ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロジェクト管理ツール」最新記事一覧

初めてのガントチャート(4):
「みんなでガント.com」「Brabio!」「Jooto」とExcelガントチャートを比較する
プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いる表「ガントチャート(Gantt chart)」の作成を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぶ本連載。最終回は、ガントチャート作成Webサービス「みんなでガント.com」「Brabio!」「Jooto」の基本機能を紹介し、Excelガントチャートと比較します。(2017/10/16)

日立ソリューションズ東日本 SynViz S2:
複数部門を横断したプロジェクトの管理を支援する工程・プロジェクト管理ツール
日立ソリューションズ東日本は、工程管理/プロジェクト管理ツール「SynViz S2」の最新バージョンである「SynViz S2 2.6」の提供開始を発表した。(2017/8/28)

シーイーシー CS Qompass:
PMBOK準拠の組み込みソフト品質管理プラットフォーム
シーイーシーが、組み込みソフトウェア開発の品質や進行、成果物の管理をIPA準拠の評価基準で統合的に行えるマネジメントプラットフォーム「CS Qompass」を提供開始した。(2017/4/4)

PR:“最も人口が少ない県”で生まれたITベンチャーがいま、全国展開する理由
(2017/4/3)

1つのツールで全ての情報にアクセス
「チャットボット」がソフト開発支援、増え続けるツールを“対話”でまとめる
企業で使うツールは増える一方だ。それぞれのツールを1つに統合できれば、業務は効率的になる。それを実現する技術として注目されているのが「チャットボット」技術だ。(2017/3/22)

451 Researchの調査
クラウドの普及で、企業内コミュニケーションの形にも変化の兆し
デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みが広まりつつある。一部の企業にとって、その中心にあるのは企業向けコラボレーションだ。(2017/2/17)

使うほどに精度が向上し、プロジェクト進行を改善させる:
AIでチームを成長 プロジェクト管理ツール「Commu」β版が公開
Curious Edgeがプロジェクト管理ツール「Commu」のβ版をリリース。機械学習によって、使えば使うほどより最適なアドバイスや改善を行うよう促すサジェスト機能を備える。(2017/2/14)

製造ITニュース:
管理者向け機能を強化したプロジェクト管理ツールの最新版
日立ソリューションズ東日本は「プロジェクト管理ツールSynViz S2」の最新版「SynViz S2 2.4」の提供を開始した。大規模プロジェクトに対応し、組織的な作業割り当てを計画/表示できるよう、管理者向けの機能を強化した。(2017/2/14)

日立ソリューションズ東日本 SynViz S2:
計画変更を検知し必要な情報を即座に取得できるプロジェクト管理ツール
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」に新機能を追加した、最新バージョン「SynViz S2 2.4」の提供開始を発表した。(2017/2/7)

OSSチャット基盤RocketChat入門(終):
WebhookやHubotを使ってチャットとSubversion、Redmine、Jenkinsを連携させる基本設定とは
OSSのチャット基盤であり、Dockerコンテナとして簡単に導入できるRocketChatを使った、コミュニケーション基盤の作り方を学ぶ連載。最終回は、RocketChatと他のアプリケーション(Subversion、Redmine、Jenkins、Zabbix、fluentdなど)と連携させる方法を紹介します。(2016/12/8)

「CA World'16」レポート:
企業の勝敗を分けるのは「ソフトウェア」――CAが唱える”モダンな”ソフトウェア開発の在り方とは
2016年11月14〜18日(米国時間)にかけて開催されたCA Technologiesの年次カンファレンス「CA World'16」。本稿では、11月18日に行われた基調講演のレポートをお届けする。(2016/12/1)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

IT導入完全ガイド:
“走りながら考える”プロジェクト管理に必要な機能とは
アイデアが市場競争力の源泉となる場合が少なくない現代では、「走りながら考える」開発スタイルに追従できるプロジェクト管理手法が必要とされている。本稿では、こうした環境下でのプロジェクト管理の在り方について考えてみたい。(2016/11/28)

開発残酷物語(1):
メンバーの「順調です!」を鵜呑みにした結果――山本一郎氏が聞く、会社成長期に起こりやすい炎上事例と対処法
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか、同じトラブルを起こさないようにどういう手だてを取ったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探ります。(2016/11/25)

成功事例から考える「働き方変革」【第1回】
ワークスタイル“改善”で終わってない? 本当の「変革」に必要な3つの要素とは
モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止まっていないだろうか。問題を根底から解決し、働き方を変革する方法を紹介する。(2016/11/21)

