ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「監査法人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「監査法人」に関する情報が集まったページです。

アクチュアリー:
日生新社長に「数学の職人」 国内わずか1700人の難関資格
日生の新社長はアクチュアリー出身。数学を駆使して保険の商品設計を担う専門職だ。(2018/3/20)

賢い「セキュリティ予算」獲得術【第1回】
「セキュリティ予算不足」はなぜ解消されないのか? 調査結果から探る
セキュリティの脅威が高度化する中、国内組織は十分な対策を施すための予算を獲得できているのか。国内組織とグローバル組織の予算獲得状況に違いはあるのか。調査結果を基に見ていく。(2018/3/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
未来を予測し、仕事のムダを減らす「スケジュール術」
GPDCAを高速で回すための5つのテクニックを学びさまざまな仕事を大量に手掛ける。(2018/2/22)

今からでも間に合う「GDPR」対策【第3回】
丸分かり「GDPR対策」 “制裁金2000万ユーロ”回避に役立つIT面での対策とは?
「GDPR」順守のための態勢作りを確実かつ効率的に進めるには、セキュリティ製品をはじめとするシステムの導入が有効です。GDPR対策に役立つ製品分野を紹介します。(2018/2/20)

マニュアル通りに危機が起きたことはない:
過労死や長時間労働、人材不足への危機感が急上昇――トーマツの実態調査で明らかに
トーマツが、最新の「企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査」を発表した。国内の上場企業が考えるリスクとは何だろうか?(2018/1/31)

PR:企業評価のグローバル基準、IFRSによる「攻めの会計」の道筋とは?
近年、IFRSを企業評価の尺度として捉える機運が急速に進んでいる。「攻めの会計」においてIFRSの意義は増しており、その点の理解を欠いた場合、財務戦略および広報戦略などの面で同業他社に後れを取りかねない。果たして企業は今後、IFRSにどう向き合うべきなのか。(2018/2/13)

「コインチェック」業務改善命令 金融庁は何を問題視?
コインチェックが約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」を消失させた問題に関連して、金融庁が同社に業務改善命令を出した。その経緯と、今後の流れを簡単に解説する。(2018/1/30)

製造業革新セミナー2017:
PR:市場の厳しい要求に応える自動車部品サプライヤーの設計業務改革
納期短縮、品質向上、軽量化といった、自動車部品サプライヤーへの要求は年々厳しさを増す。ダッソー・システムズ主催の「製造業革新セミナー2017」では、国産自動車部品サプライヤーの担当者が自らCAE業務改革の事例について語った。また好調な欧米部品メーカーが熱心に取り組む「原価企画」の考えについても紹介した。(2018/1/15)

ITmedia ビジネスオンライン 年末スペシャル:
ヒット記事から振り返る! 2017年を読み解く「7つのキーワード」
2017年の“7大トピック”とは? ITmedia ビジネスオンラインで読まれた記事から振り返ります。(2017/12/28)

利用者の9割以上が満足するも、QRコード決済の普及はこれから
トーマツが、10代〜30代のスマホ利用者にQRコード決済の利用実態を調査した。日本での利用状況はどうなのだろうか。(2017/12/22)

エッジとクラウドの関係は競合か共存か
IoT普及で爆発的に増える「マイクロデータセンター」とは何か
Gartnerがエッジコンピューティングやマイクロデータセンターの重要性を強調する中、専門家はその潜在的な利用場面の検討を進めている。ただし対処すべき課題もあることから、導入は難しい決断となる可能性がある。(2017/12/22)

PwCあらた、RPAのガバナンス/リスク管理態勢の構築支援サービスを開始
PwCあらたが、RPAの組織への浸透や定着化、各プロセスのモニタリング、評価など、ガバナンスの維持、改善のための仕組み作りを支援するサービスを開始した。(2017/12/19)

残業減った企業がランクイン:
1年間で「働きやすさ」が向上した企業 1位は……?
この1年間で「働きやすさ」が向上した企業は?――Vorkers調べ。(2017/12/18)

1年間で4度目の処分:
ジャパンライフに1年間の業務停止命令 目的告げずマルチ商法に勧誘
消費者庁が、健康用品販売のジャパンライフに1年間の業務停止命令を出した。同社が展開するマルチ商法を巡り、さまざまな特定商取引法違反があったため。処分は1年間で4度目。(2017/12/15)

17年の不祥事ランキング 「このハゲー!」や大手メーカーの改ざん上位に
宣伝会議が、2017年に発覚した不祥事を男女1000人に調査。大手メーカーを中心に偽装問題が次々と発覚し、企業のコンプライアンスが問われる事態となった。(2017/12/4)

今からでも間に合う「GDPR」対策【第2回】
「GDPR」条文解説、“罰金2000万ユーロ”を科されないためにやるべきことは?
EU一般データ保護規則「GDPR」の適用対象となるのは、どのような企業なのか。場合によっては2000万ユーロにもなる制裁金を科されないようにするには、何をすべきなのか。条文の内容を基に確認します。(2017/11/28)

