ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「Quantum」最新記事一覧

量子ビットのプロセッサを誰でも利用できる:
IBM、「量子コンピューティングプラットフォーム」を公開
IBMが「量子コンピューティング」プラットフォームをクラウドで公開した。誰でも量子コンピュータにアクセスして、実験に参加できる。(2016/5/10)

スピン制御で超高感度を実現:
磁気センサーの“異端児”がウェアラブルを変える
超高感度磁気センサーの開発を手掛けるマグネデザインが、まったく新しい原理を採用した磁気センサー「GSR(GHz-Spin-Rotation)センサー」を開発した。現在最も普及している半導体センサーに比べて50倍の感度を実現している。(2016/4/5)

サードウェーブデジノス、「Quantum Break」推奨ゲーミングPC計5モデルを発売
サードウェーブデジノスは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップに「Quantum Break」推奨モデル計5機種を追加した。(2016/4/4)

サイコム、ダブル水冷設計の「Quantum Break」推奨ゲーミングPC
サイコムは、デュアル水冷機構を標準搭載したゲーミングPC「G-Master Hydro」のラインアップに「Quantum Break」推奨モデルを追加した。(2016/4/4)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズに「Quantum Break」推奨モデルを追加
Project Whiteは、同社製BTOゲーミングPC「G-GEAR」シリーズのラインアップに「Quantum Break」推奨モデルを追加した。(2016/4/4)

マウス、「Quantum Break」推奨のハイスペックゲーミングPC計2モデルを発売
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」「NEXTGEAR」シリーズのラインアップに「Quantum Break」推奨モデルを追加した。(2016/4/4)

面白いガジェットの製品化や販売を支援する「+Style」開設
ソフトバンクが、最先端のデジタルガジェットなどの商品企画の協力募集や資金調達、販売までをサポートするプラットフォーム「+Style」を開設した。国内外のユニークな製品を扱うサービスになる。(2016/3/30)

オスラム、用途別の展開を強化:
幅広い製品群と新工場建設で、LED事業を拡大
オスラム オプトセミコンダクターズは照明用LED事業を一段と強化していく。LEDチップの新工場をマレーシアに建設するなど、製造能力の強化にも乗り出す。(2016/3/1)

Mobile World Congress 2016:
LG、メタルボディーでバッテリー交換可能なスマホ「LG G5」を発表 機能拡張が容易な「モジュラー構造」も採用
LGのフラッグシップスマートフォンの新モデルが登場する。メタルボディーながらバッテリーが交換可能で、モジュールによって機能拡張ができる「モジュラー構造」を採用している。(2016/2/22)

自然エネルギー:
木質バイオマスの正確な成分量計測、世界初の新手法で実現
京都大学 理工学研究所と理化学研究所らの共同研究グループは木質バイオマス中のさまざまな成分物質量を正確に決定する手法の開発に、世界で初めて成功したと発表した。木質バイオマスからバイオエネルギーや製品原料を獲得する工程の確立に貢献するという(2016/2/19)

EVO:RAILとどう違う?:
米EMCの新ハイパーコンバージドインフラ製品VxRailは、何が新しいか
米EMCは2016年2月16日(米国時間)、ハイパーコンバージドインフラアプライアンス製品「VCE VxRail Appliance」を発表した。VxRailは従来のEVO::RAILベースのハイパーコンバージド製品に比べ、「飛躍的進化(quantum leap)」を遂げたという。本記事では、どこが新しいかを取り上げる。(2016/2/17)

リコーが「ナノテク展」で出展:
脊髄機能を見える化するセンサー、MRIと併用へ
リコーは、2016年1月27〜29日に東京ビッグサイトで開催された「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、エレクトロクロミック技術や電子調光サングラス、電子アートガラスなどを展示した。本記事では、参考出展されていた脊髄機能を見える化するセンサーについて紹介する。(2016/2/2)

宇宙ビジネスの新潮流:
SpaceXの快進撃をどう止める? 迎え撃つ航空宇宙大手Airbusの戦略
イーロン・マスク率いるロケットベンチャー・米SpaceXの勢いが増している。いよいよ従来からの航空宇宙企業とのガチンコバトルが必至の状況になってきた。その代表格であるAirbus(エアバス)の戦略から宇宙ビジネス市場をひも解きたい。(2016/1/22)

