ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PowerEdge」最新記事一覧

“Software Defined”データセンターのトレンドに対応:
デル、「Xeon E5-2600 v4」搭載の第13世代PowerEdgeサーバを出荷
デルは、第13世代PowerEdgeサーバを刷新。新CPU「Xeon E5-2600 v4」搭載のラック、タワー、ブレード、コンバージドインフラアーキテクチャサーバの出荷を開始した。(2016/4/4)

デル株式会社提供Webキャスト
ビジネスニーズに応じたシステム基盤を構築する「次世代統合アーキテクチャ」とは
既存のITインフラを活用しながら、ビジネスのニーズに合わせて計算ノード、ストレージ、管理、I/Oなどを汎用サーバで構築する次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」。その特長をプロダクトマネジャーが対話形式で明らかにする。(2016/1/29)

デル、Nutanixソフトウエアを搭載した分散型ストレージ「Dell XCシリーズ」に新モデル
PowerEdgeサーバーとNutanixソフトウエアで構成するWebスケールコンバージドアプライアンス「Dell XCシリーズ」に新モデルが加わる。(2015/11/10)

「ソフトだからこそハードウエアベンダーが必要」:
デル、NexentaStorベースのストレージアプライアンスを国内で本格展開
デルは2015年8月4日、ZFSを起源とするオープンソースベースのストレージソフトウエア「NexentaStor(ネクセンタストア)」を「Dell PowerEdge」の第13世代サーバーと組み合わせた「Dell-Nexentaストレージ・アプライアンス NDシリーズ(NDシリーズ)」を販売開始したと発表した。(2015/8/5)

サーバーやストレージなどの「ブロック」を柔軟に構成:
サービスに合わせるインフラを、デルが新サーバー「Dell PowerEdge FX」発表
デルは2014年11月12日、サーバーやストレージ、ネットワークスイッチといった「ノード」を柔軟に組み合わせて構成できるプラットフォーム「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/13)

デル、ワークロードに応じた構成が組める新サーバを発表
「ユーザー主導」というコンセプトで、様々なワークロードへ柔軟に構成が組める統合アーキテクチャを採用した「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/12)

「第3のプラットフォーム」に向けた課題を解決:
PR:デルの最新サーバーPowerEdge 13Gシリーズ第1弾は「ただものではない」
デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。(2014/10/17)

デル、新型Xeon搭載のPowerEdgeサーバ4機種を発売
第13世代目となるPowerEdgeサーバ4機種をリリースした。(2014/9/9)

スマホをかざすだけでエラーログの取得も可能:
デル、インテル最新CPUを搭載した13世代目の「PowerEdge」をリリース
インテルの新プロセッサを搭載したデルの新しいサーバーラインアップは、大規模分散ストレージやHPCなども考慮した構成。USBを使ったセットアップやスマートフォンを利用した診断機能なども盛り込まれている。(2014/9/9)

デル、Xeon E5-2600採用のハイスペックサーバ「PowerEdge R730xd」など4モデル
デルは、同社製サーバ「PowerEdge」シリーズの新モデルを発表。プロセッサとして最新のXeon Processor E5-2600 v3シリーズを搭載している。(2014/9/9)

デル、6万円台からのSOHO向きミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」
デルは、SOHOに適したエントリークラスのミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」を発表した。(2013/12/20)

オフィスに必要十分サイズのクラウド環境を置く!:
PR:中小企業でも使いやすい“コンパクトデータセンター”=PowerEdge VRTXはHyper-Vなどの仮想環境の基盤としても最適!
クラウド環境の整備/普及が進み、多くのユーザー企業がクラウドサービスを活用している現在だが、オンプレミスのサーバが完全に不要になったわけではない。とはいえ、従来のままのサーバではなく、クラウドのコンセプトを取り入れた運用管理の容易なサーバが欲しい、というのがユーザーの本音だろう。そのニーズにピッタリの製品として投入されたのがHyper-Vなどの仮想環境の基盤としても最適なデルの“PowerEdge VRTX共有インフラストラクチャプラットフォーム”だ。(2013/7/23)

