ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「樹脂部品」最新記事一覧

樹脂部品に関する記事を集めました

Cooper Standard FORTREX:
劣化や変色に強いのに30%の軽量化、クーパースタンダードの樹脂材料
クルマの車内に雨風やホコリ、騒音が浸入するのを防ぐウェザーストリップ。ドア枠や窓枠に装着されている。Cooper Standardは、ドアガラスラン向けに劣化や変色に強い新開発の樹脂の量産を開始した。従来の素材と比較して30%の軽量化を図れるとしている。日系自動車メーカーにも積極的に提案していく。(2016/11/29)

材料技術:
劣化や変色に強いのに30%の軽量化、クーパースタンダードが新開発の樹脂材料
クルマの車内に雨風やホコリ、騒音が浸入するのを防ぐウェザーストリップ。ドア枠や窓枠に装着されている。Cooper Standardは、ドアガラスラン向けに劣化や変色に強い新開発の樹脂の量産を開始した。従来の素材と比較して30%の軽量化を図れるとしている。日系自動車メーカーにも積極的に提案していく。(2016/11/16)

材料技術:
現代自動車のレーシングコンセプト、炭素繊維を使わずに軽量化
BASFとHyundai Motor(現代自動車)が連携を強化している。コンセプトモデルを共同開発した他、2017年に市場投入する量販モデルでもBASFが軽量化で協力する。(2016/11/1)

スバル「レガシィ」「インプレッサ」など4車種10万台リコール
スバル「レガシィ」「インプレッサ」など4車種10万台がリコール。(2016/10/6)

製造業VR開発最前線(前編):
「VR=仮想現実感」は誤訳!? VRの定義、「製造業VR」の現状と課題
製造業VR開発最前線 前編では、VRやAR、MRの概要、製造業向けVRの他の分野のVRとは異なる特徴、これまでの状況などを説明する。(2016/8/30)

FAニュース:
疲れ強さ660MPaを達成した高強度の焼結合金を開発
NTNは、疲れ強さ660MPa(最大応力1467MPa)以上、面圧強さ2.3GPa以上を達成した高強度の焼結合金を開発した。従来は適用が限定的だった、歯車/ブッシュなどの切削加工が必要な機械部品の置き換えに対応できる。(2016/7/14)

モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(4):
応募する職種や業界を知る! 機械設計職編
技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“機械設計職”にフォーカスして、求められる人材像や効果的な職務経歴書の作成ポイントについて伝授します。(2016/7/14)

CAEニュース:
CAE解析を担う現地法人をベトナムに設立、6月に営業を開始
旭化成は、CAE技術を活用した解析・高機能樹脂の部品を開発する現地法人「旭化成プラスチックスベトナム」をベトナムのホーチミン市に設立した。2016年6月に営業を開始する。(2016/5/31)

特選ブックレットガイド:
金型を使った量産設計の基礎のキソ
金型設計屋2代目の筆者がじっくり丁寧に教えます。(2016/5/6)

エコカー技術:
ダイハツの軽自動車づくりがトヨタの小型車を強くする、第1弾は「パッソ」
ダイハツ工業は、トヨタ自動車に供給する小型車「パッソ」と、パッソの姉妹車でダイハツ工業が販売する「ブーン」を全面改良した。軽自動車で培った「e:Sテクノロジー」を応用して、JC08モード燃費は28.0km/lを達成。4WD(四輪駆動)を含む全車でエコカー減税対象となる。また、車両の重量増加を抑えながら街乗りでの走行性能や静粛性を改善した。(2016/4/12)

製造ITニュース:
工業製品の解析モデル作成工数を削減するソフトウェアを提供開始
日立製作所は、コンピュータを活用した工業製品の開発において、解析モデル作成作業の一部を自動化するソフトウェア「HICAD/CADAS CAE Modeling Platform」を開発した。(2015/12/17)

FAニュース:
装置の小型化が可能なガルバノスキャニング式レーザー溶着機を発売
パナソニック デバイスSUNXは、ガルバノスキャニング式レーザー溶着機「VL-W1シリーズ」を発売した。高性能ファイバーレーザーを搭載し、高品質な樹脂溶着を可能にした。(2015/6/18)

クルマから見るデザインの真価(4):
自動車業界にもアップルとフォックスコンのような完全水平分業の時代が来る?
自動車の開発に必要な部品や素材、それらに関する技術開発の動向を見ることができる展示会「人とくるまのテクノジー展」。2015年の同展示会でプロダクトデザイナーの林田浩一氏が感じたのは、メガサプライヤの存在感の大きさだった。今後、メガサプライヤと自動車メーカーの関係はどうなっていくのだろうか。(2015/6/10)

