ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Premiere」最新記事一覧

林信行が見る:
映像業界3つのトレンドと、25年目の「Premiere」が目指す次の1歩
国際放送機器展「NAB Show」の現地取材で見えてきた25年目のAdobe Premiereが向かう先。(2016/5/26)

Adobe、動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を無料公開
Adobe Systemsが、昨年10月にiOS版を公開した動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を公開した。簡単な動画編集やサウンドトラックに合わせた自動編集機能などを搭載する。(2015/12/1)

Adobe、ColdFusionとLiveCycle DS、Premiere Clipの脆弱性を修正
ColdFusionの脆弱性を悪用された場合、反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2015/11/18)

Adobe、Creative Cloudと連係するiOSアプリ9種を公開
AdobeがCreative Cloudのアップデートに合わせ、9種類のiOSアプリをアップデート/新規公開した。動画編集の「Premiere Clip」やブラシ作成ツール「Brush CC」など、いずれもデスクトップアプリと連係する。(2014/10/7)

一家に1セット:
アドビ、Photoshop Elements 13とPremiere Elements 13を発売
アドビ システムズはアマチュア向けフォトレタッチソフトと、ビデオ編集ソフトの新版を発売する。(2014/9/24)

Adobe、Creative Cloudのビデオツール更新でRetina Displayをサポート
Adobe Creative Cloudの、PremiereやAfter Effectsなどのビデオ編集ソフトが向こう数週間中にアップデートされ、Retina Display対応やユーザインタフェース改善などが加えられる。(2014/9/9)

ペガシス、Premiere Pro CC用のH.264/AVC出力プラグインを発売
ペガシスは、Premiere Pro CC 2014用となるH.264/AVC出力プラグイン「TMPGEnc Movie Plug-in AVC for Premiere Pro」を発表した。(2014/7/17)

パッケージ版は10月11日に発売:
操作はより簡単に、スマホ連携も強化――「Adobe Photoshop Elements 12」「Adobe Premiere Elements 12」
アドビシステムズが「Adobe Photoshop Elements」と「Adobe Premiere Elements」の最新版を発表。写真/動画編集を気軽に行えるようチュートリアル機能やクイック編集機能を充実させた。スマートフォンやタブレットとの連携機能も強化している。(2013/9/24)

Adobe、「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」の新版をリリース
Adobeのコンシューマー向け写真編集/動画編集ソフトの新版は、同社のクラウドストレージサービス「Adobe Revel」と連係させて使うことができる。(2013/9/24)

Samsung、Windows 8とAndroidのハイブリッドタブレット「ATIV Q」発表
Samsungがロンドンで開催したプレスイベント「SAMSUNG PREMIERE 2013 GALAXY&ATIV」で、Windows 8シリーズ「ATIV」の新モデルを発表した。「ATIV Q」は、Android 4.2.2も搭載し、Windows 8と切り替えて使えるハイブリッドタブレットだ。(2013/6/21)

デル、「Dell Graphic Pro」シリーズの動画/画像編集ソフトをアップデート
デルがクリエイター向けに展開する「Dell Graphic Pro」シリーズのスタンダードモデルすべてで、「Photoshop Elements 11」および「Premiere Elements 11」がプリインストールされる。(2013/6/18)

Samsung、AndroidとWindows関連プレスイベントを6月20日に開催
Samsungが、6月20日にロンドンでプレスイベント「SAMSUNG PREMIERE 2013 GALAXY&ATIV」を開催すると発表した。(2013/5/28)

誰でもカンタン:
新UIで写真/ビデオ編集がより手軽に――「Adobe Photoshop Elements 11」「Adobe Premiere Elements 11」
アドビシステムズは、「Adobe Photoshop Elements 11」と「Adobe Premiere Elements 11」を10月12日に発売する。ユーザーインタフェースを刷新し、より直感的な操作を実現した。(2012/9/25)

アドビ、“Elements 10”が対象のキャッシュバックキャンペーンを開始――最大4000円
アドビシステムズは、「Photoshop Elements 10」「Premiere Elements 10」の購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始する。(2012/3/2)

「キングダム ハーツ」シリーズ生誕10周年記念の限定イベント
3月3日、お台場のヴィーナスフォートにおいて、10th Anniversary KINGDOM HEARTS 3D[Dream Drop Distance] Premiere Eventが開催される。(2012/2/24)

Adobe、Mac App Store版「Photoshop Elements 10」を6900円で発売
AdobeがPhotoshop ElementとPremiere Elementの特別版をAppleのアプリストアで発売した。パッケージ版とほぼ同等の機能を持ち、価格は半額以下だ。(2011/11/8)

アドビ「Elements 10」発売記念、「ウルトラ」なキャンペーン
アドビが「Photoshop Elements 10」と「Premiere Elements 10」の発売記念キャンペーンを実施する。金色に輝くウルトラマン胸像などがあたる。(2011/10/14)

