ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Photoshop Elements」最新記事一覧

2015年PC/タブレット夏モデル:
ハイブリッドキャスト対応モデルも登場した“ぜいたくな”オールインワン──「dynabook D81/D71/D51/D41」
3波対応チューナーモデルを拡大し、ミドルレンジとバリューモデルでストレージ容量を増強。ミドルレンジモデルにはAdobe Photoshop Elements12が付属する。(2015/5/19)

一家に1セット:
アドビ、Photoshop Elements 13とPremiere Elements 13を発売
アドビ システムズはアマチュア向けフォトレタッチソフトと、ビデオ編集ソフトの新版を発売する。(2014/9/24)

パッケージ版は10月11日に発売:
操作はより簡単に、スマホ連携も強化――「Adobe Photoshop Elements 12」「Adobe Premiere Elements 12」
アドビシステムズが「Adobe Photoshop Elements」と「Adobe Premiere Elements」の最新版を発表。写真/動画編集を気軽に行えるようチュートリアル機能やクイック編集機能を充実させた。スマートフォンやタブレットとの連携機能も強化している。(2013/9/24)

Adobe、「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」の新版をリリース
Adobeのコンシューマー向け写真編集/動画編集ソフトの新版は、同社のクラウドストレージサービス「Adobe Revel」と連係させて使うことができる。(2013/9/24)

デル、「Dell Graphic Pro」シリーズの動画/画像編集ソフトをアップデート
デルがクリエイター向けに展開する「Dell Graphic Pro」シリーズのスタンダードモデルすべてで、「Photoshop Elements 11」および「Premiere Elements 11」がプリインストールされる。(2013/6/18)

バンドルキャンペーンも好調:
デル、ブロガー向けにPhotoshop解説ワークショップを開催――「デル×アドビ」コラボの狙い
デルとアドビシステムズが協力し、ブロガーを対象とするPhotoshop Elements講習会を開催した。ハイスペックなマシンを数多くそろえるデル製PCは、画像/映像編集用途に向くとアピールする。(2013/1/17)

誰でもカンタン:
新UIで写真/ビデオ編集がより手軽に――「Adobe Photoshop Elements 11」「Adobe Premiere Elements 11」
アドビシステムズは、「Adobe Photoshop Elements 11」と「Adobe Premiere Elements 11」を10月12日に発売する。ユーザーインタフェースを刷新し、より直感的な操作を実現した。(2012/9/25)

アドビ、「EOS M」などあたる「Adobe Photoshop 選べる秋キャンペーン」
アドビシステムズが「Photoshop Elements 10」などPhotoshop製品の購入者を対象に、キヤノン「EOS M」などをプレゼントするキャンペーンを開始した。(2012/8/31)

アドビ、“Elements 10”が対象のキャッシュバックキャンペーンを開始――最大4000円
アドビシステムズは、「Photoshop Elements 10」「Premiere Elements 10」の購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始する。(2012/3/2)

Adobe、Mac App Store版「Photoshop Elements 10」を6900円で発売
AdobeがPhotoshop ElementとPremiere Elementの特別版をAppleのアプリストアで発売した。パッケージ版とほぼ同等の機能を持ち、価格は半額以下だ。(2011/11/8)

アドビ「Elements 10」発売記念、「ウルトラ」なキャンペーン
アドビが「Photoshop Elements 10」と「Premiere Elements 10」の発売記念キャンペーンを実施する。金色に輝くウルトラマン胸像などがあたる。(2011/10/14)

Adobe Photoshop Elements 8.0に深刻な脆弱性、最新版にアップグレードを
Photoshop Elements 8は既にサポート期限が切れていることから、解決策として、Adobeは最新版のElements 10へのアップグレードを奨励している。(2011/10/4)

被写界深度の調整、AVCHD書き出しも:
写真・動画の直感的な編集や整理、Facebook連携に注力――「Adobe Photoshop Elements 10」「Adobe Premiere Elements 10」
アドビシステムズは「Photoshop Elements 10」と「Premiere Elements 10」を10月14日に発売する。新しい編集機能を追加し、被写体から写真を検索する「オブジェクト検索」など写真の管理に便利な機能を搭載した。(2011/9/20)

アドビ、スペシャルサイトで年賀状テンプレートを提供開始
アドビシステムズは「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」を使った作品づくりをサポートするスペシャルサイト「アドビ アトリエ9」にて年賀状テンプレートの提供を開始した。(2010/11/2)

Premiere ElementsがMac初対応:
アドビ、「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」を発表
アドビシステムズは「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」の日本語版を10月1日に発売する。今回からMac版のPremiere Elementsが追加された。(2010/9/21)

Adobe、「Photoshop Elements 9」を発表 日本語版は10月1日発売
Photoshop Elements 9はCS5で導入された「Content Aware Fill」などを盛り込む。初めてMacに対応した「Premiere Elements 9」もリリース。(2010/9/21)

Photoshop Elementsに権限昇格の脆弱性、Adobeが回避策を公開
Photoshop Elementsに中程度の脆弱性が存在する。脆弱性情報はAdobe以外の筋から公開されているという。(2009/11/11)

アドビ、データ管理機能などを強化した「PHOTOSHOP ELEMENTS 8」など2製品
アドビシステムズは、フォトレタッチソフト「ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 8」、およびビデオ編集ソフト「ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8」の2製品を発表した。(2009/9/24)