高機能フィルム展:
アルミ部品と樹脂を化学結合で一体化、接着剤よりも安価に
神戸製鋼所は、「第6回 高機能フィルム展」と同時開催の「第2回 高機能 金属展」において、アルミニウム加工部品とポリプロピレン(PP)樹脂を一体化する新開発の接合技術を披露した。(2015/4/15)

材料技術:
自動車を軽量化できる複合材部品を3分で試作、横浜に拠点を開設
ドイツ化学大手BASFの日本法人・BASFジャパンは、2015年4月に開設する繊維強化複合材の開発拠点「アジア・コンポジット・センター」(横浜市港区)を記者向けに公開した。軽量化のために繊維強化複合材の採用拡大を検討している自動車メーカーを中心に、同拠点を活用した提案活動を強化する方針だ。(2015/3/18)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
童夢創業者・林みのる氏の「遺言」を聞け
林みのる氏による、日本のレーシンカー産業に対する辛口のエールを堪能できる最後の機会になるかも?(2015/2/10)

材料技術:
スギ間伐材を使う難燃性射出材料、新型「アルファード/ヴェルファイア」が採用
トヨタ車体は、熱可塑性樹脂と、スギ間伐材をベースとする強化繊維を組み合わせた難燃性射出材料「TABWD(タブウッド)」を開発。トヨタ自動車の新型「アルファード/ヴェルファイア」のハイブリッド車向けワイヤーハーネスプロテクターに採用された。(2015/2/9)

車両デザイン:
全高1835mmの軽自動車「ウェイク」がカーブで転倒しない理由
ダイハツ工業の新型軽自動車「ウェイク」の最大の特徴は、乗用の軽自動車としては極めて高い、1835mmという全高にある。しかしその全高は、走行安定性にはマイナスに働いてしまう。同社は、ウェイクを商品化するために、走行安定性を向上するための開発に取り組んだ。(2014/12/5)

動画で解説、小型車×ディーゼルの意識が変わる:
これは楽しい! “ず太い”加速──新型「デミオ」に乗って分かった好調の理由
これは楽しい──。新型デミオが売れている。躍動感あふれるスタイリングに加え、中でも新開発した小排気量ディーゼルエンジン搭載モデルが面白い。いきなり2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた理由も、試乗すると理解できる──のであった。(2014/10/16)

NEC、ビジネス向けモノクロレーザープリンタ「MultiWriter」一部モデルで漏電の恐れ――無償部品交換を実施
NECは、ビジネス向けのモノクロレーザープリンタ「MultiWriter」シリーズの一部で漏電と発火の可能性があると発表。本日より対象製品の無償部品交換を開始する。(2014/5/28)

車両デザイン:
見えてきた新型「コペン」のカタチ
2014年6月の発売が決定したダイハツ工業の新型「コペン」。同年3月末の技術説明会に参加したプロダクトデザイナーの林田浩一氏に、注目を集める新型コペンが、どのような車両に仕上がるのかを分析してもらった。(2014/4/15)

いまさら聞けない 電装部品入門(13):
エアバッグの前に付く「SRS」の意味を理解しよう
今や「装備されていて当たり前」の安全システムとなったエアバッグについて、今回から3回に分けて解説する。エアバッグの前に付く「SRS」には、エアバッグの根幹を成す極めて重要な意味があった。(2014/4/8)

CAEニュース:
バーチャルな世界をより現実へ近付ける「Digimat」最新版と今後
複数の材料で構成された部品や複合材料などをマルチスケール解析するためのプラットフォーム「Digimat」の最新版は、樹脂流動解析ソフトウェアの解析結果をベースに、構造解析ソフトウェアが利用できる。バーチャルな材料試験を半自動化するモジュールも登場予定だ。(2014/3/20)

マイクロモノづくり概論【人づくり編】(1):
マイクロモノづくり仲間を集める方法
小さくはじめるモノづくりビジネス「マイクロモノづくり」は、自分一人だけでは成り立たない! 一番の力になるのは、やはり町工場。でも、町工場と仲良くなるにはどうしたらいいの?(2014/3/19)

FAニュース:
日本アビオニクス、接合品質を向上させるモーターコントローラと駆動ユニット発売
同社のパルスヒート/抵抗溶接機ヘッドと組み合わせて使用することで、金属溶接、はんだ付け、樹脂熱加工の接合信頼性を向上する。(2014/3/18)