被写界深度の調整、AVCHD書き出しも:
写真・動画の直感的な編集や整理、Facebook連携に注力――「Adobe Photoshop Elements 10」「Adobe Premiere Elements 10」
アドビシステムズは「Photoshop Elements 10」と「Premiere Elements 10」を10月14日に発売する。新しい編集機能を追加し、被写体から写真を検索する「オブジェクト検索」など写真の管理に便利な機能を搭載した。(2011/9/20)

2011年PC秋冬モデル:
“Photoshop”“Premiere”も使えるハイエンドAV/グラスレス3Dノート──「dynabook Qosmio T751/T851」
東芝は、9月5日にAV利用を重視したノートPC「dynabook Qosmio T751」を発表した。CPUとメモリを強化し、アドビシステムズの“定番”アプリも導入した。【第2弾追加 9月29日 13:00更新】(2011/9/5)

アドビ、「CS 5.5 Production Premium」などが50%オフのキャンペーン
アドビシステムズが「Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium」と「Adobe Premiere Pro CS5.5」を約50%オフとする“Switch”キャンペーンを実施する。(2011/8/8)

Adobe、Appleの「Final Cut Pro」からのスイッチ促進プログラムを発表
Appleの「Final Cut Pro X」発売を受け、Adobeが競合製品からプロ用「Creative Suite」と「Premiere」への移行ユーザー向け価格半額キャンペーンをスタートした。(2011/7/4)

「ファイナルファンタジー」シリーズ、そして「キングダムハーツ」の最新情報一挙公開!――SQAURE ENIX 1st Production Department Premiere
長らく謎に包まれてきた、ファイナルファンタジーやキングダムハーツに関する数々の新情報が公開された。司会として、櫻井孝宏さんと鈴村健一さんも登場!(2011/1/19)

アドビ、スペシャルサイトで年賀状テンプレートを提供開始
アドビシステムズは「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」を使った作品づくりをサポートするスペシャルサイト「アドビ アトリエ9」にて年賀状テンプレートの提供を開始した。(2010/11/2)

Premiere ElementsがMac初対応:
アドビ、「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」を発表
アドビシステムズは「Photoshop Elements 9」と「Premiere Elements 9」の日本語版を10月1日に発売する。今回からMac版のPremiere Elementsが追加された。(2010/9/21)

Adobe、「Photoshop Elements 9」を発表 日本語版は10月1日発売
Photoshop Elements 9はCS5で導入された「Content Aware Fill」などを盛り込む。初めてMacに対応した「Premiere Elements 9」もリリース。(2010/9/21)

コードネーム「Project Natal」の正式名称は「Kinect」――動画で紹介する「Kinect」
マイクロソフトは6月13日、コントローラを必要としないXbox 360専用の新システムの正式名称を、「The World Premiere Kinect for Xbox 360 Experience」において発表した。(2010/6/14)

250以上の新機能を追加:
アドビ、「Creative Suite 5」日本語版を発表
アドビシステムズは「CS5」の日本語版を発表した。Photoshop/Premiere Pro/After Effectsが64ビットネイティブ対応となったほか、Flash関連機能が強化された。(2010/4/12)

CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360:
Xbox 360でもイャンクックとニャンニャンできる! 「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」にてXbox 360版「モンスターハンター フロンティア オンライン」など発表
カプコンとマイクロソフトはプレス向け発表会「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」を開催。Xbox 360版「MHF」ほか、「ロスプラ2」や「スーパースト4」など注目タイトルの続報も多数発表された。その模様をリポートする。(2010/1/26)

PS3/Xbox 360「ロスト プラネット 2」発売日決定
カプコンは、プレス関係者向けの発表会「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」において、「ロスト プラネット 2」を5月20日に発売すると発表した。(2010/1/26)

アドビ、データ管理機能などを強化した「PHOTOSHOP ELEMENTS 8」など2製品
アドビシステムズは、フォトレタッチソフト「ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 8」、およびビデオ編集ソフト「ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8」の2製品を発表した。(2009/9/24)

アドビ、「Photoshop Elements 7」「Premiere Elements 7」Windows版を同時発表
アドビシステムズは、パーソナル向けタイトル“Elements”シリーズの新バージョン「Photoshop Elements 7」「Premiere Elements 7」を発表した。(2008/8/26)

自動編集機能を強化 アドビ、Photoshop/Premiere Elementsの最新版
アドビシステムズは、「Adobe Photoshop Elements 7」と「Adobe Premiere Elements 7」の日本語版を発表した。1クリックで画像の色味などを修正する「クイックフィックス機能」や、動画を自動編集してくれるインスタントムービー機能を強化したという。(2008/8/26)