PR:IFRS16対応は“脱・表計算ソフト管理”の好機? システム対応すべき4つのポイント
IFRSの最新基準、「IFRS16新リース会計」が、いよいよ2019年1月から適用される。本基準で業務負荷が増加する会計処理をミスや抜け漏れなく行うために注意すべき4つのポイントとは。(2017/11/13)

「ココナラ」運営会社の成長率は1252%:
テクノロジー・メディア・通信業界、成長している企業は?
日本のテクノロジー・メディア・通信業界の企業の成長率ランキングをトーマツが発表。1位はスキルシェアリングサービス「ココナラ」運営会社だった。(2017/10/19)

上場に必要なチーム力:
はてなの新規上場を支えた「コミュニケーション」
新規上場を実現するまでには、企業の成長性や健全性などをステークホルダーに証明することが必要だ。2016年2月に東証マザーズに上場した、はてなの取り組みとは? キーワードは「コミュニケーション」だ。(2017/9/22)

PR:強制適用まで残り1年半! IFRS16により激変する業務と日本基準への適用の行方
日本国内でも導入企業が増えているIFRS(国際財務報告基準)。2019年1月から、その最新基準IFRS16が適用される。IFRS16は現行業務にどのような影響を与えるのか、対応に向けた主な論点は何か、日本基準の改正の行方はどうなるのか――。これらの疑問点についてIFRS16対応の固定資産管理ソリューションを提供するプロシップに聞いた。(2017/8/30)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年7月版】:
自動運転に出会ったMIPS
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年7月は「自動運転車は売れるのか?」という自動車に携わる人ならば誰でも気になるテーマの記事が人気を集めました。また、Appleの取引停止宣言に端を発するMIPSアーキテクチャの栄枯盛衰をたどる記事も人気でした。(2017/8/17)

17年度1Qは好調:
東芝、「限定付き適正」で16年度決算発表
東芝が「限定付き適正」との監査意見のもと、2016年度通期と2017年度第1四半期の決算を発表した。(2017/8/10)

有報提出期限は8月10日:
東芝の16年度決算、監査意見は「限定付き適正」か
東芝の2017年3月期の有価証券報告書について、PwCあらた有限責任監査法人が「限定付き適正」との監査意見を出す方針だと一部が報じた。(2017/8/9)

「8月提出に向け全力」:
監査法人が意見表明しないとの報道は事実でない=東芝
東芝は、17年3月期の有価証券報告書で監査を担当するPwCあらた監査法人が意見不表明とすると一部が報じたことについて、そうした事実はないとコメント。(2017/7/13)

東芝、東証2部降格が正式決定 8月1日付で
東芝が8月1日付で東証2部に指定替え。(2017/6/23)

債務超過を確認次第:
東芝、8月までに東証2部降格へ
東芝が、2017年3月期の決算内容をまとめた有価証券報告書の提出期限の延期を金融庁に申請したと発表。東京証券取引所は、同社の債務超過を正式に確認次第、上場市場を東証2部へと変更する方針だ。(2017/6/23)

富士ゼロックスを特別扱い:
【詳報】富士フイルム、不適切会計の裏に何があったのか
富士フイルムホールディングス(HD)が、当初の予定よりも1カ月以上遅い6月12日に決算内容を開示した。その理由は、子会社の富士ゼロックスで海外子会社を巡る不適切会計が明らかになったためだ。事態の発覚が遅れた背景には、富士フイルムHDの富士ゼロックスに対する“特別扱い”があったという。(2017/6/15)

監査法人から承認得られず:
東芝、定時株主総会で16年度決算報告できず
東芝は6月28日開催予定の定時株主総会において2017年3月期決算を報告できないと発表した。(2017/5/31)

東芝、6月の株主総会で決算報告できず
東芝は、6月28日に開く定時株主総会で、2017年3月期通期の決算の報告ができないと発表した。(2017/5/31)

エネルギー管理:
科学で省エネ行動は促せるか、東電などが8万世帯で実証
東京電力エナジーパートナーなど4社は、家電や自動車の利用者に対してナッジによって省エネ行動を促す社会実証を2017年7月から開始する。ナッジとは、行動科学などの理論に基づいた情報発信で、行動変容を促す手法だ。家庭におけるCO2排出量の平均2%以上削減を目指すという。(2017/5/31)

企業動向を振り返る 2017年4月版:
「東芝倒産」の可能性
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。3月決算の発表を控えた4月はトピックが少ない時期ですが、東芝からは目が離せません。(2017/5/24)

広がるプロバイダーのコントロール領域
サーバレスやコンテナで、クラウドの「責任共有モデル」はどう変わる?
クラウドのセキュリティに対する懸念は弱まっているもしれない。だが依然としてユーザーとベンダーはデータの安全を確保する取り組みを行う必要がある。特に高水準のサービスではそうした取り組みが欠かせない。(2017/5/23)

