ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フィリップ・コトラー」最新記事一覧

知られざる、金沢工業大学の巧みなマーケティング戦略
金沢工業大学はマーケティング戦略が巧みである。少子化により大学淘汰が加速する時代、大学もマーケティング戦略の巧緻によって勝ち残りが決まる。(2016/6/28)

マーケティングなんてカンタンだ!:
間違いがちなフレームワークを総点検 「そのポジショニングでは売れない」
現代マーケティングの大家、フィリップ・コトラーは「コトラーのマーケティングコンセプト」のポジショニングの項で、「マーケティングで最も重要なのはポジショニングである」と明言している。(2016/5/20)

SWOT分析:
マーケティングなんてカンタンだ! 間違いがちなフレームワークを総点検
本稿では、非常にポピュラーな割には誤用が散見され、ともすると「ミスリード製造器」ともなりがちなSWOT分析を取り上げる。(2016/4/27)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
それぞれが意思決定者
社長に聞いてみないと分からない……。社長の了解がないとできない……。ボードメンバーからこのような発言が出てくる状況は、かなり深刻だ。経営チームを機能させるにはどうすればいいのか。(2015/12/7)

目のつけどころ:
シャープの「ロボホン」は、普及するのか?
シャープが久しぶりに「目のつけどころがシャープ」な商品を発表した。ロボット電話「ロボホン」だ。(2015/10/30)

視点:
日本発のグローバルブランドを増やそう
日本発のブランドがグローバルで成功するために必要なポイントは3つ。戦い方、鮮度、そして組織。(2015/1/19)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第1回 「誰も知らない需要」を読み解くテキストマイニング
市場分析や製品サービス改善など、幅広い領域において注目を集めているビッグデータ活用。企業はいかにして効率的/効果的に取り組むべきか? オウケイウェイヴのOKWave総合研究所 所長 佐藤哲也氏が、独自のQ&Aデータと分析ノウハウを用いて分かりやすく解説する。(2014/11/13)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の高い付加情報を、営業部門に託すことである。前回議論を行ったマーケティング活動の次の段階である「見込み客管理活動」について、マーケティングの諸理論を交えて議論を行う。(2014/8/20)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第2回 「マーケティング活動」の詳細解説――メッセージ開発とチャネルの検討
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の高い付加情報を、営業部門に託すことである。この役割を担うにあたり、マーケティング部門の業務は「マーケティング活動」と「見込み客管理活動」に分けられる。今回、次回の2回に分け、各々の活動のミッションについて議論する。(2014/7/22)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第1回 KKDの変遷――「勘」「経験」「度胸」から「仮説」「検証」「データ分析」へ
データを起点としたPDCAサイクルの繰り返しはマーケティング領域でも年々その重要性を増しています。いわゆる“データドリブン”は、現代のマーケティング活動における常識となりつつあるのです。(2014/7/14)

TACの電子書籍第1弾、Kindleストアなどで配信開始
PHP研究所がTACの刊行物をAmazonと共同で電子書籍化。Kindleストアをはじめ、国内外の各電子書籍配信プラットフォームを通じて順次販売していく。(2014/4/25)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第2回 ビジネスを継続していくために――BtoB企業に不可欠な「分析の知」
ビジネスを続けていくには、継続してお客さまを見つけることが必要。安定的な取引がある特定の顧客に依存し過ぎると、もしもの時に経営が行き詰まります。特に企業間取引(BtoB)を主体としている企業の場合、これからはマーケティングによる「分析の知」が未来を決めることになるでしょう。(2014/4/23)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第1回 企業の存続と繁栄の源泉はどこに? BtoBマーケティングから考える日本企業の未来
分かるようで分からないBtoBマーケティング。時代とテクノロジの進歩の早さに私たちは何から学べば良いのだろうか。悩みを抱えるビジネスパーソンに学びの場からの情報提供と現場からの最新動向をお伝えるする連載の第1回。(2014/3/26)

「1カ月限定」だったアイドルが、10年以上愛されている5つの理由
10年以上のキャリアを重ねる“ベテラン”地方アイドル「Negicco」。彼女たちがこの10年間活動を継続している理由とは? 書籍『新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ』から紹介します。(2014/3/18)

