ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「光触媒」最新記事一覧

カドー、ポータブル空気清浄機のスター・ウォーズモデル3種を発売――「デス・スター」のステンレスボトル付き
カドーは、同社のポータブル空気清浄機「MP-C20U」の新製品として、映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクター「ダース・ベイダー」「C-3PO」「R2-D2」をデザインしたプレミアムモデル3種を発売する。(2016/11/28)

家電は“電気の通った家具”――10年先も愛される製品を目指す「GLAPS」
エアクリーナーの分野に新規参入を果たしたREVSONIC(レブソニック)の新しい家電ブランド“GLAPS”(グラップス)。クリエイティブディレクターを務める坂口信貴氏に詳しい話を聞いた。(2016/8/22)

蓄電・発電機器:
太陽光を使う水素製造、効率を飛躍させる新材料を開発
東京大学物性研究所らの共同研究グループは、太陽光による水分解を極めて高い効率で行うことができるナノコンポジット結晶を開発した。水素ガスを効率よく生成することが可能となる。(2016/6/10)

高効率なエネルギー変換材料やデバイス実現へ:
ナノコンポジット結晶、水分解の効率を向上
東京大学物性研究所らの共同研究グループは、太陽光による水分解を極めて高い効率で行うことができるナノコンポジット結晶を開発した。水素ガスを効率よく生成することが可能となる。(2016/6/8)

光触媒使用:
“GLAPS”の新作はアルミで作られた6角柱のエアクリーナー「A1」
REVSONICが家電ブランド“GLAPS”の新製品「A1」を発売した。6角柱のアルミボディーを採用した省スペースな除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/5/31)

REVSONICが新家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ――第1弾は除菌&消臭に特化したエアクリーナー
REVSONICが家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ、第1弾製品となる「V1」を発表した。ミニマリズムを追求したデザインの除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/3/28)

自然エネルギー:
人工光合成で水素を製造するシート、太陽光に反応する光触媒が水を分解
再生可能エネルギーからCO2フリーの水素を製造する試みの1つに、光触媒を使って水を分解する方法がある。NEDOなどの研究チームは2種類の光触媒を混合したシートを使って効率的な水素の製造方法を開発中だ。最新の研究成果では太陽光エネルギーのうち1.1%を水素に変換することができた。(2016/3/14)

太陽エネルギー変換効率1.1%:
太陽光で水を分解して水素を生む光触媒シート
水中に沈めて太陽光を当てるだけで、水を分解して水素と酸素を発生させる光触媒シートをNEDOなどが開発した。安価に量産が行えるスクリーン印刷による製造にも対応できる。(2016/3/11)

自然エネルギー:
ローソンが“揚げもの廃油”でバイオマス発電、店舗の調達電力を7割削減
コンビニ大手のローソンが兵庫県姫路市の店舗にバイオマス発電システムを導入した。揚げもの商品の調理で発生する廃油を活用して発電し、店舗の電力として使うことで省エネ化を図る。発電量は既存店舗の消費電力の約20%に相当する年間3万6000kWhを見込んでいる。こうした創エネに加え、徹底した省エネ施策も導入して調達電力を7割削減する。(2016/2/4)

今後は欧米に展開:
カドー、同社初となるMADE IN JAPANの加湿器や22畳タイプの空気清浄機を発表
カドーは9月29日、空気清浄機と加湿器の新モデルを発表した。加湿器は同社初となるMADE IN JAPAN製品となる。(2015/9/29)

自然エネルギー:
太陽光からの水素製造、“小指サイズ”の素子で高効率の14%を達成
米独の国際研究チームは、小型デバイスで高効率に太陽光で水を電気分解し、水素を製造する技術を開発したと発表した。新技術でのエネルギー変換効率は14%だという。(2015/9/25)

太陽光:
太陽光による水素製造、宮崎で世界最高効率24.4%を達成
再生可能エネルギーを利用したCO2フリーな水素製造が注目されている。実用化にはエネルギーの変換効率が課題で、世界中で効率向上に向けた研究開発が進んでいる。東京大学と宮崎大学はこのほど実際の太陽光による電力から水素を生成し、太陽光エネルギーの24.4%を水素として貯蔵することに成功したと発表。これは世界最高効率になるという。(2015/9/24)