記者から「上場廃止」「法的整理」を問われた東芝 それって何?
2016年度通期の決算短信の公表を見送った東芝。代わりに発表した決算「見通し」の説明会で、同社の綱川智社長は「上場廃止」「法的整理」の選択肢について記者から問われ、これらを否定した。そもそも「上場廃止」「法的整理」とは何なのだろうか。(2017/5/22)

PCデポ、2011年以降の決算に誤り システム不備と人為ミスで
PCデポは、2011年3月期以降の決算に誤りがあったため、5月中に訂正すると発表した。システムの不備や人為ミスが原因という。(2017/5/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「かわいい部下」の条件が変わった
何とか引き上げてあげたい、組織を離れても付き合いたいと思える部下、そんな現代版の「かわいい部下」とはどのような条件を満たしているのだろうか。(2017/5/18)

東芝が決算「見通し」を発表 なぜ「短信」じゃないの?
東芝が2016年度の決算の「見通し」を発表した。通常、上場企業は「決算短信」として決算速報を出すが、同社はそれを見送った。なぜなのだろうか。(2017/5/16)

監査法人の変更は「当面なし」:
東芝、また異例の「決算見通し」発表 上場廃止に現実味
東芝が2016年度の通期業績の「見通し」を発表。監査手続きは終えられておらず、正式な決算発表は延期する。概算での最終損益は9500億円に達したが、1年での黒字転換を見込む。(2017/5/15)

製造マネジメントニュース:
おきて破りの決算続ける東芝、「法的整理は考えていない」と強調
経営危機の東芝は、決算手続きが終わっていない段階での2016年度決算見込みを発表。「原発以外は順調」と強調した。東芝は2016年度第3四半期から正式手続きを終えない決算発表が続いており、企業ガバナンスの問題が指摘されている。(2017/5/15)

東芝がコメント:
東芝、監査法人を変更か 決算発表めぐり対立
東芝が、監査法人を変更すると一部報道機関が報じている。(2017/4/26)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第46回 まだ見ぬ景色を求めて――執行役員まで上り詰めたエンジニア、33歳の新たな挑戦
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2017/4/26)

企業動向を振り返る 2017年3月版:
アイに熱視線のエレクトロニクス、東芝の両翼を欠いた成長戦略
AIにエレクトロニクス関連各社も熱い視線を送っており、2017年3月は多くの企業から発表が相次ぎました。渦中の東芝も延期した決算を3月に発表する予定でしたが、監査法人との調整が終了せずに決算発表が2度見送られる事態に。(2017/4/25)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年3月版】:
採用事例はチラ見の楽しさ、Nintendo Switchに組み込まれたソフト
コンテンツランキングTOP10、今回は「Nintendo Switch」に搭載された組み込みソフトの記事が人気を集めました。ファクトリーオートメーションで注目される「EtherCAT」や東芝の行方など、気になる話題をまとめてご覧ください。(2017/4/19)

東芝四半期決算の「結論の不表明」 一体何がマズいの?
東芝が約2カ月遅れで発表した2016年4〜12月期決算。同決算に対し、独立監査人は「結論の不表明」を行った。結論を表明しないことの、一体何が問題なのだろうか?(2017/4/12)

債務超過は2257億円:
東芝に迫る「上場廃止」 監査意見なしの決算発表
東芝が2度の延期の末、2016年4〜12月期の連結決算を発表。最終損益は5325億円、債務超過は2257億円に上った。(2017/4/12)

製造マネジメントニュース:
東芝、監査の意見なしで2度延期の第3四半期決算発表
経営危機の東芝は、既に2度延期していた2016年度第3四半期決算を、監査人が結論を出していない段階で発表した。既に同社は、東京証券取引所と名古屋証券取引所から監理銘柄(審査中)に指定され、上場廃止の可能性が示されており、3度目の延期は許されない状況だった。(2017/4/12)

東芝、2カ月遅れで決算発表 監査法人は「結論不表明」
東芝が、2度の延期を経てようやく16年度第3四半期連結決算を発表した。ただし、監査法人によるレビューは「結論不表明」という異例の事態となっている。(2017/4/11)

「結論を不表明」:
東芝、2度延期の決算を発表 監査法人の承認ないまま
東芝が2度にわたり延期していた16年4〜12月期の連結決算を発表。(2017/4/11)

監査法人との調整がつかず:
東芝、決算発表3度目の延期か 監査承認なしで発表も
4月11日に決算報告を予定している東芝。監査法人との調整を進めているものの、「承認なし」の報告書提出か、3度目の延期申請を行う可能性も。(2017/4/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会計の「非」専門家が書いたビジネス数字の話――なぜ多くのビジネスパーソンが会計を分からないというのか
数字が苦手なコンサルタントが、数字が苦手なビジネスパーソンにしどろもどろになりながらレクチャーし始めて気付いたことがある。(2017/3/16)

開示は4月11日か:
東芝、決算発表を再延期 米原発事業の「圧力」追加調査
東芝が2016年4〜12月期の決算発表の再延期を申請。(2017/3/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。