ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PowerLinux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PowerLinux」に関する情報が集まったページです。

ホワイトペーパー:
パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較
本資料ではHadoopに仮想化を適用した際の適用分野を紹介するとともに、従来とは異なる仮想化テクノロジーの使用により、これまでタブーとされてきた仮想化環境でも十分な性能を発揮することを確認したIBMとパートナー企業との共同検証結果を掲載している。(2014/2/18)

ホワイトペーパー:
IBM PowerLinux Big Data Analytics Solutions
Watsonから始まった、あらゆるビジネスサイズ向けの分析ソリューション。(2013/11/12)

日本IBM、Linuxサーバの最上位機を発表 KVMサポートで「x86以外の選択肢に」
PowerプロセッサとLinuxを採用する「PowerLinux」サーバの最新機種では仮想化や可用性、処理性能を強化した。2014年にKVMをサポートするほか、「Power Systems」でもLinux対応を進める。(2013/7/31)

日本IBM、Power Systemsのエントリーモデルを拡充
POWER7+プロセッサを搭載したサーバ製品「IBM Power Systems」の新ラインアップを日本IBMが発表した。(2013/2/6)

あなたの知らないLinuxの世界:
PR:Linuxシステムが驚愕の効率化! x86サーバと同価格帯で期待以上の仮想化とRASを担保するLinux専用サーバとは
Webアプリケーション開発を中心に成長が続くLinux/オープンソース市場。導入企業が直面している問題は、複雑化するシステムに対応するためにx86ハードウェアを増やすことで起きるコストの肥大化だ。こうした課題に対し、日本アイ・ビー・エムが解決案として提案しているのが、IBM PowerLinux、そしてPowerVMだ。同社の提供する製品の強みは、ハードウェアの充実したラインアップと、企業に広く普及したLinux/OSS技術の双方を活用できる点にある(2012/11/30)

エクサ、LinuxサーバとApache Solrを組み合わせた検索システムを発売
IBMの「PowerLinux」サーバとオープンソースの「Solr」による低価格の検索ソリューションを提供する。(2012/11/5)

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(前編):
PR:有識者や先進企業が語る、競争優位に立つためのIT基盤構築の勘所とは
グローバル規模で経営環境が目まぐるしく変化する今、日本企業が時代の荒波を乗り越えるために必要な条件とは何か。このたび開催された「システム基盤改革フォーラム」の講演の中からそのヒントを探る。(2012/10/29)

同時接続数が3倍増でも安定のクラウド型eラーニングを提供 STI
システム・テクノロジー・アイがクラウド型eラーニングサービスを開始する。IBMのLinuxサーバを活用することにより、少ないコストで高いパフォーマンスを実現した。(2012/9/24)

IBM、PowerLinuxにエントリーモデルを投入
ソリューションパートナーの3社が「コンピテンシーセンター」も開設する。(2012/7/11)

日本IBM、Linuxサーバの「PowerLinux」を発表
Powerシリーズで培った信頼性や性能とオープンソースプラットフォームによる価格競争力が強みだという。(2012/4/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。