ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Web業界で働くためのPHP入門」最新記事一覧

オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。


こちらの連載の続きとしては、下記連載がお勧めです。


Web業界で働くためのPHP入門(8):
GET/POSTでフォームから送信された値をPHPで受け取る「定義済みの変数」
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、HTMLのフォーム機能についておさらいし、get/postメソッドなどの内容を連想配列で格納するPHPの「定義済みの変数」の中身や、フォーム送信値の取り扱いにおける注意点について解説。(2014/7/2)

Web業界で働くためのPHP入門(7):
PHPのfor文&怖い無限ループから脱出できるbreak/スキップできるcontinue
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、素数判定のロジックからbreak文やcontinue文の利点と使い方を解説。for文を使ったループ処理の基本とwhile文との違い、無限ループなども併せて紹介します。(2014/5/29)

Web業界で働くためのPHP入門(6):
PHPの算術演算子、インクリメント/デクリメント&whileを使ったループ処理/繰り返し文
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPの「代数演算子」、インクリメント/デクリメント演算子と、その前置/後置の違い、while文を使ったループ処理と、そのネストなどについて解説します。(2014/5/14)

Web業界で働くためのPHP入門(5):
PHPの配列変数、array、キー、多次元配列&var_dump
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおける「配列変数」、array、キーのさまざまな使い方に加え、多次元配列や変数の詳細を表示させるvar_dump()関数について解説します。(2014/4/16)

Web業界で働くためのPHP入門(4):
PHPの条件分岐、if、switch&比較演算子の使い方
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおけるif、else、elseif、switch、case、default、breakの使い方に加え、真偽値、論理型と比較演算子、インデントについて解説します。(2014/4/7)

Web業界で働くためのPHP入門(3):
PHPの変数と代入、リテラルとエスケープシーケンス
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPにおける、さまざまな変数の使い方や文字列リテラル、数値リテラル、エスケープシーケンス、ヒアドキュメントと終端IDなどについて。(2014/3/20)

Web業界で働くためのPHP入門(2):
知らないと働けないPHPの基本文法/構文と注意点
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。今回は、PHPタグのさまざまな書き方、文の区切り方、コメントの書き方に加え、エラーが起きたときのポイントなど注意点を幾つか解説します。(2014/3/13)

Web業界で働くためのPHP入門(1):
初心者がPHPプログラミングを始めるための基礎知識とインストール
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の5.5に対応しています。初回は、PHPの概要や特長を紹介し、環境構築や「Hello World!」までの手順などを解説します。(2014/3/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。