ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PENTAX Q7」最新記事一覧

クラシカルデザインをまとった“Q”新モデル 「PENTAX Q-S1」8月28日発売
リコーイメージングから、手のひらサイズのレンズ交換式ミラーレスカメラ「PENTAX Q-S1」が登場。クラシカルかつ高級感あるデザインが大きな特徴だ。(2014/8/5)

「PENTAX Q7」に100台数限定のスペシャルカラーバージョン
「PENTAX Q7」の特別仕様「PENTAX Q7 スペシャルエディション」が発売される。ボディが特別なクリスタルタイプのカラーとなり、レンズ2本とレンズフードも付属する。(2014/5/28)

交換レンズ4本付属の数量限定セット「PENTAX Q7 プレミアムキット」
「PENTAX Q7」に交換レンズ4本などをセットした数量限定モデルが販売される。(2014/4/3)

「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」キャッシュバックキャンペーンが期間延長
リコーイメージングが「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」を対象としたキャッシュバックキャンペーンの期間延長を発表した。3月30日まで延長する。(2014/2/3)

超広角ズーム対応、「PENTAX Q」最新ファームウェア
リコーイメージングが「PENTAX Q」用ファームウェアの最新版を提供開始した。適用することで動作安定性が向上するほか、新レンズ「PENTAX-08 WIDE ZOOM」に対応する。(2013/12/5)

「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックキャンペーン
リコーイメージングが「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックを行う「Enjoy Your Color!! キャンペーン」を開始した。(2013/12/5)

「世界最小最軽量」Qマウント用超広角ズーム「PENTAX-08 WIDE ZOOM」
リコーイメージングがQマウント用交換レンズ「PENTAX-08 WIDE ZOOM」を12月中旬より販売開始する。Q7装着時、焦点距離は35ミリ換算17.5〜27ミリ相当となる。(2013/11/7)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」に全10色のグリップラバー交換サービス
ペンタックスリコーが「PENTAX Q7」ならび「PENTAX K-50」のグリップラバー交換サービスを開始した。(2013/7/24)

センサーが大きくなった「PENTAX Q7」をQ10と比べながらチェックする
手のひらサイズで本格派、として登場した「PENTAX Q」に上位モデルの「Q7」が登場した。センサーサイズが1/2.3型から1/1.7型へと大型化した変化点を中心に、チェックしていこう。(2013/7/10)

suono、PENTAX Q 10/7用の帆布ケース
suonoがペンタックス「PENTAX Q10/7」用の帆布ケースを販売開始した。標準ズームを装着したまま収納できる。(2013/7/8)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さん
「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さんが起用される。(2013/6/28)

交換レンズをコンプ 「PENTAX Q7」に限定キット
「PENTAX Q7」の発売を記念した限定キットが発売される。現在発表されているすべてのQマウントレンズが付属する。(2013/6/13)

ボディキャップ感覚レンズ 「PENTAX-07 MOUNT SHIELD LENS」
ペンタックスリコーはQマウントレンズ「PENTAX-07 MOUNT SHIELD LENS」を発売する。ボディキャップ代わりの装着できる全高6.9ミリの薄さと、トイカメラで撮影したような周辺の流れや描写の柔らかさが特徴。(2013/6/13)

ペンタックス、センサー大型化の上位モデル「PENTAX Q7」
ミラーレスカメラ「PENTAX Q10」の上位モデルとして、撮像素子を大型化した上位モデル「PENTAX Q7」をペンタックスリコーが発売する。(2013/6/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。