ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラミングコンテスト」最新記事一覧

IT関連53団体・5000社束ねる「日本IT団体連盟」設立 政策提言・人材育成へ
IT産業に関わる53団体を束ねる連合体「日本IT団体連盟」が設立。IT業界の意思を1つにまとめ、政策提言や人材育成を行う。(2016/7/25)

BASIC IS A POWER!:
なぜ今? 「SMILEBASIC MAGAZINE」の発刊で復活した読者投稿型プログラム雑誌とは
このところ、Amazonのゲームプログラミングカテゴリにてベストセラー1位(原稿執筆時)を走っている雑誌がある。「SMILEBASIC MAGAZINE Vol.1」だ。どうして?(2016/7/13)

“メインフレーム”を使いこなせ:
IBM、学生向けプログラミングコンテスト「IBMメインフレーム・コンテスト2016」開催
日本IBMが、メインフレーム人材の育成や認知を目的とした学生向けコンテスト「IBMメインフレーム・コンテスト2016」を開催する。応募期間は2016年7月11日〜9月2日。(2016/7/12)

Meet Recruit:
【vol.2】「目指すのは人とAIの共進化」リクルートAI研究所所長が人工知能領域への取り組みを明かす
人工知能と社会の関係を、AI分野の世界的権威たちをアドバイザーに迎えたリクルートAI研究所所長の石山洸氏が語る。(2016/5/16)

NASA、“ISS勤務ロボットにより良い目を”コンテスト開催 賞金総額1万ドル
国際宇宙ステーションでテスト中の人型ロボット「Robonaut 2」に3Dの物体を識別できる目を与えるためのアルゴリズムを募集するコンテストをNASAが開催した。賞金総額は1万ドルだ。(2016/2/25)

トロンフォーラム IoT-Engine:
IoTエンドデバイス向け組み込みプラットフォーム「IoT-Engine」
トロンフォーラムは「2015 TRON Symposium(TRONSHOW)」の開催概要を発表。TRONプロジェクトリーダーの坂村健氏がIoTエンドデバイス向けの組み込みプラットフォーム「IoT-Engine」の存在を明らかにした。(2015/12/7)

隠し球「IoT-Engine」も登場、「2015 TRON Symposium」開催概要発表
トロンフォーラムは2015年12月9日より開催する「2015 TRON Symposium(TRONSHOW)」の概要を発表した。坂村教授からは“隠し球”の「IoT-Engine」も紹介された。(2015/12/7)

ITで働くなら挑む? 「成人」対象のセキュリティ競技会を開くワケ
国内外でセキュリティ技術を競う大会が盛んに行われている中、トレンドマイクロが「成人」と「地域」を参加条件にしたちょっとユニークな大会を開く。その狙いとは?(2015/8/20)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第36回 理想と現実のギャップは早めに軌道修正を――GitHubでコードをアピールして“はてな”に転職した若きエンジニア
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2015/7/1)

奇抜なアイデアを形に、「実況」を味方に――広がる「自作ゲーム」の裾野 メジャーシーンと違う豊かさを
「青鬼」「ゆめにっき」など、個人や少人数のチームが手掛ける「自作ゲーム」がゲームファンの間で存在感を高めている。ゲーム実況で人気に火が付き、映画化などメディアミックスにつながる作品も少なくない。メジャータイトルとは別の角度からファンを惹きつける魅力とは――。(2015/6/19)

Meet Recruit:
ド素人だからこそ実現できる! エンジニアが本気で楽しめる場作りへの挑戦
リクルートが2014年11月に開催した『CODE FESTIVAL2014』では、競技プログラミング+フェスティバルという形態を用いて、エンジニアに場と機会を提供。大盛況のうちに終了した。今回はその仕掛け人の1人であるサブプロジェクトリーダーの秋田毅氏に狙いを聞いた。(2015/6/12)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(3):
コンピュータ「オイラと数学しよう」 ――オイラープロジェクトの問題にチャレンジ(その2)
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回も「オイラープロジェクト」の問題を解こう。(2014/12/12)

求めているのは、楽しさと環境:
イマドキの“学生プログラマー”は何を考えているの?
東京・秋葉原で世界初という競技プログラミングの祭典「CODE FESTIVAL 2014」が開催された。今の「学生プログラマー」はどんなきっかけでプログラミングの世界に入り、何を目指しているのか。参加者の大学生たちに話を聞いてみた。(2014/11/26)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(2):
コンピュータ「オイラと数学しよう」 ――オイラープロジェクトの問題にチャレンジ(その1)
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は「オイラープロジェクト」の問題を解こう。(2014/11/11)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(1):
FreeMatで魔方陣を作ってみよう
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は、魔方陣を作ってみよう。(2014/10/21)

世界92カ国4000人の頂点は? バーチャルカーレースで決める世界一 プログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014」
世界92カ国から4000人超が参加したプログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014」の決勝戦がフィンランド・ヘルシンキで行われた。熱戦の様子をリポートする。(2014/6/20)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング基礎編】(1):
プログラミングでもっと自在にFreeMatを操ろう
無償の工学計算ソフト「FreeMat」について解説するシリーズ、プログラミング基礎編では、各種コマンドやサブルーチンに相当する「関数mファイル」について説明する。(2014/4/25)

