ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PRISM」最新記事一覧

Weekly Access Top10:
前代未聞の入学式
“ロボコップのような入学式”は当たり前になるのでしょうか。(2016/4/11)

スノーデン氏、「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート
米連邦政府の極秘情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート。少ない文字数で伝達できる情報の多さに驚いているようだ。(2016/4/8)

Computer Weekly:
プライバシーか安全か、Microsoftと米国政府が全面対決
顧客データへのアクセスを要求する米司法省に対し、Microsoftは越権行為であるとして政府を訴えた。クラウドにある顧客データの「不入権」は認められるのか?(2016/3/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルが「iPhoneロック解除」に応じることができない理由
米国で「iPhoneロック解除」をめぐって大きな論争が起きている。騒動を詳しく見ていくと、この問題は米国だけのものでなく、私たちの生活にも影響を及ぼすかもしれないことが分かってきた。(2016/2/24)

IT用語解説系マンガ:食べ超(85):
カラオケ並みのお値段でスパコンレンタルできます!?
ちょっと特別なプロジェクトに、思い切ってスパコンを借りてみませんか。(2016/1/13)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
セキュリティ対策の敵は暗号化通信?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
通信を暗号化するとセキュリティが甘くなる?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/12/23)

「セーフハーバー協定無効化」でも残る懸念
「米国政府はあなたのデータを見ていない」と言い切れない理由
欧州司法裁判所は、米国企業がEU域内の個人データを米国へ移転するのを認める「セーフハーバー協定」が無効であるとの判断を下した。それでも、米国政府に向けられた「ある懸念」は消えない。(2015/12/15)

暗号化が攻撃者の隠れみのに
プライバシーかセキュリティか? 通信の暗号化がセキュリティ対策を阻害
暗号化通信の利用が増えているが、通信内容が見えなくなることでDLPなどのセキュリティ対策が無効化してしまうという弊害が現れた。ネットワークセキュリティとプライバシー保護はどうバランスを取るべきか?(2015/12/14)

プライバシー守りたし、命は惜しし
テロが絶えない時代だからこそ、これからの「暗号化」の話をしよう
暗号化技術の普及に伴い、米連邦捜査局(FBI)が必要な情報にアクセスできないという問題が浮上している。IT企業はデータ保護には暗号化が必須だと主張しているが、人々の安全を危険にさらすという問題もある。(2015/12/11)

Computer Weekly:
プライバシーかセキュリティか? 通信の暗号化がセキュリティ対策を阻害
暗号化通信の利用が増えているが、通信内容が見えなくなることでDLPなどのセキュリティ対策が無効化してしまうという弊害が現れた。ネットワークセキュリティとプライバシー保護はどうバランスを取るべきか?(2015/12/2)

ネット監視に暗号化で対抗
Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」
Wikipediaの創始者ジミー・ウェールズ氏が、政府による通信の傍受を痛烈に批判。暗号化通信によって政府に対抗するべきだと訴えた。(2015/11/27)

パリ同時テロを受け:
米CIA長官、テロリスト阻止には情報収集のための技術的および法的権限が必要と主張
パリ同時テロ犯は何らかの暗号化された通信ツールを使っていたと報じられる中、米CIA長官のジョン・ブレナン氏が、エドワード・スノーデン氏による米政府の極秘情報収集活動暴露により近年テロリストの割り出しが難しくなっていると語った。(2015/11/18)

欧州議会、米連邦政府告発者のエドワード・スノーデン氏を護る決議
EUの立法議会である欧州議会が、米連邦政府の情報収集活動を暴露してロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏に関し、同氏を人権保護者とみなして米国への送還をしないよう加盟国に呼び掛ける決議を採択した。(2015/10/30)

スノーデン氏、Twitterを始める
米連邦政府の極秘情報収集活動を暴露したエドワード・スノーデン氏がTwitterを始めた。(2015/9/30)

インドネシアで発見された新種のザリガニの学名が「スノーデン」に スノーデン氏のNSA内部告発の業績を称える
ザリガニとスノーデンさん、直接の因果関係はないけれど……。(2015/8/31)

重要なアップデートでより堅牢に
Telnetサーバも消える、「Windows Server 2016」のセキュリティ変更点とは
「Windows Server 2016」には、認証オプション、アカウント制限、Web対策などに関係するアップデートが含まれる。(2015/8/4)

クラウド時代の暗号化技術論(3):
鍵が漏れることも想定せよ――クラウド時代における「楕円曲線暗号」の必然性
エンジニアであれば、楕円曲線を暗号に用いる「楕円曲線暗号」という言葉を聞いたことがあるでしょう。今回は楕円曲線暗号の仕組み、そしていまこの手法が注目されている理由を解説します。(2015/7/22)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

RSA Conference 2015リポート:
セキュリティ業界も変わらなきゃ、トップが呼び掛ける
米国で開催されているセキュリティイベント「RSA Conference 2015」の基調講演では、「Change(変化)」がキーワードとして語られた。(2015/4/23)