仕事をしたら“ブランド”が見えてきた:
人はなぜ「コカ・コーラ」や「アップル」の商品を買うのか
日本の企業広告を見ていると、自社商品をアピールするものが多い。「目先の利益を追いかけなければいけない」といった理由があるのだろうが、本当にそれでいいのか。グローバル企業と日本企業の“違い”について、Neo@Ogilvyの山崎浩人さんに話を聞いた。(2014/3/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/28)

仕事をしたら“会社に足りないモノ”が見えてきた:
コカ・コーラのようなマーケティングが、日本でできない理由
とあるコンサルティング会社が発表した「企業のブランド価値」ランキングによると、「コカ・コーラ」が13年連続でトップ。日本企業を見ると、トップは「トヨタ」で10位どまりだ。Neo@Ogilvyの山崎浩人さんは、コカ・コーラはある特徴的なマーケティングをしているという。それは……(2013/8/8)

CMO1700名からの考察:
マーケティングの「ビジョン」と「現実」のあいだ
米IBMが2011年に行った「Global CMO Study」の調査結果を基に、世界中あらゆる業界/企業におけるマーケティングの現状とCMOの役割について、その課題と今後の方向性を考えてみよう。(2013/6/26)

机を基地化せよ:
机もFacebookも偽装せよ!
今回は机をある目的のために「偽装」するテクニックを紹介します。実はこの方法、Facebookのプロフィールを作る際にも役立つのです。(2013/4/25)

新しいマーケティングの潮流:
ソーシャル時代のストーリー・マーケティング【前編】
共感を重視したストーリー・マーケティングの手法が、広告宣伝の世界において一定の効果を生み出している。一方で、ソーシャル・テクノロジーの台頭により、ストーリー・マーケティングに新たな展開の可能性が浮上してきている。(2013/4/10)

目指せT字型人材! 中小企業エンジニアのスキルアップ(3):
これだけは知っておきたい! 「マーケティングって何?」(後編)
マーケティングの基礎・後編では、「マーケティングミックス」について解説する。標的とした市場セグメントに、どのようにアプローチすればいいのだろうか。(2013/2/20)

【連載】オンラインとオフラインで考えるリードマネジメント:
第6回 マーケティング部門と営業部門の“溝”を埋める
マーケティング部門と営業部門の連携は、獲得したリードをより効率的/効果的に受注につなげるためには欠かせないものです。第6回はマーケティング部門とセールス部門間の“溝”を埋め、コミュニケーションやコラボレーションを活性化させる手段について考えたいと思います。(2013/1/29)

目指せT字型人材! 中小企業エンジニアのスキルアップ(2):
これだけは知っておきたい! 「マーケティングって何?」(前編)
今回は、身近な存在のようだけど、いまひとつ理解しづらい「マーケティング」についての解説。T字型人材を目指すエンジニアなら、ちゃんと説明できるようになっておきたい。(2013/1/11)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第6回 「ベストプラクティス」が「猿真似」に陥る理由が分かると、顧客中心主義の戦略のポイントが分かる
我々のバリュープロポジションは何か? それをいかに実現するのか?――。戦略の本質は対象を見定め、「何をやらないか」を決めてシンプルにし、かつ着実に実行することなのである。(2013/1/10)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第5回 企画書は永遠のβ版? 間違いだらけの企画の進め方
まず目的と解決すべき課題を仮決めする。そして、叩き台となる1〜2枚の企画書を作る。その叩き台となる企画書を基に、周囲に意見を求め、新しいアイデアを取り込みながら、実行/検証し、改善する。この方法であれば確実に企画を前に進めることができる。(2012/11/28)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第4回 新製品は売れない。ではどうするか?
アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間には、「キャズム」と呼ばれる普及のための大きな「深い谷」がある。多くの製品がこの谷を越えられずに、消えていく――。谷を飛び越える秘策はあるのだろうか?(2012/10/26)

