ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PowerEdge」最新記事一覧

オンプレミス環境でMicrosoft Azureの運用が可能に:
Azureと多機能を通した連携へ――Dell EMC、「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表
デルとEMCジャパンは「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバにAzure Stackを組み込んだことで、Azureの機能をオンプレミスでも利用可能にした。(2017/11/29)

新サーバ「PowerEdge C4140」がベース:
機械学習やディープラーニングの導入や収益化を迅速に――Dell EMC「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」発表
Dell EMCは、機械学習やディープラーニングの導入を支援し、迅速な収益化を支援する新製品群として、サーバ「Dell EMC PowerEdge C4140」およびソリューション「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」を発表した。(2017/11/16)

モジュラー型やタワー型も用意:
Dell EMC、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバに6つの新モデル
インテル Xeonスケーラブル・プロセッサーを搭載するDell EMCの第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバに6つの新モデルが追加された。ラックマウント型に加え、モジュラー型やタワー型も用意し、広い顧客ニーズをカバーするラインアップを用意した。(2017/9/29)

第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバの魅力:
PR:日米同時発売! 大変身した第14世代PowerEdgeサーバの「味わいどころ」とは?
Dell EMCが新たに発表した「第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバ」は、「選びがいのあるサーバ」だ。元々、顧客の声を反映した多数の工夫や革新を特徴とするシリーズだが、第14世代のPowerEdgeでは特に、大胆な取り組みが各所に見られる。自動車でいえばフルモデルチェンジのような印象を持つ人が多いのではないだろうか。(2017/7/20)

GPU、NVDIMMなどへの対応と密度が特徴:
スペックで見るDell EMCの最新サーバ「Dell EMC PowerEdge 14G」シリーズ
デルとEMCジャパンは2017年7月13日、インテルの最新サーバ用CPUを搭載した「第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバ」(以下、PowerEdge 14G)シリーズを発表した。「Wave 1」(第1弾製品群)として、「Dell EMC PowerEdge R940」「R740」「R740xd」「R640」「C6420」の販売および出荷を全世界で開始した。スペックを中心に紹介する。(2017/7/14)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
Dell EMC PowerEdge 14Gサーバ 日米同時発売記念「SIer・リセラーさま向けアンケート」
Dell EMC PowerEdge 14Gサーバ発売を記念して、SIer・リセラーの方向けにアンケートを実施いたします。簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名様に豪華賞品をプレゼント。(2017/7/31)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
Dell EMC PowerEdge 14Gサーバ 日米同時発売記念「SIer・リセラーさま向けアンケート」
Dell EMC PowerEdge 14Gサーバ発売を記念して、SIer・リセラーの方向けにアンケートを実施いたします。簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で50名様に賞品をプレゼント。(2017/7/31)

サーバの優劣は管理機能が決める
x86サーバ単体の統合的な管理を提供するDell EMC PowerEdge iDRAC(アイドラック)
サーバの使い勝手を左右するのは、性能だけではない。今後のサーバを導入する指針としては、単なるスペックではなく、どれだけ管理性能が優れているかが重要な要素になる。(2017/1/30)

2U構成で72コア×4ノード:
デルとEMC、並列計算に最適化されたHPCシステム向けサーバ「Dell EMC PowerEdge C6320p」をリリース
デルとEMCジャパンは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に向けた「Dell EMC PowerEdge C6320p」の販売を開始する。(2017/1/12)

ナカシマプロペラ Dell EMC PowerEdge M630:
CFDシステムにブレードサーバ96台を追加導入、船体全体の解析を2週間から2日に
総合舶用推進機器メーカーのナカシマプロペラは、CFD(数値流体力学)システムに「Dell EMC PowerEdge M630」ブレードサーバを96台追加導入し、船舶用プロペラの品質向上と開発期間短縮を実現した。(2016/11/29)

「フラッシュ」「スモールスタート」「クラウド」「ソフトウェア化」がテーマ:
デルとEMCジャパンが、HCIとストレージで柔軟性向上を目指す大量の新製品を国内投入
デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびストレージの新製品群を国内発表にした。新製品は、Dell PowerEdgeサーバを採用したHCI製品「Dell EMC VxRail」「Delll EMC VxRack」の新機種、ハイエンドストレージシリーズ「Dell EMC VMAX」の最下位機種である「Dell EMC VMAX 250F/FX」、そしてバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」の新機種、新OSおよび仮想アプライアンス版の強化。(2016/11/18)