火力発電の最新技術を学ぶ(6):
CO2でバイオ燃料やプラスチック、太陽光のエネルギーが新たな価値を生む
火力発電で回収したCO2の処理方法は2通りある。1つは地下に貯留して大気中に排出させない。もう1つはCO2から価値のある商品を作り出すことだ。CO2と太陽光で光合成を促進して、バイオ燃料やプラスチックの原料を製造する技術が進化してきた。2020年代の後半には実用化が期待できる。(2015/8/17)

東芝、肉や魚の鮮度を保つ「マジック大容量」冷蔵庫など10機種発売
東芝ライフスタイルは、冷凍冷蔵庫の新製品10機種を9月上旬より順次発売する。価格はすべてオープン。市場想定価格は、21万円前後から(税別)。(2015/8/4)

キーワード解説:
夢のクリーンエネルギー「人工光合成」とは
地球温暖化など環境負荷の大きな二酸化炭素を吸収しつつ、エネルギーを生み出し、さらに有害物質を排出しないというクリーンエネルギーの生成を実現する「人工光合成」。“人類の夢”ともされた技術だが、2020〜2030年には現実のものとして実現する可能性が見え始めている。(2015/7/17)

野菜室がより広く:
業界最大の容量730リットル! 省エネ+鮮度維持の「プラチナ触媒」を採用する日立製冷蔵庫12機種が登場
日立アプライアンスは、「真空チルド」シリーズ冷蔵庫12機種の新モデルを発表。業界最大をうたう容量730リットルの最上位モデルをラインアップする。(2015/7/16)

自然エネルギー:
「人工光合成」で、酢酸から自動車用燃料を作る要素技術を開発
大阪市立大学の研究グループと自動車メーカーのマツダは、共同研究により、太陽光エネルギーを利用して自動車用の低炭素燃料として注目されるエタノールを生成できる「人工光合成」技術の開発に成功した。(2015/7/13)

蓄電・発電機器:
「水素社会」実現へ、パナソニックが普及を目指す3つの技術
パナソニックは2015年7月3日、「水素社会実現」に向けた同社の取り組みについて発表。水素の「製造」「貯蔵」「利用」のそれぞれの場面において技術開発を進め、普及に貢献していく方針を示した。(2015/7/6)

製造マネジメントニュース:
技術の“チラ見せ”がポイント、「脱自前主義」へオープンイノベーション拠点開設
パナソニックは、2020年の未来の暮らしをイメージしたオープンイノベーション拠点「Wonder Life-BOX」を新設。同社が持つ先進技術で実現を想定する暮らしをショウケースとして見せることで、協業の実現を目指す。(2015/7/3)

電池/エネルギー アナターゼ:
アナターゼ表面の原子や欠陥を特定、太陽電池のエネルギー変換効率向上へ
物質・材料研究機構(NIMS)を中心とする研究チームは、アナターゼ型酸化チタン(以下、アナターゼ)の表面を原子レベルで可視化して、原子や欠陥の種類を特定することに成功した。今回の成果は、光触媒や太陽電池などに用いるエネルギー材料の変換効率をさらに向上させることができる技術として期待されている。(2015/6/30)

法制度・規制:
「オゾン層」と「地球温暖化」、地球を守る2つの基準で進むフロン類の規制
フロン類の排出規制が広がりを見せている。世界的な規制強化の動きに合わせて日本でも2015年4月から「フロン排出抑制法」が施行。幅広い用途で利用されている冷媒の在り方に注目が集まっている。(2015/6/30)

東大駒場リサーチキャンパス公開2015:
3Dプリンタで100nmオーダーの加工が可能に? エバネッセント光を使う微細加工
東京大学 先端科学技術研究センターの高橋研究室は、100nmオーダーの分解能で高速に3次元造形を行う技術開発に取り組んでいる。樹脂の硬化にエバネッセント光を使うことで、このような分解能の実現が可能だという。(2015/6/9)