2014 International CES:
ソニーブースの事前公開で未発表「VAIO Fit 11A」を発見した
CESの正式開幕前日にソニーが展示ブースを関係者に公開した。いつも「未発表のなにか」が登場するこのイベントで、2014年も注目のVAIOに迫る。(2014/1/7)

スマアシ搭載も決定:
新型「タント」は両側パワースライドドアを採用、フロントフェイスも大幅変更
ダイハツ工業は2013年10月3日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「タント」をフルモデルチェンジする。予告サイトでは、両側パワースライドドアの採用や、大幅に変更したフロントフェイスなどの情報を公開している。(2013/9/18)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(16):
板金と樹脂のハイブリッドテクニック! はめ殺し&スナップフィット
最終回は、板金と樹脂を使った部品組み立てのテクニックを紹介する。はめ殺しやスナップフィットはどうやって設計すればいいの?(2013/9/6)

材料技術:
炭素繊維強化樹脂はなぜ高価なのか、熱可塑性樹脂の適用が限界を打ち破る
自動車の軽量化に大きく貢献するとされている炭素繊維強化樹脂は、高価なこともあって量産車の構造部材に採用されている例はまれだ。しかし、NEDOのプロジェクトが開発した熱可塑性樹脂を用いる炭素繊維強化樹脂であれば、その限界を打ち破れるかもしれない。(2013/9/5)

材料技術:
“カッコイイ”トヨタの「SAI」、樹脂部品の20%がエコプラとリサイクル材に
世代を超えて“カッコイイ”と共感されるように、エクステリアやインテリアを一新したトヨタ自動車のハイブリッド車「SAI」。樹脂部品の20%に植物由来プラスチックや樹脂リサイクル部品を使用するなど、材料面における環境への配慮にも力を入れている。(2013/8/30)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(15):
半抜きを使う「板金スマートテクニック」
今回は、半抜きを使った板金設計テクニックを紹介する。過去に学んだことも活用して“スマートな”設計をしよう!(2013/8/29)

DMS2013開催直前! ブース出展情報:
ソリッドワークス、樹脂流動解析ソフトウェアと電気設備設計ツールを出展
2013年6月19〜21日に開催される「第24回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、ソリッドワークス・ジャパンのブースでは、同社CAD製品のデモを積極的に実施。機械系設計ツールに加えて、隣接分野との効率を実現する新ソリューションの紹介を行い、3次元(3D)データをフル活用する方法などを訴求する。(2013/5/21)

電気自動車:
“過度な衝撃”が主因か、「アウトランダーPHEV」の電池セル不具合
三菱自動車は、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」で発生したリチウムイオン電池セルの不具合の調査内容について中間報告を行った。サプライヤであるリチウムエナジー ジャパンの製造ラインの「スクリーニング工程」で、リチウムイオン電池セルに過度の衝撃が加わったことが主な要因になったもようだ。(2013/4/11)

ぶっちゃけ過ぎだが、カッコいい:
東レが童夢カーボン・マジック買収、童夢オーナー「売却益でクルマ造りを楽しむ」
東レは、レーシングカーの設計/開発で知られる童夢の100%子会社で、炭素繊維樹脂部品を手掛ける童夢カーボン・マジックと童夢コンポジット・タイランドを買収する。一方、2社を売却する童夢のオーナー林みのる氏は、「鳶(とんび)が鷹を生んだようなまともな童夢カーボン・マジックの未来を東レに託したい。売却益は、70才になるまでの残り3年間で思いっきり自由なクルマ造りを楽しむのに使う」と述べている。(2013/3/18)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(22):
設計者CAEもクラウドも「まだこれから」。2013年のCAD/CAE/PLM
2012年は、構造解析以外のCAE/CAD連携や、クラウドベースの設計ツールの発表などが目立った。2013年も、引き続きこの流れが加速していくのか。また、設計現場でのCAE普及はどうなるか。(2013/2/18)

いまさら聞けない 電装部品入門(4):
激化する“燃費戦争”、発電だけではなくなったオルタネータの役割
自動車の電装部品を動作させるのに必要な電力を発電するオルタネータ。自動車メーカー各社による“燃費戦争”が激化する中で、オルタネータも進化している。今回は、エンジン負荷をできるだけ減らすためのオルタネータ制御技術や、簡易ハイブリッドシステムとしての利用といった最新事例を紹介する。(2013/1/15)

