ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pocket WiFi S II」最新記事一覧

S41HW

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

3年契約と広告表示で端末無料、月額2980円の学生向け「タダスマ」
オーシャナイズが4月12日、端末代無料、事務手数料無料、基本使用料無料で、月額2980円でスマートフォンが利用できる学生向けサービス「タダスマ」を発表した。(2012/4/12)

ビックカメラ、イー・モバイルの通信サービスを提供――無料の公衆無線LANサービスも
ビックカメラが12月1日から、イー・モバイルのMVNOとして通信サービスをビックカメラ全店で提供する。下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信サービスを利用できるほか、特典も用意する。(2011/11/30)

ホームUIや省エネ機能をチェック:
写真で解説する「GS02」
1880mAhという国内最大容量のバッテリーを備えたイー・モバイルのAndroidスマートフォン「GS02」。基本性能がしっかり押さられており、1台目としても十分使用できるモデルに仕上がっている。外観とソフトウェアの見どころを紹介しよう。(2011/11/24)

イー・アクセス、スマートフォンとデータ端末への乗り換えキャンペーンを開始
イー・アクセスは、MNPでイー・モバイルのスマートフォンに乗り換えたユーザーと、他キャリアのデータ端末から同社に乗り換えたユーザーが対象のキャッシュバックキャンペーンを開始した。(2011/11/18)

KDDIが18カ月ぶりのMNP転入超 「iPhone 4S」併売でどうなるソフトバンク――2011年9月契約数
2011年9月末時点での携帯電話・PHS契約数をTCAが発表した。ソフトバンクモバイルが27万契約と18カ月連続で純増数トップだが、MNP転入数の減少が続いている。一方、ソフトバンクとともに「iPhone 4S」の発売を控えるKDDIは18カ月ぶりにMNPの転入超過となった。(2011/10/7)

「Pocket WiFi S II(S41HW)」の“ここ”が知りたい:
第4回 通信速度はどのくらい? USBテザリングできる?――「Pocket WiFi S II(S41HW)」
あるときはスマートフォン、またあるときはモバイルWi-Fiルータ。状況に合わせて使い分けができる「Pocket WiFi S II(S41HW)」。今回の“ここ知り”は、Wi-Fiルータとして利用した場合の通信速度をチェックした。(2011/9/24)

「Pocket WiFi S II(S41HW)」の“ここ”が知りたい:
第3回 バッテリーは持つ? カメラの撮影機能はどう?――「Pocket WiFi S II(S41HW)」
Wi-Fiルータ機能を備え、通話だけでなく通信端末としても利用できる「Pocket WiFi S II(S41HW)」。第3回目は、プリセットされているアプリやカメラ機能、そして気になるテザリング時のバッテリーの持ちをチェックした。(2011/9/23)

イー・モバイルの最新端末にBookLive!がプリインストール
イー・モバイルから登場する最新のAndroid端末に電子書籍ストア「BookLive!」のアプリがプリインストールされる。(2011/9/16)

「Pocket WiFi S II(S41HW)」の“ここ”が知りたい:
第2回 どんな付属品がある? ストラップホールはどこ?――「Pocket WiFi S II(S41HW)」
「Pocket WiFi S II(S41HW)」のボディカラーはホワイトの1色だが、ブルーとゴールドの交換用背面パネルが同梱されている。付け替えるとどれだけ雰囲気が変わるのだろうか。またそのほかの同梱品や、イヤフォンジャック、ストラップホールの有無をチェックした。(2011/9/5)

「Pocket WiFi S II(S41HW)」の“ここ”が知りたい:
第1回 前モデルS31HWとの違いは?――「Pocket WiFi S II(S41HW)」
スマートフォンとしてはもちろん、定額料金でテザリングができる点も訴求するイー・アクセスの「Pocket WiFi S」シリーズ。新たに登場した「Pocket WiFi S II(S41HW)」について、前モデルと比較した。(2011/9/2)

「ATOK for Android」の対応機種拡大、Xperia rayやP-07Cも追加
Android向け日本語入力システム「ATOK for Android」の対応機種が追加された。(2011/8/31)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第1回 最強の全部入りは? 本当に“持ちやすい”機種は?――Android18機種を横並び比較
この夏は、過去最大数となる20以上のAndroid搭載スマートフォンが発表、発売された。これだけの数だと、どれを選ぶべきか悩ましい。比較レビューの第1回では基本スペックを総ざらいしたほか、「持ち心地」を比べてみた。(2011/8/26)