スピン経済の歩き方:
電気シェーバー市場で、日立だけが「ロータリー」にこだわり続ける理由
電気シェーバーを買おうと思ったら、「たくさんの種類があってどれを選んだらいいのか分からない」と感じた人もいるのでは。「回転式」「往復式」が多い中で、日立だけが「ロータリー式」を扱っている。その理由を調べていくと……。(2015/6/2)

自然エネルギー:
太陽光エネルギーを水素で貯蔵、変換効率15.3%を達成
理研は、太陽光エネルギーから水の電気分解により水素を製造し貯蔵するシステムを開発。シンプルな構造で安価なシステムを実現し、エネルギー変換効率15.3%を達成したという。(2015/4/30)

自然エネルギー:
水からプラスチックを作る、「人工光合成」で化石燃料不要の化学品製造実現へ
NEDOと人工光合成化学プロセス技術研究組合は、太陽エネルギーを利用した光触媒による水からの水素製造で、世界最高レベルの太陽エネルギー変換効率である2%を達成した。今後2021年度末(2022年3月期)にエネルギー変換効率10%を目指すとともに、同時に開発している分離膜技術と合成触媒技術を組み合わせ、化石資源が不要な化学品製造基盤技術の確立を目指す。(2015/4/1)

EE Times Japan Weekly Top10:
ウェアラブルの主役は、まだ続く
EE Times Japanで先週(2014年12月13〜19日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/12/25)

新技術:
光触媒を活用するパナソニックの次世代浄水技術
パナソニックは「エコプロダクツ2014」において、光触媒を用いた水浄化技術を展示。新開発した粒子状の光触媒を利用することで、従来の技術と比較して水中の有害物質を約100倍の速度での浄化が可能になったという。2018年までに実用化のめどを立てるとしている。(2014/12/17)

自然エネルギー:
太陽エネルギーで水素を作る「人工光合成」、2022年に実証試験へ
エネルギーに関する技術開発の将来計画を政府がロードマップにまとめた。2050年を目標に「高効率石炭火力発電」から「メタンハイドレート」まで19分野の施策を集約した。注目すべきは太陽エネルギーで水素を製造する「人工光合成」で、実用化に向けた実証試験を2022年に始める計画だ。(2014/8/21)

蓄電・発電機器:
太陽電池を水冷式に、色味も改良
クアトロエジャパンは太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)において「放水冷モジュール」を展示した。温度低下による変換効率向上と、汚れの防止を狙う。青みがめだたない多結晶シリコン品も見せた。(2014/8/7)

野菜を眠らせて鮮度を保つ!? 日立冷蔵庫の「スリープ野菜」
日立アプライアンスの新型冷蔵庫には新たに「スリープ野菜」が搭載された。葉物野菜を中心に鮮度と栄養素を長持ちさせるという。(2014/7/23)

わさびの力で長期保存? 日立の新しい冷蔵庫
日立アプライアンスは、冷蔵庫の新製品「真空チルドFSシリーズ」を9月12日から順次発売する。わさびなどの辛み成分を放出する「フレッシュカセット」を新搭載。(2013/8/27)

電気自動車:
空気と水と太陽光だけで燃料を作る、豊田中央研が人工光合成を実現
常温常圧、太陽光下で水と二酸化炭素から、有機物の一種であるギ酸を合成した。紫外線や外部電源などは使っておらず、太陽光だけで燃料を無限に製造できる可能性が開けたことになる。(2011/9/21)

生き残るために:
企業が常備すべき「防災グッズ」の再点検
大震災をきっかけに多く企業が「生き残るためには?」という意識を強めるようになりました。非常時に事業の継続と社員の安全を確保に不可欠な「防災グッズ」についてまず考えてみましょう。(2011/4/11)

仕事耕具:
ボールペンもインフル対策――セーラー万年筆、世界初の抗ウイルスモデル
セーラー万年筆は、「ウイルスを99.6%分解、除去できる」ボールペン「セラピカ kirei」の2色モデルと3色モデルを発売する。(2009/11/20)