IT導入完全ガイド:
あの自動車部品も! 大規模製品開発プロジェクトの脱Excel管理術とは
プロジェクト管理に「Excel」を活用しているケースは多い。しかし、複雑化・多様化するニーズに迅速に対応し、厳しいグローバル競争を勝ち抜くためには、Excelシートによるプロジェクト管理では限界がある。では、プロジェクト管理ツールを導入してみてはどうだろうか?(2016/11/11)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(3):
従量課金制のPaaS型ECプラットフォームを24時間365日支えるエンジニアリングの舞台裏
従量課金モデルを採用したPaaS型の新しいタイプのECプラットフォームを提供するCommerbleは、Microsoft Azureを中心に、AWSやCIツール、プロジェクト管理ツール、ソースコード管理ツールを連携させることによって、継続的に進化を続ける質の高いECサービスの提供に成功している。その舞台裏を聞いた。(2016/8/8)

FinTechスタートアップの例:
PR:全ての企業が○○Techとなる今後のために知っておきたい、プロジェクト管理・開発・運用現場の課題
世界中で全ての企業がソフトウェア企業になるといわれている昨今。日本でも「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を足した造語である「FinTech」が流行し、さまざまな企業が新たな金融サービスを開発し新規参入を果たしている。また、金融以外の業種、例えば、教育、医療、物流、製造などでも国内で既に、このような動きが出てきている。このような中、顧客接点を増やすために差別化が重要となるスタートアップならではのプロジェクト管理の課題に加えて、それぞれの業種に特化した課題があるのはご存じだろうか。2015年4月に金融分野で新規参入をしたウェルスナビに聞いた。(2016/7/13)

現場でJIRAやBitbucketはどう活用されているのか?:
PR:gloopsやgumiのソーシャルゲーム開発を支えるアトラシアンのツール群
アトラシアンがコミュニティーカンファレンス「Atlassian For Teams − Team-1 ゲーム開発現場でのチーム開発」を開催。現場でアトラシアンのツールを活用しているゲーム開発企業gloopsやgumiの担当者が登壇し、ツールの利用事例や、利用している中で見えてきた課題、ツールへの要望などをセッション形式で発表した。(2016/6/30)

「Office 365」にチームプロジェクト管理ツール「Microsoft Planner」追加
Microsoftがビジネスおよび教育期間向け「Office 365」に、チームプロジェクト管理ツール「Microsoft Planner」を追加したと発表した。複数のプロジェクトを視覚的に管理できる。(2016/6/7)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(2):
クリエーションラインが参加するプロジェクトに見る、スクラムチームの一員として重要な資質
クラウドインテグレーションを中心としたSI事業を手掛けるクリエーションラインでは、アジャイル型開発に適応できるエンジニアの育成に力を注いでいる。その取り組みについて聞いた。(2016/7/5)

ビジネス部門の“事業計画”に貢献できてますか?:
PR:開発の進捗状況をビジネス部門にうまく理解してもらえない理由
“エンタープライズアジャイル”における、アジャイル型開発の真の価値は、開発された成果物が顧客満足度の向上やビジネス拡大など事業計画に貢献することであり、「プロジェクト全体がその目的のために進んでいるかどうか」が重要になる。そこで、“エンタープライズアジャイル”の次のステップでは、複数の開発チームが動くプロジェクト全体の進捗を管理するツールが求められてくるのだ。(2016/5/23)

業務アプリInsider 読者調査レポート:
「2020年のアプリ開発環境の予想図」から見えてくるもの
2016年の技術トレンドと業務アプリ開発について2016年3月に実施したアンケートの調査結果を紹介する。(2016/4/5)

開発チームの“独りよがり”になってませんか?:
PR:速いサイクルで開発できるようになってもビジネスに結び付かない理由
変化が速い昨今のビジネス環境において、アジャイル型開発の採用を進める開発会社が増えつつある。一方、開発を実際に進めていく中で、アジャイル開発に対応したプロジェクト管理ツールを導入しただけでは解決されない課題も幾つか浮き彫りになってきた。その課題とは何か。解決するためには何が必要なのだろうか。(2016/4/1)

PR:複雑化するITシステム、肥大化する管理コスト――悩める企業を救う「プロフェッショナル集団」とは?
(2016/3/23)

もう“ごまかし”は通用しないのでは?:
PR:“感覚”ベースのExcelプロジェクト管理だと失敗する理由
現在、多くの企業がプロジェクト管理にExcelを利用しており、手作業で進捗状況を管理している。日々の進捗状況をExcelに手動で入力することで、開発担当者には手間が掛かることに加え、入力された情報はあくまで開発担当者の“感覚”であり、“ごまかし”もできてしまう。“実績”をベースにしたプロジェクト管理を行うためには何が必要なのだろうか。(2016/3/1)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(7):
SIerが社内リーンスタートアップで得られるものとは何なのか
積極的に新規サービス開発に取り組んでいるSIerに、力を注いでいる理由や、訪日タイ人旅行者向け専用ネットワークサービスや専用iPhoneアプリを開発するプロジェクトの実状、採用技術、ツール、今後の展開などを聞いた。(2016/2/22)