MBA僧侶が説く仏教と経営:
刺激すべきニーズを見つけよ――“仏教的マーケティング”のススメ
東大卒業後、インドでMBAを取得した僧侶・松本紹圭氏。連載では経営用語を仏教用語に置き換えながら“借り物でない日本的経営”を思索していますが、今回は「人がどう生きたいか」と正面から向き合う「仏教的マーケティング」の提案です。(2012/10/3)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第3回 「価格競争」から「価値競争」へ
「勝者はトップシェア企業1社だけ」「価格に敏感な顧客だけが集まる」「よき顧客は去っていく」――。価格勝負の“泥仕合”がもたらすこれら3つの負の要因を理解すべし。(2012/9/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
「日本のちゃんと」をマーケティングしていきたい
ホンネを言おう。実は私はマーケティングがきらいだ。「マーケティング」という、何をするかイメージしにくい用語も好きになれなかった。(2012/9/13)

キーマン、本を語る【グローバル企業で働くということを知る3冊】:
学生時代の読書が礎を作った 日本オラクル・桐生執行役員
新卒から外資系企業の日本法人で働く桐生氏が、日々のハードワークの中でさまざまなことを考える際に、そのベースとなっている本を紹介する。(2012/9/4)

ビジネスノベル新世紀:
ビジネス書+ライトノベル=“ビジネスライトノベル”の誕生
ビジネス書で小説形式だったり、表紙にキャラクターのイラストを使用したりしている作品が登場している一方、ライトノベルでもビジネスをテーマにした作品が登場しています。そうした“ビジネスライトノベル”とでも言うべきジャンルが登場している背景には何があるのでしょうか。(2012/8/24)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第2回 「多機能/高品質なのに低収益」――間違いだらけの顧客中心主義から抜け出す
ターゲット顧客が必要としていなければ、あえてその要素は切り捨てること。そうしなければ、どの会社も同じような商品を作り、多機能/高品質、かつ低収益な商品を数多く生み出し続けることになる。(2012/8/20)

それゆけ! カナモリさん:
キャリア女性によるキャリア女性のためのワンピース――「kay me」のスピード感
コンサルタント出身、毛見純子さんのブランド「kay me」が、静かに話題を呼んでいる。kay meの商品は、働く女性のためのワンピースが中心。Facebookなどのクチコミで顧客を広げ急成長、わずか1年で銀座の中心に常設店を構えた毛見さんにインタビューを行った。(2012/8/2)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第1回 衰退する企業と躍進する企業、違いは「事業定義の仕方」にある
「製品志向」で事業を定義する企業は時代の流れに取り残される。米国の鉄道会社のように――。日本アイ・ビー・エム 永井孝尚氏によるマーケティング原論の第1回。(2012/7/23)

【連載】戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能:
第1回 CMOが日本の組織に馴染まない理由
CMOとは何者か? マーケティングドリブン型組織が持ち得る力とは? マーケティングを軸に組織再編を考える松風里栄子氏の新連載。第1回はマーケティング部門が見直される背景および企業の構造再編を阻む要因を整理する。(2012/7/17)

それゆけ! カナモリさん:
香り付け専用柔軟剤に見る、P&Gの“引き算戦略”
発売後1カ月半で年間販売数量の半分を売り切り、生産が追いつかず出荷停止にまでなったP&Gの「レノアハピネス アロマジュエル」。ヒットの理由は、徹底した「引き算戦略」にあった。(2012/7/11)

それゆけ! カナモリさん:
デザインで商品を再活性化せよ――スコッチ メンディングテープの挑戦
「テープディスペンサーは使用頻度からすると99%は活動していないが、その1%の使用機会をいかに楽しく、驚きに満ちたものにするかがチャレンジだったんだ」。住友スリーエム初のデザインマネージャーとなったフィリップ・レフュアー氏に、進化したデザイナー文具について聞いてきた。(2012/6/13)

それゆけ! カナモリさん:
ノンワイヤーブラとカラオケをフレームワークで分析しよう!
米国の著名な経営学者フィリップ・コトラー氏の考案したフレームワークの中で、「STP理論」ほど有名ではないが、実は有用なのが「製品特性分析」である。試しに、手元の新聞から幾つか記事を拾って使ってみよう。(2012/5/16)

