ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Web業界で働くためのPHP入門」最新記事一覧

オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。


こちらの連載の続きとしては、下記連載がお勧めです。


Web業界で働くためのPHP入門(8):
GET/POSTでフォームから送信された値をPHPで受け取る「定義済みの変数」
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、HTMLのフォーム機能についておさらいし、get/postメソッドなどの内容を連想配列で格納するPHPの「定義済みの変数」の中身や、フォーム送信値の取り扱いにおける注意点について解説。(2014/7/2)

Web業界で働くためのPHP入門(7):
PHPのfor文&怖い無限ループから脱出できるbreak/スキップできるcontinue
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、素数判定のロジックからbreak文やcontinue文の利点と使い方を解説。for文を使ったループ処理の基本とwhile文との違い、無限ループなども併せて紹介します。(2014/5/29)

Web業界で働くためのPHP入門(6):
PHPの算術演算子、インクリメント/デクリメント&whileを使ったループ処理/繰り返し文
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPの「代数演算子」、インクリメント/デクリメント演算子と、その前置/後置の違い、while文を使ったループ処理と、そのネストなどについて解説します。(2014/5/14)

Web業界で働くためのPHP入門(5):
PHPの配列変数、array、キー、多次元配列&var_dump
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおける「配列変数」、array、キーのさまざまな使い方に加え、多次元配列や変数の詳細を表示させるvar_dump()関数について解説します。(2014/4/16)

Web業界で働くためのPHP入門(4):
PHPの条件分岐、if、switch&比較演算子の使い方
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおけるif、else、elseif、switch、case、default、breakの使い方に加え、真偽値、論理型と比較演算子、インデントについて解説します。(2014/4/7)

Web業界で働くためのPHP入門(3):
PHPの変数と代入、リテラルとエスケープシーケンス
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおける、さまざまな変数の使い方や文字列リテラル、数値リテラル、エスケープシーケンス、ヒアドキュメントと終端IDなどについて。(2014/3/20)

Web業界で働くためのPHP入門(2):
知らないと働けないPHPの基本文法/構文と注意点
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPタグのさまざまな書き方、文の区切り方、コメントの書き方に加え、エラーが起きたときのポイントなど注意点を幾つか解説します。(2014/3/13)

Web業界で働くためのPHP入門(1):
初心者がPHPプログラミングを始めるための基礎知識とインストール
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。初回は、PHPの概要や特長を紹介し、環境構築や「Hello World!」までの手順などを解説します。(2014/3/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。