デトロイトモーターショー2016:
ホンダの高級車ブランド・アキュラの新デザインテーマは「量子の連続体」
ホンダは、「北米国際自動車ショー2016」において、高級車ブランド・アキュラの新たなデザインの方向性を示すコンセプトカー「Acura Precision Concept」を公開。デザインテーマは「quantum continuum(量子の連続体)」だ。(2016/1/15)

Google、量子コンピュータでPCの1億倍高速な解析に成功と発表
GoogleとNASAが共同運営する量子AI研究所が、量子コンピュータ「D-Wave 2X」とシングルコアコンピュータに約1000個の変数の組み合わせ最適化問題を解かせたところ、D-Wave 2Xが1億倍高速だったと発表した。(2015/12/10)

米企業開発のイメージセンサー:
量子ドットセンサー、CMOSセンサーの脅威に?
米国のInVisage Technologiesが、量子ドットフィルムを用いたイメージセンサー「Quantum13」を発表した。同社は「Quantum13は、シリコン(Si)のイメージセンサーの性能に勝る」と強調している。(2015/11/17)

IFA 2015:
勢いを増す中国メーカー、欧州市場で既存メーカーはどのように生き残るか――テレビ関連展示で振り返る今年のIFA
今年のIFAでテレビを展示した日本メーカーはソニーとパナソニックのみ。一方で中国メーカーは出展社数やブース面積を拡大しており、最近では地元ドイツや欧州メーカーを次々と吸収して1社が複数ブランドでの展示を行うケースも珍しくない。今年の「IFA 2015」をテレビ関連の展示で振り返ってみる。(2015/9/14)

片手で持ち運べるPC
徹底レビュー:小さな“巨人”、Windows搭載スティック型PCは期待を裏切らない
小さく持ち運びが容易なスティック型PC「Quantum Access Windows 8.1 Mini PC Intel Stick」。実際に使って分かった長所と短所とは。(2015/8/30)

最新スマートフォン徹底比較(2015年夏モデル編):
スマホ夏モデル全18機種丸わかり比較――本体サイズ、ディスプレイ、カメラ編
ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの2015年夏モデルのスマートフォン全19機種が出そろった。本稿では、本体サイズ・ディスプレイ・カメラのスペックを比較する。(2015/8/20)

LG Electronics、「G4」の機能搭載のミッドレンジモデル「G4 Beat」を発表
LG Electronicsが、4月に発表したフラッグシップ端末「LG G4」の機能の多くを使えるミッドレンジ端末「LG G4 Beat」を主に新興国市場で発売する。(2015/7/10)

先端技術 グラフェン:
グラフェンにおけるパリティ効果の検証に成功、量子干渉素子作成にも期待
大阪大学大学院の小林研介教授らによる研究チームは、グラフェン(単層グラファイト)中に形成されたpn接合での量子ホール状態の輸送現象にパリティ効果があることを理論的に予測し、実験によって検証することに成功した。また、グラフェンのpn接合における量子ホール状態を用いて、量子干渉素子を実現できる可能性も示唆した。(2015/7/3)

米本社“サイエンティスト”がFiji直伝:
HBMを導入するとこんなにコンパクト──AMD、Fijiの実物を日本で公開
Radeon R9 Fijiの登場を記念したユーザーイベントが秋葉原で開催。グラフィックスメモリをGPUに統合したFijiのすごさを日本のユーザーにアピールした。(2015/6/25)

製品解剖:
「LG G4」を分解、量子ドットディスプレイを採用
高級感のある仕上がりが特長となっているLG Electronicsの最新スマートフォン「LG G4」。iFixitの分解の様子を見てみよう。LG G4は、Samsung Electronicsの「Galaxy S6 edge」やAppleの「iPhone 6」に比べて、修理しやすい機種のようだ。(2015/6/24)

5分でわかる最新キーワード解説:
「組み合わせ最適化問題」を瞬時に解く「CMOSアニーリング」とは何か
膨大なパターンから実用に適した解を導く「組み合わせ最適化問題」を、量子コンピュータ並みの性能で実現する新型コンピュータを日立製作所が開発しました。中核となる技術が「CMOSアニーリング」です。(2015/6/23)