安藤幸央のランダウン(67):
プログラミングもクラウドへ―― 学習&開発環境Webサービス23選まとめ
オンラインのプログラミング環境や、オンラインでコードを書いて学べる学習サイト9選、ビジュアル(子ども向け)プログミラングWeb環境5選を紹介する。(2014/2/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/21)

表彰式は両国国技館!!:
パートナーロボット「PALRO」を活用したアイデア&プログラミングコンテスト開催、富士ソフト
富士ソフトは、同社のコミュニケーションパートナーロボット「PALRO(パルロ)」を題材にした、アイデア&プログラミングコンテスト「第1回PALROコンテスト」の開催を発表した。優勝者には、賞金10万円とPALROが授与される。(2013/6/13)

所属・年齢不問“セキュリティの甲子園” 日本最大規模「SECCON 2013」開催
国内最大規模のセキュリティコンテスト「SECCON 2013」が開催される。サーバへの攻撃・防御などの技術を競い合う内容で、所属・年齢不問で参加者を募る。(2013/6/7)

またやるようです:
あのBASICプログラミングコンテストが再び、「第2回 プチコン大喜利」開催決定!!
スマイルブームは、ニンテンドーDSi/DSi LL/3DS/3DS LLでBASICプログラミングが楽しめる「プチコンmkII」の発売1周年を記念し、プログラミングコンテスト「第2回 プチコン大喜利」の開催を発表した。(2013/3/15)

学生プログラマ日本一決定戦 「CODE VS」ライブ配信
日本の学生プログラマが、アルゴリズム活用力とコーディング技術を競い合うプログラミングコンテスト「CODE VS(コードバーサス)をライブ配信する。2回目となる今回のテーマは「落ち物パズル」。ハイスコアを叩き出すアルゴリズムを実装し、学生日本一になるのは一体誰だ!?配信は1月19日14時0分〜。(2013/1/15)

プチコンで始めるBASIC新世代育成“虎の穴”(8):
見せてもらおうかMSX2+の性能とやらを!!
プチコンとMSX2+規格のホームコンピュータ「FS-A1WSX」とで、グラフィックス命令を使った簡単なベンチマークテストをしてみた。結果は想像通りだが、なるほど、グラフィックス命令よ、なかなか使えるな!(2012/12/7)

IT技術書・注目の新刊(2012年10月):
IT技術書新刊・近刊まとめ〜ぶくにゅ:一書知秋〜
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/10/5)

情報処理学会とグリー、世界でプログラミングコンテストを開催
情報処理学会とグリーが若手エンジニア向けプログラミングコンテストを開催する。公式言語を英語とし、世界4地域で予選を行い優秀者を表象する。(2012/4/27)

IT資格Watch!(2):
エンジニアを熱狂させたグーグル「DevQuiz」は、日本生まれ世界育ち
(2012/2/14)

きっかけは足湯:
サイバーエージェント子会社社長は新卒内定者 iPhoneアプリ「My365」開発チームの劇的な365日
起業にはさまざまなドラマがある。サイバーエージェントは、新会社の社長に4月入社予定だった内定者の飯塚勇太さんを抜てきした。就職活動からiPhoneアプリ「My365」ヒット、社長になるまでの道のりを聞いた。(2012/1/17)

Kinectでデジタル複合機を操ってみた――リコーの開発コンテスト
リコーはデジタル複合機上で稼働するビジネスアプリの開発コンテスト「RICOH&Java Developer Challenge 2011」を実施。グランプリにXbox 360の入力デバイスKinectを使ったアプリを選出した。(2012/1/13)

月刊エンジニアライフ(41):
7つの言語、7人の英霊によるコーディング戦争
(2012/1/10)

安藤幸央のランダウン(59):
師走を楽しもう。技術系アドベントカレンダーの魅力とは
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/11/30)

日本発の「Topcoderトレーニング講座」は最強最速アルゴリズマーへの最短経路
アプリケーションプラネットは2月5日から、日本発となる「Topcoderトレーニング講座」を開設する。講師は「最強最速アルゴリズマー養成講座」の著者としても知られる高橋直大氏。これにより、優秀なアルゴリズマーたちが活躍できる場が日本でも生まれるかもしれない。(2011/1/22)

Railsで目指せ、情熱エンジニア(2):
Railsの学び方
ロンドン在住のRailsエンジニア、井上真氏が自身の体験を振り返りながら、初中級者向けにRails関連のエッセイ、技術トピックをお届けします。連載第2回目は、体験談を交えたRailsの学び方についてです。(2011/1/11)

Railsで目指せ、情熱エンジニア(1):
Railsを始めたきっかけ
ロンドン在住のRailsエンジニア、井上真氏が自身の体験を振り返りながら、初中級者向けにRails関連のエッセイ、技術トピックをお届けします。連載第1回目はRailsを始めるきっかけについてです。(2010/12/24)

