導入と実用化は、いよいよ現実的になってきている。(2017/8/17)

ADASや自動運転を視野に:
タワージャズ、車載用アナログ製造技術を提供
タワージャズは、ADASや自動運転システムを支える車載用の先端RFICと高性能アナログ(HPA)ICに対応する製造プロセスを提供していくと発表した。(2017/8/15)

AUTOMOBILE COUNCIL 2017:
【写真で見る】コスモスポーツ、アウディクアトロ──現代に通ずる名車たち
往年の名車が集まるイベント「AUTOMOBILE COUCIL 2017」が開幕。大手メーカーも自社の歴史を彩った車を出展している。(2017/8/4)

自動運転技術:
トヨタが産学連携を加速、運転手の心筋梗塞や運転中のコミュニケーションなど研究
トヨタ自動車は、米国の研究拠点である先進安全技術研究センター(Collaborative Safety Research Center, CSRC)で開始した11件の研究プロジェクトを公表した。(2017/8/4)

特別設定色も:
トヨタ「シエンタ」に上質・装備充実の特別仕様車
トヨタが5ナンバーミニバン「シエンタ」の特別仕様車「G“Cuero(クエロ)」を発売。(2017/8/2)

製造業IoT:
AI×IoTのブレークスルーを生み出すPreferred Networks、原動力は成長と多様性
ベンチャー企業のPreferred Networks(PFN)は、時代に先駆けてAIとIoTに着目することで一気に業容を拡大している。同社の原動力になっているのは、創業精神として今も続く「常に新しく技術を取り込んでいく成長」と「多様性」だ。(2017/8/1)

外装を黒、内装をシルバーで:
SUBARU「フォレスター」にカラー変更の特別仕様車
SUBARUのSUV「フォレスター」に、特別仕様車の「2.0XT EyeSight Smart Edition」「S-Limited Smart Edition」が登場。(2017/7/25)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「MONOist IoT Forum」に見る、製造業変わったもん勝ちの世界
さっさとやった方がよさげ。(2017/7/25)

「食パン」と言われてきた:
トヨタ専務「日米でセダン復権めざす」 新型カムリ発売
新型「カムリ」を発売したトヨタは「セダンは正直、成長市場とは言えない」と認めつつ、新型で「セダンの復権を目指す」と強調する。(2017/7/10)

エモーショナルなデザイン:
トヨタ、新型「カムリ」発表 TNGA採用で一新、上質な走り
トヨタがミッドサイズセダン「カムリ」をフルモデルチェンジして発売した。(2017/7/10)

安全システム:
スバル「レヴォーグ」「WRX S4」が大幅改良、単一車線の自動運転は標準装備に
SUBARU(スバル)は、「レヴォーグ」「WRX S4」の大幅改良モデルを発表した。両モデルとも、運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」の新機能で、時速0〜120kmの範囲で加減速とステアリングを自動制御する「ツーリングアシスト」を全グレードに標準装備とする。(2017/7/4)

スポーツセダン:
SUBARU、「WRX S4」大幅改良モデル発表
SUBARUがスポーツセダン「WRX S4」を大幅改良。(2017/7/3)

乗り心地、走行性能も向上:
SUBARU、新型「レヴォーグ」発表 アイサイト強化
SUBARUは、ステーションワゴン「レヴォーグ」を大幅改良した新型を8月7日に発売する。(2017/7/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。