ISO26262 アドヴィックス 事例:
ISO26262のアセスメント担当者はスーパーマンでなければならない!?
アドヴィックス 機能安全監査室 室長の河野文昭氏が「第3回自動車機能安全カンファレンス」に登壇し、自動車向け機能安全規格であるISO 26262と向き合うための組織づくりについて講演。2009年からアドヴィックスで同氏が取り組んできた事例を基に、機能安全規格と向き合う組織戦略の立て方を紹介した。(2016/2/4)

“世界を変えたい”エンジニアを求む:
PR:大ヒットゲーム「モンスターストライク」の開発は、Jenkins、GitHub、JIRA、Slack、DeployGateでどう自動化しているのか
大ヒットゲーム「モンスターストライク」を創り出したミクシィの「XFLAG(TM)〈エックスフラッグ〉スタジオ」がエンジニアを募集中。その狙いや、「自動化」が進むXFLAGスタジオの開発体制/ワークフロー、使用技術などを現役エンジニアに聞いてみた。(2016/1/27)

「DevOpsとは?」の決定版。今ハッキリさせる「正しいDevOps」実践法:
なぜDevOpsは正しく理解されてこなかったのか?〜ベンダーキーパーソンが徹底討論〜(後編)
IoTやFinTechトレンドの本格化に伴い、DevOpsが今あらためて企業からの注目を集めている。だがDevOpsは、いまだ正しい理解が浸透しているとは言いがたい状況だ。そこで@IT編集部では、国内のDevOpsの取り組みをリードしてきた五人のベンダーキーパーソンによる座談会を実施。今回は後編をお伝えする。(2016/1/22)

横浜の倉庫を改装した新オフィスで製品ロードマップを披露:
PR:JIRAシリーズ、HipChatのアトラシアン――開発者だけではなく、IT部門、ビジネス部門の「チーム」も支援する
JIRA、Confluence、HipChatなどのコラボレーションツールのベンダーであるアトラシアンが、同社ユーザーらを集めたイベント「Atlassian Community Day 2015」を開催。新製品ロードマップの紹介などを行った。本稿では、内容の一部を紹介する。(2015/12/11)

PR:プロジェクト管理は“脱表計算ソフト、脱メール”へ これからの管理業務のあり方とは
ビジネスを取り巻く環境がめまぐるしく変化し、企業はIoTやビッグデータ、人工知能といった新たなトレンドへの対応を迫られている。プロジェクトにスピードと品質が求められる中、プロジェクト管理は今までの方法では通用しなくなっている。(2015/11/16)

レスポンス待ちの時間をカイゼン:
Redmineのガントチャートプラグインがメジャーバージョンアップ
OSSプロジェクト管理ツールの定番「Redmine」の人気プラグインがメジャーバージョンアップ。より使いやすいWebアプリケーションになった。(2015/10/26)

CTOに問う(5)弥生編:
業務ソフトベンダーから「事業コンシェルジュ」への戦略的転換を図る弥生――改革を断行するCTO兼CIOが社内に浸透させるベンチャーマインド
CTOとは何か、何をするべきなのか――日本のIT技術者の地位向上やキャリア環境を見据えて、本連載ではさまざまな企業のCTO(または、それに準ずる役職)にインタビュー、その姿を浮き彫りにしていく。第5回は弥生の開発本部長を務める安河内崇氏にお話を伺った。(2015/7/1)

仕事で使うNAS 第5回:
NASで効率的なプロジェクト管理を実現する方法
ASUSTOR NASはAppCentralを通じて機能を拡張できるのが特徴の1つ。今回はビジネス向けアプリとして、複数のメンバーが協力してプロジェクトに取り組む際の助けとなるプロジェクト管理ツール「Collabtive」を紹介する。(2015/5/29)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(3):
「アジャイル」という言葉が一人歩き――アジャイル開発における理想と現実
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。今回は、実際の開発現場での理想と現実、失敗談をお話しし、アジャイル開発を進めるためのツールとして「Pivotal Tracker」を紹介します。(2015/3/3)

ビジネスチームハック:
タスクが重なって“モヤモヤ”するのを解消する方法
「気になっていること」を可視化することに慣れてくると、そのパターンが見えてくるものです。筆者の場合、プロジェクトの立ち上がり期を上手に管理すればモヤモヤが解消できることに気付きました。(2015/1/30)

ナレッジワーキング!!:
100個のダンボール箱を前にひねりだしたフレームワーク
最近、引っ越しをした筆者。家財道具と100箱のダンボールを前に、効率よく荷ほどきするためのフレームワークを考え出したといいます。(2014/11/5)