米情報機関、ソニー攻撃以前から北朝鮮を監視か
報道によると、米国家安全保障局は韓国の北朝鮮監視プログラムを利用して北朝鮮に関する情報を収集。北朝鮮のハッカーが使っているコンピュータやネットワークにマルウェアを仕込んでいたという。(2015/1/20)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
健康医療のビッグデータ活用とリスク対応における欧米の足並みとは?
ビッグデータ活用の有力分野の1つとなる健康・医療では欧米が大西洋を越えた連携を進める。高まるプライバシーやセキュリティのリスクへの対応を含めた動向を紹介しよう。(2015/1/7)

どうすれば防げたのか
2014年を象徴する“内部犯行による情報漏えい事件”と、いまだ残る謎
米国家安全保障局(NSA)の元職員であるエドワード・スノーデン氏の事件が示すように、完全無欠なセキュリティなどというものは存在しない。だが、最善を尽くす必要は依然としてある。(2014/12/25)

関暁夫の都市伝説シリーズ、第5弾が登場
信じるか信じないかはあなた次第です。(2014/12/18)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
日本のセキュリティはなぜ米国に劣るのか?
2014年はセキュリティの出来事に沸いた一年になりそうだ。今回は日本のセキュリティの実態について専門の視点から考察してみたい。(2014/11/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
上司や部下だからこそ疑え――「内部犯行」はこうしてなくす
信用していた同僚が、ある日突然犯罪者に――。大規模な情報漏えいに結び付くことが多い、内部関係者による内部犯行。有効な対策はあるのか。調査結果や専門家の意見から探る。(2014/11/20)

ホワイトペーパー:
上司や部下だからこそ疑え――「内部犯行」はこうしてなくす
信用していた同僚が、ある日突然犯罪者に――。大規模な情報漏えいに結び付くことが多い、内部関係者による内部犯行。有効な対策はあるのか。調査結果や専門家の意見から探る。(2014/11/12)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
アイルランドにみるビッグデータとセキュリティの世界動向
多数のインターネット企業が欧州の拠点を構えるのがアイルランドだ。北海道とほぼ同じ面積の小国ながら、ビッグデータの利活用とセキュリティやプライバシーなどにおける取り組みが注目されている。(2014/11/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
こうして世界は盗聴された――米国“最強ハッカー集団”のおぞましい手口
米国家安全保障局(NSA)による大規模な諜報活動は、世界を震撼させた。諜報活動で暗躍したハッカー集団「TAO」とは何か。諜報活動は正当なものだったのか。真実に迫る。(2014/9/18)

ホワイトペーパー:
こうして世界は盗聴された――米国“最強ハッカー集団”のおぞましい手口
米国家安全保障局(NSA)による大規模な諜報活動は、世界を震撼させた。諜報活動で暗躍したハッカー集団「TAO」とは何か。諜報活動は正当なものだったのか。真実に迫る。(2014/9/17)

業務委託などで管理が複雑化
ベネッセ情報漏えい事件でも焦点 企業が「特権ID管理」に失敗する理由
管理が不十分な特権アカウントを悪用した情報漏えい事件が相次いでいる。顧客情報の漏えいが起きたベネッセホールディングスをはじめ、企業が特権アカウント、特権IDを適切に扱えない理由は何なのか。(2014/8/8)

RSA Conference Asia Pacific&Japan 2014:
相互依存を深める一方、不信に引き裂かれるインターネットを救うためにセキュリティができること
「RSA Conference Asia Pacific&Japan 2014」初日の基調講演では、インターネットやモバイル、クラウドといった革新的な技術がもたらした「相互接続」「相互依存」が「不信」を生み出していることが指摘された。そして、それを乗り越えるためにセキュリティ業界が果たす役割についても言及された。(2014/7/23)

ポテトチップスを支える戦略:
カルビー、じゃがいもの安定調達の陰にデータあり
ポテトチップスなどの原料となるじゃがいもの年間収穫量の約4分の3をここ北海道で調達するカルビー。予測できない気候の変化や疫病などで不作のリスクが常につきまとう中、同社グループのカルビーポテトでは多様なデータを収集、分析して、そうしたリスクを未然に解消しようとしている。(2014/7/22)

Computer Weekly:
Microsoft vs. 中国――Windows 8スパイ疑惑は泥沼化
「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落としどころは見つかるのか?(2014/7/16)

“スノーデン事件”で脚光も対策は進まず
「信頼される社員こそ監視すべき」――内部犯行を阻止する条件
内部関係者による情報漏えいへの不安が高まる一方、多くの組織で特権ユーザーをはじめとする権限の管理が欠如している――。調査結果からは、そんな実態が浮き彫りになった。有効な解決策はあるのか?(2014/7/3)