アドビ、「Photoshop Elements 7」「Premiere Elements 7」Windows版を同時発表
アドビシステムズは、パーソナル向けタイトル“Elements”シリーズの新バージョン「Photoshop Elements 7」「Premiere Elements 7」を発表した。(2008/8/26)

自動編集機能を強化 アドビ、Photoshop/Premiere Elementsの最新版
アドビシステムズは、「Adobe Photoshop Elements 7」と「Adobe Premiere Elements 7」の日本語版を発表した。1クリックで画像の色味などを修正する「クイックフィックス機能」や、動画を自動編集してくれるインスタントムービー機能を強化したという。(2008/8/26)

アドビ、Mac版「Photoshop Elements 6」を4月4日に販売開始
アドビ システムズは、Mac OS版「Photoshop Elements 6」を4月4日より発売する。(2008/4/3)

廉価版PhotoshopがMac OS Xの最新版に対応
アドビは、画像編集ソフトウェア「Photoshop Elements 6」を2月11日にリリースされたMac OS X 10.5.2に対応させると発表した。(2008/2/19)

アドビ、Mac版「Photoshop Elements 6」初披露セミナーを実施――アップルストア銀座にて2月26日
アドビ システムズは、今年発売予定としている「Photoshop Elements 6 for Macintosh」のセミナーを実施する。(2008/2/19)

アドビ、Mac対応の廉価版Photoshopを発表
Mac版としては2バージョンぶりとなる「Adobe Photoshop Elements 6 for Macintosh」の日本語版が発表された。(2008/1/10)

アドビ、Mac版“Photoshop Elements 6”の予約受付を開始
アドビ システムズは、Macintosh版の“Photoshop Elements 6”日本語版の予約受付を開始した。(2008/1/10)

CS3の新機能を追加、YouTube用保存に対応:
アドビ、「Photoshop Elements 6」「Premiere Elements 4」発表
アドビシステムズは、個人向けの画像編集ソフト「Photoshop Elements 6」と動画編集ソフト「Premiere Elements 4」を10月下旬より発売する。(2007/9/25)

ワコム、タブレット「FAVO」のPhotoshop Elements同梱版
ワコムは、ペンタブレットタブレット「FAVO」シリーズに、同梱ソフトとして「Photoshop Elements」最新版を付属したパッケージ「FAVO Photoshop Elements Plus」2製品を発売する。(2007/3/1)

アドビ、Photoshop Elements/Premiere Elementsの無償体験版を提供開始
アドビ システムズは、Adobe Photoshop Elements 5.0日本語版およびAdobe Premiere Elements 3.0日本語版の無償体験版提供を開始した。有効期限は30日間。(2006/11/20)

アドビ、Photoshop Elementsのダウンロード版価格を値上げ――12月1日から
アドビ システムズは、フォトレタッチソフト「Photoshop Elements 5.0」Windows版のダウンロード価格改定を発表した。12月1日からの実施で、改定後価格は1万4490円。(2006/10/23)

アドビ、エントリー向け画像編集ソフト「Photoshop Elements 5.0」を発表
アドビシステムズは、パーソナルユーザー向け画像編集ソフト「Photoshop Elements」シリーズの最新版「Photoshop Elements 5.0」、および動画編集ソフト「Premiere Elemtens 3.0」を発表した。(2006/9/12)

Adobe、Photoshop Elementsの新版を発表
Adobeが「Adobe Photoshop Elements 5.0」と「Adobe Premiere Elements 3.0」を発表した。日本語版は11月に登場する。(2006/9/12)

AdobeとLenovoが米国の教育市場向けで協力
Lenovoの教育機関向けPCに、Adobe Photoshop ElementsとPremiere Elementsがプリインストールされる。(2006/8/1)

アドビ、「Photoshop Elements4.0」「Premiere Elements2.0」発表
アドビシステムズは、パーソナル向け画像編集ソフトおよび映像編集ソフト「Photoshop Elements 4.0」および「Premiere Elements 2.0」を発表、Photoshop Elements 4.0は10月中旬より、Premiere Elements 2.0は11月中旬より発売が開始される。(2005/9/28)

Adobe、Windows版Photoshop ElementsとPremiere Elementsを改訂
AdobeのPhotoshopとPremiereのElements版がそれぞれバージョンアップされた。ただしWindows版のみ。(2005/9/27)

コンシューマー向け写真編集ソフトの最新版「Photoshop Elements 3.0」などを11月中旬より発売
アドビ システムズは、コンシューマー向けデジタル画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 3.0」、ホームビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements」、同2製品を1パッケージにした「Adobe Photoshop Elements plus Adobe Premiere Elements」の日本語版を、11月中旬より順次発売する。(2004/10/5)

Photoshop Elements 3.0発表。Premiereにも「Elements版」登場
(2004/9/16)

レビュー
PR:タブレットPCとPhotoshop Elementsでみんなゲージツ家
Photoshopのエンジンを使い、フォトレタッチやペインティングを初心者でも手軽に体験でき、仕上りはプロフェッショナルユースにも耐えられる。そんな「Photoshop Elements 2.0」をタブレットPCで試してみようと言うのが今回のレビュー。お絵描きや写真の加工の楽しみが、かなりアップします、マジで。(2004/5/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。