帰ってきた井上恭輔:
プロコン史上初の“超ド級”電脳戦、IT維新の志士たちはどう戦ったのか
また“熱い”季節がやってきた。IT技術者を志す高専生たちの祭典「高専プロコン」の競技部門は、プロコン史上初となるネットワーク・リアルタイム対戦が採用されたが、その開発で中心的な役割を担った伝説のプロコンマイスターが今回のプロコンを振り返る。(2010/11/19)

コーダーの聖地「TopCoder Open」で日本人が2部門制覇
特に優れた者だけが参加を許されるコーダーの聖地「TopCoder Open」のMarathon部門Algorithm部門を日本人が制した。(2010/10/19)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
そのアルゴリズム、貪欲につき――貪欲法のススメ
アルゴリズムの世界において、欲張りであることはときに有利に働くことがあります。今回は、貪欲法と呼ばれるアルゴリズムを紹介しながら、ハードな問題に挑戦してみましょう。このアルゴリズムが使えるかどうかの見極めができるようになれば、あなたの論理的思考力はかなりのレベルなのです。(2010/9/4)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
病みつきになる「動的計画法」、その深淵に迫る
数回にわたって動的計画法・メモ化再帰について解説してきましたが、今回は実践編として、ナップサック問題への挑戦を足がかりに、その長所と短所の紹介、理解度チェックシートなどを用意しました。特に、動的計画法について深く掘り下げ、皆さんを動的計画法マスターの道にご案内します。(2010/5/15)

PR:あなたのJavaスキルを見せてくれ! 「Javaプログラミングコンテスト 2010 Spring」開催中
Javaプログラミングの腕を競い合う「Javaプログラミングコンテスト 2010 Spring」が開催中。実務的なプログラミング能力を正確に診断するツールを活用し、ランキングも随時更新。無料で参加でき、優勝者には賞金10万円が贈られる。【エントリー5月31日締切!】(2010/3/31)

特集:学生起業家たちの肖像(5):
「われわれは100倍、速く書ける」――PFI 西川徹
「天才」と呼ばれるプログラマたちが自ら会社を立ち上げるとどうなるか。その答えが知りたければ、あるベンチャー企業に注目すればいい。IT業界で注目を集めるテクノロジーベンチャー「プリファードインフラストラクチャー」の社長に話を聞いた。(2010/3/19)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
アルゴリズマーの登竜門、「動的計画法・メモ化再帰」はこんなに簡単だった
動的計画法・メモ化再帰というと難しいアルゴリズムであるかのように聞こえますが、実際には小学生でも分かるほど簡単なアルゴリズムです。使用できるメモリと実行時間を意識しながら、同じ計算をする無駄を省くことができれば、かなりの実力者となれます。(2010/3/6)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
トップクラスだけが知る「このアルゴリズムがすごい」――「探索」基礎最速マスター
プログラミングにおける重要な概念である「探索」を最速でマスターするために、今回は少し応用となる探索手法などを紹介しながら、その実践力を育成します。問題をグラフとして表現し、効率よく探索する方法をぜひ日常に生かしてみましょう。(2010/2/6)

複合機でつぶやくとどうなる?――リコーのプログラミングコンテストで「Twitter×MFP」がグランプリ
リコーは、MFPで稼働するビジネスアプリケーションの開発技術を競う「RICOH & Sun デベロッパーチャレンジ2009」のグランプリが決定。Twitterとimagioの連係を提案した北海道情報大学チームが、二連覇を達成した。(2010/1/18)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
知れば天国、知らねば地獄――「探索」虎の巻
いよいよ今回から、具体的なアルゴリズムの紹介に入っていきます。今回は、プログラミングにおける重要な概念である「探索」について考えます。グラフに変換し、探索する、という流れを知るとともに、そのグラフを効率よく探索する方法について紹介します。(2010/1/16)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(5):
「データベースで生計を」――未踏ユース 郷原浩之
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2009/12/25)

D89クリップ(13):
マッシュアップを超えたマッシュアップを−Mashup Awards 5表彰式レポート
リクルート主催による「Mashup Awards 5」の表彰式が開催された。前回を上回る応募作品数と高いクオリティのなか、数々の賞が決定した(2009/12/11)

最強最速アルゴリズマー養成講座:
細かすぎて伝わりにくいTopCoderのコーディングスキル向上マジック
競技プログラミングはレベルの高い人たちの集まり――そんな考えを持っている初心者の方、TopCoderはあなたのコーディングスキルを爆発的に高める魔法のような場です。今回は、初心者にこそお勧めしたいTopCoderの魅力について考えます。(2009/12/5)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(4):
競技大好き、世界3位のアルゴリズマー「高橋直大」
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2009/11/17)

PC USER'z Park:
「昔々あるところに、1台のパソコンがありました」
PC USER創刊15周年企画「PC USER'z Park」。パソコンの思い出を語り始めると止まらない、オヤジ臭が漂う編集部員たちが選んだのは――投稿作品を一挙紹介。(2009/10/25)

高専プロコンリポート:
「最強最速」を見せつけた浪速の高専生
高専生にとっての大イベント、「高専プロコン」の季節がまたやってきた。競技部門では、大人をもうならせる良問に、優れたアルゴリズムを携えてしのぎを削る学生たちの姿があった。(2009/10/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。