安全なスマートフォンは存在するのか
オバマ大統領が「iPhone」を使わない“やっぱり”な理由
全てのスマートフォンは盗聴可能なのだろうか? NSAの元職員であるエドワード・スノーデン氏の暴露によって通信機器へのハッキングを心配する声が高まっている。今取ることができるベストな対抗策を探る。(2014/6/27)

元米政府セキュリティ高官のシュミット氏、安全保障やスノーデン事件を語る
オバマ政権のサイバーセキュリティ特別補佐官などを歴任したハワード・シュミット氏が、デジタルアーツの海外戦略アドバイザーに就任。来日会見でサイバーセキュリティの在り方やスノーデン事件などについて言及した。(2014/6/6)

ネットワーク機器に細工して通信を傍受も
米NSAの“最強ハッカー集団”「TAO」の背筋が凍る手口
米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏のリークから、NSAのハッキング集団「TAO」の能力と手口が明らかになった。その脅威の能力を見ていく。(2014/6/5)

修正パッチの適用は数カ月後!?
AndroidのVPNバイパス脆弱性で見直しを迫られるモバイルVPN対策
Androidの脆弱性を突いて、VPNの通信内容を攻撃者のサーバに平文で送信してしまうエクスプロイトが発見された。IT管理者が取るべき対策とは?(2014/5/28)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
【新連載】ビッグデータ利活用の表舞台に立つプライバシーとセキュリティ
企業や組織がクラウドやビッグデータ、モバイルなどのITトレンドをビジネスに取り込んでいく中で、避けて通れないのが、プライバシーやセキュリティへの対応だ。今後想定される課題や対応に立ち向かうためのヒントをお届けしていく。(2014/5/20)

NSAは輸出するCisco製品にバックドアツールを仕込んでいた──スノーデン氏関連の新刊書が暴露
元CIA職員がもたらした大量の極秘文書に基いて書かれたNSA告発書「NO PLACE TO HIDE」によると、NSAはCiscoのネット製品などに情報収集ツールを密かに追加して輸出していたという。Ciscoは「知らなかった」という声明文を出した。(2014/5/15)

スノーデン氏のNSA告発が映画化へ──007シリーズのプロデューサーで
スパイ映画さながらの展開を見せたエドワード・スノーデン氏によるNSA告発に関する書籍が出版され、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが映画化権を取得した。(2014/5/15)

PRISMスキャンダルは続く……
RSA会長に疑惑を直撃「RSAはNSAの情報収集に協力したのか?」
RSAが脆弱性のあるアルゴリズムを故意に採用し、NSAから報酬を得ていたという報道をきっかけに、RSAとNSAの関係が取り沙汰されてきた。Computer Weeklyは、あらためてコビエロ会長に疑惑をぶつけてみた。(2014/4/23)

NSA報道のGuardianとWashington Postにピューリッツァー賞
元CIA職員のエドワード・スノーデン氏がNSAの極秘情報のリーク先に選んだ英Guardianと米Washington Postが、2014年のピューリッツァー賞の金メダルを受賞した。(2014/4/15)

@IT Security Live UP! 詳細レポート:
セキュリティの達人が語るこれからの対策と課題
「@IT Security Live UP! 絶対に守らなければならないシステムがそこにはある」の速報レポートではカバーし切れなかった、第一線の専門家による基調講演や特別講演、コミュニティセッションの模様を一挙に紹介する。(2014/3/27)

「SECCON全国大会2013」リポート:
日本最大のセキュリティコンテスト、その頂点に立ったのは?
2014年3月1〜2日、東京電機大学で「SECCON全国大会2013」が開催された。各地の予選を勝ち抜いた20チームが2日間の頂上決戦に挑んだ。(2014/3/19)

三国大洋の箸休め(27):
スパコン時代に突入する米大リーグ
エドワード・スノーデンの元雇い主であり、米NSAに出入りする大手外注先の1つとして知られる軍需企業、ブーズ・アレン・ハミルトンが、今スポーツビジネスに注目しているそうだ。(2014/3/17)

米国が「インターネットの敵」に初認定──国境なき記者団
国境なき記者団が毎年発表する「インターネットの敵」リストに、元NSAの契約職員がリークした機密文書でネット監視システムを暴露された米国と英国が初登場した。(2014/3/17)

FacebookのザッカーバーグCEO、オバマ大統領に電話で抗議「政府はネットの脅威」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、報道されている米連邦政府による市民監視行為についてオバマ大統領に電話で抗議したとし、「Facebookはユーザーを守ることに尽力する」と語った。(2014/3/14)

次世代の広告技術:
モバイル広告はもう古い? 次に来る広告テクノロジは……
次世代の広告技術の行く末は――。米国で開かれたイベントの中で、「すでにモバイル広告は時代遅れで、モノのインターネット(Internet of Things)テクノロジによる広告が次に来る」と大きく取り上げられた。(2014/3/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。