ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「購買・調達」最新記事一覧

関連キーワード

ハイブリッド式の大型射出成形機を生産:
日精樹脂工業、海外3拠点目となるテキサス工場が完成
日精樹脂工業は、米国の生産拠点となるテキサス工場が2018年2月26日に完成したと発表した。(2018/4/20)

企業の専門人材ニーズに応える“人財シェアリング”プラットフォーム「SAP Fieldglass」、SAPジャパンが国内販売を開始
SAPジャパンが、企業の専門人材に対するニーズに応えるソリューションとして、企業と人財をマッチングする“人財のシェアリングプラットフォーム”を提供するクラウドベースのサービス「SAP Fieldglass」の販売を開始した。(2018/4/18)

小さな成果の積み重ねを目指す:
データサイエンティストと東京電力グループのデジタライゼーション
「世界でここでしか手に入れることのできないデータがあるから」という理由で東京電力グループに入ったデータサイエンティストの大友氏は、巨大な組織の中でいわゆるMVP、小さな成果を積み重ねる活動を進めようとしている。(2018/4/18)

武闘派CIO友岡賢二のサムライ日記:
情シスやエンジニアをコミュニティーに放流しよう!
中世のお城のような高い塀の中に情シスやエンジニアを囲い込んで、外の世界から断絶させていたのでは、視座が下がり視野は狭くなる一方です。(2018/4/13)

高い技術力と確かな品質管理が生む競争力
他社ストレージからのリプレースが急増中、なぜファーウェイが選ばれるのか
ストレージはまだコストも高く、ミッションクリティカルな業務だとなおさらだ。コストメリットと性能を両立した「新しい選択肢」、ファーウェイのストレージの魅力とは。(2018/4/17)

ICO規制、金融庁の研究会で争点に 「壮大なババ抜き」問題はらむ
仮想通貨交換業への制度的対応を検討する、金融庁の研究会では、ICO(新規コイン発行)が争点に。投機目的での購入が相次ぎ一方、ベンチャー企業の資金調達手段として活用できる期待もあり、メリットにも目を向けた規制を求める意見が出た。(2018/4/11)

重視すべき価値は「ビジネスを変える能力」
SaaSとオンプレミスのコスト比較は意味がない ERPの本当の選び方
SaaS型ERPの真の価値は、初期コスト削減ではないと専門家は言う。むしろ長い目で見れば、より新しい適応性のある安全なプラットフォームを使用できることに価値がある。(2018/4/11)

工場ニュース:
ハイブリッド式の大型射出成形機を生産する新工場、海外3拠点目
日精樹脂工業の、海外3拠点目となるテキサス工場が2018年2月26日に完成した。新工場では、米国市場で高需要が続くハイブリッド式の大型射出成形機を生産する。(2018/4/6)

無人店舗「モノタロウAIストア」が佐賀で開業へ 商品のバーコードをスマホで読み取って決済
工具や作業服などの工業用品約2000点を、AIの管理のもとに販売。(2018/3/21)

Wired, Weird:
危険なモータードライバーの修理(2) ハイブリッドICの交換&学んだ教訓
前回に引き続き、モータードライバーの修理の様子を紹介する。思わぬ落とし穴にはまって壊してしまったカスタムと思われるハイブリッドICを探すところから始めることにする――。(2018/3/15)

Google、仮想通貨の広告を禁止 6月から
米Googleが仮想通貨関連の広告配信を6月から禁止する。同様の広告は、Facebookも1月末に禁止すると発表していた。(2018/3/14)

PR:エプソンダイレクト探訪記――パソコンの信頼性を支える試験施設の秘密
エプソンダイレクトのPCはなぜ高品質なのか。長野県塩尻市にある多数の試験施設を見学し、その秘密に迫る。(2018/3/13)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
オムロンはPCの調達コスト最大3割削減をいかにして実現したか?
グローバルで事業を行っている企業にとって、各国拠点におけるPCの仕様を標準化することによるメリットは大きい。PCを標準化することで、集中購買が可能となり、調達コストの削減や運用管理における負荷を抑制できるからだ。(2018/3/13)

モノづくり最前線レポート:
「アップル=ファブレス」はもう古い、モノづくりの王道へ回帰
法政大学イノベーション・マネジメント研究センターのシンポジウム「海外のジャイアントに学ぶビジネスエコシステム」では、講演「アップルのモノづくり経営に学ぶ」を開催。アップルの業績の変遷やモノづくりへの投資の変化などについて解説した。(2018/3/8)

中の人に聞く:
お金が集まるプロジェクトにはどんな共通点がある?
不特定多数の人からインターネット経由で資金を集めるクラウドファンディング――。「お金が集まる商品と、集まらない商品の違い」とは? クラウドファンディングの中の人に聞いた。(2018/2/27)