ホワイトペーパー:
仮想マシンは何台集約できる? 最新Xeonサーバの性能と消費電力を徹底検証
最新のインテル Xeonプロセッサー E5ファミリを搭載した第12世代PowerEdgeサーバで仮想化環境を構築すると、どのくらいの効果があるのか。性能向上率と省電力効果を評価するため、複数世代にわたる実機環境を用いて比較検証した。(2013/6/19)

拠点に必要なすべてのITインフラをオールインワンで:
システム組み上げの手間を省く、デルが拠点向け新プラットフォーム
デルは6月6日、リモートオフィスやスモールオフィスで求められるITシステムに必要な機能をコンパクトにまとめた新プラットフォーム「Dell PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/7)

デル、タワー型サーバサイズの垂直統合マシンを発表
タワー型サーバの大きさの筐体にサーバやストレージ、ネットワーク、管理機能を収納した「PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/6)

ホワイトペーパー:
Microsoft SQL Server 2008 R2 データベースをホストする最新サーバDell PowerEdge R720xdのスケーラビリティ
本書では業界標準ベンチマークを通して、デルの最新サーバR720xdがいかにストレージとCPU の効率的なスケールアップをサポートし、SQL Server データベースの高速導入に最適な選択となるか、詳しく説明する。(2013/3/27)

ホワイトペーパー:
仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?
Red Hat Enterprise Linux 6 with Kernel-based Virtual Machine on Dell PowerEdge R710 異種仮想化製品間における仮想マシン移行。(2012/10/25)

デル、サーバ同士とToRをつなぐ40GbE対応ブレードスイッチ発売
ブレードサーバ「Dell PowerEdge 1000」向けの10/40ギガビット対応スイッチとなる。(2012/7/26)

最新プロセッサ対応のPowerEdgeシリーズ9種を発表 デル
E5-2400および4600ファミリーのインテルプロセッサを搭載したサーバ新製品をデルが発表した。(2012/5/24)

デル、PowerEdgeサーバの新シリーズ発表 Xeon E5ファミリーを搭載
12世代目というPowerEdgeの新シリーズは、前シリーズで評価の高い性能や省電力性、運用効率性をさらに進化させたという。(2012/3/7)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

デル、サービスプロバイダー向けの超高密度サーバを発売
デルは超高密度サーバ「Dell PowerEdge C5220 マイクロサーバ」を発売した。従来の1Uラックサーバを使用する場合と比べ、大幅な省スペース化や省電力化などを実現するという。(2011/8/24)

ブレードサーバで実現するネットワークの集約:
PR:10GbE を効率良く利用できるNICパーティショニング(NPAR)の魅力とは?
社内ネットワークの通信能力は今や10Gbpsに達するまで高速化を遂げており、このネットワーク帯域を最適に利用する方法として注目を集めているのが10ギガビットNICを分割して利用する「NIC パーティショニング(NPAR)」だ。サーバのTCOを削減するためにこれまでさまざまな機能を実装させてきたデルのブレードサーバ製品「PowerEdge Mシリーズ」に、また1つ新たな武器が備わった。(2011/7/13)

デルPowerEdge Cシリーズ活用の経済学:
PR:サービス事業者が本当に使いたいサーバ機はどれだ
インターネット上で各種のサービスを営む事業者が、サーバの選定と運用でもっとも気にするのは、当然ながらサーバラックの利用効率だ。デルのPowerEdge Cシリーズはこの点でどういうメリットをもたらすか、詳しく見てみよう。(2011/3/22)

ブレードサーバシステム紹介:デル
運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」
サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。(2011/3/2)

ホワイトペーパー:
Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果
RHEL5が備えるカーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます(提供:デル)。(2011/1/12)