イー・モバイルのAndroid端末でじぶん銀行が利用可能に
じぶん銀行にイー・モバイルのAndroid搭載スマートフォンが対応した。新規口座開設の手続き、「じぶん銀行スマートフォンアプリ」の利用、スマートフォン向けバンキングサービスの利用が可能になる。(2011/8/15)

GALAXY Tabとの比較も:
写真で解説する「GALAPAGOS(A01SH)」
イー・アクセスから登場した7インチディスプレイのAndroid 3.2タブレット「GALAPAGOS(A01SH)」。GALAPAGOSのメディアタブレット(10.8/5.5インチ)とスマートフォン(3.8インチ)の中間にあるサイズ感や、同じディスプレイサイズを持つ「GALAXY Tab」との違いをチェックしてみた。(2011/8/5)

シャープのAndroid 3.2搭載“瞬速手のひらタブレット”はイー・モバイルから登場
シャープのGALAPAGOSブランドから、5.5型、10.8型に続く7型のタブレットが発表された。Android 3.2を搭載した同製品は、イー・モバイルから8月下旬に発売予定だ。(2011/8/3)

イー・モバイルのスマートフォン向けアプリを紹介する「EMOBILEオススメ!アプリ」
イー・アクセスは、イー・モバイルのAndroidスマートフォンで動作確認がとれたアプリを紹介する「EMOBILEオススメ!アプリ」の配信を開始した。(2011/7/15)

イー・モバイル、端末購入費用を抑える「シンプルにねん+アシスト800」「+アシスト2000」
イー・アクセスは、端末購入時の初期費用を低く抑えるイー・モバイルの新しい契約プラン「シンプルにねん+アシスト800」と「シンプルにねん+アシスト2000」を発表した。「Pocket WiFi S II」以降の端末から適用する。(2011/7/1)

Android 2.3搭載の「Pocket WiFi S II」、7月14日から販売開始
イー・モバイルのテザリング対応Androidスマートフォン「Pocket WiFi S II」が7月14日から販売される。あわせて、「EMOBILEオススメ!アプリ」も提供する。(2011/7/1)

「Pocket WiFi(D25HW)」の出荷台数が100万台を突破
ファーウェイ・ジャパンは、イー・モバイルに供給しているモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(D25HW)」の出荷台数が100万台を突破したことを明らかにした。(2011/6/15)

写真と動画で見る、「42Mサービス版Pocket WiFi」「7型タブレットA01HW」
42Mサービス対応の新型Pocket WiFiとイー・モバイル初のタブレット「A01HW」はどんな形状か。実動チェックはソフトウェア部分の開発段階につき“まだやめてくれ”と言われたが……、サイズ感やデザインを写真と動画でチェックする。(2011/6/15)

7型タブレット、42Mサービス対応ルータなど:
イー・モバイル、夏の新製品5モデル──42Mサービス月額3880円キャンペーンでWiMAXにも対抗
イー・モバイルがデータ通信2機種、スマートフォン2機種、タブレットデバイス1機種、計5つの新モデルを発表。2011年7月から8月にかけて発売する。(2011/6/15)

写真で見る「Pocket WiFi S II(S41HW)」
イー・モバイルのHuawei製「Pocket WiFi S II(S41HW)」は、Android 2.3を搭載したエントリー向けのスマートフォンだ。前モデルのPocket WiFi Sと同様にテザリング機能を強調したデータ端末ブランドではあるが、スマートフォンとしての基本機能が充実している。(2011/6/14)

キーで何ができる? CPUやバッテリーは?:
写真で見る「S42HW」
一見するとシンプルなストレート型端末という印象を受けるイー・モバイルの「S42HW」は、Android 2.3を搭載したスマートフォン。キー操作で何ができるのか。また、スマートフォンとしての性能はどうか。(2011/6/14)

イー・モバイル、Android 2.3搭載の「Pocket WiFi S II(S41HW)」発表 3色リアカバーを用意
イー・モバイルがAndroid 2.3搭載のスリムなスマートフォン「Pocket WiFi S II(S41HW)」を発表。3.2インチのディスプレイを搭載し、最大5台までのテザリングに対応する。(2011/6/14)

テンキー採用のストレート型Android端末、イー・モバイルが発売
イー・アクセスは6月14日、テンキーを採用したストレート型Androidスマートフォン「S42HW」やタブレット端末など、イー・モバイルブランドの新製品5機種を7月以降順次発売すると発表した。(2011/6/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。