デュアル“Fiji”で最速GPUの座を奪う:
E3現地で“Fiji”世代「Radeon R9 Fury X」「Radeon R9 Nano」の実物をチェックする
米AMDが発表した次世代GPU「Radeon R9 Fury」ファミリーの姿とHBMをはじめとする新技術の概要を会場から報告する。(2015/6/17)

先端技術:
非対称な光学迷彩装置を理論的に実証、透明人間も可能?
理化学研究所(理研)と東京工業大学の共同研究チームは、非対称な光学迷彩を設計する理論を構築した。新たに実証した理論では、外部からは光学迷彩装置内にいる人間や物体は見えないが、内部からは外部を見ることが可能となる。(2015/6/9)

「isai vivid」のテレビCM放映開始 椎名林檎さんの新曲を初公開
auとLGが共同開発した第4弾モデル「isai vivid」が発売。テレビCMには、前モデルから引き続き椎名林檎さんが起用され、新曲もCM内で初公開となった。(2015/6/1)

KDDI、「isai vivid」を5月29日に発売 au×LGの共同開発モデル第4弾
KDDIは、auとLGが共同開発するisaiシリーズの第4弾モデル「isai vivid」を5月29日に発売する。鮮やかさがアップした5.5型のIPS Quantum ディスプレイと、F1.8のレンズと3軸手ブレ補正付きの13Mカメラを備える。(2015/5/25)

新機種より物販重視?:
2015夏のauはリアルへの取り組みを加速 モバイルと結びつけて“生活革命”を
「スマホ・タブレットの進化がひと段落した」と言われる今日この頃。2015年夏のauは「モバイル」と「リアル」をつなげる取り組みの強化で、競合他社との差別化を図る。(2015/5/15)

通話対応機種は全てVoLTE対応:
KDDI、2015年夏モデル9機種を発表――Xperia Z4や新HTC J butterfly、オリジナルタブレットやAndroidケータイなど
KDDIがauの2015年夏モデルを発表。スマートフォン6機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン1機種をラインアップする。【写真追加】(2015/5/14)

シークレットモードも搭載:
F1.8の明るいレンズとこだわりカメラ機能を搭載、鮮やか液晶の「isai vivid LGV32」
新開発の明るく・鮮やかな液晶ディスプレイを搭載したLG製のauスマホ「isai vivid LGV32」。大型イメージセンサーと明るいレンズ、レーザーAF、そしてマニュアルモードなど、カメラ機能にもこだわった。【写真追加】(2015/5/14)

「LG G4」──本革ボディ+微カーブディスプレイのフラッグシップ
LG Electronicsの新フラッグシップAndroid「LG G4」は、6色から選べるなめし革ボディあるいはセラミックボディ。ディスプレイはG3と同じ5.5型だがわずかにカーブしており、明るさやコントラストが向上した。(2015/4/29)

プロセス技術:
Intelの10nmチップ、鍵はIII-V族半導体と量子井戸構造か
Intelは10年近くにわたり、量子井戸電界効果トランジスタ(QWFET)の研究を進めてきた。ある半導体アナリストは、Intelの10nmチップは、III-V族半導体、具体的にはInGaAs(インジウム・ガリウム・ヒ素)とGe(ゲルマニウム)を用いたQWFETになると予測している。(2015/4/28)

中国、サイバー攻撃システム「Great Cannon」を実戦配備
GitHub攻撃について分析した研究チームは「国家レベルの情報操作が大幅にエスカレートしたことを物語る」と研究チームは解説する。(2015/4/13)

「ハイラルの森」や「白魔道士」はこんなにおい? ゲームの世界の香りをイメージしたアロマキャンドル
くんくん。(2015/1/28)

いま覚えておくべきOpenStack Neutronの基本(1):
OpenStack Neutronとは何か?
オープンなIaaSプラットフォーム構築の本命といわれるOpenStack。そのネットワーク部分の管理を担うコンポーネントであるNeutronはどのようなものでしょうか。基本的な構成や内部の動作、実践的なネットワークの構成方法を解説します。(2014/12/8)

