ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顔料」最新記事一覧

開発ヒストリー:
マツダ「CX-5」色とデザインへのこだわりとは?
SUVブームを牽引しているのがマツダの「CX-5」だ。今年2月に登場した2代目では、乗り心地や静粛性も大幅に向上した。クルマと「人馬一体」で走る喜びを追求し、快走し続ける。(2017/12/5)

“ミラーレス10年の集大成”はプロ向けの静止画フラグシップ――パナソニック「LUMIX G9 PRO」
パナソニックは“LUMIX”シリーズの静止画フラグシップと位置付ける「G9 PRO」を発表した。ミラーレス誕生から10年間の集大成。プロカメラマンやカメラ愛好家の撮影意欲をかき立て、撮影意図に応えるハイエンド機」(同社)という。(2017/11/16)

ビジネスに、エコタンク搭載モデル:
PR:圧倒的な低印刷コストでレーザープリンタの不満を解決!! エコタンク搭載モデル「EW-M5071FT」無料モニター募集
エプソンのエコタンク搭載モデルのモニター企画の第4弾は「EW-M5071FT」。同シリーズで唯一、A3ノビに対応し、ファクス機能も搭載。さらには高い耐久性も実現した本格的なビジネス機だ。圧倒的な低印刷コストによる経費の削減や業務の効率化を図りたい企業は必見!(2017/10/18)

日本HP、大判複合機「DesignJet T830 MFP」に省スペースなA1対応モデルを追加
日本HPは、同社製の大判複合機「DesignJet T830 MFP」のラインアップにA1対応モデルを追加した。(2017/10/10)

PR:写真プリントがキレイに、そして思う存分楽しめる! PIXUSプレミアムモデル「XK」シリーズ徹底分析
キヤノンの最新プリンタは「高画質」で「低ランニングコスト」だから、写真プリントを心ゆくまで楽しめる!(2017/9/22)

TechFactory通信 編集後記:
「世界初」ずくめの3Dプリンタがついにベールを脱ぐ!
あれから2年――。(2017/9/16)

PR:「EW-M770Tのおかげでカラープリントの頻度が増えました」――情報セキュリティ企業のエコタンク搭載モデル導入事例
無料モニター企画でEW-M770Tを導入した「株式会社セキュアシステムスタイル」を取材。エコタンク搭載モデルは実際の業務にどんな変化をもたらしたのだろうか。(2017/9/13)

3Dプリンタニュース:
ミマキのフルカラー3Dプリンタは2017年11月発売、滑らかで美しい造形が可能
ミマキエンジニアリングが2017年11月にフルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」を販売開始する。販売価格は1780万円(税別)。同製品ではC、M、Y、K、ホワイト、クリアのUVインクを積層し、UV照射で硬化させて造形していく。表現可能な色数は1000万色以上。(2017/9/1)

ミマキエンジニアリング 3DUJ-553:
Mimaki技術の集大成、1000万色以上のフルカラー造形を実現する3Dプリンタ発売へ
ミマキエンジニアリングは、UV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」の販売を、2017年11月から開始すると発表した。販売価格(税別)は1780万円で、年間100台の販売目標を掲げる。(2017/9/1)

エプソン、従来比で約2倍の高耐久性を実現したA3ノビ対応のビジネス向け複合機など3製品
エプソンは、A3ノビ出力に対応したビジネスインクジェット複合機/インクジェットプリンタ計3製品の発表を行った。(2017/8/31)

エプソンから秋のインクジェットプリンタ12機種 エコタンク搭載モデルを大幅拡充
エコタンクに新機種4モデル、Colorio V-editionにはA3ノビ対応機が登場。(2017/8/31)

さらに進化した最新エコタンク搭載モデル:
PR:業務効率をどれだけ改善できる? エコタンク搭載モデル無料モニター大募集 「EW-M670FT」と「EW-M571T」を各1名に進呈
大容量インクで話題の最新エコタンク搭載モデルを業務改善に生かしてみませんか?(2017/8/31)

太陽光:
太陽光の自家消費でCO2を3%削減、コージェネも活用する先進工場
インク製造大手のDICは、茨城県の自社工場の遊休地にメガソーラーを建設する。発電した電力は工場で自家消費を行い、中期経営計画で掲げる温室効果ガス排出量の削減を促進する狙いだ。(2017/8/8)

さらにできるようになったシャア専用手帳2018年版、予約開始――シャアの万年筆も再販
(2017/7/27)

印刷でガマンしたくない人に:
PR:仕事で使ってみませんか? 新エコタンク搭載モデルの無料モニター緊急募集
大容量インクタンクの搭載により、1年間インクの追加購入不要で文書も写真もストレスなく印刷できる「EW-M770T」(エプソンダイレクトネットショップ参考価格:6万9980円)は、洗練されたボディーデザインと写真画質の新インクで従来モデルの不満点を解消した新フラッグシップモデル。無料モニターに応募してビジネスに活用してみませんか?(2017/7/25)