なぜ料金が6倍に?
財務担当者が震え上がるクラウド料金払い過ぎ問題
クラウドの料金体系は複雑化し、一方で各担当者は自分の担当分しか把握できない。全体を誰も把握しないまま、クラウド使用料は膨れ上がる。また、ちょっとしたミスが驚くべき請求額をもたらすことになる。(2018/2/27)

製造マネジメントニュース:
デンソーが大規模な組織変更「この激動の時代を乗り切る」
デンソーは2018年4月1日付で実施する組織変更を発表した。新たな部署の設立や名称変更、再編を数多く行う大規模な内容となっている。(2018/2/20)

機会損失を解消させる仕掛け作り
コンタクトセンターの顧客満足度向上、業務効率向上を実現するアイデア
回線もオペレーターも有限。回線が混み合って対応が追い付かない状況でも、ただ待たせるだけではなく、次の顧客接点につなぐアイデアがある。しかも大きな投資は不要だ。(2018/2/28)

緊急インタビュー MAYA SYSTEMはなぜFREETELの端末事業を引き継いだのか
FREETELブランドの新機種が約1年ぶりに登場。現在の運営元であるMAYA SYSTEMは、なぜプラスワン・マーケティングから端末事業を引き継いだのか。競合がひしめくSIMフリー市場でどのように存在感を出していくのか。(2018/2/9)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
SOLIDWORKSはデスクトップも意識しつつクラウド戦略を強化――新たな設計環境やPLMも登場
SOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」が開催された。初日の基調講演では「デスクトップ」と「クラウド」の2つの製品戦略に基づいた、5つの新製品およびサービスの存在が明らかとなった。以前から注目されていた「SOLIDWORKS xDesign」とは異なるクラウド3D CADやクラウドベースのPLMサービスなど、基調講演と個別インタビューの内容を基に詳しく解説する。(2018/2/9)

BIM/CAD:
BIMユーザーと建材メーカーをつなぐ、新プラットフォームが日本上陸
建材設備のBIMデータを無償で提供するプラットフォームサービス「BIMobject」が日本上陸。建材・設備メーカーにとっては、新しいマーケティングツールになる可能性も。(2018/2/2)

「有機ELスマホ増加」「画面さらに大型化」――iPhone Xが変えたスマホディスプレイ事情
調査会社のIHS Markitは、1月24日に行った記者説明会で、2017年から18年にかけてのスマホ向けディスプレイ市場の動向を解説した。(2018/1/30)

業界として製品供給継続に努力:
半導体メーカー12社が地震対策で相互協力
電子情報技術産業協会(JEITA)の半導体部会は2018年1月29日、半導体メーカー12社が災害時に相互協力を行うことで合意したと発表した。(2018/1/29)

有機ELテレビに値頃感 半年で10万円安、液晶との価格差縮小
高精細な画質の有機ELテレビが大幅に値下がりしてきた。(2018/1/24)

3D設計推進者の眼(27):
公差を緩くすればコストダウンできるわけではない
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は公差計算と正規分布について考える。(2018/1/24)

TIS/LinDo Applications:
ERPパッケージでは対応困難な独自業務領域を補完し、製造業の基幹業務を支援
TISは、製造業各社で独自性の強い、購買、見積原価、金型原価などの業務領域に特化したアプリケーション構築を支援するソリューション群「LinDo Applications」の提供開始を発表した。(2018/1/22)

オウケイウェイヴがICO検討 仮想通貨交換業の登録申請へ
オウケイウェイヴは、検討中のICOに向けた施策の一環として、仮想通貨交換業への登録申請を行うと発表した。(2018/1/12)

エネルギー管理:
世界トップを目指す日本の水素戦略、再エネ水素は2032年に商用化
政府は日本での水素社会の実現に向けた行動目標を示す、「水素基本戦略」を固めた。コストと低減と水素需要の拡大に向け、さまざまな実現目標が盛り込まれた。(2018/1/12)

東芝製の機関車、規格外すぎたハイテク機、がっかりのディーゼル特急……不運に泣いた車両たち
JR四国はディーゼル特急の新型車両「2600系」の量産を断念。連続カーブの多い区間では運用が難しいことが判明したからだ。国鉄やJRにはかつて2600系同様、不運、不遇に泣いた車両が存在する。(2018/1/11)

会社を強くする「BPaaS」とは?:
PR:守りのITを攻めにつなげる! 日東電工の「グローバルで戦うための」業務改革
企業にとって経費精算や購買業務は現在、リソース・コストともに大きな負担になっている。そんな中、IBMのBPaaSを活用し、業務変革に成功したのがNittoだ。Nittoはどのようにして、コスト削減と生産性向上を実現したのか?(2018/1/9)

アニメ監督の山本寛さん、独自の仮想通貨で資金調達する“ICO”による「新アニメ制作方式」検討
スタジオの名にちなみ、“トワイライトコイン”という名前に。(2017/12/30)

