ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリクラッシュセーフティシステム」最新記事一覧

テスラの自動運転は本当に“使える”のか?
米Teslaの最量販モデルである「モデルS」に乗る機会があった。徹底した自動化とパワー、そして自動運転技術。体験してみるとカルチャーショックというのがぴったりの時間だった。(2018/2/23)

ドローン:
ドローン向けレーダーセンサー搭載の衝突回避システムを共同開発
ソシオネクストは、米国のAurora Flight Sciencesと共同で、民生用ドローン向けレーダーセンサー搭載の衝突回避システムを開発、提供する。飛行経路上の障害物との衝突を回避するコントロールモジュールを開発する予定だ。(2018/2/20)

Honda SENSING標準装備:
ホンダ、SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジ
ホンダが人気SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジして発売。(2018/2/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
雪上試乗会で考えるスバルの未来
スバルは、青森市内から八甲田山、十和田湖を経由して安比高原までのコースを走るアドベンチャー試乗会を開催した。日本屈指の過酷な積雪ルートでスバル自慢のAWDを検証してくれというわけだ。(2018/2/5)

小型、低消費電力FPGAを強みに:
エッジコンピューティング、低電力でAI実現
AI(人工知能)技術をベースとしたエッジコンピューティングを次の成長ドライバーと位置付けるLattice Semiconductor。フォーカスする分野は消費電力が1W以下で、処理性能は1テラOPS(Operations Per Second)までのアプリケーションだ。(2018/2/5)

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起
所有者の2割弱が理解していない。(2018/1/24)

自動運転EXPO:
高性能PCいらない自動運転向けステレオカメラ スバル「アイサイト」を生んだ会社が開発
ステレオカメラを使った距離計測や形状認識に、高性能PCを不要とする製品が登場した。開発したのは、スバル「アイサイト」を発明した実吉敬二さんの会社だ。(2018/1/19)

モビリティ開発が盛んな国:
イスラエル企業11社、自動運転向け技術を披露
「第1回 自動運転EXPO」(2018年1月17〜19日、東京ビッグサイト)に設立されたイスラエルパビリオンでは、自動運転関連の技術を手掛けるイスラエル企業11社が出展し、製品のデモを行った。その中から3社を紹介する。(2018/1/18)

かわいいボディのフルEV「新BMW i3」が登場、511キロの航続距離を実現
スマホ連携の遠隔操作機能、距離を伸ばす小型エンジン付きオプションも。(2018/1/15)

羽田、ロボ働く「未来空港」に 警備、物流、翻訳……9日から実証実験
日本の空の表玄関である羽田空港で、ロボット導入に向けた取り組みが急ピッチで進んでいる。(2018/1/9)

オートモーティブ 年間ランキング2017:
リターンライダーに“国産イタリア車”、夏には冷房で冷える仕組みが気になる
2017年にMONOistのオートモーティブフォーラムで公開された中から、最も読まれた記事を振り返ります。(2017/12/27)

特集・ミライのクルマ:
舞台はPC・スマホからクルマへ 「自動運転」で半導体メーカーの競争が激化
レベル3以上の自動運転を実現する半導体が業界で大きな注目を集めている。自動運転を巡って激化する“半導体戦争”をまとめた。(2017/12/26)

安全システム:
「アルファード/ヴェルファイア」に第2世代トヨタセーフティセンス、8速ATも
トヨタ自動車は「アルファード/ヴェルファイア」をマイナーチェンジして発表した。2018年1月8日に発売する。予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の第2世代を全車に標準装備とした。(2017/12/26)

自転車や道路標識も検知 トヨタ新型「アルファード」「ヴェルファイア」発売
トヨタの新型「アルファード」「ヴェルファイア」は、自転車や道路標識を検知する機能を搭載する。(2017/12/25)

受注は好調:
マツダCX-8 乗ってみて感じたプラスαの価値
マツダの新型SUV「CX-8」の受注が好調。3列シートSUVの狙いと価値とは何か。試乗して体感した。(2017/12/15)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
陸海空ロボットの厳しい使用環境を再現――福島ロボットテストフィールド(福島県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第6回。福島県で建設が進んでいる、ロボットのさまざまな使用環境を再現して試験・訓練ができる施設「福島ロボットテストフィールド」を紹介する。(2017/12/15)

オンセミ AR0144:
グローバルシャッター搭載の1.0MピクセルCMOSセンサー
オン・セミコンダクターは、グローバルシャッターを備えた、1/4型、1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー「AR0144」を発表した。低照度から高照度条件まで、ノイズのない鮮明かつ正確な画像を高速で撮像できる。(2017/12/14)