自然エネルギー:
化学工場にバイオマスボイラーを導入、木質チップでCO2削減
化学工業メーカーのDICは、石川県白山市の自社工場にバイオマスボイラーを導入する。天然ガスボイラーを、木質チップ利用のバイオマスボイラーに置き換えることで、CO2排出量の削減を図る狙いだ。(2017/7/7)

「バベルの塔」がもう1枚!? タブーを超え実現した「クローン文化財」制作秘話
東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。(2017/6/22)

お菓子が化粧品に変身!? 職場にある食べ物を駆使したメイクアップ動画がすごかった!
発想力がヤバい。(2017/6/21)

新発見の青色顔料がクレヨンに採用 米メーカーがネーミングを募集→「Bluetiful」と命名
2009年にオレゴン州立大学が発見した鮮やかな青。【追記】(2017/5/11)

リコー RICOH MH5421F/MH5421MF:
独自のインク循環構造により高い吐出安定性を実現した産業用インクジェットヘッド
リコーは、プリンティングシステムの基幹部品として使われる産業用インクジェットヘッド「RICOH MH5421F」と「RICOH MH5421MF」の2製品を新たに開発した。(2017/4/26)

ロングセラー商品:
ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由
昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。(2017/4/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダ独自のデザインを見せるための塗装
クルマに塗装をする最大の理由は錆びを防ぐためだ。けれども、塗装は商品のデザイン価値を高める効果もある。そのことについて常識を超えた取り組みを見せているのがマツダだ。(2017/3/13)

製造業IoT:
IoT時代で重要性が増すタギング、サトーが狙う「最後の1cm」
自動認識ソリューションを展開するサトーホールディングスは、2017年1月に買収を完了した英国DataLaseとの相乗効果による新たな事業戦略を発表した。(2017/3/13)

真偽論争に発展した「なんでも鑑定団」の茶碗を奈良大学が分析 偽物に使われる釉薬の成分は検出されず
釉薬(うわぐすり)などで再現した偽物ではないかと指摘されていました。(2017/3/3)

PR:A3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」
ブラザーから登場した新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」は、従業員50名程の中小企業(SMB環境)までもカバーする意欲的な製品だ。“ビジネスインクジェットの伝道師”こと小川夏樹氏が新モデルを斬る!(2017/2/20)

材料技術:
マツダの走りを陰で支える、高機能樹脂材料の開発秘話
マツダと聞くと「SKYACTIV」の名で知られるディーゼルエンジンやガソリンエンジンの燃焼技術、シャーシ技術や魂動デザインがイメージされる。SKYACTIVテクノロジーを実現する上でも重要な材料の開発技術にも力を入れている。とりわけ樹脂に関しては、軽量化やエコロジーの観点からも重要だ。(2017/2/10)

プリントの楽しさを再発見:
1年間インクの追加購入不要! 新エコタンク搭載モデル「EW-M770T」の進化ポイントまとめ
大容量インクタンクを採用して話題を呼んだエコタンク搭載モデルに新たなフラッグシップモデルが加わった。日本のニーズに最適化したという「EW-M770T」はどこが変わったのか。(2017/2/8)

エプソン、エコタンクに新フラッグシップモデル「EW-M770T」登場 5色インクで写真印刷も
エプソン販売は、大容量インクタンクを採用したエコタンクシリーズの新モデルとして、染料/顔料の2種類のブラックを含む5色のインクを搭載したA4インクジェット複合機「EW-M770T」を発表した。(2017/2/8)

エプソンが「100枚/分」の高速印刷ラインインクジェット複合機を投入
「エプソンのスマートチャージ」を製品、販売プランともに拡充。(2017/2/2)

この赤い筆記具はまさしくシャア専用……! 「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブル仕様の万年筆が登場
3倍の速度でサインできそう。(2017/2/1)

ペンで描いた棒人間が水の中で踊り出す!? 不思議な動画がYouTubeで話題に
水をかけられた棒人間は、ふわっと浮き上がって息を吹きかけるとくるくる回っています。一体どうなってるの?(2017/1/27)

ブラザー初の全色顔料インクでビジネス文書の画質を向上――A3インクジェット複合機「PRIVIO」新モデル発表会
耐久性を向上し、ファーストプリントも大幅短縮。SMB市場の拡大を目指す。(2017/1/19)

ブラザー、ビジネス文書に適した全色顔料インクを採用するA3インクジェット複合機3機種
ブラザー販売は、同社初となる全色顔料ベースインクを採用するA4インクジェット複合機計3機種の発表を行った。(2017/1/19)

貼るファンデーション?:
パナソニックの“魔法の鏡”が創り出す新たな美
パナソニックは、非接触の肌センシング技術を用いた魔法の鏡「スノービューティミラー」と、貼るファンデーションを実現する「メイクアップシート」について技術セミナーを開催した。(2016/12/6)

“印刷して貼るメイク”パナソニックが開発 その貼り心地は――実際に体験してきた
パナソニックが開発した“印刷して貼るメイク”を記者が実際に体験。「開発の経緯は」「市販は考えているのか」「価格はどれくらいになるのか」――今後の展開も聞いてきた。(2016/11/18)

