ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PRIMEQUEST」最新記事一覧

ハイブリッドクラウド、ミッションクリティカル、コンテナの3分野が対象:
富士通とSUSE、企業向けOSS製品開発/サポートで協業
富士通とSUSEが企業向けOSS製品の開発/サポートで戦略的協業を行うと発表。OSSにおけるハイブリッドクラウド対応製品、ミッションクリティカルサポート、将来のコンテナ技術の3分野において、オープンソースコミュニティーでの開発からマーケティング、販売を共同展開する。(2016/11/17)

東証の新arrowheadが始動、処理能力は2倍以上に
リスク管理の新機能を搭載し、売買制度の見直しも行っている。(2015/9/24)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月14日現在)
NEC、富士通、アイ・オー・データ機器などの更新情報を追記した。(2014/10/14)

Database Expertイベントレポート:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

処理性能を最大2.5倍に向上、富士通が基幹向けIAサーバ発売
富士通は基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」の新シリーズを投入する。(2014/4/10)

富士通、群馬銀行の次期勘定系システム構築を受注
富士通は、群馬銀行から信頼性の強化と自営の継続による顧客ニーズへの柔軟な対応、IT資産最適化を目的とした次期勘定系システム構築を受注した。(2013/5/27)

導入事例:
関西大、教育研究システムを仮想化技術で刷新 ICTコストを3割減
メールや認証など各種サーバ21台の機能を2台のIAサーバに集約し、ICT関連トータルコストや消費電力を大幅に削減したという。(2012/10/4)

導入事例:
JA長野県グループ、「全国共同運用センター」をプライベートクラウドで構築
「Compass-JA」などJAグループの業務用システムをクラウドで提供する。(2012/4/4)

東証「arrowhead」で実績があるインメモリデータ管理ソフトを外販 富士通
富士通は大量のデータを高速に処理する金融取引向けソフト「Primesoft Server V1.1」を販売開始。これは東京証券取引所の株式売買システム「arrowhead」で採用されているものだ。(2011/6/3)

NEWS:
川崎重工、航空機の部品構成を一元管理へ
川崎重工業 航空宇宙カンパニーが「次世代設計部品表統合システム」構築に着手。メインフレームからIAサーバでの一元管理による効率化を目指す。(2011/5/10)

富士通、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」シリーズに10コアCPUモデルを追加
富士通は、PRIMEQUEST 1000シリーズに「インテル Xeon プロセッサー E7ファミリー」を搭載した5つの新モデルを追加し、販売を開始した。(2011/4/26)

伴大作の木漏れ日:
モンスター・メインフレーム
日本IBMがメインフレームの新版「IBM zEnterprise 196」を発表した。本コラムではメインフレームを取り巻く環境の変化や各ベンダーの戦略をひも解きたい。(2010/8/17)

伴大作の木漏れ日:
ItaniumとXeon 7500の悩ましい関係
Intel Xeonプロセッサ7500番台(Nehalem EX)を搭載したサーバを大手コンピュータベンダーが発表した。Nehalem EXの高い処理性能を考慮すると、Intelのもう1つの高性能CPUプロダクトであるItaniumの将来に影響が及ぶ可能性は高い。だが一方で、各ベンダーはItaniumからXeonにすっきりと乗り換えることができない事情を抱えている。(2010/6/11)

元麻布春男のWatchTower:
進化しすぎたXeonの憂うつ
インテルとAMDが2010年3月の末に相次いで発表したサーバ向けCPUの新モデル。今回はXeonの新モデルからインテルのジレンマを解説する。(2010/6/15)

日本HPら、Itanium 9300番台搭載サーバ群を発表――「Itaniumのロードマップは力強く推進」とインテル吉田社長
日本HPはミッションクリティカルシステム「HP Integrity」製品群について、Itanium 9300番台を搭載する形で刷新。インテル吉田社長は「Itaniumのロードマップは力強く推進」とした。(2010/4/27)

Weekly Memo:
新IAサーバにみた富士通の意地
富士通が先週発表したミッションクリティカルシステム向けのIAサーバ新製品には、同社のコンピュータメーカーとしての強い思いが込められているようだ。(2010/4/5)