「プロジェクトマネジメントのABC」を徹底するべし:
何がプロジェクトの成否を分けているのか?
大プロジェクトの成否は、多くの場合会社の命運を握る。そのため、会社のエースを投入し、莫大なコストと時間をかけて挑むものの、必ず成功するものでもない。どちらかと言うと、大きなプロジェクトほど失敗の方が多いのではないだろうか。では、何がプロジェクトの成否を分けているのか。本稿では長年プロジェクトマネジメントに携わってきた筆者が成功のポイントを紹介する。(2014/10/30)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(5):
実録! チーム開発が捗り過ぎるSlack+GitHub+Trelloの使い方
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介。今回は、開発プロジェクト向けチャットツール「Slack」の特徴を解説しプロジェクト管理ツール「Trello」や「GitHub」と組み合わせた活用事例を紹介する。(2014/10/29)

ビジネスチームハック:
スケジュール管理はアナログのほうが便利なこともある
分業制でプロジェクトを進める場合、絶対に知っておきたい情報は「どの作業が自分に影響するのか」ということです。それだけを的確に知るにはノートのほうが便利かもしれません。(2014/8/22)

製造ITニュース:
日立ソリューションズ東日本、成果物管理システム最新バージョンを提供開始
各業務プロセスとそれに対応する業務データ・成果物を一体化して蓄積・管理するシステム。Windows8.1 Pro/Enterprise 32bit/64bit、Microsoft Internet Explorer11などの最新プラットフォームにも対応している。(2014/8/6)

製造マネジメントニュース:
日立ソリューションズ東日本、計画管理機能を強化したプロジェクト管理ツールの新版を発表
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2(シンビズエスツー)」の新バージョンを発表した。計画の変更管理機能などが強化され、スケジュールの変更や確定を把握するのための作業負荷が削減できるという。(2014/6/20)

ガントチャート、進捗、連絡、リソース、Todo管理までできる――プロジェクト管理ツール「Brabio!」がスゴイ!
複雑で大規模で期限が厳しい重要なプロジェクトを遂行するために、外せないWebサービスがあります。ガントチャート・進捗・連絡・リソース・タスク管理までできる「Brabio!」、さっそく見ていきましょう。(2014/4/24)

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(1):
ブラックなWeb開発現場の救世主、Gruntのインストールと使い方
JavaScriptメインでWeb開発を行う際にさまざまな作業を自動化して開発効率を爆発的に高めるツール(Grunt、Yeoman、Bowerなど)やエディター、IDE、実行環境などを紹介していく連載。初回は主なビルドツールを紹介し、Gruntの概要と特長、環境構築の仕方や基本的な使い方に加え、CoffeeScriptを使った設定も解説する。(2014/3/4)

富士ゼロックス、クラウド型のプロジェクト管理ツールを提供
富士ゼロックスは、クラウド型のコミュニケーション支援サービス「SkyDeskサービス」で、新たにプロジェクト管理ツールを提供する。(2014/2/6)

DevOps時代の開発者のための構成管理入門(終):
継続的デリバリ/デプロイを実現する手法・ツールまとめ
バージョン管理や継続的インテグレーションとも密接に関わる継続的デリバリ/デプロイメントの概要や主なツール、経緯、実践事例を紹介。実践手法として「ブルーグリーン・デプロイメント」「Immutable Infrastructure」が注目だ。(2013/12/3)

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(1):
初のアジャイル/リモート開発体制でも成功できた秘訣とは
日本料理のレシピを海外に紹介するアプリ「Ippin」。初物づくしのアプリ開発を成功させた秘訣をディレクターに聞いた。コミュニケーションツールやドキュメントに盛り込んだ数々の工夫とは、どんなものだったのだろうか。(2013/10/24)

今必要? すぐ使える! 注目Webサービス:
プロジェクト管理が上手くいかない、Excelでガントチャートを作るのが面倒――こんな課題を解決する「ブラビオ」
「作業の工程表をExcelで作成するのは面倒」「チーム内の“誰がどのくらい忙しいか”が分からない」「締め切りを守れない」――。職場のこんな課題を解決してくれる上、5人までなら無料で使えるWebサービスが「ブラビオ」だ。(2013/10/22)

東急ハーヴェストクラブを社外会議室に:
PR:軽井沢で会議ができたらうれしい? 経営者が話す「福利厚生の悩み・ホンネ」あるある
「福利厚生について社員にヒアリングしたら『そんなことするなら給料上げてくれ』と言われたんだよね」――。経営者が東急ハーヴェストクラブに宿泊して、日ごろ福利厚生に対して持っている悩みやホンネを語り合った。(2013/9/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。