僅差の外れは問題ないと判断:
東レ、データ改ざん問題の報告書公表 「経営者は品質保証への関心薄い」
東レが、子会社が製品検査データを改ざんしていた問題に関する調査報告書の内容を公表。品質保証に関する経営者の関心が薄かった点などが不正の背景にあるという。(2017/12/27)

分離→高度下げ分離……H2A初挑戦に成功 種子島宇宙センター「感無量」「気抜かずにやる」
気候変動観測衛星「しきさい」などを搭載したH2Aロケットの打ち上げが成功。逆噴射など複雑な動きを制御し、経路が全く異なる2基の衛星を目的の軌道に届けることにも成功した。(2017/12/25)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
世はスマホ全盛期 PCメーカーが製品ジャンルを増やすのはなぜ?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCの出荷台数が減っているにもかかわらず、商品のラインアップが増える理由は?(2017/12/22)

厳格化で明暗:
「スイスメイド」表記の新ルール、時計業界に激震
もしあなたが、スイスですべて製造されたものだと信じて「スイスメイド」の時計を買うなら、それは間違っているかもしれない。(2017/12/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

PR:ブロックチェーン技術による5つのトレンド
(2017/12/7)

「アルパカ」など15ブランド:
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で(2017/12/6)

ダイキン工業、AI人材を2020年までに700人養成へ 阪大と「情報技術大学」を開講
ダイキン工業が、AIやIoTに精通した技術者を育成する社内講座「ダイキン情報技術大学」開講。大阪大学の教授が、ダイキン工業の技術者を教育する。(2017/12/6)

スパコン「暁光」開発、ベンチャー社長ら逮捕 4億詐取容疑
スパコンTOP500で4位に入った「暁光」を開発したベンチャー企業「PEZY Computing」の斉藤社長などが逮捕された。国立研究開発法人から助成金約4億3100万円をだまし取った疑い。(2017/12/5)

「PEZY Computing」社:
スパコン「暁光」開発、ベンチャー社長ら逮捕 4億詐取容疑
国立研究開発法人から助成金約4億3100万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部はスーパーコンピューター「暁光(ぎょうこう)」を開発したベンチャー企業「PEZY Computing(ペジー コンピューティング)の社長らを逮捕した。(2017/12/5)

3D設計推進者の眼(25):
この10年で現場の公差解析は進化したのか
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回はこの10年間で、設計現場における公差設計がどれだけ進化したのか考える。(2017/11/29)

日東電工、クラウド化とBPOで経理・購買の業務プロセス改革 経営基盤を強化
事業成長に向けた経営基盤の強化を目指し、SAPの購買システムと、コンカーの経費精算システム、IBMのBPOサービスを導入。業務の効率化を図るとともに、経営資源を中核事業に集中させる。(2017/11/22)

PR:“攻めの第三者保守”で運用コストの3〜5割を削減? その理由は
メーカー保守の終了後も、保守サービスを継続して提供する「第三者保守」へのニーズが急増している。一番の魅力は、システムの延伸利用によりITコストの大幅な削減が見込めることだ。米カーバチュアは、世界12か国で第三者保守サービスを展開する、世界でも最大手の事業者の1つ。日本でも数多くの顧客を抱える同社の実力とは?(2017/11/20)

スパコン世界ランキング、日本のベンチャーが4位に躍進 海洋研究開発機構の「暁光」
スパコン「TOP500」が発表され、日本のベンチャー企業が開発した海洋研究開発機構の「暁光」が4位に躍り出た。(2017/11/14)

PR:切り札は「延命保守」――保守期限切れのIT資産を有効活用する
ビジネスに直結するITシステムは、メーカーが定めた保守サービス期間が終了したあとも、そのまま使い続けなければならないことがある。しかし、保守サービスなしに古いシステムを使い続けるのは、高いリスクを伴う。こうした問題をいかに解消すればよいのだろうか。(2017/11/13)

コベルコシステム/アステア:
フィールドサービス支援ソリューションの提供で協業を発表
コベルコシステムは、アステアインターナショナルジャパンとフィールドサービス支援ソリューションの提供で協業を発表した。(2017/11/9)

電力業界のサイバーセキュリティ再考(1):
なぜいま重要なのか、電力業界のサイバー攻撃対策
電力インフラにおけるIoT活用が広がる昨今。その一方で、サイバー攻撃によるリスクも大きく高まっています。その背景にある環境変化を捉え、具体的にどういった対策を進めるべきなのかーー。本連載ではこうした電力業界におけるセキュリティ対策について解説していきます。(2017/11/7)

富士通とLenovoの緊急会見 「良い結婚になると思う」
富士通とLenovoは、富士通のPC事業子会社の株式のうち51%をLenovoに譲渡することについて、共同記者会見を行った。(2017/11/2)

製造ITニュース:
フィールドサービス支援ソリューション提供のため協業
コベルコシステムは、アステアインターナショナルジャパンとフィールドサービス支援ソリューションの提供で協業する。IoTやAIを活用し、製造業の保守メンテナンス業務の最適化に貢献する。(2017/10/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。