クラウド時代で重要になるのはハードウェア
Windows Server 2016の登場で見直されるDell EMC「PowerEdge」サーバの価値・強みとは?
(2016/11/11)

クラウド時代で重要になるのはハードウェア:
PR:Windows Server 2016の登場で見直されるDell EMC「PowerEdge」サーバの価値・強みとは?
2016年10月、ついに正式リリースされた「Windows Server 2016」。クラウドとの連携機能が大幅に強化され、コンテナなどの最新技術にも対応した。ハイブリッドクラウド構築のための“真打ち”登場と言ってもいい。そんな中、あらためて注目を集めているのがサーバハードウェアだ。クラウド時代が本格化する今、なぜサーバハードウェアが重要になるのか? x86サーバで世界出荷台数シェアナンバーワン(2016年第2四半期、出典『IDC Worldwide Quarterly x86 Server Tracker CY16Q2』)となったデルにその理由を伺った。(2016/10/28)

“Software Defined”データセンターのトレンドに対応:
デル、「Xeon E5-2600 v4」搭載の第13世代PowerEdgeサーバを出荷
デルは、第13世代PowerEdgeサーバを刷新。新CPU「Xeon E5-2600 v4」搭載のラック、タワー、ブレード、コンバージドインフラアーキテクチャサーバの出荷を開始した。(2016/4/4)

デル株式会社提供Webキャスト
ビジネスニーズに応じたシステム基盤を構築する「次世代統合アーキテクチャ」とは
既存のITインフラを活用しながら、ビジネスのニーズに合わせて計算ノード、ストレージ、管理、I/Oなどを汎用サーバで構築する次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」。その特長をプロダクトマネジャーが対話形式で明らかにする。(2016/1/29)

デル、Nutanixソフトウエアを搭載した分散型ストレージ「Dell XCシリーズ」に新モデル
PowerEdgeサーバーとNutanixソフトウエアで構成するWebスケールコンバージドアプライアンス「Dell XCシリーズ」に新モデルが加わる。(2015/11/10)

「ソフトだからこそハードウエアベンダーが必要」:
デル、NexentaStorベースのストレージアプライアンスを国内で本格展開
デルは2015年8月4日、ZFSを起源とするオープンソースベースのストレージソフトウエア「NexentaStor(ネクセンタストア)」を「Dell PowerEdge」の第13世代サーバーと組み合わせた「Dell-Nexentaストレージ・アプライアンス NDシリーズ(NDシリーズ)」を販売開始したと発表した。(2015/8/5)

サーバーやストレージなどの「ブロック」を柔軟に構成:
サービスに合わせるインフラを、デルが新サーバー「Dell PowerEdge FX」発表
デルは2014年11月12日、サーバーやストレージ、ネットワークスイッチといった「ノード」を柔軟に組み合わせて構成できるプラットフォーム「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/13)

デル、ワークロードに応じた構成が組める新サーバを発表
「ユーザー主導」というコンセプトで、様々なワークロードへ柔軟に構成が組める統合アーキテクチャを採用した「Dell PowerEdge FX」を発表した。(2014/11/12)

「第3のプラットフォーム」に向けた課題を解決:
PR:デルの最新サーバーPowerEdge 13Gシリーズ第1弾は「ただものではない」
デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。(2014/10/17)

デル、新型Xeon搭載のPowerEdgeサーバ4機種を発売
第13世代目となるPowerEdgeサーバ4機種をリリースした。(2014/9/9)

スマホをかざすだけでエラーログの取得も可能:
デル、インテル最新CPUを搭載した13世代目の「PowerEdge」をリリース
インテルの新プロセッサを搭載したデルの新しいサーバーラインアップは、大規模分散ストレージやHPCなども考慮した構成。USBを使ったセットアップやスマートフォンを利用した診断機能なども盛り込まれている。(2014/9/9)

デル、Xeon E5-2600採用のハイスペックサーバ「PowerEdge R730xd」など4モデル
デルは、同社製サーバ「PowerEdge」シリーズの新モデルを発表。プロセッサとして最新のXeon Processor E5-2600 v3シリーズを搭載している。(2014/9/9)

デル、6万円台からのSOHO向きミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」
デルは、SOHOに適したエントリークラスのミニタワー型サーバ「PowerEdge T20」を発表した。(2013/12/20)