東証が構築した「arrownet」の実力、運用後の状況が明らかに
東証が1月に運用を始めた「arrowhead」システムと「arrownet」ネットワークの構築と運用後の状況を説明し、計画通りの性能を発揮していると強調した。(2010/3/8)

東証、新売買システムを稼働
東京証券取引所は大発会から、富士通が構築した株式売買の新システム「arrowhead」を稼働させた。売買注文の処理時間を500倍短縮し、ミリ秒単位の取引を実現することで、東京市場の国際競争力強化を図る。(2010/1/4)

ポルトガルテレコムグループ、PRIMEQUESTでネットワークシステムを構築
ポルトガルで携帯電話サービスを手掛けるTMNは、富士通のIAサーバおよびストレージで構築した第3世代ネットワークシステムを稼働させた。(2009/11/27)

導入事例:
「進化するのは、変化に強い種だ」――FileMaker Conference 2009
10月30日、国内初となる「FileMaker Conference 2009」が開催された。最新バージョンであるFileMaker 10やBento 3の機能的特徴のみならず、ユーザー企業による「FileMakerで達成した業務改善」のリポートに聴衆は耳を傾けた――。(2009/10/31)

世界市場で50万台:
2010年、国内トップシェアの先にあるIAサーバ戦略
富士通は3月30日、Fujitsu Siemens Computers統合によるグローバル戦略を発表。IAサーバに大きく舵を取る、サーバ戦略の概要を明らかにした。(2009/3/31)

世界ではシェア10%超:
富士通、2010年にIAサーバの国内シェア1位を目指す
富士通は、IAサーバの販売を強化し、国内シェア1位を目指すと発表した。(2009/3/30)

伴大作の「木漏れ日」:
Itaniumの将来は風前の灯か?
9月17日の6コアXeonの発表と、それに連動した各サーバベンダーの動向から、Itaniumの将来を調査してみた。(2008/9/29)

富士通の製品を採用:
ヤマトグループ、災害対策システムを構築 Web業務をバックアップ
ヤマトグループが東京と大阪にあるデータセンターで、Web業務のデータをバックアップできる環境を構築した。富士通のIAサーバ「PRIMEQUEST」やストレージ「ETERNUS」を採用している。(2008/9/10)

地域のビジネス相関図を可視化 富士通、滋賀銀に新システム導入
基幹システムに蓄積されたデータや取引先企業の公開情報をもとに、金や商品の流れなどの関係を“見える化”するシステムを、富士通が滋賀銀行に構築した。(2008/5/8)

富士通、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」にエントリーシリーズ500Aを追加
基幹IAサーバだけでなく、中小規模のサーバ環境にも適したサーバラインアップを用意。富士通は、従来のモデルシリーズを拡充してWindows Server 2008サポートも行った。(2008/4/18)

富士通、基幹IAサーバに中小規模向けエントリーモデル
富士通は、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」に、デュアルコアItanium 9100番台を搭載した「500Aシリーズ」を追加し、販売を始めた。(2008/4/18)

ものづくりニッポンの最前線:
国産サーバのふるさとに息づく熱き“職人魂”
国産のITハードウェア製品は、何といっても「品質が命」。富士通サーバ製品の生産を担う富士通ITプロダクツの工場内には、品質の徹底にこだわり続ける職人たちの姿があった。(2008/3/12)

富士通、DBをリアルタイムで完全同期できる製品を発売
「昼間でも業務を止めずにサーバの保守作業ができる」――独自のミラーリング技術でこれらを実現する富士通のデータベース管理を行うミドルウェアのオプション製品「Symfoware Server Mirroring Controller」が発売される。(2007/11/1)

ITトレンドの“眼”:
PRIMEQUESTにもSolaris? 4つのサーバ群を抱える富士通の葛藤
富士通はこのほど行ったサーバ事業戦略説明会で、メインフレームからPCサーバまで4種類ある製品ラインを今後も継続するとした。だがそこには、同社なりの“葛藤”もあるようだ。(2007/10/10)

富士通、メインフレームOSとLinux/Windowsが並行稼動する新PRIMEQUESTの開発を発表
富士通は4月27日、同社のIAサーバ「PRIMEQUEST」のラインアップの1つとして、メインフレーム用OS「OS?/XSP」とLinuxまたはWindows Serverが1台の筐体内で並行稼動する新モデルを開発すると発表した。(2007/4/27)