Windows OS入門:
第3回 プロセスとスレッド
OSの一番核となる機能と言えばプロセス管理。Windows OSの内部ではプロセスやスレッドはどのように動作しているのか、GUIアプリケーションのパフォーマンスなどを改善する優先度/クォンタムブースト、マルチコアCPUの性能を引き出すスレッドスケジューリングやアフィニティ設定などについて解説。(2014/10/30)

日本を狙うサイバー攻撃で注意喚起、不審なメールや対策状況の確認を
FireEyeが中国を発信源とする2種類の標的型サイバー攻撃に関する情報を公開した。2つの攻撃に数多くの共通性がみられるという。(2014/9/19)

明日から予約受付開始:
マイクロソフトがXbox Oneの国内販売戦略を明らかに、ゲーム発売予定も公開
2014年2月に国内デビューを果たしたプレイステーション4に比べると、Xbox Oneは出遅れている感じがある。日本マイクロソフトは予約受付開始の前日に発表会を開き、あらためてXbox Oneの日本における販売戦略を語った。(2014/6/20)

Xbox One、国内価格は3万9980円から
9月4日発売の「Xbox One」国内参考価格は、Kinectなしのセットが3万9980円(税別)など。(2014/5/27)

たまおきのOpenStack Watch(2014年5月):
OpenStackとネットワーク仮想化(SDN)、GlanceとCinderによるデータ永続化の話
IcehouseをリリースしたばかりのOpenStack。今回はSDNとの関係や、物理的なストレージ環境を考慮した永続的なデータ格納について紹介していきます。(2014/5/26)

たまおきのOpenStack Watch(2014年4月):
インストールなしでOpenStackに入門してみる/ネットワークコンポーネント「Neutron」とは?
OpenStackって何? 何を目指しているの? 試すには? 機器を購入せずに触ってみる環境を紹介。ネットワークコンポーネントの解説も。(2014/4/28)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

センシング技術:
脳波の利用が進むヘルスケア分野、総合医療展でも高い注目度
ストレスの解消や、メンタルヘルスの診断など、ヘルスケア分野で脳波の活用が広がっている。東京ビッグサイトで開催中の総合医療展「IMEC 2014」でも、脳波を利用したヘルスケア製品に注目が集まっていた。(2014/2/20)

英国金融システムに一斉攻撃
「ATMは止まらない?」、疑似サイバー攻撃で銀行が試される
金融機関や金融システムに疑似サイバーを仕掛ける演習が英国で実施。「ATMが止まらないか」「金融システムの変化に対応できるか」「金融基幹と当局で適切に連絡が取れるか」などがテストされた。(2014/1/28)

バックアップアプライアンス紹介
物理/仮想環境が混在するなど複雑化しているシステム環境。データ保護の重要性が高まる中、多くのバックアップ環境の運用・管理に頭を抱えている。こうした課題の解決策でとして注目されている「アプライアンス」を一挙紹介する。(2013/11/29)

香港でOpenStack Summit開催:
勢いを増すOpenStack、成功を支えるものとは
香港で開催されたOpenStack Summitでは、中国語圏の巨大サービスでの採用事例が登場。過去最大規模の参加者を集めたOpenStack Summitの勢いの背景とは?(2013/11/7)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ環境の刷新事例を紹介した3つのホワイトペーパー
企業ITを取り巻く環境が変化する中で、あらゆる要件に柔軟に対応できるストレージ基盤が求められている。自社のストレージ基盤を改善した事例を紹介する。(2013/6/25)

Google、NASAと共同で量子コンピュータラボを立ち上げ
GoogleとNASAが、エイムズ研究所にD-Waveの量子コンピュータを導入した研究所「Quantum Artificial Intelligence Lab」を開設した。(2013/5/17)

Oracleの行動パターンから察するに……
Oracleに買収されたIaaSのNimbula、OpenStackへの取り組みに不安も
OracleはIaaSソフトウェアプロバイダーNimblaを買収したことで、OpenStackプロジェクトに取り組むのだろうか。彼らのNimbula買収は、自社のクラウドサービスにメッキをかけるにすぎないとの声がある。(2013/5/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。