ロサンゼルスオートショー2016:
マツダの新型「CX-5」がお目見え、新色を設定するも外観はほぼ変わらず
マツダは、クロスオーバーSUV「CX-5」の新モデルを世界初公開し、2017年2月に日本で発売する。順次、グローバルで展開する。荷重移動をサポートする「G-ベクタリング コントロール」を搭載するとともに、新開発の車体色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初採用する。(2016/11/17)

これは買い替えのタイミングだ:
PR:家族みんなで使うプリンタの決定版!! 使って分かった「PIXUS TS9030」の実力
キヤノンのインクジェット複合機「PIXUS」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。しばらくプリンタを買い替えていない家庭で、最新モデルに置き換えてみるとどんなメリットがあるのか、実際に体験してみた。(2016/10/6)

CEATEC JAPAN 2016:
“印刷して貼るメイク”登場 パナソニックが開発 鏡台で肌状態を分析
肌に貼ってシミなどを隠せる「メイクアップシート」を、パナソニックがCEATEC JAPAN 2016に参考出展。同社の印刷技術を使い、医療用のナノシートに化粧顔料を塗布した。(2016/10/3)

三菱エンジニアリングプラスチックが開発:
ポリカーボネート樹脂が進化、新たに金色などを
三菱エンジニアリングプラスチックは2016年9月12日、同社が展開する「高意匠性ポリカーボネート樹脂」において、新たにゴールド色や透明系偏光パール、アルマイト調色を開発したと発表した。(2016/9/13)

エコタンクにも新モデル:
史上最小サイズを実現したA4複合機「EP-879A」など、最新カラリオの特徴まとめ
エプソンが家庭向けインクジェット複合機の最新モデルを投入。2年分のインクタンクを付属する“エコタンク”のラインアップにも新モデルが登場した。(2016/9/2)

エプソン、広色域印刷対応の“Colorio V-edition”新モデルなど家庭用インクジェットプリンタ7機種を投入
エプソンは、家庭用インクジェットプリンタの新モデル7機種9モデルを発表した。(2016/9/1)

モルフォチョウの色を忠実に:
瑠璃色を再現した発色シートを開発、色素使わず
凸版印刷は2016年8月、顔料や染料などの色素を使わずに、モルフォチョウの瑠璃色を再現した構造発色シート「モルフォシート」を開発したと発表した。偽造防止などのセキュリティや、屋内外でのプロモーションツール向けの製品として、2017年度中の実用化を目指す。(2016/8/15)

「売れる商品」の原動力:
あなた「らしさ」とは? このように聞かれてどう答えますか
「自分らしく」「うちの会社らしく」など、しばしば私たちは「らしさ」という言葉を、使います。ところが「では、あなたらしさとは?」と問われると、案外、答えはスラスラと出てこないものです。(2016/8/15)

四角い小顔にリニューアル:
キヤノン、「PIXUS」プリンタシリーズを刷新 プレミアムデザインモデルの「PIXUS TS9030」が登場
キヤノンは8月9日、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品、「TS9030」「TS8030」「TS6030」「TS5030」の計4製品を発表した。2016年9月下旬から発売する。(2016/8/9)

カートリッジでエコタンクを追撃:
印刷コストを半分に――ブラザーが大容量インク搭載プリンタを投入
縮小傾向にある家庭向けインクジェット市場。本体価格を下げて販売台数を増やし、インクで収益を上げていくのは難しい時代になりつつある。ブラザーが打つ一手は。(2016/7/5)

車両デザイン:
スポーティーな小型車はブルーグリーン、SUVにはドロドロしたこってり系
2〜3年後のクルマのボディーカラーは多面性がキーワードになりそうだ。BASFが発表した2016年の自動車のカラートレンドの予測では、「バーチャルとリアル」のような画一的ではない世相を反映し、「人工的なメタリックとナチュラルカラー」といった多面的な色の系統や、見る角度によって色彩が変わるという多面的な色彩に注目が集まるという。(2016/6/28)

ワインといえば赤と白、そして青!? スペインのクリエイター集団が作った青いワイン発売
どんな味なの……?(2016/6/25)

青色顔料を電極に用いて:
カルシウムイオン電池の優れたサイクル特性確認
豊橋技術科学大学の研究グループは2016年6月、カルシウムイオン電池の電極材料に青色顔料を用いて充放電評価を実施したところ、充放電サイクル性能が優れていることを確認したと発表した。(2016/6/14)

日本HP、ビジネス向けインクジェットおよびレーザープリンタの新製品を発表
新ブランド「HP PageWideシリーズ」を含むインクジェットプリンタの新製品5機種と、コンパクトなA4モノクロレーザープリンタ「HP LaserJet Pro M501dn」を発表した。(2016/6/2)

エプソン、従来比3.8倍の高速印刷を実現した44/64インチ対応の大判プリンタ2機種4モデル
エプソンは、水性顔料大型インクジェットプリンタ製品のラインアップに最上位モデル「SC-P10050」「SC-P20050」の2シリーズを追加した。(2016/5/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。