IT変革力【第33回】
東証の次期売買システムの決定発表に足りない内部統制視点の説明
東京証券取引所の次期基幹システムの発注先が富士通に決定したそうですが、以前に起こった現行売買システム障害事件で大きく影響を受けた経済界は、その理由説明をどのように受け取っているのでしょうか。(2007/1/17)

富士通と独SAPが協業拡大、コンサルからアウトソーシングまで展開
富士通と独SAPは協業関係を拡大し、サービス分野でも協業していく。(2006/10/6)

Montecitoの船出は賛否両論
一部ユーザーはMontecitoを賞賛しているが、「Itaniumはこれまでそんなに魅力的ではなかった。どうして今回は違うと言えるのか?」という声も。(2006/7/26)

富士通の基幹IAサーバ、計算科学研究センターで稼働
(2006/7/20)

インテルのOEM各社も歓迎する「Montecito」の登場
「Montecito」の開発コード名で呼ばれていたItanium 2プロセッサ9000がついにリリースされた。ターゲットとしているハイエンド分野ではインテル自身のx86系XeonやPower、SPARCなどの競合がひしめくが、Itaniumの支持者らは同プロセッサが軌道に乗ったと主張する。(2006/7/20)

ニュースコラム:
富士通、日立にどう追いつく?――NECサーバ事業の新ビジョンに思う
NECが発表した新しいITプラットフォームビジョン。そのキーワードのひとつである“現実解”について考える。(2006/7/20)

Montecitoの導入事例が各ベンダーから続々発表
インテルからItanium 2 プロセッサ9000番台が発表されたことに伴い、各ベンダーからも早速導入事例が発表され始めた。富士通と日本SGIは、計算科学研究センターの事例を公開している。(2006/7/19)

富士通とRed Hat、PRIMEQUESTへのアプリケーション移植を共同で推進
富士通とRed Hatは、富士通の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」へのアプリケーション移植を共同で行っていくことを明らかにした。(2005/12/1)

オープンソースミドルウェア用いたシステム構築を支援、富士通が支援センター設立
富士通は、東京・浜松町の「Platform Solution Center」内に、オープンソースを活用したシステム構築/運用を支援する拠点として「OSS技術支援センター」を設立した。(2005/11/15)

富士通が米EDSと提携、「PRIMEQUEST」などを提供
富士通はITサービス大手の米EDSと提携を結び、IAサーバ「PRIMEQUEST」などを提供していく。(2005/11/4)

富士通とノベルがサポート契約を締結
富士通とノベルは、富士通のIAサーバとノベルの「Novell SUSE LINUX Enterprise Server」との組み合わせによるサポート契約を締結した。(2005/7/8)

富士通とMS、共同で「SQL Server 技術支援センター」を設立
富士通とマイクロソフトは共同で、富士通のPlatform Solution Center内に「Fujitsu / Microsoft SQL Server 技術支援センター」を設立する。(2005/6/29)

富士通、2010年度末に地球シミュレータの75倍の性能を持つスパコン目指す
富士通は2010年度末までに、ピーク性能3PFLOPSを持つ次世代スパコンの稼働を目指して研究開発を進める。(2005/6/23)

行けない人もこれで安心――LinuxWorldフォトリポート Vol.1
6月1日から3日間、東京ビッグサイトで開催されているLinuxWorldExpo/Tokyo 2005。各社ともミッションクリティカルな領域でLinuxを使うための施策を打ち出している。フォトリポートで見てみよう。(2005/6/1)

Interview:
64ビットは時期尚早? 顧客のニーズを理解し需要に備えるインテル
オープン化の波に乗り、IAサーバ普及の勢いはさらに増すばかりだが、その一方で「64ビット化 時期尚早論」も根強い。IDF Japan Spring 2005のために来日したタルウォーカー副社長に話を聞いた。(2005/4/8)

富士通のPRIMEQUESTは「世界最強のオープンサーバ」となるか?
富士通はメインフレームクラスの信頼性を備えた基幹業務向けIA64サーバシリーズ「PRIMEQUEST」を発表した。独自開発の機能を盛り込み、3年間で1万台の販売を狙う。(2005/4/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。