オフィスに必要十分サイズのクラウド環境を置く!:
PR:中小企業でも使いやすい“コンパクトデータセンター”=PowerEdge VRTXはHyper-Vなどの仮想環境の基盤としても最適!
クラウド環境の整備/普及が進み、多くのユーザー企業がクラウドサービスを活用している現在だが、オンプレミスのサーバが完全に不要になったわけではない。とはいえ、従来のままのサーバではなく、クラウドのコンセプトを取り入れた運用管理の容易なサーバが欲しい、というのがユーザーの本音だろう。そのニーズにピッタリの製品として投入されたのがHyper-Vなどの仮想環境の基盤としても最適なデルの“PowerEdge VRTX共有インフラストラクチャプラットフォーム”だ。(2013/7/23)

ホワイトペーパー:
仮想マシンは何台集約できる? 最新Xeonサーバの性能と消費電力を徹底検証
最新のインテル Xeonプロセッサー E5ファミリを搭載した第12世代PowerEdgeサーバで仮想化環境を構築すると、どのくらいの効果があるのか。性能向上率と省電力効果を評価するため、複数世代にわたる実機環境を用いて比較検証した。(2013/6/19)

拠点に必要なすべてのITインフラをオールインワンで:
システム組み上げの手間を省く、デルが拠点向け新プラットフォーム
デルは6月6日、リモートオフィスやスモールオフィスで求められるITシステムに必要な機能をコンパクトにまとめた新プラットフォーム「Dell PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/7)

デル、タワー型サーバサイズの垂直統合マシンを発表
タワー型サーバの大きさの筐体にサーバやストレージ、ネットワーク、管理機能を収納した「PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/6)

ホワイトペーパー:
Microsoft SQL Server 2008 R2 データベースをホストする最新サーバDell PowerEdge R720xdのスケーラビリティ
本書では業界標準ベンチマークを通して、デルの最新サーバR720xdがいかにストレージとCPU の効率的なスケールアップをサポートし、SQL Server データベースの高速導入に最適な選択となるか、詳しく説明する。(2013/3/27)

ホワイトペーパー:
仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?
Red Hat Enterprise Linux 6 with Kernel-based Virtual Machine on Dell PowerEdge R710 異種仮想化製品間における仮想マシン移行。(2012/10/25)

デル、サーバ同士とToRをつなぐ40GbE対応ブレードスイッチ発売
ブレードサーバ「Dell PowerEdge 1000」向けの10/40ギガビット対応スイッチとなる。(2012/7/26)

最新プロセッサ対応のPowerEdgeシリーズ9種を発表 デル
E5-2400および4600ファミリーのインテルプロセッサを搭載したサーバ新製品をデルが発表した。(2012/5/24)

デル、PowerEdgeサーバの新シリーズ発表 Xeon E5ファミリーを搭載
12世代目というPowerEdgeの新シリーズは、前シリーズで評価の高い性能や省電力性、運用効率性をさらに進化させたという。(2012/3/7)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

デル、サービスプロバイダー向けの超高密度サーバを発売
デルは超高密度サーバ「Dell PowerEdge C5220 マイクロサーバ」を発売した。従来の1Uラックサーバを使用する場合と比べ、大幅な省スペース化や省電力化などを実現するという。(2011/8/24)

ブレードサーバで実現するネットワークの集約:
PR:10GbE を効率良く利用できるNICパーティショニング(NPAR)の魅力とは?
社内ネットワークの通信能力は今や10Gbpsに達するまで高速化を遂げており、このネットワーク帯域を最適に利用する方法として注目を集めているのが10ギガビットNICを分割して利用する「NIC パーティショニング(NPAR)」だ。サーバのTCOを削減するためにこれまでさまざまな機能を実装させてきたデルのブレードサーバ製品「PowerEdge Mシリーズ」に、また1つ新たな武器が備わった。(2011/7/13)

デルPowerEdge Cシリーズ活用の経済学:
PR:サービス事業者が本当に使いたいサーバ機はどれだ
インターネット上で各種のサービスを営む事業者が、サーバの選定と運用でもっとも気にするのは、当然ながらサーバラックの利用効率だ。デルのPowerEdge Cシリーズはこの点でどういうメリットをもたらすか、詳しく見てみよう。(2011/3/22)