消費者理解コトハジメ:
MacBook AirユーザーとLet'snoteユーザーはどう違う?
人気モバイルPCのMacBook AirとLet'snote。それぞれビジネスシーンで見かけることは多いが、そのユーザーにはどのような違いがあるのか。約3万人の消費行動データを抱える「ぺるそね」での検索結果をもとに分析してみた。(2012/2/22)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
本は電子書籍か、印刷か――その答えは「Think Different」で
先週亡くなった、Apple前CEOのスティーブ・ジョブズ。彼が生み出したiPadやライバルのAmazonのKindleが届けてくれた電子書籍体験は、私たちに衝撃を与えた。今後、電子書籍はどのように私たちの生活に入り込んでくるのか。神保町を歩きながら考えてみた。(2011/10/13)

それゆけ! カナモリさん:
ドイツ生まれの炭酸水は日本市場を制するか?――ゲロルシュタイナーの機会と課題
「ゲロルシュタイナー」は、100年の歴史を持つドイツナンバー1の天然炭酸水。日本ではサッポロ飲料が販売を手がけている。火山麓由来で、天然水にもかかわらず強い炭酸性を持ち、ミネラル類も豊富に含んでいる。だが、ユニークな特性を持った商品であるが、悩みもあるという。(2011/8/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本が蘇るために必要な「グリーン・オーシャン戦略」という選択
自然の恵みである限られた資源を感謝して使う。そしていかにして次世代に残すかも考えなくてはならない。(2011/7/21)

それゆけ! カナモリさん:
「靴磨きの師匠」に学ぶマーケティングの神髄
某駅前に陣取って15年。2人の弟子を従えた「靴磨き職人」。彼は客の靴を見ると、自分が磨いた靴かどうかがすぐ分かるという。クリームから、磨き方の徹底度まで、さまざまなことが異なっているからだ。(2011/6/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
変革のエンジンとなるプロジェクトチームの作り方――シグマクシス、倉重会長
第18回 ITmedia エグゼクティブセミナーでは「社員こそ競争優位の源泉 ワークスタイル変革で新たな価値創造を」というタイトルのもと、さまざまなスピーカーが熱弁をふるった。基調講演ではシグマクシス会長の倉重英樹氏が、企業に競争力とイノベーションをもたらすワークスタイル変革について持論を展開し注目を集めた。(2011/3/31)

それゆけ! カナモリさん:
オンナの胆力が生んだ大ヒット商品、ルルドマッサージクッション
大阪の折りたたみベッド・健康器具等の中堅メーカー、株式会社アテックスには大ヒット商品がある。「ルルドマッサージクッション」。見た目はスクエアなただのクッションだが、中身は本格派マッサージ機。この商品には、オンナの胆力が詰まっているのである。(2011/2/23)

EDIは流通業全体のインフラを目指せ【第6回】
「問題解決型IT活用」を実現する情報化時代の経営の在り方
定型業務の効率化・コスト削減ばかりに目を向けたIT活用は情報システム部門を硬直化させてしまう。経営者、CIO、情報システム部門、ユーザー部門の連携なくして戦略的IT活用は実現できないだろう。(2010/10/12)

それゆけ! カナモリさん:
ハデハデ靴・メレルの「大ヒットのヒミツ」と「挑戦」
山ガールの出現とともに、若者の間で人気を集めているアウトドアシューズがある。黄色や青などカラフルな色が特徴の「メレル」だ。なぜ、メレルはヒットしたのだろうか。(2010/9/1)

ITエンジニアのための経営戦略入門(1):
経営戦略は「持続的な競争優位を築く」ためにある
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/8/5)

最強フレームワーカーへの道:
なぜ、フレームワークが使えないのか?
「フレームワークはたくさんあるのですが、実際の仕事になかなか使えなくて……」。そんな話をよく聞きます。便利なフレームワークがなぜ使えないのか、少し考察してみましょう。(2010/5/17)

感動のイルカ:
メンター
安易なコンサル頼みで利益を減らした主人公・猪狩浩の運送会社。経営に悩んだ浩は積極的に経営を学ぼうとするが――。(2010/3/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。