機材の安定供給が事業継続につながる:
PR:プラットフォーム化でSNSの枠を超えようとするmixiをPowerEdgeサーバが支える
新しいコミュニケーションインフラとして成長を続けてきたmixiは、今や会員数2100万人以上を誇る、国内最大規模のソーシャルネットワーキングサービスである。そのサービスを支えているのは、3000台を超えるデルのPowerEdgeサーバだ。(2010/12/8)

品質に取り組む姿勢が共通:
PR:コンビのベビー用品の安全・安心を高めるデルのPowerEdgeサーバ
ベビーカーやチャイルドシートをはじめ、安全で高品質なベビー用品を開発・販売するコンビ。グローバルなビジネス展開を図る同社では、基幹システムを稼働するITプラットフォームとして、インテル® Xeon® プロセッサー搭載のデル製品を採用しているという。その根拠はどこにあるのだろうか?(2010/11/18)

国内運用実績は2500台以上:
PR:アジアにまたがるインターネットサービスプラットフォームカンパニーを支える、デルのPowerEdgeサーバ
クララオンラインは、東京、名古屋、台北、シンガポールを拠点として主にサーバホスティングサービスを提供しているインターネットサービス基盤事業者だ。2005年からデルのPowerEdgeサーバを本格的に採用し、現在は日本国内だけで2500台以上のPowerEdgeサーバを運用しているという。(2010/9/21)

Dellのサーバ用マザーボードにマルウェアが混入
PowerEdgeサーバの交換用マザーボードの一部に、マルウェアの「Spybot」が混入していたことが分かった。(2010/7/22)

デル、テプコシステムズにPowerEdgeをOEM提供――国内OEM事業を強化
デルはテプコシステムズにラックマウントサーバ「Dell PowerEdge R410」をOEM供給する。国内では初の事例。今後、大企業を中心にパートナーシップの確立を図る。(2010/7/15)

NEWS
東京エレクトロン デバイス、デルのサーバをパッケージ化したDWH製品
国内総販売代理店を務める米GreenplumのDWH用エンジン「Greenplum Database」とデルのサーバ「PowerEdge R510」をパッケージ化。プライベートクラウド環境構築のプラットフォームとして提案する。(2010/2/17)

ブレードサーバ「PowerEdge M905」導入事例
芝浦工大が基幹システムインフラにデルのブレードサーバを選んだ理由
教育・研究向けシステムのサーバ環境をデルのブレードサーバ「PowerEdge M905」で刷新する芝浦工業大学。デル製品選定の理由を聞いた。(2009/8/24)

小規模事業者の最適解:
PR:弥生とDellがサポート――Windows Server 2008 Foundationの魅力に迫る
5月14日に開催された「いよいよ登場! Windows Server 2008 Foundation活用セミナー」では、マイクロソフトが2009年4月に発表した15ユーザー以下向けのサーバOS「Windows Server 2008 Foundation」および、同OSを搭載したデルのPowerEdgeサーバが紹介されるとともに、中小向け会計パッケージの雄、弥生シリーズのサポートが表明された。(2009/6/1)

ホワイトペーパー:
新世代ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」の最先端アーキテクチャとは?
企業システムの運用管理に革新をもたらすと期待されるブレードサーバ。最新のブレード技術を搭載したデルのモジュール型ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」のアーキテクチャから、その可能性を探る(提供:デル)。(2009/2/19)

ホワイトペーパー:
ブレードサーバ新時代の幕開けを告げるDell PowerEdge M1000eエンクロージャ
ブレードサーバの利点は、スペース節約や省電力だけに留まらない。新世代のブレード技術は、ラックマウントサーバに匹敵する機能を持ちながら管理の簡素化も可能にし、さらなるITコスト削減に貢献する(提供:デル)。(2009/2/18)

