ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PENTAX Q7」最新記事一覧

クラシカルデザインをまとった“Q”新モデル 「PENTAX Q-S1」8月28日発売
リコーイメージングから、手のひらサイズのレンズ交換式ミラーレスカメラ「PENTAX Q-S1」が登場。クラシカルかつ高級感あるデザインが大きな特徴だ。(2014/8/5)

「PENTAX Q7」に100台数限定のスペシャルカラーバージョン
「PENTAX Q7」の特別仕様「PENTAX Q7 スペシャルエディション」が発売される。ボディが特別なクリスタルタイプのカラーとなり、レンズ2本とレンズフードも付属する。(2014/5/28)

交換レンズ4本付属の数量限定セット「PENTAX Q7 プレミアムキット」
「PENTAX Q7」に交換レンズ4本などをセットした数量限定モデルが販売される。(2014/4/3)

「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」キャッシュバックキャンペーンが期間延長
リコーイメージングが「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」を対象としたキャッシュバックキャンペーンの期間延長を発表した。3月30日まで延長する。(2014/2/3)

超広角ズーム対応、「PENTAX Q」最新ファームウェア
リコーイメージングが「PENTAX Q」用ファームウェアの最新版を提供開始した。適用することで動作安定性が向上するほか、新レンズ「PENTAX-08 WIDE ZOOM」に対応する。(2013/12/5)

「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックキャンペーン
リコーイメージングが「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックを行う「Enjoy Your Color!! キャンペーン」を開始した。(2013/12/5)

「世界最小最軽量」Qマウント用超広角ズーム「PENTAX-08 WIDE ZOOM」
リコーイメージングがQマウント用交換レンズ「PENTAX-08 WIDE ZOOM」を12月中旬より販売開始する。Q7装着時、焦点距離は35ミリ換算17.5〜27ミリ相当となる。(2013/11/7)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」に全10色のグリップラバー交換サービス
ペンタックスリコーが「PENTAX Q7」ならび「PENTAX K-50」のグリップラバー交換サービスを開始した。(2013/7/24)

センサーが大きくなった「PENTAX Q7」をQ10と比べながらチェックする
手のひらサイズで本格派、として登場した「PENTAX Q」に上位モデルの「Q7」が登場した。センサーサイズが1/2.3型から1/1.7型へと大型化した変化点を中心に、チェックしていこう。(2013/7/10)

suono、PENTAX Q 10/7用の帆布ケース
suonoがペンタックス「PENTAX Q10/7」用の帆布ケースを販売開始した。標準ズームを装着したまま収納できる。(2013/7/8)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さん
「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さんが起用される。(2013/6/28)

交換レンズをコンプ 「PENTAX Q7」に限定キット
「PENTAX Q7」の発売を記念した限定キットが発売される。現在発表されているすべてのQマウントレンズが付属する。(2013/6/13)

ボディキャップ感覚レンズ 「PENTAX-07 MOUNT SHIELD LENS」
ペンタックスリコーはQマウントレンズ「PENTAX-07 MOUNT SHIELD LENS」を発売する。ボディキャップ代わりの装着できる全高6.9ミリの薄さと、トイカメラで撮影したような周辺の流れや描写の柔らかさが特徴。(2013/6/13)

ペンタックス、センサー大型化の上位モデル「PENTAX Q7」
ミラーレスカメラ「PENTAX Q10」の上位モデルとして、撮像素子を大型化した上位モデル「PENTAX Q7」をペンタックスリコーが発売する。(2013/6/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。