開発ヒストリー:
マツダ「CX-5」色とデザインへのこだわりとは?
SUVブームを牽引しているのがマツダの「CX-5」だ。今年2月に登場した2代目では、乗り心地や静粛性も大幅に向上した。クルマと「人馬一体」で走る喜びを追求し、快走し続ける。(2017/12/5)

オンセミ AR0144:
1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー
オン・セミコンダクターは、グローバルシャッターを備えた、1/4型、1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー「AR0144」を発表した。低照度から高照度条件まで、ノイズのない鮮明かつ正確な画像を高速で撮像できる。(2017/12/4)

特集・ミライのクルマ:
「自動運転レベル」の果たす役割とその弊害
世界中で進む自動運転技術開発において指標となっているのが「自動運転レベル」と呼ばれるものだ。自動化の度合いによって0から5まで6段階のレベルが定義されている。しかし開発の現場からは別の声も上がっている。(2017/12/1)

安全システム:
「Toyota Safety Sense」が2018年から第2世代に、自動ブレーキが進化
トヨタ自動車は、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」に新機能を追加した第2世代版を2018年から導入する。使用するセンサーは単眼カメラとミリ波レーダーで、現在のToyota Safety Sense Pと同じ構成となる。センサーの性能向上により検知対象を拡大するとともに、ユニットを小型化して搭載性を向上する。(2017/11/30)

ロサンゼルスオートショー 2017:
スバルの3列SUV「アセント」は2018年夏発売、インプレッサと同じプラットフォーム
SUBARU(スバル)は、「ロサンゼルスオートショー」において、新型3列シートSUV「アセント」を世界初公開した。スバルのラインアップでは最大サイズで、北米市場専用モデルとなる。2018年初夏の発売を予定している。(2017/11/30)

SUBARU車として最大サイズ:
SUBARU、新型3列シートSUV「アセント」初公開
SUBARUは、3列シートの新型SUV「アセント」を初公開した。(2017/11/29)

安全システム:
ハイエースが50周年、採用したトヨタセーフティーセンスは「C」ではなく「P」
トヨタ自動車は、「ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)」「レジアスエース(バン)」に一部改良を実施して2017年12月1日に発売する。(2017/11/24)

安全性向上:
トヨタ、「ハイエース」「レジアスエース」一部改良
トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」シリーズを一部改良。(2017/11/22)

大学キャンパス出張授業:
自動車アセスメントのための技術開発ではない、もっと安全なクルマを作るため
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のモノづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。安全という個性を確立するまでの取り組みを伝えた、東京工業大学でのスバルの講演を紹介する。(2017/11/20)

マツダ、最上位セダン「アテンザ」を刷新 3回目の大型マイナーチェンジ
LAオートショーで初公開。「気筒休止」機能や「SKYACTIV-G」のターボエンジンを新設。(2017/11/16)

Safety Sense C装備:
トヨタ「アクア」に特別仕様車 スタイリッシュな内外装
トヨタが「アクア」に特別仕様車「S“Style Black”」を設定。(2017/11/14)

安全性能を向上:
SUBARU、新「サンバー 」「ディアスワゴン」発売
SUBARUが軽商用車「サンバー バン」と軽乗用車「ディアスワゴン」をマイナーチェンジ。(2017/11/13)

安全性向上:
ダイハツ、新「ハイゼット」「アトレー」発表
ダイハツ工業が、軽商用車「ハイゼット カーゴ」、軽乗用車「アトレーワゴン」シリーズをマイナーチェンジして発売した。衝突回避システム「スマートアシストIII」を搭載し、安全性を高めた。(2017/11/13)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

製造マネジメントニュース:
米国販売が好調なスバル、「健全な成長」優先で販売計画を下方修正
SUBARU(スバル)は、2018年3月期(2017年度)の第2四半期(4〜9月期)決算を発表した。連結販売台数が6期連続で過去最高を更新したこともあり、売上高は前年同期比6.9%増の1兆6863億円、営業利益は同1.7%増の2121億円となった。(2017/11/7)

東京モーターショー ベンチャーも存在感 衝突回避の車いすやEV出展
人工知能やIoTを駆使した自動運転技術に関心が集まる中、ベンチャー企業も参加し、「近未来のクルマ社会」を来場者に印象づけている。(2017/10/30)