BD記録やYouTubeに対応:
もうPremiere Proの廉価版とは呼ばせない――「Premiere Elements 4」を試す
アドビシステムズの「Premiere Elements 4」は、見た目と操作系を大幅に変更。初心者でも扱いやすい個人向けビデオ編集ソフトに進化した。(2007/10/10)

CS3の新機能を追加、YouTube用保存に対応:
アドビ、「Photoshop Elements 6」「Premiere Elements 4」発表
アドビシステムズは、個人向けの画像編集ソフト「Photoshop Elements 6」と動画編集ソフト「Premiere Elements 4」を10月下旬より発売する。(2007/9/25)

Adobe、次期Production StudioでMac版Premiereを復活
Intel Mac対応版Adobe PremiereがサンフランシスコのMacworld Expoでデモされる。(2007/1/4)

アドビ、Photoshop Elements/Premiere Elementsの無償体験版を提供開始
アドビ システムズは、Adobe Photoshop Elements 5.0日本語版およびAdobe Premiere Elements 3.0日本語版の無償体験版提供を開始した。有効期限は30日間。(2006/11/20)

アドビ、エントリー向け画像編集ソフト「Photoshop Elements 5.0」を発表
アドビシステムズは、パーソナルユーザー向け画像編集ソフト「Photoshop Elements」シリーズの最新版「Photoshop Elements 5.0」、および動画編集ソフト「Premiere Elemtens 3.0」を発表した。(2006/9/12)

Adobe、Photoshop Elementsの新版を発表
Adobeが「Adobe Photoshop Elements 5.0」と「Adobe Premiere Elements 3.0」を発表した。日本語版は11月に登場する。(2006/9/12)

AdobeとLenovoが米国の教育市場向けで協力
Lenovoの教育機関向けPCに、Adobe Photoshop ElementsとPremiere Elementsがプリインストールされる。(2006/8/1)

アドビ、同社最新4パッケージを内包する統合ソフト「Production Studio」
アドビシステムズは、Premiere Pro 2.0などの最新4製品を含むコンテンツ作成ソフト計6製品が利用可能な統合ソフト「Production Studio」を発表した。(2006/1/18)

アドビ、HDV編集にもネイティブ対応する「Premiere Pro 2.0」発表
アドビシステムズは、業務向けビデオ編集ソフト「Premiere Pro」の最新版となる「Premiere Pro 2.0」を発表した。HDV映像編集に対応、Flash Video(FLV)出力もサポートする。(2006/1/18)

アドビ、「Photoshop Elements4.0」「Premiere Elements2.0」発表
アドビシステムズは、パーソナル向け画像編集ソフトおよび映像編集ソフト「Photoshop Elements 4.0」および「Premiere Elements 2.0」を発表、Photoshop Elements 4.0は10月中旬より、Premiere Elements 2.0は11月中旬より発売が開始される。(2005/9/28)

Adobe、Windows版Photoshop ElementsとPremiere Elementsを改訂
AdobeのPhotoshopとPremiereのElements版がそれぞれバージョンアップされた。ただしWindows版のみ。(2005/9/27)

アドビ、Premiere Pro用HDVカメラ対応プラグインを提供開始
アドビ システムズは、ビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Pro」用のプラグインとして、HDカメラ用HDVフォーマットへの対応が可能となるアップデータの提供を開始した。(2005/3/2)

外部ソフトとも連携可能なオフラインH/Wエンコードカード――カノープス
カノープスは、オフラインハードウェアMPEGエンコードカード「Ultra Encoder X2000」を発売する。バッチ変換機能のほか、Premiereなど外部ソフトとの連携も行える。(2005/2/9)

コンシューマー向け写真編集ソフトの最新版「Photoshop Elements 3.0」などを11月中旬より発売
アドビ システムズは、コンシューマー向けデジタル画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 3.0」、ホームビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements」、同2製品を1パッケージにした「Adobe Photoshop Elements plus Adobe Premiere Elements」の日本語版を、11月中旬より順次発売する。(2004/10/5)

アドビ、Premiere Pro用HDVビデオカメラ対応プラグインを発表
アドビシステムズは、HDV規格対応デジタルビデオカメラに対応したPremiere Pro向けHDVプラグインを年内にリリースすると発表した。(2004/9/8)

アドビ、「Premiere Pro 1.5」「After Effects 6.5」など5ソフトを発売
アドビシステムズは、NABで世界同時発表されたプロ向けビデオ制作ソフト5製品を6月11日より販売開始すると発表した。(2004/6/10)

Adobe、NABで一連のビデオ作成支援ソフト新版発表
Adobe Systemsは、「Adobe Premiere Pro 1.5」「Adobe After Effects 6.5」「Adobe Audition 1.5」「Adobe Encore DVD 1.5」というデジタルビデオソフト新版をパッケージにした「Adobe Video Collection 2.5」を6月末までにリリースする。(2004/4/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。