インフル対策マスクの素材で――抗ウイルス除菌機能付きの空気清浄機
カールテクノは、抗ウイルス除菌機能を備えた「HYBRID空気清浄機MAP-7000N」を発売する。ウイルス、細菌を吸着固定、分解するフィルタを備えた。(2009/11/18)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な決算発表が続き利益確定売りをこなして堅調
(2009/7/22)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な決算発表を受けて堅調な地合いが続く
(2009/7/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
決算発表に神経質になり金融不安が再燃して大幅下落
(2009/4/8)

エネルギー技術 エネルギーハーベスティング:
発電と蓄電を同時に実現する「光蓄電池」、太陽光エネルギをぎゅっと凝縮
「太陽光で発電しつつ、それと同時に電力を蓄える」――。そんな新たなコンセプトに基づいた、「光蓄電池」と呼ぶ新構造の開発が進められている。(2009/2/27)

宇宙下着が宇宙生活を快適に
「宇宙下着」をゴールドウインが開発し、ISS日本実験棟「きぼう」に滞在する土井飛行士が実際に着用して快適さを確かめる。(2008/2/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
自作はこんなに面白い――「DIY PC Expo 2008」リポート
「自作パソコンが好き!」という人のために開催された自作PCの祭典は、一部で“鬼門”と呼ばれた秋葉原コンベンションホールで大盛況のにぎわいをみせた。680万円の超高解像度ディスプレイも展示。(2008/1/29)

天井もらくらく掃除の縦型サイクロン掃除機、東芝
東芝コンシューマーマーケティングが縦型サイクロン式クリーナー「VC-Y35D」「VC-Y34C」を発売。新型の収縮ホースを備え、天井の掃除も楽々。(2007/12/11)

PCを使うと空気がキレイになる“光触媒ファン”搭載の8センチ角ファン――アスク
アスクは、消臭/殺菌効果があるとする“光触媒ファン”を搭載する8センチ角ファン「フィリップ光触媒ファン」を発売する。(2007/9/28)

東芝、オゾンの力で脱臭・除菌するクリーナー
東芝コンシューママーケティングは、オゾンの力でダストカップ内を脱臭・除菌する「プラズマオゾンユニット」を搭載した家庭用掃除機“タイフーンロボXP”「VC-105XP」を発表した。(2007/8/24)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第7回:
家族の安眠を守る「電撃殺虫器」――あれ?
無遠慮に部屋の中を飛び交う無数の虫を見ていると、おまえらいいかげんにしやがれ、という気分になる。殺虫剤を使えば良いという人もいるが、実は殺虫剤も嫌いなのだ。そんなワタクシに最適な機器があるのを最近になって知った。(2007/7/10)

東芝、紙パックの塵を叩き落とす掃除機
東芝コンシューママーケティングは、紙パック式掃除機の新製品「VC-PW9D」および「VC-PW8F」を7月1日に発売する。(2007/6/18)

インテリアライフスタイル:
“煙突”ついたデザイン空気清浄機「HENRY ルームコンディショナー」
長さを調節できる“煙突”式の空気口を備えた空気清浄機「HENRY ルームコンディショナー」。壺のようなシンプルなデザインで和洋問わず室内にマッチしそうだ。(2007/6/7)

ダイキン、脱臭/集塵/除湿/加湿の4in1「クリアフォース」
ダイキン工業が除加湿空気清浄機“クリアフォース”を発表。脱臭/集塵/除湿/加湿が行え、組み合わせての利用も可能な4in1だ。(2007/5/30)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第4回:
押し入れのカビを撃滅せよ!――ミニ除湿器
じめじめと湿気の多い梅雨は、個人的に一番嫌いな季節である。そんなワタクシの強い味方が“除湿器”。コンセントをつないでスイッチを入れてしばらく待てば、空気中から水分を取り除いてくれるというスグレモノだ。(2007/5/29)

光とトリプルフィルターで排気をキレイにする掃除機、東芝から
東芝コンシューマーマーケティングは紙パック式掃除機「VC-PW7D」「VC-PW7E」を発売する。光触媒と3種類のフィルターで排気をキレイにする。(2007/5/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。