ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プラチナ萬年筆」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラチナ萬年筆」に関する情報が集まったページです。

さらにできるようになったシャア専用手帳2018年版、予約開始――シャアの万年筆も再販
(2017/7/27)

この赤い筆記具はまさしくシャア専用……! 「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブル仕様の万年筆が登場
3倍の速度でサインできそう。(2017/2/1)

プラチナ万年筆より「倶利伽羅剣」が登場 漆黒の中に炭粉で描き込んだ龍が最高にクール
慣れ合う気を感じさせないデザイン。(2016/5/9)

折れない自信のキャンペーン:
この芯、折れません! ぺんてる「芯が折れたら返金キャンペーン」実施
細い芯でも折れないシャープペンシル「オレンズ」。0.2ミリの新色と0.3ミリバージョンが発売されるのに合わせて、ぺんてるは折れない自信を見せる「芯が折れたら返金キャンペーン」を開始した。(2015/1/13)

シャーペン業界の「芯が折れない」競争が新ステージに ぺんてる「芯が折れたら返金」キャンペーンを開始
ちょっとやそっとじゃ折れそうにない。(2015/1/13)

高機能だけどネーミングセンスが独特な名作文具5選
世のヒット商品の中には、思わず声に出してつぶやいてみたくなるようなナイスネーミングのものが数多くある。ここではそんなキラリと光るネーミングセンスを持つ、しかし決して機能性もあなどれない名作文具を集めてみた。(2014/7/10)

芯の折れにくさを追求したシャーペン「オ・レーヌ シールド」発売 なんかすごそう
普通のシャーペンの15倍折れにくいってさ。(2014/6/6)

通常より芯が15倍折れにくいシャーペン「オ・レーヌ シールド」 プラチナ万年筆が発売
芯が折れにくい“耐芯構造”を追求したシャープペンシル「オ・レーヌ シールド」が発売される。(2014/6/6)

ISOT 2013:
進化するアナログ文具、トレンドは検索ノートとスマホ連携
ISOTに出展された数々の文具の中から、ビジネスパーソンに役立つ「検索性の高いノート」と「スマホ連携文具」をご紹介しよう。(2013/7/22)

3分LifeHacking:
身近な筆記具をタッチペンに――「ペンキャップ」でタッチ操作を快適に
ふだん使っている筆記具を、スマートフォンやタブレットなど静電容量パネルに対応するタッチペンに変身させる「ペンキャップ」を紹介しよう。(2013/5/8)

世界で最も美しいステンドグラスをイメージした万年筆「シャルトルブルー」
プラチナ万年筆は、シャルトル大聖堂のステンドグラスの青色をイメージした万年筆「#3776 センチュリー『シャルトルブルー』」を発売する。価格は1万500円。(2013/1/21)

仕事耕具:
ハイテク導電素材のタッチペン+3色ボールペン「センシー・スマートペン」
プラチナ万年筆は、タッチペンと3色ボールペンを1本にまとめた「センシー・スマートペン」を10月25日に発売する。価格は2100円。(2012/10/17)

書道家、武田双雲プロデュースの筆ペん
プラチナ万年筆は、初心者でも簡単に筆文字が書ける筆ぺん「双筆」3タイプを9月21日に発売する。価格は210円〜315円。(2012/9/10)

マイクロマウスで始める組み込み開発入門(4):
走れ、マイクロマウス!! 迷路攻略、完走する日を夢見て
組み込み技術のスキルアップを目的に、小さくて賢いロボット「マイクロマウス」の製作に挑戦する北上くんとえみちゃん。前回、はんだ付けが完了した「Pi:Co Classic」を組み立てて、動作確認(LED点灯試験)を行った。今回は、センサーとモータの調整に取り組む!(2012/8/8)

ふつうに使えば手帳用ボールペン、ひっくり返せばタッチペン――プラチナ万年筆
手帳用の極細軸ボールペンにタッチパネル用のシリコンパーツを装着した「タッチパネル用ミニボールペン」が登場。アルミボディでビジネスシーンにも映える。(2012/4/10)

新機構でインク詰まりを解消――プラチナ万年筆、新「デスクペン万年筆」を1月16日発売
手ごろな価格で、普段使いの万年筆として使われているプラチナの万年筆「デスクペン」がリニューアル。メンテナンスなしでも新鮮なインクで書き出せる新機構が搭載される。(2012/1/10)

世界に1つだけの色を 混ぜられる万年筆用インク「Mix Free」
絵の具のように2色を混ぜて世界に1つだけの色を作れる万年筆用インクが登場。(2011/5/10)

仕事耕具:
多機能だけどスリム――インク色が選びやすい透明軸ペン、プラチナ萬年筆
プラチナ萬年筆は、カラーパーツを使ってインク色を選びやすくした回転式多機能ペン「ダブルR3 アクション」を12月10日に発売。価格は525円。(2010/12/9)

高級万年筆「出雲」から「鉄刀木」登場――プラチナ萬年筆
プラチナ萬年筆は、高級万年筆ブランド「出雲」から「鉄刀木(たがやさん)」を9月1日に発売した。価格は5万2500円。(2010/9/2)

プラチナ萬年筆で最軽量となる13.2グラムのマルチペン
プラチナ萬年筆は、重さ13.2グラムの軽量マルチペン「ダブルR3アクション MWB-800RS」を発売した。0.5ミリシャープペンと油性ボールペン(黒/赤)の3機能を備える。価格は840円。(2010/8/25)