ホワイトペーパー:
6コアプロセッサ搭載の最新サーバがHyper-Vの能力を最大限に引き出す
6コア搭載の新しいインテルXeonプロセッサ7400番台を採用したDell PowerEdge R900サーバと、4コアを搭載したサーバをHyper-V仮想化環境でテストし、比較してみた。果たして、どの程度の性能差があるのだろうか? (提供:デル)(2009/2/2)

NEWS
デル、仮想化ソフトをSDカードに搭載した新PowerEdgeサーバ2機種を発表
デルは、サーバ仮想化に対応した新PowerEdgeサーバ2機種を発表。VMware ESXi 3.5またはCitrix XenServer 4.1をSDメモリーカードに組み込み出荷する。(2008/5/13)

デル、シングルソケットサーバの次世代モデルを発表
デルは3月19日、シングルソケットサーバの最新モデル、「PowerEdge R300」「PowerEdge T300」を販売開始した。(2008/3/19)

デルがブレードサーバの新製品を発表 IntelとAMDを選択可能
あなたはIntel派?それともAMD派?デルは「PowerEdge」シリーズの最新版となるブレードサーバを発表した。(2008/1/22)

Dell、省エネブレードサーバ「PowerEdge Mシリーズ」発売
新ライン「PowerEdge Mシリーズ」は、IBMやHPの製品に比べて省エネルギー・高性能をうたっている。(2008/1/22)

NEWS
デル、ブレード筐体「PowerEdge M1000e」、サーバブレード「M600」「M605」を発表
1Uラックサーバに比べて1.6倍、2Uラックサーバに比べて3.2倍の高密度化を実現したブレード筐体「PowerEdge M1000e」、サーバブレード「M600(インテル製プロセッサ)」「M605(AMD製プロセッサ)」を2月下旬より販売(2008/1/22)

デル、ストレージ製品のラインアップを刷新
ストレージ製品を強化。デルは、NASサーバ「PowerEdge Storage Server」を「PowerVault」シリーズに統合し、新たに「PowerVault NF」「PowerVault DP」の2シリーズとして発表した。(2007/12/13)

Dell、SunのSolaris搭載サーバを提供へ
DellとSun Microsystemsが複数年契約を締結。DellがPowerEdgeサーバにSolarisを搭載し、サポートも提供する。(2007/11/15)

仮想化技術でFT & HAシステムを構築
デルのPowerEdgeで実現する低コストの無停止・高可用サーバ
Windowsシステムの可用性を向上させる低コストのソリューションが登場した。デルのIAサーバと米Marathon Technologiesの「everRun」を組み合わせた、クラスタリング手法を超える仕組みとは? Marathonの上級副社長が明かす、次世代のサーバ仮想化計画とは?(2007/10/22)

デル、クアッドコアAMD Opteron搭載サーバを発表
デルは、同社のx64系サーバ「PowerEdge」シリーズに「クアッドコアAMD Opteronプロセッサ」を搭載したサーバ3機種を発表した。(2007/9/26)

デル、直流電源に対応した2Uサーバを発売
デルは、同社のx64系サーバ「PowerEdge」シリーズで直流電源に対応した「PowerEdge 2950 直流電源構成」を発売した。(2007/7/18)

NRIのデル向け運用管理ツール、監視対象サーバ1台あたり1万円で販売
デルおよびNRIはシステム運用管理ツール「Senju for Dell PowerEdge」を7月1日より販売。監視対象サーバ1台あたり1万円で提供する。(2007/6/28)

デルが4ソケットサーバにAMD Opteronを選んだその“理由”
主要サーバメーカーの中で最後までAMDプロセッサを採用しなかったデルだが、満を持して市場投入した4ソケットサーバ「PowerEdge 6950」には並々ならぬ自信を見せる。その自信の理由を探った。(2007/6/15)

デル、デュアルコアAMD Opteronプロセッサを搭載した「PowerEdge 2970」を発表
(2007/4/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。