面談不要の加工・成形屋さん(4):
PR:チャリティーグッズの筐体設計をしてみようぜぃ
今回は、MONOist「メカ設計フォーラム」でおなじみの「甚さん&良くん」コンビが登場! カッコイイ!? チャリティーグッズの設計にチャレンジだ。プロトラブズの見積もりサービスで樹脂部品設計を支援。(2012/11/27)

いまどきエンジニアの育て方(14):
「図面を書いて終わり」では成長できない 〜製造部門の視点を持たせる〜
図面を書くこと、仕様書を出すこと――。開発部門の仕事はこれだけでは終わりません。自分の意図通りにモノを作ってもらうには、“いかに作りやすい設計図を書くのか”ということが重要になってきます。そのためには、開発の後工程である製造部門や、さらにその先のエンドユーザーを、若手エンジニアに常に意識させる必要があります。(2012/11/5)

新型「レクサスLS」の縞杢ハンドル、老舗家具メーカーの匠の技
新レクサスLSは、天童木工の技術が生かした、縞杢(しまもく)ステアリングを採用している。38日かかるというその製造の様子が、動画共有サイトで公開されている。(2012/10/15)

38日かけて製造してます:
新型「レクサスLS」の縞杢ステアリング、老舗家具メーカーの匠の技を生かす
トヨタ自動車の高級車「レクサスLS」の新モデルは、老舗家具メーカーとして知られる天童木工の技術が生かした、縞杢(しまもく)ステアリングを採用している。38日かかるというその製造の様子が、動画共有サイトで公開されている。(2012/10/12)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(5):
断面探索スキャン&絵辞書でしっかり板金設計!
今回は、コスト見積もりを復習してから、断面探索スキャンと絵辞書を駆使した板金設計をしよう。(2012/10/12)

“軽量”を追求、それが使い方を変える──ドコモタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」とNECの攻めどころ
NECが、ドコモ向けXiタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」の製品説明会を実施。MEDIAS TAB ULの想定ターゲットは誰か、NECが「軽量」を追求した機器を連投するのはなぜか──を説明した。(2012/9/11)

面談不要の加工・成形屋さん(2):
PR:MONOistの記者が、プロトラブズで見積もりしまくってみた【射出成形編】
MONOistの記者が、iPadスタンド作りにチャレンジするシリーズ。今回は、“本職の設計者”という素晴らしい助っ人をゲット! また今回もWeb上の加工・成形屋 プロトラブズの見積もりサービスを使いまくった。(2012/7/30)

DMS2012を歩く(3):
CADやPDMの“使い勝手”を追求する
2012年6月に開催した第23回 設計・製造ソリューション展に見た業界動向を考察するシリーズ。今回は、クリエイティブマシンのブースのCADやPDMについて紹介する。(2012/7/13)

金型設計屋2代目が教える 「量産設計の基本」(3):
角Rを付ける理由、そして公差とは何か?
角Rはどうして付けるのか? 公差とは何なのか? ――樹脂部品を設計する上での、製図お作法の「超基本」を解説する。(2012/6/20)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(1):
設計者必携! 板金設計がマスターできる絵辞書
これまでの「甚さんシリーズ」の解説を少し振り返った後、この連載で使うツール「板金設計の50%がマスターできる絵辞書」を紹介する。(2012/6/8)

人とくるまのテクノロジー展2012:
EVの電池パック締結用コネクタ、タイコエレが2014年をめどに開発中
タイコ エレクトロニクス ジャパン(タイコエレ)は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の電池パック締結用コネクタを開発している。(2012/5/25)

この町工場が元気な理由:
コマ作ってるだけじゃないんです! 由紀精密が元気な理由
元気な中小企業には元気な理由がもちろんある。CI、新規業界への参入、町工場でもできるITカイゼンなどで、いまの元気な由紀精密を作った1人にみっちりとお話を聞いた。(2012/5/18)

金型設計屋2代目が教える 「量産設計の基本」(1):
ヒケやショートが発生しないようにするには?
設計ビギナー注目! 製品を射出成形で量産するときに何を気を付けるべきか? 2代目社長が“一から”教えます!(2012/3/30)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(10):
機械設計を制す! 樹脂部品マスターへの近道はこれだ
自動車も家電化してきたいまの時代に必要なのは、“学校では教わらない”樹脂部品の設計力。今回は、その“習得の近道”について解説する。(2012/3/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。