ブレードサーバシステム紹介:デル
運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」
サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。(2011/3/2)

ホワイトペーパー:
Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果
RHEL5が備えるカーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます(提供:デル)。(2011/1/12)

機材の安定供給が事業継続につながる:
PR:プラットフォーム化でSNSの枠を超えようとするmixiをPowerEdgeサーバが支える
新しいコミュニケーションインフラとして成長を続けてきたmixiは、今や会員数2100万人以上を誇る、国内最大規模のソーシャルネットワーキングサービスである。そのサービスを支えているのは、3000台を超えるデルのPowerEdgeサーバだ。(2010/12/8)

品質に取り組む姿勢が共通:
PR:コンビのベビー用品の安全・安心を高めるデルのPowerEdgeサーバ
ベビーカーやチャイルドシートをはじめ、安全で高品質なベビー用品を開発・販売するコンビ。グローバルなビジネス展開を図る同社では、基幹システムを稼働するITプラットフォームとして、インテル® Xeon® プロセッサー搭載のデル製品を採用しているという。その根拠はどこにあるのだろうか?(2010/11/18)

国内運用実績は2500台以上:
PR:アジアにまたがるインターネットサービスプラットフォームカンパニーを支える、デルのPowerEdgeサーバ
クララオンラインは、東京、名古屋、台北、シンガポールを拠点として主にサーバホスティングサービスを提供しているインターネットサービス基盤事業者だ。2005年からデルのPowerEdgeサーバを本格的に採用し、現在は日本国内だけで2500台以上のPowerEdgeサーバを運用しているという。(2010/9/21)

Dellのサーバ用マザーボードにマルウェアが混入
PowerEdgeサーバの交換用マザーボードの一部に、マルウェアの「Spybot」が混入していたことが分かった。(2010/7/22)

デル、テプコシステムズにPowerEdgeをOEM提供――国内OEM事業を強化
デルはテプコシステムズにラックマウントサーバ「Dell PowerEdge R410」をOEM供給する。国内では初の事例。今後、大企業を中心にパートナーシップの確立を図る。(2010/7/15)

NEWS
東京エレクトロン デバイス、デルのサーバをパッケージ化したDWH製品
国内総販売代理店を務める米GreenplumのDWH用エンジン「Greenplum Database」とデルのサーバ「PowerEdge R510」をパッケージ化。プライベートクラウド環境構築のプラットフォームとして提案する。(2010/2/17)

ブレードサーバ「PowerEdge M905」導入事例
芝浦工大が基幹システムインフラにデルのブレードサーバを選んだ理由
教育・研究向けシステムのサーバ環境をデルのブレードサーバ「PowerEdge M905」で刷新する芝浦工業大学。デル製品選定の理由を聞いた。(2009/8/24)

小規模事業者の最適解:
PR:弥生とDellがサポート――Windows Server 2008 Foundationの魅力に迫る
5月14日に開催された「いよいよ登場! Windows Server 2008 Foundation活用セミナー」では、マイクロソフトが2009年4月に発表した15ユーザー以下向けのサーバOS「Windows Server 2008 Foundation」および、同OSを搭載したデルのPowerEdgeサーバが紹介されるとともに、中小向け会計パッケージの雄、弥生シリーズのサポートが表明された。(2009/6/1)

ホワイトペーパー:
新世代ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」の最先端アーキテクチャとは?
企業システムの運用管理に革新をもたらすと期待されるブレードサーバ。最新のブレード技術を搭載したデルのモジュール型ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」のアーキテクチャから、その可能性を探る(提供:デル)。(2009/2/19)

ホワイトペーパー:
ブレードサーバ新時代の幕開けを告げるDell PowerEdge M1000eエンクロージャ
ブレードサーバの利点は、スペース節約や省電力だけに留まらない。新世代のブレード技術は、ラックマウントサーバに匹敵する機能を持ちながら管理の簡素化も可能にし、さらなるITコスト削減に貢献する(提供:デル)。(2009/2/18)

ホワイトペーパー:
6コアプロセッサ搭載の最新サーバがHyper-Vの能力を最大限に引き出す
6コア搭載の新しいインテルXeonプロセッサ7400番台を採用したDell PowerEdge R900サーバと、4コアを搭載したサーバをHyper-V仮想化環境でテストし、比較してみた。果たして、どの程度の性能差があるのだろうか? (提供:デル)(2009/2/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。