ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「環境配慮設計」最新記事一覧

最新のニュースや業界動向は@IT MONOist「生産管理フォーラム」の「環境配慮設計ナビ」コーナーもご覧ください。

製造クラウド:
クラウドサービスで管理する化学物質、製造業で役立つ
製造業には海外拠点と国内拠点で大容量データを共有するニーズがあるなど、クラウドサービスが役立つ下地がある。電通国際情報サービスと沖電気工業は、原材料や製品に含まれる化学物質情報を管理できるクラウドサービス「PLEXUS CM」を開発、サービス提供を開始した。(2012/11/9)

“明るく・楽しく”!? 環境配慮型設計・現場の心得(3):
“TPD”を実践しないとどうにもならない?――「正しい設計のフロントローディング」と「全社的製品設計」
これからの日本のモノづくりにはTPD(Total Product Design)がカギ。「全社的に」を実践するための役割分担を整理してみた。(2011/11/18)

“明るく・楽しく”!? 環境配慮型設計・現場の心得(2):
それは「後ろ向きな仕事」? 「前向きな仕事」?
「え〜、そんなつまらない仕事勘弁してよ……」と言いたくなる指令が降ってきた! 元“プロのサラリーマン”カイゼン人ならこうしてISOxxxxの面倒な仕事を乗り切る。LCAなんてつまらない、と言わずに読んでみて。(2011/10/21)

モノづくり最前線レポート(31):
省エネルギーメモリ技術でユーザー企業の付加価値を高める――日本サムスン
日本サムスンは同社の第三世代DDR3に関するセミナーを開催。ビッグデータ時代に企業に求められる「価値」を提供する省エネルギー技術を披露した。本稿では当日の模様をダイジェストで紹介する。(2011/10/18)

SolidWorks 2012はパフォーマンス向上に自信あり:
旧バージョン比較でモデリング作業時間が半減
SolidWorks 2012では、ユーザー要望に基づく数多くの新機能・機能改善が盛り込まれた。旧バージョンの2011と作業時間を実際に比較した結果も公表。(2011/9/27)

環境配慮モノづくり最前線(3):
専門家じゃなくても大丈夫。環境配慮設計は怖くない――“持続可能モノづくり”へのオートデスクのアプローチ
オートデスクが考える環境負荷を考慮した設計業務のあるべき姿とは? 同社製品の環境規制対応のキーパーソンによると、誰もが分かる指針を示すことがポイントだ。(2011/9/27)

製品のCO2削減に貢献する新素材:
富士ゼロックス、木質系非可食バイオベースプラスチックを開発
富士ゼロックスがABS樹脂を超えるウエルド強度を持ったバイオプラスチックを開発。環境配慮型製品開発の選択肢が増えることになりそうだ。(2011/9/15)

“明るく・楽しく”!? 環境配慮型設計・現場の心得(1):
ヒントはクラフトマンシップにあるんです
環境アセスメントってナニ? 高懸念物質……? クリエイティブなモノづくり業務と関係ないけど、対応しないと仕事にならない“お約束”に、楽しく挑むにはどうしたらいいのでしょう? 明るく・楽しいモノづくりがモットーのカリスマ改善人が「環境配慮」を考えたら……。(2011/9/6)

SaaS型の化学物質管理サービス:
富士ソフトのSaaS型化学物質情報調査支援システム「FSGreen ChemicalReport」
サプライチェーン全体の化学物質情報調査の手間を低減するSaaSサービスが登場。調査依頼や進捗(しんちょく)管理を自動化できる。(2011/9/1)

貴社部品は最終製品にどれくらい貢献しているか?:
中間財の完成品における「CO2削減貢献量」算定コンサルティングサービス
部品サプライヤは最終製品全体のCO2削減にどれくらい貢献しているか? 従来評価が難しかった領域を推計算出するサービスが登場した。(2011/8/1)

ebXML MS 3.0準拠EDI:
JEITAクライアント機能、JAMP-GP接続対応のEDI
電子商取引の国際標準ebXML MS 3.0に準拠したEDIが登場。JEITAクライアント同等機能も実装している。(2011/7/29)