漆溜まりが鮮やかな万年筆「出雲 溜塗り」――プラチナ萬年筆
プラチナ萬年筆は、16年ぶりに新しい高級万年筆ブランド「出雲」を立ち上げ、第1弾として「溜塗り」を発売した。価格は5万7750円。(2010/8/13)

仕事耕具:
1年間使ってなくても書ける――プラチナ萬年筆が新構造の万年筆
プラチナ萬年筆は、1年間キャップをしたまま使わなくてもスムーズに書ける万年筆「プレジール」を発売。新構造のキャップを採用し、インクが乾燥して消失する量も大幅に改善したという。(2010/5/19)

仕事耕具:
ロココ調をイメージしたシャープペンとボールペン
プラチナ萬年筆は、ロココ調デザインをイメージしたシャープペンとボールペン「リビエール」を限定2000本で4月10日に発売する。(2010/4/1)

Biz.ID Weekly Top10:
紙copiイベントで聞いた「幻のモチベーションアップソフト」の話
先週、「紙copi」のユーザーイベントに参加してきた。イベントでは、開発者の洛西一周氏による「開発裏話」も聞けたのだが、中でも興味深かったのは「幻のモチベーションアップソフト」の話だ。(2009/12/8)

仕事耕具:
プラチナ万年筆、大正4年のシャープペン「早川式繰出鉛筆」を復刻
プラチナ万年筆は、大正4年(1915年)に発明されたという日本初のシャープペン「早川式繰出鉛筆」を復刻し、1万本限定で販売する。(2009/12/2)

仕事耕具:
プラチナ萬年筆、「ガンジーインク消し」を復刻
プラチナ萬年筆は、ガンジーブランドで昭和10年に発売した万年筆用インク消しを復刻、11月末に発売する。瓶キャップ部分には当時のままにガンジーマークを刻印した。(2009/11/24)

仕事耕具:
本革素材の3機能マルチペン2種、プラチナ万年筆から
プラチナ万年筆は、本革巻きのマルチペン「プラチナ ダブルアクション」シリーズの第2弾製品を発売する。山羊革素材のハイグレードモデルと、本牛革素材のカジュアルモデルの2種。(2009/9/24)

Biz.ID Weekly Top10:
「草枯れちゃん」が大好きだ
そのまんまなネーミング、特に事象に「くん」や「ちゃん」を付けたネーミングというのは、どんなにシリアスなことを言っていても、なんとなく人に親近感を覚えさせる力がある。(2009/8/18)

仕事耕具:
耐“芯”構造で折れにくいシャープペン「オ・レーヌ」、プラチナ万年筆から
プラチナ万年筆は、芯が折れにくい構造を採用したシャープペン「オ・レーヌ」の3シリーズを発売する。(2009/8/17)

仕事耕具:
大理石素材のペンスタンド、プラチナ万年筆から
プラチナ万年筆は、台座に大理石を使用したデスクペンスタンド(1本用/2本用)を発売する。カラーはホワイトとグリーンの2種類。(2009/6/9)

仕事耕具:
プラチナ萬年筆、乾きやすくにじみにくい青色顔料インク
プラチナ萬年筆は、耐光性、耐水性に優れた水性顔料インク「ブルーインク」を発売する。(2009/4/15)

仕事耕具:
210円の「プレピー万年筆」に0.5ミリの中字タイプ
プラチナ万年筆は、210円と低価格の万年筆「プレピー万年筆」にペン先が0.5ミリの中字タイプを追加する。ペン先には一般的な高級万年筆に使われているプラチナ合金「イリドスミン」を採用しており、耐久性が高いという。(2009/3/31)

仕事耕具:
プラチナ万年筆、本体が伸縮するミニサイズボールペン
BPK-2500は、本体軸が伸縮する構造を採用したボールペン。収納時の全長は96ミリと、「女性の手のひらにもすっぽり収まる」サイズだ。(2009/3/9)

+D Style News:
プラチナ萬年筆、創業90周年記念のカーボンファイバー万年筆
創業90周年を迎えるプラチナ萬年筆が、カーボンファイバー製の万年筆を発表。存在感あるデザインと軽さを両立したこだわりの一品だ。(2008/2/5)

文具王の「B-Hacks!」:
蛍光ペンで「コンディション・オール・グリーン」校正術
書類のミスは、変換ミスや数字の間違い、桁違いなど、分かってみればなんてことないイージーミスがほとんど。簡単なミスを“見落とさない”ための校正術は、蛍光ペンを使うことだった――。(2007/11/8)

週刊「仕事耕具」:
メモ用ペンの“定位置”と“サイズ”が変わった?
“ちょっとメモ”に使いたい、小型で携帯に便利なペンが各社から出ている。以前なら、ペンの“定位置”はスーツかYシャツのポケットだったが、ビジネスウェアのカジュアル化に伴い、ペンの大きさと持ち歩き方が変化しているようだ。(2007/3/6)

週刊「仕事耕具」:
210円の万年筆は“万年筆”といえるのか
万年筆というと1万円程度の製品がボリュームゾーン。50万〜100万円の高級品も珍しくない。そんな中、200〜300円台の低価格製品が売れている。(2007/2/5)

210円でも書き味は本格派「プレピー万年筆」
プラチナ万年筆は、210円の万年筆「プレピー万年筆」を発売する。低価格ながら、ペン先には高級万年筆に使われるイリドスミンを採用した。(2007/2/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。