「未来ののりもの」「楽しいのりもの」「限定トミカ」も 東京モーターショー2017の見どころまとめ
注目の新車種からコンセプトカー、ミニカーまで、楽しいのりもの、未来ののりものたくさん。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
スバルの2020年の高度運転支援システムは次世代「アイサイト」とミリ波レーダー
SUBARUは「第45回東京モーターショー 2017」において、高度運転支援技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(パフォーマンスコンセプト)」を世界初公開した。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
スズキが予防安全技術を全車展開、新型「スペーシア」や小型車版「ハスラー」も
スズキは、「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、予防安全技術「スズキセーフティサポート」を全車に展開していく方針を打ち出した。間もなく発売の新型「スペーシア」や小型車版「ハスラー」といわれる「XBEE」にも、新たな予防安全機能が多数採用される。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
ダイハツ版TNGAの「DNGA」には「自動運転や電動化の要素も入る」
ダイハツ工業は「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、ダイハツ版TNGAといわれる開発コンセプト「DNGA」に基づく4台のコンセプトカーを初公開した。(2017/10/27)

東京モーターショー、次世代技術の攻防 トヨタ「エコカー全方位」揺るがず 日産やホンダは?
ディディエ・ルロワ副社長は「世界での水素社会のニーズに応えたい」と、新型の燃料電池車の試作車「ファイン−コンフォート・ライド」が初めてベールを脱いだ。(2017/10/26)

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
乗ってみたくなるデザインと快適性。(2017/10/23)

ワゴンに:
トヨタ、新型タクシー車「JPN TAXI」発売
トヨタが新型タクシー車「JPN TAXI」を発売。スライドドアを採用したワゴン型だ。(2017/10/23)

まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ
10月27日に開幕する「第45回東京モーターショー2017」では、電気自動車(EV)を各社が提案するほか、自動運転支援やコネクテッドカー関連の出展が加速。大手国内メーカーの出展内容をまとめた。(2017/10/21)

車両デザイン:
レクサスの新型「LS」は、6ライトキャビンや匠の技で唯一無二のフラグシップに
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を全面改良して2017年10月19日に発売した。税込み車両価格は980万〜1680万円。月間販売目標台数は600台だが、発表前に7600台を受注した。(2017/10/20)

安全装備拡充:
トヨタ、カローラ「フィールダー」「アクシオ」マイナーチェンジ
トヨタが「カローラフィールダー」「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、発売した。(2017/10/11)

東京モーターショー 2017:
トヨタ「センチュリー」が全面改良で大型化、HVでクラストップの燃費達成も
トヨタ自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において2018年半ばに発売する「センチュリー」の新モデルを初披露する。ハイブリッドシステムや衝突回避支援システムなど最新技術を取り入れる。(2017/10/6)

東京モーターショー 2017:
レクサスは世界初公開のコンセプトカーなど12車種出展、販売間近の新型「LS」も
トヨタ自動車は、レクサスブランドで「第45回東京モーターショー 2017」において、フラグシップセダン「LS」の新モデルや世界初公開のコンセプトカーなど全12車種を出展する。コンセプトカーの詳細はプレスデー初日となる10月25日に公開される予定だ。(2017/10/4)

オムロン E2E-NEXT/e-治具:
自動車工場の突発的な設備停止リスクを低減させる次世代近接センサー
オムロンは、自動車および自動車部品工場における設備稼働率の向上に貢献する、「世界最長」(同社)の検出距離を実現した次世代近接センサー「E2E-NEXT」を発表した。(2017/10/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アイサイト 分かりにくい誠実と分かりやすい不誠実
スバルがレヴォーグに「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載。都内で行われた試乗会でこのツーリングアシストをテストした筆者はとても混乱した。それは……。(2017/10/2)

アナログ回路設計講座(14):
PR:電力密度の高いシステムが要求する「大電流コンバータ」
FPGAやASICなどに代表される高性能デジタルICは、製造プロセス技術の進化に伴い動作電圧を低下させる一方で、動作電流は増大の一途をたどっています。ただこれまでは低電圧/大電流の供給には、LDOないし複数のデバイスを使用したスイッチング電源が選択肢がなく、高密度実装を要求されるさまざまなアプリケーションで課題となっていました。そこで、今回は低電圧/大電流に対応する新世代のモノリシックスイッチング降圧レギュレーターを紹介します。(2017/10/2)

稲の“健康診断”ドローンで ヤンマーとコニカミノルタが新会社
ヤンマーとコニカミノルタが合弁会社「ファームアイ」を設立。ドローンやセンシング技術などを活用し、農作物の生育状況や土地の栄養状態を診断するサービスを提供する。(2017/9/29)

東京モーターショー 2017:
スポーツセダンに高度運転支援技術を、自動運転時代のスバルらしさ示す
SUBARU(スバル)は「第45回東京モーターショー 2017」において、高度運転支援技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開する。(2017/9/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。