オープンイノベーションを加速:
日立が環境技術を開放、エコ・パテントコモンズに参加
日立製作所がエコ・パテントコモンズに参加。製造プロセスとリサイクルプロセスの連携などの情報技術を公開した。(2011/7/26)

環境配慮モノづくり最前線(2):
OKIデータが取り組む製品ライフサイクルを考慮した環境配慮設計
化学物質管理、CO2排出抑制など、エレクトロニクスメーカーを中心に、製造業に課される環境への責任は大きくなりつつある。メーカーの現場ではどのような取り組みが進められているだろうか。(2011/7/11)

代替部品検討、独自分析も:
OKI、電子部品の環境法令対応調査、データ収集代行サービスを提供
エレクトロニクスメーカーを中心に環境情報の収集・管理要求が厳格化しつつある。対応に苦慮するサプライチェーンの「川中」に位置する部品メーカーを対象に、調査・分析業務の代行サービスが登場した。(2011/7/8)

ENERMAX、待機電力基準“ErP Lot6”に対応した500/600ワットATX電源
リンクスインターナショナルは、ENERMAX製500ワット/600ワットATX電源ユニット「EPG500AWT Lot6」「EPG600AWT Lot6」の取り扱いを発表した。(2011/6/17)

環境配慮モノづくり最前線(1):
アジアサプライヤ・中小企業の取り込みを目指すJAMPの活動
部品や成形品などが含有する化学物質情報を管理し、サプライチェーン間の情報伝達を円滑にすることを目的に2006年に設立されたJAMP。現在、400社近い会員数を持つ同団体の総会と併せ、シンポジウムが開催された。本稿では当日の模様をお伝えする。(2011/5/31)

電機・電子機器業界など製造業の海外進出を後押し:
クラウドPLM基盤「PLEXUS」でOKIの化学物質管理システムが利用可能に
クラウドPLMプラットフォーム「PLEXUS」にOKIの環境ノウハウが載る。ISIDのオープン戦略が設計・製造の仕組みを変える? (2011/5/10)

SAP ERP上で化学物質管理を:
化学物質管理ツール「SAP EHS Regulatory Content」
SAPジャパンは2011年3月31日、化学物質管理ツール「SAP EHS Regulatory Content」の提供を開始。ERPの業務プロセスはそのままに化学物質管理を統合する。(2011/4/1)

環境配慮設計のいま:
環境配慮設計と標準化の動向
欧州議会で公布されたErP指令。あらゆる電機・電子機器製品に影響があるこのルールの現状と、企業への影響を識者に聞く(2011/3/17)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート(8):
世界市場での製品競争力向上を目指す「Obbligato III」
 コア・非コア機能をオンプレミス・クラウドで使い分けた運用を提案するObbligato III。グローバルPLM実現に向けた狙いとは(2011/3/16)

来るべきErP指令の全面公布に向けて:
PR:グローバル大手メーカーが実践する環境配慮設計のいま
循環型社会への転換が語られるようになって久しい。モノづくりの世界でも、近年RoHS指令やREACH規則に代表されるように、新しい仕組みを構築せずには対応できないような環境対策が要求される時代となってきた。本稿では、欧州で施行されつつあるErP指令への対応を中心に製造業における「環境配慮設計」のあり方を紹介する。(2011/3/1)

【1分で分かる】業界別 CAE技術動向:
「やりたいのはやまやま……」はもう通用しない!? ――家電
家電は壊れても、人に大きな被害を与えない。起こる現象も複雑……。少しCAEに気後れしがちな家電業界のCAEだが、これからは?(2011/1/19)

モノづくり最前線レポート(26):
モノづくりの環境対策と環境配慮、何が違う?
NECがグループ内で実践する「環境配慮設計」とは? グローバル設計・開発時代にObbligatoが提案する手法と仕組みを聞く(2010/12/7)

PR:これからのビジネスプロジェクターは「カラーの明るさ」で選ぶ!
会議やプレゼンでの情報伝達・共有の手段として欠かせないプロジェクターは、製品の質が業務の効率アップに直結するといっても過言ではない、ビジネスにおいて重要なデバイスだ。では、今後はどのようなプロジェクターを選ぶべきなのか? その答えの1つとして、エプソンは「カラーが明るい」プロジェクターを提案している。(2009/2/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。